SNS映えなら立体メイクで決まり!《-3kg痩せ見え》整形級立体メイク

整形級!超小顔に見える立体メイクでSNS映えがトレンド

SNS映えするメイクとして話題になっているのが、整形級の3Dメイク「立体メイク」です。その効果は小顔見えだけでなく、-3kg見え、-5歳見えと、女性なら誰もが憧れるマイナス見せ!

意外にも簡単にできる、立体メイクのやり方をご紹介します。

 

初めてでもわかる立体メイクのやり方

Step1.下地+コンシーラーで気になるポイントをカバー

ベースケアをして下地を塗ったあと、気になっている部分をコンシーラーで隠します。コンシーラーはスティックタイプやクリームタイプなどさまざまなタイプがありますが、今回行う立体メイクはこのあとしっかりファンデーションなどを塗っていきますので、自分の好みのもので大丈夫です。

Step2.まずは明るい色からスタート

立体メイクでは、まず最初に明るい色から塗っていきます。使うアイテムは地肌より明るい色のコンシーラースティックがおすすめです。Tゾーンと頬、鼻下、顎部分にしっかり塗っていきましょう。

Step3.赤みをプラスする血色チークをオン

練りタイプのチークで赤みをオンします。赤みチークは、頬骨の上部分だけで大丈夫です。トレンドは少しだけ外側に乗せるメイクですので、気持ち外側に乗せると良いでしょう。

Step4.ローカラーをのせて準備完了!

ローカラーはおでこの上の生え際部分と、顎や頬の下の方のフェイスラインに沿って塗ります。また、目頭からスタートして鼻筋の脇に添うようにスッとローカラーのラインを入れると、鼻筋がより高く見えます。

Step5.最後にぼかして簡単完成♡

ぼかすときのポイントは、ライトカラーからぼかしはじめるということです。ライトカラーとチークをぼかし、最後にローカラーをぼかしましょう。

また、ぼかす場所の順番は中央から外側に向けて進めていきます。まずはTゾーンからスタートして、頬、頬のチーク、フェイスラインと進めていくと、自然にライトカラー→チーク→ローカラーの順でぼかすことになります。使用するアイテムは大きめのスポンジがおすすめです。

 

立体メイクの簡単テクニック

メイク

不器用さんでもできる!点で作る立体メイク

思い切り塗ってしまうと、ぼかすときにローカラーが濃くなりすぎて失敗してしまいがちです。ぐりぐり塗りつけるのではなく、点々とカラーを置いていくテクニックが、不器用な方でもナチュラルにぼかしやすいためおすすめです。

ラインで作る超整形級の立体メイク

立体メイクに慣れてくると、よりはっきりとした立体感が欲しくなってきます。そんな立体メイク上級者におすすめなのが、ラインで作る立体メイクです。

しっかりカラーを乗せることにより濃淡がはっきりするため、超整形級の立体メイクに仕上がります。

立体感を作り出すポイントはこれ

「ぼかす場所」と「ぼかさない場所」を作る

せっかく立体的に見えるメイクをしても、全体を同じようにぼんやりぼかしてしまうと意味がありません。しっかりぼかすのは濃いローカラー部分のみで、チークとライトカラーはナチュラルに馴染む程度にぼかすのがポイントです。

「光が当たる場所」と「影になる場所」を意識する

光を集めるのは中央部分です。Tゾーン、目の下の三角ゾーン、そして唇の上山とあご先。この5点が「光が当たる場所」です。そのため、この5点に明るい色を乗せましょう。

次に、影になる部分です。影になるのは生え際からフェイスラインまでの顔周りと、鼻の左右のラインです。この部分にローライトをしっかり乗せましょう。なんとなくこの場所にはこの色、と覚えても構いませんが、なぜここにこの色なのか?ということを意識してメイクすると、より立体感がアップします。

 

いつものメイクに一工夫!意外と簡単な立体メイク

整形級の立体メイク!と言われると、ベースメイクやアイメイクに時間がかかりそう、難しそうというイメージを抱いてしまいがち。ですが、この立体メイクは決められた場所に色を置いてぼかすだけ。不器用さんにもメイク初心者にも簡単にできるメイクなんです。

SNS映えにも欠かせない立体メイク!ぜひチャレンジしてみてください。