前髪なしのセミロングパーマの魅力と、おすすめヘアスタイル8選

流し前髪はこうやって作る!きれいに流すコツは?

前髪が思うように決まらなかったり、今トレンドの流し前髪にしたいのに上手くいかない、といった悩みをお持ちの女性も多いかと思います。流し前髪の作り方の基本をおさらいし、ばっちり決まるポイントをマスターして理想的な流し前髪を作ってみましょう。

  • 流し前髪の基本的な作り方
  • 長い前髪のコテを使った流し方
  • 短い前髪の流し方
  • 流し前髪をきれいに作るポイント
  • 流し前髪のスタイル集

を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

流し前髪の基本的な作り方

流し前髪は、基本テクニックを覚えることで自分でも簡単に作ることができます。長い前髪や短めの前髪、伸ばしかけの前髪にも、ヘアアイロンやコテとドライヤーを使うだけで仕上げることが可能です。

ここでは、流し前髪の基本的な作り方について説明していきます。

根元から濡らす

まずは、前髪を根元からしっかりと濡らしてあげることがポイントです。スタイリング剤を付けてもいいですし、水をスプレーしても構いません。

前髪を流したい方向と、逆の方向に前髪を引っ張って熱を加える

次に、前髪を流す方向とは逆方向に引っ張ります。この時、指先や細めのコームを使うとやりやすいです。ドライヤーを当てて半分程度まで乾いたら、指先を使いながら根元部分に空気を入れるようにして温風を当ててください。この時になるべく上から抑えず、髪が乱れないようにすることがポイントです。しっかりと熱を当てることに重点をおきましょう。

毛先も乾かす

最後に、前髪を流す方に向かって髪を乾かすようにしてドライヤーを当ててください。毛先を引っ張りながら乾かしていくと、キレイなラインを作ることができます。

前髪が流れたら、熱を冷まして完成

前髪が流れたら、熱が冷めるまでそのままキープすることが大切です。冷めてしまえば乱れませんが、それまではいくらでも調整できます。熱い内にコームを当てて、流れをおさえてあげることも可能です。しっかりと熱が冷めれば、流し前髪の完成です。

長い前髪のコテを使った流し方

長い前髪だと自由度が高い分、どうやって流し前髪を作るか悩んでしまいがちです。前髪が長い場合は、コテでゆったりと外巻きにして流すとナチュラルに仕上がります。短い前髪よりも少し難しいですが、ふんわりと女性らしいヘアスタイルになるので、ぜひ練習しましょう。

ステップ1 前髪を2つに分けて外巻きにする

まずは、手ぐしで前髪をざっくりと2つに分けます。分け目側の前髪にコテを何度かスライドさせて熱を通りやすくし、外巻きで巻きましょう。熱がある内に流したい方向に整えつつ、手でほぐして形を作ってください。

ステップ2 もう片方も同様に巻き、後ろ髪に馴染ませる

もう片方のブロックも同様に外巻きにし、手でほぐしながら流して整えましょう。ステップ1よりも軽めに巻くのがおすすめです。トップの根元部分だけを少し巻き、ボリュームを出して馴染ませれば完成です。

短い前髪の流し方

前髪が短い場合は、コテよりもストレートアイロンを使った方が前髪を流しやすくなります。毛束を少しずつ取ってさっと熱を通すことと、毛先を指で持って形を整えることがポイントです。後からでも調整しやすく、簡単に流し前髪を作ることができます。

ステップ1 前髪を3つに分け、毛先に熱を通して流す

まずは、流す部分の前髪を3つに分けます。分け目に近い部分の毛束を持ち、髪の真ん中付近から垂直にアイロンで挟みましょう。スライドさせつつ毛先だけ軽く内巻きにし、毛先を指で持って流したい形にキープしたまま冷まします。

ステップ2 残り2つも同じようにして流し前髪を作る

残り2つのブロックも同じようにして流していき、形を作りましょう。気になる部分があれば微調整して完成です。

流し前髪をきれいに作るポイント

簡単にできる流し前髪ですが、だからこそポイントをしっかりと押さえていなければ失敗してしまうこともあります。流し前髪をきれいに作るポイントをご紹介するので、ぜひ覚えておきましょう。

手ぐしなどである程度サポートしながら熱を加える

ドライヤーやアイロンなどを使って髪に熱を加える時、温かい内に指先で引っ張ったり抑えたりして流れをサポートしてみましょう。より一層きれいな流し前髪が完成します。

力強く引っ張らずに、優しく何度かに分けてセットする

アイロンやコテを使う場合、1回だけで巻き切らないようにしましょう。前髪は形が作りやすいですが、あっという間に崩れてしまう場所でもあります。しっかりと形をつけたいのであれば、数カ所に分けてからそれぞれにコテを使うなど、細やかな作業を心掛けるのが上手くいくコツです。

また、アイロンやコテを使う際に髪を引っ張り上げてしまうと、根元にダメージを与えてしまいます。髪が傷む原因になってしまうので、優しく扱いながらセットましょう。

流し前髪はアイロンがお手軽

流し前髪を作る時、ヘアアイロンやコテがあると断然楽になります。しかしコテは使いこなすのが少々難しいので、慣れていない場合はアイロンを使うのがおすすめです。アイロンだと少量ずつ巻いていけますし、その上から流す髪にも巻きやすいので使い勝手も抜群にいいでしょう。

