前髪が薄い人に送る、原因と対処方法、アレンジ方法紹介

周囲の人よりも前髪が薄いことに悩んでいる女性も意外と多いようです。薄毛は男性の代名詞と思っているかもしれませんが、実は女性にもかなりの確率で薄毛になっているという方も。みんなに知られないように上手に隠しているという女性にとっては大きな悩みですよね。薄毛から脱却する方法はあるのか、カバーするにはどうすべきか紹介したいと思います。

前髪が薄い人の特徴

今回取り上げる薄毛は後頭部のものではなくて前髪についてです。女性は子供の頃から髪を結んでいることもあり、いつも後頭部が引っ張り上げられている状態の場合もあります。遺伝的要素も可能性としてある薄毛ですが、女性の場合には髪を結ぶことが原因となって生え際がどんどん後退しているとも考えられています。また、生活習慣も関係する場合もあると言われており、どのよなことに注意していくべきかご紹介していきます。

食生活が偏っている

前髪に限らず、髪が薄くなってしまうのは何かしらの原因があります。当たり前のことですが薄毛の両親から引き継いでしまった遺伝子だったら、自分も早い段階で薄毛になる確率は非常に高いはずです。それだけではありません。特に気になるのが食生活の乱れです。タンパク質で出来ている髪の毛には栄養素を与えてあげなければ干からびてしまいます。海藻類も大切ですが、大豆やナッツ類などのビタミンを摂取してあげてください。

睡眠が少ない、または安定しない

毎日の睡眠は十分に足りているようであれば問題ありませんが、慢性的とも言える睡眠不足が続いてしまうと、寝ている間に分泌される成長ホルモンが分泌されにくい状態になってしまい、身体の不調だけでなく髪の毛の健康にも影響がでてしまいます。せめて6時間以上のしっかりとした睡眠が取れるとベストですね。

前髪に負荷をかけることが多い

前髪もそうですが、頭全体に負荷がかかるようなヘアスタイルをよくしていれば、髪の毛自体が薄くなってしまう可能性もあります。たとえば、子供の頃からポニーテールやお団子ヘアにしていれば髪の毛を思いっきり引っ張り上げている状態ですので牽引性脱毛症という症状になってしまうこともあります。毎日同じ分け目にしていれば、そこの分け目が薄くなってしまうことも。またヘルメットなど1年を通じて毎日かぶっているだけで代謝が低下して髪が抜けやすくなってしまうこともあるようです。

元々の毛質が柔らかい

生まれつき髪質が柔らかい人はどうしても毛が細いので一度抜けてしまえば生えにくくなったり、栄養が行き届かず、細くて柔らかい状態が継続されてしまうこともあるようです。これは生まれつきのものですが、ノンシリコンシャンプーを使用する等、軟毛の人向けのケアを心がけるようにしましょう。

前髪が薄い原因は?

前髪が薄くなるというのは、要するに髪の毛全体も気にしなければいけない訳です。生まれつきの薄さであれば、どんなに手を加えたところで全く歯がたたず改善のしようもありません。しかし、後から付け加えられた原因がハッキリとしているならば改善の余地もまだ残されているかもしれませんから、まずはできることから初めてみるといいでしょう。改善するにせよどんなことが原因で前髪などが薄くなってしまうのか理解しておいたほうがいいです。

生活習慣の乱れ

毎日の生活で、過度なダイエットをしていたり、残業ばかりで、きちんとした食事をしていないという人は、本来摂取しなければいけない栄養素が足りない場合があります。そのままダイエットやきちんとした食生活ができない状態を続けていると痩せていくことはあっても健康的な体にはなれません。栄養分が足りていないということは、肌や髪の毛に十分な栄養がいかず、薄毛の要因にもなってしまうかもしれません。

過度なストレス

仕事が忙しくて、食事も不規則になるだけでなく、会社や普段の生活からも過度なストレスが溜まっていってしまうと情緒不安定になってしまうだけでなくホルモンバランスの乱れが生じてしまうので体の至るところに不調をきたしてしまうこともあります。眠れなくなってしまうことや、暴飲暴食などもストレスが原因になっていることがあります。そしてホルモンバランスにより頭皮にも栄養素が行き届かなくなりますから結果的に薄毛になってしまう場合も。

