デトックススープ(脂肪燃焼スープ)の効果!やり方と作り方を紹介!

デトックスは体の中の毒素を排出することを言います。デトックスは健康や美容、ダイエットに効果があります。デトックスは排尿や排便、発汗を通して行われますが、効率的に毒素を排出するためには一工夫が必要です。気軽にデトックスできることから注目されているのがデトックススープです。今回はデトックススープを通してデトックスする方法を紹介していきます。

デトックススープがもたらす効果

代謝の向上

デトックススープを飲むことで得られる効果に代謝機能の向上効果があります。代謝とは人が生命活動をする上で欠かせないもので、脂肪や糖分などがエネルギー源として使用されます。代謝機能を上げることで、脂肪の燃焼効率を高めることができるので、高いダイエット効果が期待されます。

さらに、デトックススープには多くの野菜が使用されています。野菜に含まれている栄養分の働きが、新陳代謝を活発にするのです。美味しく飲めて手軽に代謝アップができることから人気を集めています。代謝は人の基本的な機能であり、代謝機能が低下すると体にさまざまな影響が出てきます。

健康維持

デトックススープは低カロリーです。脂肪や糖分などを控えたスープなので、生活習慣病と関係が深い栄養分の摂取を控えることができます。一方で食物繊維がたっぷり含まれている食材が含まれているので、腹もちがいいのも特徴です。デトックススープには食べ過ぎを防ぐ働きもあります。

野菜不足は生活習慣病の主な原因の一つです。スープにするので食べやすく、野菜が苦手な人でも問題なく食べることができます。もちろんデトックス効果によって体の毒素を排出することによる病気予防の効果を得ることもできます。

美容効果

デトックススープに含まれている野菜の中には、美容成分がたくさん含まれています。特にビタミンやミネラルは米や麦、肉、魚には含まれない栄養分です。これらの栄養分は生命活動に欠かせない栄養分であり、肌の新陳代謝にも重要な役割があります。

デトックススープを作って飲む人の中には、美容効果を高めるために飲む人も少なくありません。野菜に含まれている食物繊維は腸内環境の改善を促し、毒素を排出することで肌ツヤを保つ働きもあります。

免疫効果

空気中には多くのバイキンやウイルスが浮遊して、呼吸の中でたくさん取り入れています。それでもなかなか風邪や病気をしないのは、体の免疫機能が働くためです。デトックススープは体温を上げて代謝機能を高める働きがあります。体温が上がると、免疫効果もアップします。

人間の免疫機能に深い関係がある部位が腸内です。デトックススープを飲んで腸内環境を改善することは、免疫効果を高めることにもなります。免疫機能を高めて病気に強い体を作るためにもデトックススープは有効です。

デトックススープの効果を最大限に高めるために

食事の見直し

デトックススープを飲んでも、脂質や糖質、炭水化物などの栄養分をこれまでと同じように摂取していると効果はなかなか現れません。デトックススープの効果を高めるためには、食事の見直しをすることもポイントです。

食事の見直しのポイントとしては、食事を抜かずにデトックススープから飲み始めることです。デトックススープは腹もちがいい特徴があります。先に食べるだけで、自然に食事量を減らすことができます。

軽い運動を取り入れる

デトックススープは代謝機能を高める働きがありますが、スープを辞めてしまうと元の状態に戻ってしまいます。せっかく高まった代謝機能を維持させるためには、軽い運動をすることをおすすめします。

運動は筋肉量を増やし、代謝機能を高める働きがあります。デトックススープとは違う角度から代謝機能を高める働きがあるわけです。ジョギングやウォーキングなどを通じ、軽い運動をして代謝を高めると、デトックススープを辞めても代謝機能が下がりにくい体質を作ることができます。

睡眠に気を付ける

デトックススープの効果が現れるのは、スープを飲んで体内で消化されて栄養分が体の各器官に行き渡ってからです。消化機能が低下していると、デトックススープの栄養分が十分に消化されずに確かな効果を得ることができません。消化機能が低下してしまう原因の一つに睡眠不足があります。

睡眠不足が慢性化していると、消化機能は低下します。せっかくデトックススープを飲んでも野菜やスープの栄養分がしっかり浸透しません。デトックススープを飲んでいるときは、睡眠バランスを整えることが大事です。

ストレスを溜めない

デトックススープを始める目的の一つにダイエットがあります。カロリーが低く腹もちがいいのでダイエットには適しているからです。しかしデトックススープしか飲まないという極端な人もいます。食事を抜いてしまうとストレスが溜まって、イライラの気持ちが体内で毒素を増やす原因になってしまうこともあるのです。

ストレスを溜めないことは、デトックススープの効果を高める上で大切です。ダイエットが目的でも極端に食事を抜いてストレスを溜めず、食を楽しむ時間も作るとよいでしょう。すぐに痩せようとすると、リバウンドしてしまうので注意が必要です。

デトックススープの作り方のコツ

多くの野菜を取り入れる

デトックススープの作る際に、多くの野菜を取り入れるのもコツです。野菜は食物繊維が多く含まれており、腹もちがよくなるので主食を減らすことにもつながります。野菜によって含まれている栄養分も異なるので、幅広く栄養分を摂取するという意味でも効果的な方法です。

スープに入れる野菜によってスープの味や食感はずいぶんと変わってきます。普段は苦手としている野菜でも、スープにしてみると美味しいこともあります。好みは個人差があって当然なので、まずは自分が好きなデトックススープを探していきましょう。

油の使用を控える

デトックススープは体の毒素を排出する目的以外に、脂質や糖質の過剰摂取を控える目的があります。特に健康やダイエットを意識している人にとって、脂質や糖質の摂取量は気になるところです。

デトックススープを作るときは、できるだけ油の使用を控えるようにしましょう。油を使ってしまうと、脂質の摂取量が増えてしまいます。ただし、極端に油の使用を拒否する必要はありません。野菜を焼いてからスープを作りたいときに、油を使って炒めるくらいは問題ありません。

赤身の牛肉を使う

デトックススープの味や食感を劇的に変える存在が肉です。デトックススープに肉は禁止と思っている人も少なくありません。肉には脂質が多く含まれていて、たくさん食べると体内の毒素を増やしてしまうことが理由です。しかし、赤みの牛肉であればデトックススープに使っても問題ありません。食べ過ぎは禁物ですが、カロリーが低く美味しいスープを作ることができます。

味のバリエーションを変える

デトックススープは継続して飲むことで、効果を得ることができます。健康のためにダイエットが効果的ということは分かっていても、同じ味だと続けることが苦痛になってしまいます。どれだけいい味付けにしても、味が同じだと飽きてしまうのが人間の性です。

継続してデトックススープを飲むなら、味のバリエーションを変えることをおすすめします。調味料を変えて味付けを変えるのももちろんですが、使用する具材を変えるだけでも味はかなり変わります。続けるためにも味のバリエーションは工夫するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?デトックススープは新陳代謝を促す効果があります。ダイエットや健康、美容など、さまざまな効果につながります。飲むだけでも効果は十分ですが、食生活の改善や適度な運動を取り入れる、睡眠バランスを見直すだけでも高い効果が期待されます。デトックススープは続けることで効果が少しずつ出てくるので、長く飲み続ける工夫をすることもポイントになります。