シナモンの効能!摂取方法から副作用まで

シナモンの効能!摂取方法から副作用まで

シナモンと言えば身近なスパイスとして知られています。自宅にないという人でも、名前は聞いたことがある人が大半だと思います。しかしながら、シナモンは何からできている?と聞かれると分からないという人も少なくありません。今回はシナモンの効果や効能を始め、摂取方法から副作用まで紹介していきます。

シナモンとは

シナモンとニッキの違い

シナモンはスパイスの王様として知られているスパイスで、日桂の樹皮からできているものです。ちなみに、日桂はクスノキ科の常緑樹であり、独特な香りや風味が特徴になっています。さまざまな料理に合わせやすいことや食材に適していることから使いやすいのも特長です。

シナモンと混合されやすいのがニッキです。シナモンもニッキも同じ日桂からできています。そのため、シナモンもニッキも同じような香りや味がするのが特徴です。ただし、シナモンがスリランカ産であるのに対し、ニッキは日本産になっています。産地が異なるため、味にも若干の違いがあります。

シナモンの種類

甘くて濃厚な香りが特徴的なシナモンですが、シナモンには大きく分けて二種類あります。一つはスリランカで採取されているセイロンシナモンで、樹皮のコルク層の層を除いて薄くなった樹皮を何枚も重ねているものです。柑橘にも近い香りが特徴で、爽やかな特徴があります。

もう一つはベトナムや中国で採取されているカシアです。コルク層を除いているセイロンシナモンに対し、カシアはコルク層を残して丸められています。セイロンシナモンに比べると厚いのが特徴です。香りがとても濃厚で、スパイスがより利いているのが特徴になります。

シナモンの栄養分

健康や美容成分が豊富に含まれていることから意識的に摂取している人も多いシナモンです。シナモンが健康や美容分野から注目されているのは、豊富に含まれている栄養分が理由です。特に多く含有されているのはビタミン、ナイアシン、カリウム、マグネシウム、鉄などの成分です。

ミネラル分やビタミン類が多く含有されていますが、女性が必要としているミネラル分が多いのも特徴です。また、シナモンの独特の香料を作り出しているファイトケミカルという成分も健康に大きく関係している成分になります。

シナモンの特徴

シナモンは独特な味と香りが特徴です。りんごとの相性が非常にいいことで知られており、実際にアップルバイやジャムなどに多く使用されています。シナモンがもたらす体への効果は高いですが、それだけでなく楽しめる食材としても高い人気です。

また、シナモンにはカシアとセイロンがありますが、濃厚な香りならカシア、上品な香りならセイロンなどシナモンに求めることによってシナモンを選び分けることができるのも特徴です。それぞれのシナモンを使い分けることもできます。

シナモンの効用

殺菌効果

シナモンがもたらす効果の一つとしてあるのが殺菌効果です。殺菌効果があることで体にある悪玉菌など不要な菌を殺菌して、健康促進を図ることができます。殺菌効果の元になっているのがシナモンに含有されているクマリンです。クマリンには高い抗酸化作用もあります。

クマリンがもつ殺菌効果は高いので、過剰摂取をしないように注意する必要があります。適度に摂取することがクマリンの効果を高めることにもつながります。ちなみに、セイロンシナモンにはクマリンがほとんど含まれてないので、殺菌効果はカシアの方が高くなっています。

漢方薬としての効果

漢方と言えば体を温める成分として知られており、老化を食い止める効果やガン予防、生活習慣予防の効果などがあります。漢方や医薬品と違って天然成分によって構成されているのが特徴ですが、シナモンも漢方薬に使用される材料の一つです。

シナモンがもたらす漢方成分としての効果は、発汗を促すデトックス効果や体温を高める温熱作用などが期待されています。このようにシナモンは代謝機能を向上させる働きがあるのも特徴です。老化抑制にも効果的で、体の老廃物を体外に排出する機序が高くなっています。

ダイエットの効果

シナモンがもたらす効果の一つにダイエット効果があります。シナモンには脂肪細胞が膨らんでしまう肥満に作用し、大きく膨れてしまった脂肪細胞を縮小させる働きがあります。また、シナモンはインスリンの分泌を促す効果があると言われており、糖が脂肪に変換されにくい状態を作ります。

シナモンだけで体重が減るというわけではありませんが、ダイエットの強い味方になってくれる成分です。ダイエットを成功させるためには朝と夜にシナモンの摂取をすることがおすすめになります。夜だと血糖値の上昇を抑えて脂肪の蓄積も抑えることになります。朝だと内臓を活発化させてデトックス効果を高めるためです。

目覚ましの効果

シナモンは代謝機能を向上させて体温を上昇させる働きがあります。目覚ましの効果があるので、早朝にシナモンを摂取すると頭がすっきりするのも特徴です。シナモンを使ったデザートや食事は朝から積極的に取られていますが、これは爽快感を高めることが理由になります。

