シースルー前髪が人気!作り方ややり方、オススメアレンジ紹介

シースルー前髪という言葉に、まだ聞きなれないという方も多いかもしれません。昨年あたりから大流行しているトレンドヘアで、別名シースルーバングとも言います。韓国で人気になった髪型で、日本の女優さん、有名人が取り入れていることでも有名なシースルー前髪について理解を深めて挑戦してみましょう。

トレンドのシースルー前髪の魅力は?

女優さんも取り入れていて注目度の高いシースルー前髪ですが、人気の理由は前髪の長さで雰囲気をがらっと変えることができることにあります。前髪の量を薄くしてあげることで雰囲気が変わって、可愛さや垢ぬけた感じを演出できます。

前髪は、それだけできれいに見せたり、可愛らしく、もしくはシックに見せるなどのイメージチェンジにも用いられますよね。インパクトのある印象付けもできるため、ヘアスタイルの要素に無くてはならないものです。もう知らないでは済まされないシースルー前髪をすぐにでも取り入れて、可愛い・カッコいい・女っぽく見えるようチャレンジしてみてください。

透明感、抜け感を手軽に出せる

シースルー前髪は、前髪を薄くするため、自然と透明感が生まれてきます。柔らかな雰囲気が特徴でスッキリとした前髪の抜け感がGOODです。シースルー前髪にしただけでこんなに透明感と抜け感が出るのでしたら今までの重たかった前髪から、さっそくシースルー前髪を取り入れてみるといいでしょう。

お手入れもらくちんでセットも簡単

シースルー前髪は、お手入れがらくちんにできて簡単ですが、押さえておかないといけないポイントもあります。シースルー前髪にしたら気をつけなければいけないことが幾つかあるのですが、その中の1つで大切なことは、朝に行うセッティングです。

朝起きて、メイクをしている間に、マジックカーラーを大きく内側に巻いておいたり、下から上に向かって内側に大きくカールするようにブラッシングすることがとっても大切なのです。これは外出先でもブラシを使って内側にくるんとさせてあげるとより一層、抜け感がでてきてオシャレに見えます。

今っぽさを簡単に演出出来る髪型

このシースルー前髪は、どんなヘアスタイルにでも取り入れられルため、色々と試してみることで、自分に似合うかわいいシースルー前髪を見つけてみてください。たとえば、ヘアカタログとかに色々な髪型にあわせたシースルー前髪が写真と共に紹介されていますので、自分がなりたいイメージがきっと見つかるはずです。

女性らしい雰囲気を手軽に作る

ふんわりとパーマがかかっているヘアスタイルや、スッキリとしたお団子ヘアなどでも、シースルー前髪にするだけで、透明感と抜け感を出すことができ、ほんわかとした女性らしい雰囲気が簡単に手に入ってしまうのです。シースルー前髪を取り入れていない人がいるなんて信じられないくらいの存在感ですから今からだって遅くはありません。

シースルー前髪のカット方法

大人気のシースルー前髪は、必ずしも美容院に行く必要もなく自分でもカットできるのでハサミ使いに不安がなければ挑戦してみてもいいかもしれません。でもちょっとでも不安な不器用な方は、素直に美容院へ行きシースルー前髪にしてもらいましょう。しかし、いくら自分でもやれちゃう簡単カットとはいえ、薄くすればいいって訳ではありませんし、失敗すればすだれみたいに見えちゃいますから気をつけて、焦らずカットすることが重要です。

ハサミを縦に入れて少しずつカット

ハサミはヘアカット用を使うことで、毛先も細くしっかり切ることができます。ただし、すきバサミを使わないようにしましょう。前髪を薄くするとは言っても、すくこととは全く違います。すくと中身がスカスカになってしまいます。基本はコームなどで小分けにした前髪を真っすぐに下ろしてあげることです。癖がついていると大変ですからコテなどで真っすぐに直してからはじめてください。切り始めはとにかく長めにカットすることです。大胆にバサッと切らないでください。

量を調整しながら、理想の薄さまでカット

真ん中あたりの毛先を少しだけカットします。もちろんカットする方向は縦にチョキっとカットすることで薄くなります。少しずつそれを繰り返してあげましょう。左右の小分け部分とも合わせて今度はサイドに向けて斜めにスライドカットします。ポイントは最初にカットした髪と繋がるように切ることです。これを繰り返していくことで理想の薄さまでカットしていきましょう。

