男性女性別、理想のバストのサイズや形、バストの特徴は?

女性にあって男性にはないバスト。女性なら、誰もが理想のバストのサイズや形があるのではないでしょうか?ですが、女性が考える理想のバストと、男性が考える理想のバストは果たして同じなのでしょうか。バストのみならず、ファッションやメイク・髪型など、女性と男性ではその理想が大きく違います。本日は、男女別に理想のバストのサイズや形について、紐解いていきましょう。

男性の理想のバストは?

それでは、先に理想のバストについて、世の男性陣がどのように考えているのかをご紹介していきます。男性は女性のバストを客観的に捉える立場にあります。その上で、バストに対してどのような理想を抱いているのか、見ていきましょう!

理想のバストサイズはD~Eが多い

男性が思う理想のバストサイズは、なんとD~Eカップであることがわかりました。男性からすると、このサイズは「大きすぎず小さすぎず丁度良い大きさ」だと言います。女性からしたら、D~Eカップは相当”巨乳”のレベルに感じますが、やはり認識が違うようです。

Dカップはトップとアンダーの差が17.5cm、Eカップは20.0cmの差がある場合を指します。重さにすると、500mlのペットボトル1.5~2本分です。よく「手のひらサイズが丁度良い」なんて聞きますが、そもそも男性の手のひらの方が女性より大きいので、そのために女性との認識がずれているのかもしれません。

お椀型でハリのあるバスト


バストサイズだけでなく、やはりバストは”形”も重要です。「お椀型でハリのあるバスト」が、理想のバストと考えている男性も少なくありません。いくら大きくても、垂れ下がってしまったバストに魅力は感じませんし、これは女性も納得かもしれません。

ちくびの色も重要なポイント

男性にとって、ちくびの色も理想のバストの重要なポイントです。特に、キレイなピンク色であったりと薄い色がお好みのようです。ちくびの色が黒いと、「遊んでいる」という印象を受けてしまうようです。もちろん、ちくびの色素は食生活や加齢・摩擦などで変化するので、決してそれだけが原因であることはありません。ただ、男性にとってキレイなピンク色のちくびは”清純”を感じさせるのかもしれませんね。

バストトップの黒ずみが気になるかも…そんな時はコレ!「ibizaクリーム」

男性の理想のバストトップの色はピンク、でも現実はちょっと黒ずんでしまってる…。そんなあなたにオススメなのが「ibizaクリーム」。

ブラジリアンワックス脱毛専門店の「ibiza wax」がのべ1,000人以上のお客様の声を元に作り上げた、バストトップの黒ずみ対策専用のクリームです。「見えないところこそしっかりとケアしたい」という女性の気持ちに応えてくれる、脱毛専門店のノウハウが詰まったクリームです。

タレントの紅蘭さんをはじめ、たくさんの芸能人やモデル、インスタグラマーがプライベートで愛用しています!

「美的」などの美容誌や「女性自身」などの週刊誌など数多くの雑誌にとりあげられており、人気沸騰中です!

「ibizaクリーム」の特徴としては

  • 美白に効果のあるトラネキサム酸と肌を整えるグリチルリチン酸配合により、ケアしながら美肌に導いてくれる
  • 8種の潤い成分で保湿もバッチリ!
  • 安心安全の日本製、厳重な品質管理のもと生産
  • 合成香料・鉱物油・アルコール・パラベンなどを不使用
  • 2016年1月に行った「デリケートゾーン 美白ケア商品」によるインターネット調査では人気No.1!

気になるクチコミはこちらでチェック!→https://ibizabeauty.net/

あとは気になるのはお値段。高いと続けることが難しく、効果も感じにくくなってしまいますよね。

コースは自分のペースで選べますが、イチオシは「毎月2本集中ケアコース」!1本7,000円のクリームが2本で通常14,000円ですが、なんと今ですと37%OFFの8,800円でお試しいただけます!

また「毎月2本集中ケアコース」をご注文いただくと全国どこでも送料が無料、3回目以降はずっと定価から35%OFFなど7つの特典がついてくるのでとてもお得!

他の特典が気になる!?公式サイトはこちら→https://ibizabeauty.net/

これを機にぜひ「ibizaクリーム」を使って、さらなる美乳を目指しましょう!

