デトックススープの効果と作り方

ダイエットを考え中という人におすすめしたいデトックススープの紹介です。ダイエットの大敵である空腹をしのぎながらもカロリーは高くないですし、栄養もあるという夢のようなメニューであるのがデトックススープでしょう。作り方も載せてありますので、ご覧になって実際に作ってみることをおすすめします。美味しく食べられるのにどんなに食べても太りませんから、この上なく有難いものですが、注意事項もありますのでその辺りもよくご覧になり、様々なことを考慮の上でダイエットに取り入れてみましょう。

デトックススープの効果

代謝が上がる

ダイエット成功のカギになるのは基礎代謝を上げることで基礎代謝が高いと脂肪が燃えやすく痩せやすい体になりますし、リバウンドもしません。そもそも基礎代謝はじっとしていても消費されるというエネルギーなので。高ければ高いほどに痩せやすいという事になりますから、基礎代謝を上げる効果のあるようなものは取りいれてみると良いです。そういったものの一つにデトックススープがありますので、ダイエットの成功のためにも、健康のためにもぜひとも食卓に取り入れて、健康的に痩せましょう。

デトックススープを食事に取り入れることで、代謝が上がりますので嬉しいものです。食べることで、代謝が上がるのですからダイエットとしては楽な方かもしれません。

老廃物を排出してくれる

老廃物の排出効果はありがたいものです。老廃物がなければ。腸内環境が整い、体の内部から綺麗になれます。そして、腸内環境が整うということは便秘の解消にも結び付きます。便秘は腸内環境の悪化のために体がむくみますから、肥満の原因になるので、ダイエットの敵です。それが改善できれば、ダイエットにも最適ですし、体調も良くなるでしょう。
デトックススープには老廃物排出効果があるので、便秘には効果てきめんで体に良いだけでなく、老廃物が排出されれば、肌荒れ防止になり美肌効果にもなります。

ダイエットできで、肌が綺麗になれれば嬉しいものです。そうなったら、今まで着たことのないようなファッションに挑戦してみても良いでしょう。

ダイエット効果

ダイエット効果は女性にとっては嬉しいことです。人によってはダイエットで食事制限をして、ストレスで太ってしまう場合もありますから、デトックススープを食事に取り入れて食べることでダイエットになるというのはストレスフリーにもなるので、ありがたいことでしょう。食べてはいけないと思うと余計に食べたくなってしまうことはよくありますが、この場合は食べていいということですから、逆の発想になるということです。デトックススープの作り方を覚えて、食事にとりいれれば。空腹感を感じなくなるでしょう。

ダイエットと言うと、食べてはいけないと思われがちですが、デトックススープのダイエットは食べてもいいというものです。食べてもいいダイエットと思うと、何となく気が楽に思えるかもしれません。

便秘解消

便秘で悩む女性は多いもので、便秘は体に不調をきたすだけでなく肥満にもつながってしまうというやっかいなものでしょう。時には、便秘がひどいために吐き気を感じたり、お腹に膨張感や頭痛を感じたりすることもありますし、吹き出物が出来て困るといったこともります。いずれにしても良くない症状ばかりですから、早めに治したいものです。

デトックススープは野菜をふんだんにつかいますので、便秘解消の効果が期待できます。便秘薬を飲まないと解消しないような頑固な便秘でお悩みの方にも効果があるかもしれませんから,食事のメニューとして、このスープをとりいれましょう。便秘薬とはおさらばしたいものです。

身体の体質改善もしてくれるデトックススープ

腸内環境の正常化

デトックススープを食事に取り入れると、腸内環境の正常化になります。腸内環境が正常化すれば、便秘解消にはもちろん、あらゆる体の不調も改善されるでしょうし、血行が良くなるので吹き出物やニキビというトラブルは起こりにくく肌がきれいになりますから、良いことずくめでしょう。

逆に腸内環境が良くないと、腸内細菌が多くなり、腸内細菌のバランスが崩れます。そして、腸のぜん動運動が低下し、便がスムーズに出なくなり、便秘がちになるかもしれません。そのような状態だと、腸やその他の病気になるリスクを高めてしまいます。

免疫力の向上

デトックススープはさらに、免疫力の向上にも関与しますので、有難いものです。野菜のあらゆる栄養によって免疫力がアップしますから、病気にかかりにくくなるでしょう。特に冬、風邪やインフルエンザ等が流行り、免疫力が落ちていると通勤電車等でもうつされてしまうことがあります。このような感染症はうつされれば高熱が出てつらいですし、家族にもうつりますから、ならないのが一番良いことなのです。デトックススープの免疫力効果に期待しましょう。

毎年、インフルエンザになるという人はこのスープを試してみても良いでしょう。インフルエンザの予防注射も有効ですが、体の内部から健康になれば、インフルエンザ以外の病気に関してもかからなくなります。

