コラーゲンの効果や働きとは!おすすめのコラーゲンを紹介

コラーゲンの効果や働きとは!おすすめのコラーゲンを紹介

有名な美容成分と言えばコラーゲンというイメージが定着していますが、コラーゲンは体に欠かせない栄養分の一つです。コラーゲンを摂取して体内に取り入れることは、美容の面だけでなく健康にも大きく関わってくることになります。ただ摂取するだけでなく。コラーゲンの効果や働きを理解することも大事です。

コラーゲンは肌トラブルや加齢にともない体が思うように動かなくなった人におすすめの成分です。コラーゲンを体内で増やす方法はいろいろあるので、自分に適した方法で増やしていきましょう。今回はコラーゲンの効果や働き、おすすめのコラーゲンなどを紹介していきます。

コラーゲンの基礎知識

コラーゲンとは?

コラーゲンが肌や体にいいということは知っていても、コラーゲンの正体や体にいい効果を与えるメカニズムなどは分からず、何となくコラーゲンを取り入れているという人も少なくありません。コラーゲンの特徴を理解することは、正しく効果を得るために必要なことです。

コラーゲンはタンパク質の一種で、人体を構成している大切な成分の一つです。人の体を作っているタンパク質の中で、約30%はコラーゲンで作られていると言われています。コラーゲンと聞くと肌を連想する人も多いと思いますが、実際に肌の70%を組成するのがコラーゲンです。

コラーゲンの効果と肌の潤い

コラーゲンは肌にいい栄養分として広く知られています。これは人の皮膚の多くがコラーゲンで作られていることが理由です。コラーゲンの合成や生成が積極的に行われることによって肌の新陳代謝を促し、美肌を作ることにつながります。コラーゲンが生まれ変わることによって肌の新陳代謝もスムーズに行われるのが特徴です。

コラーゲンはセラミドやヒアルロン酸と並んで、肌に潤いを与える保湿成分と言われています。コラーゲンには真皮層を支える働きがあり、水分を吸収したら逃がさない性質もあるのでコラーゲンを摂取すると肌の潤いが保たれるというわけです。肌の潤いを維持するために欠かせない成分になります。

骨とコラーゲンの関係

コラーゲンと言えば美肌効果をもたらす栄養分として知られています。一方、丈夫でしなやかな骨を作るためにもコラーゲンは重要な役割を果たしています。コラーゲンの繊維は網の目のようになっており、この中にカルシウムやミネラルが豊富に含有されています。これらの成分が骨に浸透することで骨の成長を支えているのです。

骨の機能が低下すると血液から全身に供給される酸素や栄養分が不足してしまい、関節の動きに必要となる軟骨の働きも低下してしまうのです。コラーゲンを摂取することは、健康や美容を作る上で重要な役割を果たしますが、骨に対しても同じです。日頃から意識してコラーゲンの摂取をする必要があります。

関節とコラーゲンの関係

関節は骨と骨をつないでいる部位で、関節包という部分で包んでいます。骨を結合する部分には水分が多く含まれている軟骨があり、この骨が衝撃を吸収する役割を担っているのです。この軟骨に多く含有されているのがコラーゲンになります。コラーゲンは軟骨にも欠かせない成分です。

ちなみに、軟骨がすり減ってしまうと骨同士がこすれ合うようになってこわばりや痛みの原因になります。そのままの状態で運動をしていると筋肉や関節などの機能が低下してしまいます。コラーゲンは軟骨のすり減りを抑制する働きがあるので、寝たきりになるリスクを防いでくれるのです。

年齢とコラーゲンの関係

肌のツヤや骨に重要なコラーゲンですが、加齢に伴って少しずつ体内のコラーゲン量は減少していきます。コラーゲンは体内で生成できる成分ですが、加齢で体の機能が低下するとコラーゲンを生成するための設計図に狂いが生じてしまい、安定してコラーゲンが作れなくなるのです。

加齢でシワやシミが増えてくるのもコラーゲンの減少が関係しています。年をとってもコラーゲンを失わないようにするためには、外部からコラーゲンを摂取する必要があります。コラーゲンが含有されている食事やサプリなどを摂取することで、コラーゲン低下による体への影響を低減することができます。

コラーゲンの種類

I型コラーゲン

I型コラーゲンは体内にもっとも多く存在しているコラーゲンです。I型コラーゲンの役割は骨や皮膚を生成し、弾力性をもたらす働きがあります。骨に大量に含まれているのが特徴で、皮膚の真皮にも多く含有されています。多くの組織でコラーゲン細線維やこれが集まったコラーゲンです。