また、シナモンの粉末を紅茶に入れて飲むのも有効な方法です。シナモンはさまざまな食材に適しているので汎用性に優れています。シナモンをたくさん摂取すればいいというわけではないので適量を意識することが大事です。

シナモンの副作用や摂取の注意点

クマリンによる肝障害

シナモンの過剰摂取で気を付けないといけないのが肝障害です。シナモンは健康や美容に効果的なスパイスとして知られており、その効果を高めているのがクマリンになります。しかし、クマリンには肝臓毒性があるので過剰摂取をすると肝臓にかかる負担が大きくなってしまいます。

適度な摂取であれば問題ないものの、必要以上に摂取をすると肝臓にかかる負担が大きくなってしまうので気を付ける必要があります。サプリだと少ない量だと感じても、実際には多くのクマリンを摂取していることがあるので用量や用法をきちんと守りましょう。

アレルギー

古くから健康食材として重宝されてきたシナモンですが、シナモンは天然由来の成分になるのでアレルギーの症状が起こるリスクもゼロではありません。アレルギー症状が起こるのは仮性アレルゲンのサリチル酸が起因するのが特徴です。

ただし、仮性アレルゲンが反応を起こすことはほとんどないので、アレルギーに対して敏感になり過ぎることはありません。アレルギー体質の人や健康に不安がある人はシナモンの摂取量を減らして対応するとよいでしょう。

妊娠している人の摂取

シナモンにはクマリンやシンナムアルデヒドなどの成分が含まれており、これらの成分が妊婦さんに負担をかけると言われています。クマリンは肝機能を低下させる働き、シンナムアルデヒドは子宮に刺激を与えて子宮の収縮運動を促す働きがあります。

これによってシナモンの過剰摂取をすることは子宮出血や流産のリスクを高めると言われています。シンナムアルデヒドは胎盤を通じる作用から、胎児にも刺激を与えて心拍数が上昇することもあります。シナモンを大量に摂取した場合の話であり適量なら問題ありません。

持病がある人の摂取

シナモンには高い抗酸化作用があるので、病気や風邪予防に高い効果が期待されます。実際に漢方薬でも広く使用されており、体温を上昇させて免疫機能を高める働きがあります。一方、刺激が強い成分も含まれているので過剰な摂取においては注意が必要です。

シナモンで気を付ける点として、持病がある人の摂取があります。持病があるとシナモンがマイナスに作用することで悪化させてしまうリスクがあります。持病で気になる症状があるときは摂取を控えて様子を見るか、病院に相談することをおすすめします。

シナモン摂取の頻度

シナモンはどれくらいの量を摂取すれば良いのでしょうか。シナモンは取り過ぎると刺激が強いので、だいたい1日に0.6gから3gがいいとされています。1日に10g以上の摂取を続けてしまうと肝機能に悪影響を与えると言われているので注意が必要です。

シナモンを摂取してから効果が出てくるまでには2時間から3時間ほどかかります。効果は一過性であるため、継続して効果を得るためには摂取を続ける必要があります。適量を守り、続けられるようにしましょう。

シナモンの摂取方法について

シナモンを料理で使う

シナモンを効果的に摂取する方法として料理にシナモンを使う方法があります。料理に使う場合だと、手軽に摂取できるのがメリットです。さわやかな香りが特徴になっているので、スイーツにも適している食材です。

また、シナモンはカレーなどスパイスを多く使う料理にも適しています。隠し味としても抜群で辛み成分が香りを引き立てる効果があります。シナモンは用途が非常に広くなっていて、万能なスパイスとして注目されています。シナモンドーナツなどお菓子にも向いています。

シナモンをドリンクに入れる

シナモンを摂取する方法としてドリンクにパウダーを入れるのもおすすめです。特に相性がいいのはコーヒーや紅茶です。シナモンの味が苦手と言う人も、コーヒーや紅茶に入れると風味や食味が変わるので摂取しやすくなります。

シナモンドリンクは手軽に作ることができて、なおかつドリンクの栄養価を高めることができるのでおすすめです。シナモンドリンクを作る場合は、含有させるシナモン量に気を付けることがポイントになります。

シナモンサプリで摂取

シナモンを効率的に摂取する方法としてサプリメントがあります。サプリなら必要な量をピンポイントに摂取することができるので、シナモンが苦手な人もシナモンの栄養分をしっかり摂取することができます。サプリはさまざまな栄養分が含有されているので、シナモン由来の成分以外にどんな成分が含まれているのかも確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?シナモンは健康や美容にいい食材で、料理やデザート、ドリンクなど、さまざまな食事に合う万能なスパイスでもあります。ただし、シナモンは刺激が強い成分も含まれているので摂取するときは適量を守ることが大事です。アレルギーリスクがあること、妊婦さんへの負担が大きいことにも注意してシナモンを摂りましょう。