肩こりや頭痛といったマイナートラブルの解決

肩こり、頭痛に悩まされている人は多いもので、こういったマイナートラブルはストレスによる血流の悪さ等が影響しています。日頃の仕事のストレスやパソコンの使い過ぎ等で同じ姿勢が多いために、血流が悪くなることがあるからでしょうが、こういったトラブルもデトックススープが救ってくれます。野菜に含まれる栄養が血流をよくしますので、ひどくなると吐き気さえ感じるような肩こり、頭痛といった血流の悪さが原因と考えられる症状を軽減させるでしょう。

肩こり、頭痛がひどいと薬を飲むほどになる場合もあります。鎮痛剤は眠くなるなどの副作用も多くつらいものですから、スープを飲むことで免疫力アップになれば、薬もいらなくなるでしょう。

デトックススープの作り方と食べ方

材料は玉ねぎ、にんじんをはじめとした6種類の野菜

デトックススープの作り方になります。実は非常に簡単にできるのです。材料は玉ねぎ、ニンジンを始めとする6種類の野菜ですが、野菜はお好みのものを使うので大丈夫なので、わざわざ買わなくても作れるでしょう。玉ねぎ、にんじん、キャベツ、トマト、キノコ類、カボチャなどいかがでしょうか。他にもブロッコリー、小松菜など、アクが出ない野菜がおすすめです。冷蔵庫の残り物でも、お店の見切り品で売っていたものでもOKなので、家計にやさしいメニューと言えます。

野菜をたくさん食べられるので、子供に食べさせても良いでしょう。家族で美味しく食べられます。

野菜を煮て味を調えるだけでできる

先ほど書きました玉ねぎ、にんじんを始め、6種類の野菜を適当な大きさに切って煮るだけでデトックススープはできます。スープの素等を使って、これらの野菜を煮て最後に味を調えるだけですから、だれでもできると言ってもいいくらいに簡単なのです。ポイントは早く出来上がりたいのであれば、野菜を小さ目に切る事をおすすめしますが、口をたくさん動かして満腹感を得たいのであれば、大き目に切ると良いかもしれません。この辺りはお好み次第です。

遊び気分でにんじんを星型やハート型に切っても良いでしょう。可愛い形の野菜があれば、楽しく食べられます。

食事の置き換えに使っても前菜に食べるようにしても良い

このデトックススープの食べ方ですが、1食分として食べても良いですし、食事の前に前菜として食べても良いということです。たとえば、夕食は軽めにした方が良いですから、このスープのみにするというダイエットの仕方もありますし、夕食を食べすぎないように食事前にスープを頂くというやり方もあります。どちらにするかは、人によって異なるでしょう。おすすめは仕事で帰りが遅くなってしまう時、このスープを夕食にしてはどうでしょうか。空腹を抑えられるし、スープで栄養もとれます。

遅く帰った日はつい、カップラーメン等で済ませてしまうという人はカップラーメンをデトックススープに変えても良いでしょう。栄養やカロリーの面でずいぶんと違います。

スープを食べることで空腹感を我慢せずダイエットできる

ダイエットの大敵というと空腹で、空腹に耐えられずに、ちょっとだけならいいかなと思ってお菓子等を食べ過ぎてしまうということがダイエットが成功しない人に多い傾向です。そんなとき、このスープを代わりに食べることで空腹をしのげます。デトックススープなら食べてもダイエットには影響がないので、空腹が耐えられない人にとっては強い味方になるでしょう。つい食べてしまいがちになるポテトチップ等のスナック菓子や甘いお菓子類に比べれば、栄養になりますしカロリーも低いです。

デトックススープのアレンジレシピ

タンパク質補給と味付けに鶏のささみを入れても良い

デトックススープに入っているのは野菜のみなので、タンパク質が足りません。そこで、筋肉を作るのに必要なタンパク質の補給にもなりますし、味付けにもなる上にカロリーが低い鶏のササミを入れるのはいかがでしょうか。味のアレンジにもなりますし、満腹感も増す上にカロリーは高くないので、一石二鳥です。ささみは少々高価と思ったり、筋を取るのが面倒と思ったりする場合は、鶏の胸肉でもOKです。胸肉は疲労回復効果がある上にうま味も出ますから、スープがいっそうおいしくなります。

男の人は特に野菜のみだと物足りないと感じるでしょう。旦那様や彼氏にもデトックススープを勧めたい時はササミや胸肉をプラスすると良いです。

トマトはホールトマトでもよい

トマトを切っていられるのは、つぶれてしまいがちで面倒と思ったり、トマトと言うと逍遥値段が高いと思ったりする場合はホールトマトでも良いです。ホールトマトでしたら、缶詰で100円前後ですから、値段的にはグッと安くなりますし、味が付いていておいしいので、スープがミネストローネ風になって美味しいでしょう。味のアレンジにもなるので、飽きてきたと思った時にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