I型コラーゲンが少なくなると、ダイレクトに骨の老化や肌の老化につながってしまいます。皮膚の強さを生み出す働きもあるので、皮膚の強度を保つためにも必要なコラーゲンです。加齢と共に減少していくので、外部から摂取して一定のコラーゲン量を維持する必要があります。

II型コラーゲン

関節や軟骨にもコラーゲンは多く存在しており、関節や軟骨を動かす時のクッション材として役割を果たしています。年を取ってから関節や軟骨が原因で痛みが出てくるのは、コラーゲンが不足することが原因です。コラーゲンの不足は運動機能の低下をもたらす起因になります。

II型コラーゲンは関節や軟骨に多く含有されているコラーゲンになります。そのため、II型コラーゲンが減ってくると関節痛の症状が現れやすくなります。若い頃は豊富にありますが、年を取ってくると著しく低下するのが特徴です。自発的に摂取しないと足りなくなってしまいます。

III型コラーゲン

私たちの体の中で重要な役割を果たしているのが内臓や血液です。内臓は食事から得た栄養分を分解し、血液を使って全身に栄養分を送り届けます。どちらの機能も低下すると、栄養分を体の隅々に送り届けることができなくなってしまい病気の原因を作ることになります。

III型コラーゲンは、細い繊維で組織を柔軟に支える働きがあるコラーゲンです。臓器や皮膚、血液の壁に多く存在しており、これらの組織を支えて円滑に血液が循環する働きをサポートしています。当然、III型コラーゲンの量が低下すると血液の安定した循環が滞ってしまいます。

IV型コラーゲン

コラーゲンという物質に対し、思い浮かべるのが美容です。コラーゲンそのものが肌に潤いを与えることで美容効果が得られますが、それだけではなく皮膚にハリを保つことによる美肌効果もあるのです。この効果をもたらすのが、IV型コラーゲンのタイプになります。

具体的には皮膚の表皮と真皮をつなぐことにより、肌がたるんでしまうのを防ぐ効果です。基底膜にも多く存在しており、肌のたるみやシワを作らない重要なコラーゲンです。IV型コラーゲンも加齢と共に減少してしまうので、年を取ってくると不足してたるみの原因になります。

V型コラーゲン

V型コラーゲンは繊維性のコラーゲンで、I型コラーゲンの含まれている組織にも少量ながら含まれています。I型コラーゲンが不足してしまうと、V型コラーゲンも不足するという相互性があるのが特徴です。コラーゲンの解析が進んでいる現代においても、V型コラーゲンは謎が多いコラーゲンで解明されてない部分もあります。

V型コラーゲンは腎糸球体細胞の培養実験も行われており、美容だけではなく医療という分野でも注目されているコラーゲンです。他の種類のコラーゲンを結び付ける役割があるなど、今後の解析次第では他のコラーゲンよりも重要性が高いコラーゲンとして認知されるようになるかもしれません。

コラーゲンを多く含む食材

魚の皮

コラーゲンを多く含む食材と言えば、ゼリー状のものというイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、私たちが普段から食べている食材の中にもコラーゲンが豊富に含まれている食材はいくつもあります。魚もコラーゲンを多く含む食材の一つです。

ちなみに、魚も人間と同じように皮を生成する上でコラーゲンが重要な役割を果たしています。そのため魚の皮にはコラーゲンが豊富に含まれており、魚の皮を食べることでコラーゲンを取り入れることが可能です。また魚の軟骨にも含まれているので、柔らかい骨は食べた方がコラーゲンを多く摂取できます。

豚バラ肉

豚バラと言えば、安くて美味しい食材の一つです。豚バラはさまざまな料理に使うことができて、脂身が特に美味しい特徴があります。豚肉はコラーゲンを多く含んでいる食材ですが、その中でも脂身の部分には豊富なコラーゲンが含まれています。豚バラ肉を食べることはコラーゲンを摂取する上で効果的な方法です。

豚バラ肉を食べるときはカロリーに気を付ける必要があります。豚バラ肉は脂質が多いので、食べ過ぎるとカロリー過多になって脂肪を増やすことにつながります。コラーゲンを摂取するために豚バラ肉を食べるときは食べ過ぎ気に気を付けることや脂の吸収を抑える野菜を合わせて食べるとよいでしょう。

エビ

年を取ってくると体はコラーゲン不足になりがちですが、コラーゲンは食材から摂取することができるので、肌のトラブルなどが気になり始めたらコラーゲン食材を食べることが大事です。身近な食材の中では、エビにもコラーゲンが多く含まれている特徴があります。

