ダイエットを決意!決意がゆるがないためにできる対策

ダイエットをしたい気持ちはあるのに思うように続けられないと悩んでいる人はとても多いです。どうしても日常生活の中には誘惑がありますから決意をしても思うように続けられないことはあります。決意が鈍らないことはダイエットを成功させるための秘訣ですどうやればダイエットの決意を長続きさせて結果を出すことができるのでしょう。

ダイエットの決意が長続きしない理由


ダイエットに挑戦している人は多いですが、なかなか結果が出せずに諦めてしまう人も多くいます。結果を出すためには続けられるように努力をすることも大切です。そのような努力をするためには決意を長続きさせることが必要になってきます。頑張れない人はなぜ決意が長続きしないのでしょう。

なかなか効果が出ない

ダイエットをしていて挫折する一番の理由は結果が出ないことです。やはり思うように痩せないとモチベーションは維持できないですし、あきらめてしまうことも出てきます。ちょっとのつもりで甘いものを食べたり運動をさぼったり、ということも出てきやすくなるものです。

ダイエット中、すぐに効果が出ないのは当然のことです。大切なのはモチベーションを維持することであり、地道な努力が必ず結果につながります。思うように効果が出ないとき、努力を続けられなくなりそうなときこと正念場です。

我慢が辛くなる

我慢をするというのは決して楽なことではありません。そして我慢をしているという感情がある時は思うようにダイエットで成果が出てきていないときでもあります。しかし、我慢を続けていくうちにその状態が当たり前になってくることがあるものです。毎日30分運動をしている状態がつらいのを我慢して行っていても、慣れてくると自分のルーティンになってきます。

ほかの食事制限やマッサージといったものも同じでルーティンとなってくると我慢をしているという意識が減るために頑張りやすくなります。そういった状態になるまではつらいですが、一山超えるとダイエットもかなり楽になり続けられるのです。

誘惑に負ける

甘いものや、エレベーター・エスカレーターなどの運動をしなくていいものなど、私たちの生活の中では誘惑がたくさんあるものです。特にダイエット中は我慢をしている場面も多いですから普段は何とも思わないものに対しても魅力的に思えて欲しくなってしまうということも少なくないです。ダイエットをしていると誘惑に負けてしまいそうになることもありますが、それを乗り越えた時の自分を想像すると打ち勝ちやすくなります。

自分に甘く言い訳しがち

言い訳をしているうちには痩せることはありません。付き合いで仕方なく、とか友だちの前だから、とかといって甘いものやお酒に手を出していると常に言い訳をする癖がついてしまいます。そんなときは、一定の期間だけダイエットをしていると周囲に公言してしまうと周りも誘ってこなくなるために不必要に我慢をする必要もなくなりますし、自分も頑張らなければならないという気持ちが高まりダイエットを続けやすくなります。

ダイエットの決意を長続きさせるコツ

ダイエットを決意したもののあきらめそうになるということはよくあることです。そういったときにどうやって乗り越えればよいかを知っていると結果が出やすくなります。全部活用すると効果は出やすいですがストレスフルになることもありますから、できそうなものから少しずつ使っていくようにしましょう。

周囲に宣言をする

ダイエットをしていると周囲に伝えると、周囲も協力体制が整います。そのためダイエットの妨げになるような外食に誘ってこなくなりますから誘惑が減りおすすめです。自分自身もダイエットをしていることを周囲に宣言したことによってモチベーションが高まって運動をしよう、食事に気を付けよう、といった意識もしやすいです。

ただし、周囲に宣言をするとかなりモチベーションが高まる反面追い込まれた気持ちになることもあるので性格的に合っている人と反動でリバウンドしやすくなる人がいます。自分に合っていない場合には無理に公言してダイエットをしないようにしましょう。

明確な目標と期限を決める

だらだらとダイエットを続けていてはモチベーションが維持できません。やはり期間を決めて具体的に目標を設定する方が頑張りやすくなります。目標は数値化した方が結果や達成率がわかりやすいです。水着が着られるようになる、といったものよりは〇キログラム痩せる、といったものの方が頑張りやすくなります。もちろん、ただ体重を減らすのではなく見た目に美しく痩せることも大切ですから、数にとらわれすぎず健康的に食事と運動をしながら痩せるようにしましょう。

毎日やることを決める

ダイエットをする際、何もかもに手を出すとうまくいきません。食事も運動も大切ですが、具体的に何をしていくのか、どういったダイエット方法を使っていくのかを明確にするとうまくいきやすいです。そこで、毎日のノルマを決めてそれを行うようにすると頑張りやすいですし、結果も出やすくなります。特に筋トレやストレッチは慣れてくると回数が増やせるようになり、そういった状態になるとダイエットも頑張ろうとモチベーションアップになりますし、結果もついてきます。

ご褒美を決める

痩せたらどうなりたいか、何をしたいかといった具体的な目標があると頑張りやすいです。その際、ご褒美として何を食べたい、どこのブランドの洋服を着たいといったことを掲げて頑張ったご褒美を決めておくと頑張りやすくなります。家族や恋人、友人に宣言をして、ダイエットが成功した際に頑張ったご褒美として自分の目標としているものをプレゼントしてもらうというのもモチベーションが維持しやすくておすすめの方法です。

ダイエットの決意がゆるぎそうになったら

ダイエットをしていてなかなか思うように続けられないこともあります。特にダイエットはずっと体重が落ちるのではなく停滞する時期があるものです。そういったときに乗り越えるためにはいくつかのポイントがあります。

太っている時の自分の写真を見てみる

ダイエットを始める際、思い切って一番太っている自分の写真を撮影しておきましょう。すごく勇気がいることですし、嫌なものでもありますが、その写真を見ると痩せたいという気持ちがわいてきますし、すでに少しでも体重に変化が出てきていると効果が感じられてもっと頑張ろうという気持ちも高まります。特に昔は痩せていて太ったという人は昔着ていた洋服が着られていない状態で写真撮影をしておくと頑張ろうという気持ちに火が付きやすいです。

太っていることで言われたショックな言葉を思い出す

太っていると自分が傷つくようなことを言われた経験があるという人はとても多いです。特に子供は残酷で悪気なく傷つくようなことを言ってくることもあります。そういったことを思い出すと、悔しくて痩せたい、ダイエットを頑張りたいという気持ちがわいてきやすいです。メモに書いて常に目に付くところに貼っておくことも効果的です。

痩せた自分をイメージする

痩せた自分を想像すると頑張ってその姿になれるようにダイエットを続けようという気持ちも高まります。努力をすれば必ずゴールイメージの自分になることができますからあきらめないで頑張りましょう。

ダイエットでの成果を振り返る

ダイエットがつらくなってくるときは停滞期が多く、それまで体重が減ってきたからこそつらくなるものです。そこで停滞しているからこそ、今までの頑張りを振り返ってみましょう。今まで頑張ってきた成果を思い出せばその努力を無駄にしないように続きを頑張ろうという気持ちがわいてきます。

まとめ

ダイエットを成功するためには意識がとても大切です。モチベーションが維持できるよう、具体的に目標を決めたりゴールイメージを常に持つようにしたりして頑張って乗り切りましょう。