ホールトマトはスーパーや輸入食品のお店で売っていますので、買い物のついでに買いおきしておいても良いでしょう。沢山あっても缶詰なので長持ちします。

脂肪燃焼効果のために生姜を入れても良い

脂肪燃焼効果のために生姜を入れると、ダイエット効果がアップになりますし、味の変化もあってより良いでしょう。また、生姜は体を温める効果もありますから、冷え症の人には最適の食材ですし、特に冬などの身体が冷えやすい季節には良いものです。それに、生理痛がひどいという場合も身体の冷えが原因になる場合が多いですから、生姜の効果が期待できます。

中には、生姜の香り等が苦手という人もいるかもしれませんが。少量であれば香りは気にならないものです。チューブの生姜でも良いでしょう。

味に飽きたら鰹節や昆布、塩、コンソメなどで味を変えて楽しめるから続けやすい

デトックススープで効果を出すには続けなければいけないのですが、毎日だと飽きてしまうということがあります。しかし、味に飽きたら鰹節や昆布、塩、コンソメなどで味を変えると幅広く楽しめますから、色々と工夫してみると良いです。鰹節や昆布、塩を入れると和風の味になるでしょうし、コンソメ等を入れれば洋風の味になりますので、お好みに合わせていろいろな味を楽しんでみると飽きがこないでしょう。

その他には食卓で醤油やソースをかけてみる、お酢をいれてみるのも良さそうです。自分なりの美味しい味を考えてみると楽しくなります。

デトックススープを食べる際の注意点

食べ続けることで効果が出るので継続して食べるようにする

デトックススープは継続することで効果が出るものですから、途中でやめないで継続するということが大事です。特に、飽きっぽい性格の人は気を付けた方が良いでしょう。やめないで続けるには強い決心も必要ですから、続けなければ何もならないということを常に念頭に置いておくようにしなければいけません。

性格にもよるかもしれませんが、ここでどうにかして、〇〇kgは痩せたいというように具体的な数字を挙げて強いモチベーションを持った方が良いです。目標があれば、頑張れると言う人には最適な方法です。

飽きずに食べられるよう味を変えて楽しむ

上記にも書きましたが、飽きずに食べられるように味を変えると良いでしょう。上記に書いた以外にカレー粉を入れてカレー味にする、麺つゆをいれて変化をつける、豆腐や納豆、大豆肉といった大豆製品を入れてみるのも良さそうです。このように、皆さまなりに工夫してみると料理の勉強にもなりますから、今後の生活にも役立つことは間違いありません。

前向きに考えて色々な変化を楽しんでみることもおすすめで、ブログに書いたり、インスタ映えを考えたりということもできます。その際、デトックススープのおいしい食べ方も紹介すると良いでしょう。

アレンジしすぎはデトックス効果が薄れるので注意

しかし、アレンジしてしすぎてしまうとデトックス効果が薄れてしまいますので、要注意です。たとえば、塩分を足し過ぎると水分を貯め込みやすくなり、体にむくみをもたらすことがありますから、気を付けましょう。また、アレンジとしてウインナーやベーコン、肉類といったカロリーの高いものを入れてしまうとカロリーが高くなり、デトックス効果が薄れます。アサリ等はカロリーが低くて良い食材ですが、日持ちしないので、その日に食べきるようにしないとお腹をこわしてしまい、デトックス効果が薄れます。

夏場は傷むのが早いので作り置きに注意

夏場になりますと傷みが早いので、作り置きはやめた方が良いでしょう。お腹を壊してしまったら、ダイエットどころではなくなってしまうのは明白なことですから、多目に作って、一皿ずつ小分けにして冷凍しておくのがお得ですし、安心できます。多く作るのに抵抗があるという人は、その都度食べきれる分のみを作るようにしたほうが良いです。その場合、その都度野菜を切るのは面倒になりますから、切っておいて冷凍しておくと、作るときに楽できます。

工夫して、暑い夏のダイエットを乗り切りましょう。時には冷たいデトックススープもおいしそうです。

まとめ

デトックススープが、ダイエットの味方になるということをお分かり頂けたでしょうか。上記に書きました様に、デトックススープは家庭で簡単に作れますから、ダイエットが気になるという人はぜひ作ってみましょう。しかし、毎日同じスープを頂くというのは、かなりつらいものでしょうから、皆さまなりにアレンジして常に美味しく頂けるようにすると良いです。ただし、アレンジしすぎて塩分過多、カロリーが高くなる等の副作用もありますので、この辺りも気を付け、夏場の保存にも気を付けておいしくいただきましょう。