長さや全体のバランスを調整して完成

どこのあたりでハサミを入れたらいいのか分かりにくいですが、基本は前髪を下ろした時に目のあたりでカットするといいと言われています。長めの位置で少しずつカットしていけば失敗せずにすみます。徐々に自分の好みの長さまでカットするようにして、短くしていきましょう。

毛流れの方向なども意識してカットする

シースルー前髪がどんな風に見えるのか、横顔なども意識してカットすればきれいなラインができて理想的なヘアスタイルに仕上がるでしょう。髪の毛が自然に流れる方向も確認しながらカットすると、よりきれいに仕上がりますので、クシで梳かして鏡で毛流れの方向をチェックしてみてください。

シースルー前髪の作り方

自分でカットしたら出来栄えなど、気になってしまうかもしれませんが、前髪はすぐに伸びてきますからまずはカットしてみましょう。カットし終わったら今度はスタイリングすることに重点を置いてみていきましょう。

シースルー前髪は、ストレートアイロンでアレンジがおすすめ

シースルー前髪にしたらストレートアイロンを使って巻き髪にしてあげるだけで、ニュアンスのあるシースルー前髪に仕上げることも可能です。

やり方は簡単で、カットした時と同じように前髪を3つに分けます。それぞれをワンカールしっかりと熱を伝えてください。それが完成したら前髪にワックスやたっぷりとつけてあげましょう。余分な前髪は左右にもっていき中心にある前髪を生え際あたりからしっかりと落としたら出来上がりです。

乾かすときに前髪を残すようにケアをしよう

シャンプー後にドライヤーで乾かす際には、全体を乾かしつつも前髪を乾かす時は、直接、熱風を当てずに乾かすようにしてください。上から抑えるような感覚で指先を使ってやさしく乾かしてあげましょう。

引っ張りすぎると危険!優しく前髪を扱う

乾かすときには絶対に引っ張らないことを守りましょう。前髪をつい引っ張ってしまいそうになりますが、できるだけそっと優しく扱うようにしましょう。

ブラッシングしてからセットをする

どんなヘアスタイルにだって言えることですが、スタイリングする前には必ず全体を丁寧にブラッシングしてからはじめましょう。そうすることでシースルー前髪もきれいに仕上がります。このひと手間がとても大切です。

シースルー前髪人気のスタイル

シースルー前髪はどんなヘアスタイルにだって似合います。特にアレンジヘアで甘みがプラスされているようであればシースルー前髪もものすごくオシャレになって人気なのも伺えます。どんなアレンジヘアに似合うのかチェックしてみることにします。

くるん前髪と合わせて

毛先だけくるんとしている前髪を作ってみても、普段だったら重たい雰囲気が前面に出てしまうのですが、シースルー前髪だったら優しくて抜け感が魅力的に感じます。

重めのスタイルと合わせてバランス良くする

全体的に重たく見えてしまう切りっぱなしのナチュラルテイストたっぷりの髪型には、前髪だけでも透明感を持たせることができるシースルー前髪が似合います。ロングヘアはストレートよりもゆらゆらと動くウェーブヘアがいいでしょう。全体的に大きなウェーブをコテやアイロンで巻いてあげてもいいですし、毛先を中心にウェーブのパーマがかかっていればシースルー前髪をしてもトータルで良い雰囲気が誕生しますので、大人可愛いを体感できます。

ボブ×シースルーバングが特に人気

日本人に一番似合うとも言われているのがボブです。ショートでもロングでも日本人の輪郭や頭の形を良くカバーしてくれて、しかも小顔効果があるなんて恐るべしボブヘアです。そこに話題のシースルー前髪をプラスしてみると相乗効果も発揮されて、一番まとまるのあるヘアスタイルに変身できると言われているので、ボブの人は早速シースルー前髪を試してみてください。

結びアレンジとも合わせやすい

ポニーテールやツインテールにしても似合ってしまうのがシースルー前髪です。巻き髪がまとまっているだけでも大人可愛いを演出することができるのですが、そこにシースルー前髪がプラスされるだけで今どきの女優さんみたいなオシャレなヘアスタイルが出来上がります。

まとめ

シースルー前髪についてどんな前髪なのか、似合うためにはどうすればいいのかなどチェックしてみました。トレンド前髪ですが以外にもいろいろなヘアスタイルにマッチするので作りやすいはずです。暑い季節などにはピッタリなシースルー前髪を試してはいかがでしょう。