ただし高温になるので、1か所に長く当てすぎないように注意してください。前髪は後ろ髪よりも短めで、アイロンやコテを当てている時に顔周りを火傷してしまう恐れもあります。十分気をつけて使用しましょう。

スタイリング剤を使ってもOK

スタイリング剤を使ってみるのもいいでしょう。形を作ることができるものもあれば、熱から髪を守ってくれるものまであり、タイプによって前髪を流すのに向き不向きがあります。

例えば、ドライヤーなどの熱から髪を守るスタイリングスプレーは髪をサラサラにしてくれますが、それだと前髪を作りにくくなってしまいます。熱を加えたときにソフトに仕上がるスタイリング剤がおすすめです。

流し前髪を作る時に使えるアイテム

ここでは、流し前髪をきれいに作りたい時に欠かすことのできないアイテムとその使い方を紹介したいと思います。

ストレートアイロン

アイロンを使う前にピンなどで固定しておくと、クセもついてやりやすいです。

前髪は3つに分け、それぞれを内側に巻いていきましょう。表面の前髪は特に強く巻くことで崩れにくくなります。巻き終わったら、今度は流す方向とは逆方向に前髪を外巻きにしていきます。さっと挟んであまり熱を通さないのがポイントです。そのほうがふんわりと仕上がります。

ドライヤー

ドライヤーを当てて流し前髪を作る場合、まずは流したい方向とは逆方向に温風を当ててください。その後に流す方向に前髪を持っていき、全体的にドライヤーを当てることで形ができてきます。熱が冷めたら完成です。コームや指先を使って抑えてあげると、よりいい形に出来上がります。

コテ

定番ともいえるのが、コテを使った流し前髪の作り方です。まずは前髪を2つに分けましょう。少量ずつ巻いていくことで、熱がしっかりと髪に伝わります。外巻きにコテを抜くのですが、巻いたあとで数秒間そのままキープさせてから抜くことがポイントです。上手くできたら、手ぐしで整えて冷ましましょう。

ホットカーラー

忙しい朝でも便利なのが、ホットカーラーです。起きたらすぐに前髪を内側に巻きます。この時、毛先がカーラーの内側にきれいに巻かれていないと、変なクセがついてしまうので注意してください。カーラーが冷めてきたら、前髪を流す方向に向かって静かにカーラーを抜いてください。髪が温かいうちに指先などで形を付ければ完成です。

【ショート~ロング】参考にしたい!流し前髪のスタイル4選♡

流し前髪は、色々な長さの髪に合います。ショートでもスッキリと仕上がりますし、ロングヘアだと大人っぽい雰囲気を出すことができます。

ここでは長さごとに、相性が良い流し前髪アレンジをご紹介します。

ボブ×流し前髪

ショートボブなら、前髪を流してあげるとスッキリとした印象に。大人っぽく見えて色々なアレンジもできるヘアスタイルに生まれ変わります。また、前下がりの髪に流してあげることで、かきあげ前髪も作ることができます。いま話題の3つのアレンジが1つに集約されているので、ぜひ参考にして色々と試してみましょう。

ミディアム×流し前髪

髪の色にもこだわったミディアムヘア。そこにふんわりとしたパーマをかけることで、女性らしく優しい雰囲気を作り出したヘアスタイルです。流し前髪にすることで大人可愛さがプラスされ、甘さも加わった男ウケ間違いなしの髪型になっています。プライベートでもビジネスでも、シーンを選ばず好まれるような愛されスタイルです。

ロング×流し前髪

ロングヘアも全体的にウェーブをかけることで、優しくて大人可愛い雰囲気を作ることができます。この時、髪全体と一緒に前髪も流すとナチュラルに仕上がります。女性らしく素敵なシルエットになっておすすめです。

ストレートのロングヘアでも似合うのですが、どうしても重たい印象になってしまいがちです。アイロンで巻いたり大きめのカーラーを使ったりして、ぜひ後ろ髪にもゆったりとウェーブをかけてみましょう。

かき上げバング

大人気のモデルが行ったことで一気に大流行した前髪アレンジが、かき上げバングです。前髪をかき上げたようなヘアスタイルはセクシーで色っぽく、女性らしい印象になると人気です。

 

意外と簡単!かき上げバングの作り方

前髪の根元をしっかりと水で濡らし、7:3もしくは8:2で分けます。

毛の流れに逆らうように、ドライヤーをかけて乾かしていきましょう。

伸ばしかけの前髪の場合は、ヘアアイロンでくせを付けることで上手く根元が上がります。

 

まとめ

今回は流し前髪の作り方について紹介しました。マンネリ化しやすいとも言われている前髪に、手軽にアクセントをつけることができる流し前髪。普段とは違った印象を与えることができますし、女子力もアップすること間違いなしです。意外と簡単にできるので、ぜひマスターして色々とアレンジを楽しんでみてはいかがでしょう。