ゴールドネイルのおすすめデザインとアレンジ方法

ネイルはカラーで印象が大きく変わります。大人っぽい雰囲気や、ゴージャスな雰囲気を出したいときには、ゴールドネイルがおすすめです。ゴールドネイルは華やかな印象になるだけでなく、使い方によってはかわいらしい女性っぽい雰囲気をだすことができたり、柄に使ったりすることもできます。どのカラーとも相性が良いので、コーディネートしやすいのがポイントです。

ゴールドラメを使ったおすすめデザイン

フレンチネイルにする

ゴールドラメを使ったおすすめのデザインは、たくさんあります。その中でも、スタンダードで若い人から年配の方まで、幅広い年代の方にマッチするのが、フレンチネイルにする使い方です。フレンチネイルはシンプルなデザインなので、オフィスでもOKなことが多いです。

ゴールドラメを使って、フレンチ部分をキラキラにするだけで、シンプルなデザインでもゴージャスな雰囲気に仕上がります。10本すべての指をゴールドのフレンチにすると、とても華やかな印象になりますが、数本だけポイントにゴールドにすると、落ち着いた雰囲気にすることもできます。

ラメグラデーションネイルにする

ラメを使ったデザインの王道なのが、グラデーションです。ラメグラデーションネイルは、初心者でも合わせやすくやりやすいので、人気のデザインです。ゴールドを使ったラメグラデーションは、クリアベースにゴールドラメを使ってもきれいですが、ベースをピンクベージュやホワイトにすると、女性らしい雰囲気にもなります。

少し手を加えて、ベースをワンカラーのべた塗ではなく、マーブル柄にしたり、仕上げにストーンをつけたりしてアレンジを施すと、さらにおしゃれで華やかな仕上がりになります。10本のうちの数本にポイントとしてアートを施すのも素敵です。

ゴールドラメでラインを引いてアクセントをつける

ゴールドラメは、メインカラーとして使うだけでなく、細筆を使ってラインを引いてアクセントにするのも素敵です。フレンチネイルの境目にゴールドラインを引くだけで、シンプルなフレンチネイルも、とても華やかできれいな仕上がりになります。

他にも爪の周りを囲むようにゴールドラメでラインを引いて、その中に花柄を描いたり、ネイルシールなどを使ってデザインを施したりすると、とても手の込んだネイルに見えます。アクセントになるので、ちょっと寂しいなと思った時に、ラインを加えるだけでイメージをがらっと変えることができます。

ゴールドの逆フレンチネイル

ゴールドラメを使ったフレンチは、ゴージャスな雰囲気に仕上がるシンプルなデザインですが、少し個性を出したいと思ったら、ゴールドの逆フレンチもおすすめです。逆フレンチとは、爪の根元の部分だけを少し残して、他の部分にベースと違う色を施したカラー部分が多いフレンチネイルのことです。

ゴールドラメを使った逆フレンチは、カラー部分全体をゴールドラメにする方法と、グラデーションやラインとして使う方法があります。全体にゴールドラメを塗るととてもゴージャスで存在感のあるネイルになります。ラインやグラデーションにすると、シンプルで落ち着いた雰囲気になります。

ゴールドのホログラムを使ったゴールドネイル

ホログラムを使ったフレンチネイル

ゴールドのホログラムも、とても用途が広いアイテムです。ホログラムを使ったフレンチネイルは、ゴールドラメを使ったときとはまた違った雰囲気に仕上がります。フレンチのカラー部分をゴールドのホログラムで作っていくのですが、ホログラムのサイズに合わせて細めのフレンチにすると、とても上品な仕上がりになります。さりげない指先の輝きがとてもきれいなデザインです。

ホログラムをドットに見立てたドットネイル

少し大きめのサイズのホログラムを使って、ドットに見立てたホログラムを使ったドットネイルもかわいいデザインです。ドットネイルは人気のデザインですが、ドットを描くことが難しいので、セルフネイルではできないと思っている人も多いものです。ホログラムを使うことで、きれいなドット柄を描くことができるので、セルフネイルでもきれいなドット柄を作ることができます。

ホログラムをまんべんなく敷き詰めた敷き詰めネイル

ホログラムで存在感をアップさせたい場合には、爪全体にホログラムを敷き詰めた、敷き詰めネイルがおすすめです。敷き詰めネイルはやり方もとても簡単で、仕上がりはとてもインパクトのあるものになります。

敷き詰めネイルをするときには、まずはベースにクリアカラーを塗ります。乾く前に大きめのホログラムで全体を埋め尽くしていきます。大きなホログラムだと敷き詰めても間が空いてしまうので、その隙間を埋めるように小さなサイズのホログラムを配置していきます。できるだけ隙間がないように埋めていくことで、存在感のある敷き詰めネイルになります。

ホログラムでお花を作ったフラワーネイル

ホログラムを使ってお花を作ることもできます。お花の中央になる部分に一粒ホログラムをおきます。その周りを囲むようにホログラムを置いていくと、かわいいお花モチーフが出来上がります。ホログラムでつくると、デコボコしないので表面がぼこぼこしてしまうのが嫌な人でも、かわいいモチーフを楽しむことができます。キラキラとさりげなく輝くので、とてもきれいな指先になります。

ゴールドネイルのアレンジ方法

ゴールドをちりばめてさりげなくアピールする

さりげなくゴールドを使ったアレンジとしては、ホログラムやラメなどをちりばめてアピールする方法があります。爪に敷き詰めると、ゴージャスな印象になってしまいがちなゴールドネイルですが、クリアやベージュをベースにして、小さめのホログラムやラメをちりばめることで、さりげなくゴールドを取り入れることができます。

1本だけゴールドネイルにする

ゴールドネイルを1本だけにすることで、ポイントになっておしゃれな仕上がりになります。他の指をシンプルなデザインにしていても、ゴールドが1本はいるだけで、とても華やかな印象になります。ラメが細かくなると上品な雰囲気にもなるので、仕上がりのイメージによってラメの大きさなども変えてみると良いでしょう。

ホログラムに黒を混ぜて上品に仕上げる

ゴールドのホログラムに、黒を混ぜると、ゴールド1色で仕上げたときとは違った上品さを出すことができます。ゴールドはいろいろな色と相性の良いカラーなので、コーディネートしやすいというメリットがあります。その中でも、ブラックとのコーディネートは大人っぽく上品な雰囲気に仕上げることが出来ます。デザインによっては個性的な印象にもなるので、いろいろなテイストを楽しむことができるでしょう。

ゴールドとシェルを混ぜ合わせる

ゴールドのキラキラ感だけでなく、夏っぽいさわやかな雰囲気を出したいときにはゴールドにシェルを混ぜ合わせるのもおすすめです。ゴールドだけでは強めの印象になってしまうデザインも、シェルを混ぜることで、透明感のある上品な輝きになります。夏にぴったりの雰囲気になるので、サマーネイルにおすすめのテクニックです。

まとめ

ゴールドネイルは、ゴージャスな印象になりがちなイメージがありますが、デザインによってはとても上品でおしゃれな仕上がりにもなります。ゴールドも、ラメを使ったりホログラムを使ったり、モチーフとして取り入れたり、いろいろな方法があります。仕上がりのイメージに合わせて、ゴールドの種類をかえていくと、ゴールドネイルの幅も広がり楽しむことができるでしょう。