エビにはコラーゲンだけでなく疲労回復効果があるタウリンも豊富に含まれているので、コラーゲンによる効果とタウリンによる効果を同時に得ることができます。また、エビの赤色に含まれるアスタキサンチンも近年健康や美容分野から注目を浴びている栄養分の一つです。

ゼリー

ゼリーにもコラーゲンが豊富に含まれています。ゼリーはゼラチンから生成されており、ゼラチンに多くのコラーゲンを含んでいるからです。最近はコラーゲンの注目度の高まりから、コラーゲンゼリーという商品を開発して販売する会社も増えています。

ゼリーはカロリーが低いので、体重が気になる人にもおすすめのコラーゲン摂取方法です。ゼリーの種類によって含有されているコラーゲン量は変わってくるので、コラーゲン摂取を目的にゼリーを選ぶときはコラーゲンの含有量をチェックしておきましょう。糖分が多く含まれているゼリーは太る原因になるので注意が必要です。

プリン

コラーゲンを多く含んでいる食材にプリンがあります。プリンのプルプルした触感はコラーゲンの特徴です。プリンは美味しいデザートとしても人気で、バリエーションも豊富にあります。美味しくコラーゲンを体内に取り入れたいと言う人には、プリンをおすすめします。

ただし、プリンには多くの糖質や脂質が含まれているので、他のコラーゲン食材と違ってカロリーが高めになっています。少量であれば問題ないものの、たくさん食べるとカロリー過多になってしまうので注意が必要です。プリンを食べる場合はカロリー計算もしてから食べましょう。

ゼラチン

ゼラチンはゼリーやババロアに使用されるものですが、食用以外でもカメラのフィルムや接着剤などに使用されています。ゼラチンはコラーゲンから抽出されるのが特徴で、そのままでは水に溶けないため、水と過熱をすることで抽出します。タンパク質を豊富に含んでいるのが特徴です。

ゼラチンは豚や牛など家畜の骨や皮から抽出していますが、最近は魚の皮から抽出する新しい方法も注目されています。ゼラチンを摂取することはダイレクトにコラーゲンを摂取することになるので、ゼラチンが使用されているデザートは美容や健康にプラスの効果があります。

コラーゲン摂取のポイント

1日の摂取量

体内のコラーゲンは加齢と共に減少していくので、毎日の食事の中で意識して摂取していく必要があります。コラーゲンの摂取量は定められているわけではないので、どれくらい摂取するのか気になるところです。タンパク質の一種ではあるものの、1日のタンパク質摂取量に含める必要はありません。

1日のコラーゲン摂取量の目安となるのは1日5g程度です。一方、私たちが日々取り入れているコラーゲンの量は1日に2g程度と摂取量の目安に比べて足りてないのが特徴になっています。少々摂りすぎるのは問題ないので、1日10gくらいを目安にするとよいかもしれません。

コラーゲンと一緒に取った方がいい栄養分

コラーゲンの摂取方法の中で効率的なのがコラーゲンサプリです。コラーゲンが凝縮されているので、飲用すると必要なコラーゲンをそのまま摂取することができます。一方、コラーゲンだけを摂取しても十分な効果を得ることができないこともあるので注意が必要です。

コラーゲンの効果を高めるためにはビタミンCの摂取を一緒に行うことをお勧めします。ビタミンCはコラーゲンを合成する上で欠かせない成分であり、安定したコラーゲンを作り出すためにはビタミンCが必要です。ちなみにコラーゲンサプリの中には、ビタミンとの結びつきが強いことから、ビタミンが含有されているタイプもあります。

コラーゲン摂取におすすめの時間

同じ量のコラーゲンを飲んでも、飲むタイミングによって体に与える効果の大きさは変わります。これは人間が活動している時間帯によって吸収効率が違うためです。コラーゲンを効率的に吸収して体に効果を与えるとされているのは夜寝る前です。

夜寝る前にコラーゲンを摂取するのが効果的なのは、睡眠によって副交感神経が上がるためです。腸の消化吸収が活発化することにより、ホルモンが多く分泌されます。肌の細胞の代謝効率が向上することによって肌にコラーゲンが浸透しやすくなります。しっかりと睡眠をとるほど効果は顕著に表れます。

コラーゲンの副作用

コラーゲンを効率的に摂取するのであれば、コラーゲンサプリの飲用がおすすめです。サプリメントなら必要な量を必要な分だけ摂取することができるので、毎日の目標摂取量が立てやすいメリットがあります。一方、コラーゲン摂取で気になるのが副作用です。

コラーゲンは元々体内にある成分なので、適度な摂取であれば副作用のリスクはありません。ただし、コラーゲンを過剰摂取してしまうとコラーゲンを分解する肝臓に負担がかかり、体調不良の原因を作ってしまう可能性があります。思わぬ副作用に見舞われないよう一日の摂取量を守ることが大事です。

