タイダイネイルのおすすめデザイン。おしゃれに仕上がる色の組み合わせ

タイダイネイルはとてもおしゃれで、高度なテクニックが必要なデザインに見えます。ネイルサロンでないと、タイダイネイルをすることができないと思っている人も多いのですが、実はテクニックさえ身につけてしまえば、セルフネイルでも簡単にタイダイネイルを作ることができます。組み合わせる色を変えるだけで、雰囲気も大きく変えられるので、気分によっていろいろなテイストのタイダイネイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

タイダイネイルのやり方

用意するのは2種類のジェルもしくはマニキュア

タイダイネイルをするためには、まず用意するのは2種類のジェルもしくはマニキュアです。タイダイネイルはジェルでもマニキュアでも作ることができます。マニキュアの方が、ライトなど不要なので、最初にかかる費用が抑えられますが、手早く行わないと乾いてきてしまうので、注意が必要です。

最初に薄い方のカラーをベースとして爪に塗る

タイダイネイルをするときには、まずは2色選んだカラーのうちの薄いカラーをベースカラーとして、爪全体に塗っていきます。一度塗りで色むらができてしまったり、ネイルの発色が悪かったりしたら、2度塗りしてきれいなベースを作りましょう。

濃いカラーをドットに乗せる

ベースカラーを塗ったら、濃いカラーをドットにしてのせていきましょう。ドットの大きさや形はきれいに揃っていなくても問題ありません。爪全体のバランスを見ながら、ポンポンとドットに乗せていきます。このとき間隔を狭くし過ぎてしまうと、きれいな柄ができなくなってしまうので、少し空間をあけながら配置していくと良いでしょう。

最後にベースのカラーをドットに乗せて叩いて伸ばして仕上げる

最後に、ベースのカラーを濃いカラーのドットの間に乗せていきます。ドットを崩していくように叩きながら伸ばしていけば、タイダイネイルの完成です。あまりたくさんたたいてしまうと、完全にカラーが混ざってしまうので、タイダイ柄ができなくなってしまいます。少ない回数で柄を決められるように、手早く作業を行うことが大切です。

マニキュアを使って行うときには、ゆっくりと柄を作っていると表面が乾いてしまい、固まってきてしまいます。乾いてきてしまうと、カラーが混ざりにくくなってしまったり、ダマになってしまったりするので、手早く行う必要があります。細かい作業が苦手な人や、セルフネイルに慣れていない人は、ジェルネイルでやったほうがゆっくりとマイペースに行うことができるでしょう。

タイダイネイルのおすすめアレンジ

3色以上の色を混ぜる

シンプルに2色で作るタイダイネイルも可愛いものですが、3色以上のカラーを使ったタイダイネイルは、個性的でカラフルな仕上がりになります。ブルー系、ピンク系、イエロー系の3色を使ってタイダイネイルを作ると、とても明るくてきれいなデザインになります。

やり方は2色と同じように、ベースカラーを塗った後に、濃い色をドットに乗せていきます。3色すべてをドットに乗せたら、境目をぼかすようにトントンと叩いていきます。ぼんやりと境目がしてきたら、しっかりと乾かしてトップコートをして完成です。

しっかりとぼかして淡い仕上がりにする

タイダイネイルを作る工程で、2色をぼかしていくときに、しっかりとぼかすと2色が混ざりあって、淡くて柔らかい仕上がりになります。柄がぼんやりと残るような雰囲気になるので、シンプルなデザインが好きな人にも向いているアレンジ方法です。同系色で作ると、さらに馴染が良くなるので、シンプルに仕上がります。

タイダイ柄でボーダー風に仕上げる

個性的な仕上がりになるのが、タイダイ柄をボーダー風に仕上げるテクニックです。ベースカラーを塗ったら、柄にしたいカラーをボーダーになるようにドット柄に配置します。

ラインを崩さないようにカラー同士を馴染ませていけば完成です。まっすぐなボーダーラインよりも、柔らかい仕上がりになります。

タイダイでフレンチラインを作る

大人っぽい雰囲気に仕上げたいときには、タイダイ柄を使ってフレンチラインを作るのがおすすめです。フレンチネイルのカラー部分をタイダイ柄にすることで、大人っぽいフレンチネイルも、カジュアルな雰囲気や明るい元気な雰囲気に変えることもできます。

カラーの組み合わせ方によって、夏感をアップさせたり季節感を出したりすることができます。

タイダイネイルにおすすめの組み合わせ

白とピンクとオレンジ

かわいらしい雰囲気にしたいときには、ピンクを使ったタイダイネイルがおすすめです。ピンクとの組み合わせには、白とオレンジが相性抜群です。かわいらしい雰囲気を残しつつ、白でカラーをしっかりと引き立てることができます。オレンジが入ることで、さわやかで明るい雰囲気がアップします。

ベースに白を使って、ピンクとオレンジを柄に取り入れることで、カラーがしっかりと引き立ちます。白の部分を少し多めに残すと、さわやかな印象にもなります。ピンクとオレンジは白と混ぜるよりも、ピンクとオレンジを少し馴染ませる程度にしておくと、より柄がはっきりと目立って可愛い仕上がりになるでしょう。

黄色と水色と緑

涼しげな雰囲気で、夏にぴったりのカラーの組み合わせなのが、黄色と水色と緑です。黄色は水色と緑の中でアクセントカラーになるよな、とても目立つカラーです。水色と緑は涼しげでさわやかな印象にしてくれます。ベースをクリアにしておくと、さらに透明感がアップして涼しい雰囲気のネイルになります。

タイダイ柄を作ったら、仕上げにラメをランダムに散らすのもよいでしょう。タイダイ柄を大きめに作って、クリア部分も広く出すようにすると、ニュアンスネイルにもなります。バランスを見ながら、空間を上手に使うことも、おしゃれなネイルデザインのテクニックです。

ピンクと水色と黄色

元気で明るい印象のタイダイネイルにするためには、ピンクと水色と黄色の3色の組み合わせがぴったりです。どれもはっきりとしたカラーで、元気が出るカラーです。対象色でもある3色を組み合わせることで、とても明るく元気な雰囲気になります。

3色すべてのカラーがしっかりと主張するカラーなので、数本の指にアクセントになるようなバランスでタイダイ柄を入れるようにすると、バランスが取りやすくなります。

タイダイ柄以外の指は、タイダイ柄に使ったカラーで、べた塗にしたり、クリアやホワイトを使ったりするシンプルな仕上がりにすると、タイダイ柄の明るさを引き立立てることができます。

紫と白

大人でもぴったりな落ち着いた雰囲気のタイダイネイルには、紫と白の組み合わせが良いでしょう。紫は、とても落ち着いた色っぽい雰囲気を出せるカラーです。そこに白をミックスすることで、明るさやかわいらしさをプラスすることができます。

白の面積が少なくなると、大人っぽい妖艶な雰囲気が強くなります。反対に、白を多くすると明るくかわいらしい雰囲気がアップします。バランスを見ながら、自分の出したい雰囲気に合わせて配置していくと良いでしょう。

まとめ

手の込んでいるイメージのあるタイダイネイルは、実はとても簡単に作ることができるデザインです。好きなカラーを組み合わせて、セルフネイルでタイダイ柄を作ると、イメージ通りのデザインが出来上がります。

タイダイ柄に合わせてストーンやパーツをさりげなく使うと、より一層おしゃれな仕上がりになるでしょう。全体の雰囲気を見ながら、ワンカラーのべた塗などのシンプルな指も組み合わせておくと、まとまりの良いデザインになります。