柔らかさ、肌のツルツルさも大切


サイズや形だけでなく、柔らかさ、肌のツルツルさも重要視しています。男性は、バストの触り心地の良さに癒しを感じるもの。デキモノや肌の質感がザラザラだと、幻滅してしまう人もいるようです。普段は見えない箇所ですが、きちんとスキンケアされているバストが理想とされるのでしょう。

女性が考える理想のバスト

それでは次に、女性が考える理想のバストについて、詳しくご紹介していきましょう。男性と共通の部分もあれば、違う部分もあるようです。どのような点で違いがあるのか、一緒に確認していきましょう。

自分の理想はC~Dが多い

いきなりですが、女性の理想のバストサイズはC~Dカップと、男性の考えとは少し違うようです。先程もお話ししましたが、「手のひらサイズ」となれば男女間で認識の違いが起こっても仕方ありません。女性にとっては、実際に自分のバストの話になってくることなので、あまり大きいバストでは重さや視界不良という問題が起こりうるため、あまり”大きすぎない”ことが理想になってくるのかもしれません。

ハリツヤのある上向きバストが理想

理想サイズが小さめなのも、ハリツヤのある上向きバストになりたい願望が強いからかもしれません。バストが大きくなればなるほど、その形や向きを維持するのも大変です。なので、年齢を重ねても垂れ下がるリスクが少ない、少し小ぶりのバストを好むのでしょう。

肌の潤い、吸い付くようなさわり心地も重要

こちらも男性と同じく、バストの質感・肌触りを重要視しているようです。ただ、男性の意見とは少し違い、女性は「肌の潤い、吸い付くようなさわり心地」に重きを置いているようです。女性の大敵である”乾燥”から、バストを守りたいという意思の表れかもしれません。女性は肌を重ねた時に、ピッタリとフィットする肌質を好んでいるようです。

理想のバストはどんなバスト?


男女別で思い描く理想のバストについて、その特徴をお話ししてきましたが、最終的に男女共に理想とするバスト像はどんなものなのか、まとめてみました。人は、どんなバストを理想とするのか、ぜひ参考にしてみてください。

男女ともにCカップが圧倒的人気

男性はD~Eカップ、女性はC~Dカップがそれぞれ1番人気となっていましたが、共に人気の割合が多いのがこのCカップです。男性陣から意見が出ていた、「大きすぎず小さすぎず」が実現できている程よいCカップは、男女共に圧倒的に支持率が高く人気のサイズです。

また、バストの小さい女性からしても、Cカップであれば目指せるサイズでもあるため、高すぎる理想ではなく程よいのでしょう。それは、男性陣から見ても同じなのかもしれません。

ちくびの色はピンクや薄めが理想

ちくびの色に関しては、男女共にやはり同意見が多く、ピンクや薄い色が理想だという結果となりました。最近の流行とも取れるのですが、色素が薄い方が「儚げに見える」「繊細に見える」「か弱そうに見える」などの印象を与えます。

男性からすれば、自分が女性を守ってあげたい気持ちや、自分より弱い存在でいてほしいという想いがあるでしょう。逆に女性からすれば、男性に守ってもらいたいという気持ちがあります。それぞれの利点を考えると、ちくびの色だけでその”印象”大きく変わってくるのかもしれません。

お椀型でハリのあるバストの形が魅力

サイズよりも重要と言えるのが、バストの形です。お椀型のような、丸みのあるキレイなバストも、男女問わず人気があります。お肌と同じで、歳を重ねることでバスト垂れ下がる現象は誰にでも起こりうることです。これをしっかりキープしたい女性と、キープしてほしい男性両方の意見が重なった結果です。

さわり心地、もみ心地も重要


こちらも男女共に支持が高い結果となりました。バストは女性の身体の中で、一番”性”を感じやすい部分でもあります。男性からすると、自分にはない部分ですので、さわり心地、もみ心地もかなり重要となってきます。

バストは、常に下着や衣服で締め付けられている部分なので、しっかりケアしていなければデキモノができてしまったり、肌荒れを起こしたりしやすい部分です。また、スキンケアを見逃しやすい部分なので、意外に乾燥していることが多いのです。普段見られているフェイス周りのみならず、しっかりケアをし、さわり心地の良いバストを手に入れましょう。

まとめ


今回は、「男性女性別、理想のバストのサイズや形」について、それぞれの意見を比べながらお話ししてきました。サイズの認識など、多少の違いはあるものの、理想とするバストには共通点が多く見られました。バストを持たない男性と、実際にバストを持つ女性とでは、実際考え方が違う部分があるのも仕方ありません。

バストを持つ女性は、その苦労や不便さを実際に感じている上で理想を語ります。大きいバストは欲しいけど、大きすぎると「肩こり」や「似合う服が限られる」「足元が見えない」など、男性にはわからない苦労もあります。ですが、極端に大きいバストが理想だという男性もそれほど多くなかったことに、今回安心された女性も多いのではないでしょうか。自分が理想とするバストになるために、あなたは何をしますか?