メイク

正しく使えば強い味方!今さら聞けない《コンシーラー》の使い方

コンシーラーってどんなもの?

肌のクマやシミを隠せる便利なアイテム

メイクアイテムの名前としてよくあがるコンシーラー。シミやくすみ、にきび跡といった肌の気になる箇所をカバーすることができる便利なアイテムです。コンシーラーを使えば、肌に自信が持てないときも安心。

「今日はちょっと肌がくすみがちだな」「クマがひどいな」と感じた場合は、コンシーラーを上手に使ってカバーしていきましょう。その日の肌の調子に合わせてコンシーラーを使うことで美肌を作ることができます。

フェイスパウダー&コンシーラーのみのベースメイクも人気

最近は、気になる箇所をコンシーラーでカバーしてからフェイスパウダーで仕上げるナチュラルメイクも人気。ファンデーションは使わず、コンシーラー&フェイスパウダーのみでベースメイクを作るのがポイントです。

素肌に近いメイクでいたいときや、ファンデーションによる肌への負担を軽減したい時にぴったり。ナチュラル感が増して、魅力的に見せることができるのではないでしょうか。

肌のお悩み別のおすすめカラー

クマは、ピンクかオレンジ系のコンシーラー

コンシーラーはお悩みに合ったカラーを使うのが重要なポイント。最適なカラーを選ぶことで、カバー力がアップします。

目の下のクマが気になるときにおすすめなのが、ピンクやオレンジ系のコンシーラー。自然な血色感を出し、肌の色になじみやすいのでクマをカバーしやすくなっています。

にきび跡や肌の赤みには、ベージュ系

小鼻や頰の赤みやにきび跡が気になる場合はベージュ系のコンシーラーを使ってみましょう。ベージュは赤みを補正して他の肌色となじませ、にきび跡もカバーしてくれます。

そばかすやシミをカバーする使い方

コンシーラーでぼかしてパウダーファンデで仕上げ

まずは、シミやそばかすなどが気になる箇所にコンシーラーをのせます。指を使ってコンシーラーを少しずつぼかして肌になじませていきましょう。シミがある箇所は触れずに周りだけぼかすのがポイント。

コンシーラーを肌になじませたら、パウファーファンデーションで仕上げていきます。通常通りパウダーファンデーションをのせたらベースメイクの完成。ファンデーションはコンシーラーの色と近いものを選んでくださいね。

シワやくすみを隠したいときの方法

ピンクのコントロールカラーを併用する

シワやくすみを隠したいときもコンシーラーが活躍します。くすみをカバーするためには、まずはピンクのコントロールカラーを使いましょう。自然な血色感と透明感を出すことができるピンクのコントロールカラーは、くすみが気になるときにコンシーラーと併用すると効果的です。

くすみがある部分を中心にピンクのコントロールカラーをのせてなじませていきましょう。続いて、コンシーラーを使っていきます。

コンシーラーでカバーをする

シワやくすみが気になるところにコンシーラーをなじませていきます。シワをのばすようにコンシーラーをなじませていくのがポイント。ほうれい線や目尻のシワなどにコンシーラーを使っていけば、カバーすることができます。

リップコンシーラーも便利なアイテム

きれいなリップの発色を実現

リップコンシーラーは唇の色ムラを補正し、リップの発色を良くしてくれるおすすめのアイテム。肌だけでなく、唇にもコンシーラーを活用してみましょう。使い方はリップの前にリップコンシーラーを塗るだけ。リップの魅力をさらに引き出したいときに取り入れてみてはいかがですか。

使い方を把握してコンシーラーを活用しよう

コンシーラーは基本の使い方さえ知っておけばとても簡単。ベースメイクにコンシーラーを取り入れてみてはいかがですか。