コラーゲンによる効果の持続時間

コラーゲンの摂取方法は食事やサプリなどさまざまです。コラーゲンを摂取することで美容効果を得ることができますが、大切なのはその効果がどれくらい持続するのかという部分です。基本的にコラーゲンを外部から取り入れた場合の効果の持続時間は数日から数週間程度です。

そのため、コラーゲンによる効果を維持するためには定期的にコラーゲンの摂取をしなければなりません。年を取るほどコラーゲン量が減ってくるので、効果の継続時間も短くなってしまいます。スパンを短くしてコラーゲンの摂取が必要になってきます。

コラーゲンオススメの商品

おいしくうるおうコラーゲンペプチド 75,000mg 30日分 (プラセンタ・ヒアルロン酸・乳酸菌・エラスチン・セラミド・ビタミンC 配合)

おいしくうるおうコラーゲンペプチド 75,000mg 30日分 (プラセンタ・ヒアルロン酸・乳酸菌・エラスチン・セラミド・ビタミンC 配合)
1袋4000mgの大容量タイプのコラーゲンサプリです。含有されているのはコラーゲンだけでなく、ヒアルロン酸やプロテオグリカン、シルク加水分解物、セラミド、ビタミンC、プラセンタなどです。魚由来のエラスチンも含まれており、これらの成分が相互に作用して肌に潤いを与えます。

また、フラクトオリゴ糖や乳酸菌、難消化デキストリンなども含まれていて、腸内をすっきりさせる働きもあります。腸内環境が悪化すると肌荒れの原因になるので、腸内をすっきりさせた上でコラーゲンを摂取することによって効果の持続時間も長くなるわけです。

井藤漢方製薬 サプリル コラーゲン 約30日分 2gX30袋

井藤漢方製薬 サプリル コラーゲン 約30日分 2gX30袋
そのままコラーゲンを食べることができる顆粒スティックで、マンゴー味です。栄養機能食品で、乳糖やコラーゲンペプチド、ビタミンEなどが配合されています。フェニルアラニン化合物が含まれているのも特徴です。サプリタイプになるので継続的に摂取しやすいのもメリットです。

コラーゲンを簡単になおかつ効率的に摂取することができるので、美肌効果も期待できます。値段もリーズナブルで、コスト的にも続けやすいのが魅力です。ユーザーの評価も高く、実際に飲んで高い効果が出たと言う声も多くあります。

井藤漢方製薬 コラーゲン・低分子ヒアルロン酸 約60日分 300g

井藤漢方製薬 コラーゲン・低分子ヒアルロン酸 約60日分 300g
コラーゲンと低分子ヒアルロン酸のセットです。美容成分であるヒアルロン酸が配合されているのが特徴で、コラーゲンとの相乗効果で高い効果を期待することができます。ベストセラー商品ということもあってユーザーからの評価も高く、長く続けやすい商品です。

日本の信頼できるメーカーが製造しているのも安心できる理由の一つです。健康食品と言っても体に取り入れるものなので、信頼性は重要なポイントになります。無色透明で臭いが少ないことや無味であることも続けやすさを後押ししています。

ディアナチュラ 低分子コラーゲン 240粒

ディアナチュラ 低分子コラーゲン 240粒
アサヒが販売しているコラーゲンサプリです。徹底した品質管理を行っており、無添加、無着色になっています。開けやすさを追求したワンタッチボトルや毎日続ける上で負担が少ない金額設定も魅力です。コラーゲン不足の人でも効率的にコラーゲンを取り入れることができます。

品質の向上や安全性を追求し、加齢と共に減少していく美容成分を効率的に摂取できるように調整されているサプリです。美容を高める効果やアンチエイジングの効果など、さまざまな美に対する効果を得ることができます。

DHC コラーゲン 60日分 360粒

DHC コラーゲン 60日分 360粒
大手サプリメーカーDHCが製造して販売しているコラーゲンサプリです。信頼度の高いサプリメーカーなので、安心して続けることができます。また、コスパに優れており2か月分で約1500円を切る金額設定にしているサプリは他にありません。また、コラーゲンだけに特化しているサプリで他に不要な成分が含まれていないのも特徴です。必要に応じてビタミンやヒアルロン酸サプリを買って摂取することもできます。

まとめ

いかがでしたか?コラーゲンは美容だけでなく骨や関節を作る上でも欠かせない栄養分です。コラーゲンは食材にも多く含まれていますが、効率的に摂取するならサプリで摂取することをおすすめします。