コテやアイロンなどの使い過ぎによるダメージ


普段からヘアアレンジでドライヤーの熱を当てすぎているとか、ヘアアイロンやコテばかり使っているということがあれば、その熱で髪を薄くしてしまう原因となる場合もあるようです。まず、頭に高温の熱を当てること自体、頭皮や毛穴にストレスを与えるようなダメージになってしまうので薄毛の原因となってしまうと考えられています。

長時間、熱に当てない、ヘアトリートメント等でダメージを修復するなど、ケア方法はあるため、工夫しながら使用するようにしていきましょう。

カラーをする事が多い

髪と頭皮に一番ダメージが加わるのがカラーリングです。現在では、なるべく痛みの少ないカラー剤なども増えてはいますが、やはりカラーリングを多くする方よりしていない方の髪の毛の方が健康的ではあると言えます。毎月のようにカラーリングをしているという方は、きちんとヘアケアをして、なるべく健康的な状態にしておくことが大事です。美容師さんとも相談しながら、期間を伸ばしたり、髪が伸びてきても気にならないカラーにする等、工夫が必要です。

前髪が薄い人を救う、対処方法

それでは、前髪が薄いけれどもどうにかしたい場合に気をつけるべき対処方法を説明したいと思います。すべてが自分の生活習慣と大きな関わりを持っていますので注意できるものはとことん気にしてあげるようにしましょう。

規則正しい生活習慣を心がけましょう

毎日の規則正しい生活こそが髪や頭皮を守ることにも繋がるのです。三食規則正しい食生活を心掛けることはもちろんですが、深夜遅くまで起きていないで早寝を心掛けて睡眠時間を確保してください。普段の生活には軽い目でもいいので運動を取り入れてストレスを溜めないように発散する場所を見つけてください。

髪へのダメージを軽減&ケア

髪の毛を引っ張り上げるような過激なヘアアレンジをするのは禁物です。お団子ヘアやポニーテールだってやらないに越したことはないですし、特に前髪を引っ張りおでこが見えるようなスタイルだけは絶対にしないようにしてください。

頭皮ケアをすることも忘れずに

頭皮ケアはとっても大切です。毎日シャンプーして汚れた皮脂を浮かせて洗い流すことは大前提です。ただし、洗いすぎてしまうことで頭皮が傷つきカサカサになるようでは本末転倒ですので気をつけてください。また育毛剤なども利用することで血行促進に繋がってホルモンバランスの乱れも改善してくれると言われていますので試しに使ってみることが全然恥ずかしいことではないので利用しない手はありません。

シャンプーやトリートメントを変えてみる

ほとんどのシャンプーがノンシリコンで髪にも地肌にもいいと言われています。髪が薄くなってきたら低刺激のシャンプーを利用してみてください。また、トリートメントも地肌と髪の毛にうるおい成分を与えるタイプを選ぶといいでしょう。

前髪が薄い人にもおすすめのヘアアレンジ

前髪が薄くたって、女性らしいヘアスタイルは保ちたいものです。前髪の薄さが気にならないヘアアレンジの方法を探ってみましょう。

スカーフなどで前髪をあげる

薄くなってしまった前髪を何とか隠したい時にはスカーフやバンダナなどを使えば、前髪がどうなっているのか分からないようにアレンジできます。おでこより上あたりに巻いたら前髪も抑えられてボリュームも出せます。

シースルーバンクであえて薄く

いま流行りのシースルーバングは前髪を薄くするカット方法ですから、あえて初めから前髪を薄くカットしておけば周囲からも気づかれにくいはずです。

三つ編みなどで前髪をアップ

三つ編みを作ってあげる時に前髪も含めてアップさせれば前髪の薄さが分かりにくくなります。しかし、なるべく前髪を引っ張る行為は止めておいた方がいいのであまりしない方がいいです。

ワックスを使って濡れ感のある前髪アレンジを作る

ファイバータイプのワックスなどを指先につけて、前髪を中心にアレンジさせると全体的に塗れ感がでて、薄い前髪とは気づかれないはずです。

まとめ

女性にとって前髪が薄くなってきたらこの先どうしたらいいのか相当悩むはずです。薄さが分からないようにするためになるべく隠そうと模索すると思います。隠すだけでなく、違った要素にも原因があるはずです。生活習慣の改善も行いつつ髪にいいものをたくさん取り入れてみてください。