オリーブオイルの効能効果!副作用や注意点も合わせて紹介

オリーブオイルの効能効果!副作用や注意点も合わせて紹介

健康商品として注目されているのがオリーブオイルです。オイルはカロリーが高く太る原因とされていますが、オリーブオイルにはカロリー以上のメリットがあります。オリーブオイルは日本でも生産されているオイルの一つで、さまざまな料理に利用することができます。他の植物油とは一味違った食味や香りなどが特徴です。今回はオリーブオイルの効果や効能について紹介していきます。

オリーブオイルの基礎知識

オリーブオイルとは?

オリーブオイルは果肉から抽出されるオイルであることが他の食品油と比較して大きく違う部分です。食品油のほとんどは加熱や処理精製などが必要になり、植物が本来持っている風味や機能なども失われてしまいます。しかし、オリーブオイルは果肉から抽出しているので精製工程を必要としません。

オリーブオイルは変質しにくい特徴もあり、構成脂肪酸の大半が75%程度なので酸化しにくくなっています。酸化を防ぐ働きがあるビタミンやポリフェノールがたっぷり含まれており、美容面においても高い効果が期待されています。実際に美容アイテムの中にはオリーブオイルの成分が使用されているものがたくさんあります。

オリーブオイルの種類

オリーブオイルは食品売り場で見かけますが、オリーブオイルにはさまざまな種類があります。大きく分けるとバージンオリーブオイル、精製オリーブオイル、一般的なオリーブオイルです。

バージンオリーブオイルは上質なオイルを使っているのが特徴で、精製オリーブオイルはバージンオリーブオイルを精製したもの、精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルをブレンドしたものがピュアオリーブオイルです。スーパーでオリーブオイルと表示されているのは、この一般的なオリーブオイルになります。

オリーブオイルの味や質

イタリアン料理ではお馴染みのオリーブオイルですが、オリーブオイルは種類によって味が異なるのも特徴です。オリーブオイルの味で強い苦みや辛みなどの成分はポリフェノールの働きが大きく関わっています。ポリフェノールの含有量が増えると、辛みや苦みが強くなるのも特徴です。

良いオリーブオイルの味は鮮度で感じる味です。光や熱によってオリーブオイルの味成分が一部失われてしまうので、鮮度が高いうちほど美味しくなっています。多少の苦みがあっても口に含むと香りが広がります。

オリーブオイルの比較

オリーブオイルの最高級がエクストラヴァージンオイルですが、化学的な処理を一切せずに抽出されているオリーブなので風味が優れている特徴があります。高級料理店などにも多く使用されているオリーブオイルです。エクストラヴァージンオイルを抽出した後に残るオリーブオイルがオリーブポマースオイルになります。エクストラヴァージンオイルに比べると味は落ちるものの、さまざまな料理と合い汎用性が高いのが特徴です。

オリーブオイルの効能効果

ビタミンAによる乾燥肌対策

オリーブオイルに含有されているビタミンAには乾燥肌対策の効果があります。ビタミンAは抗酸化作用があるので活性酸素を取り除き、細胞の老化を防止する働きがあるのも特徴です。肌に潤い成分を与えることによって冬季など乾燥しやすい時期でも、肌の乾燥を守ってくれます。オリーブオイルを摂取することによる乾燥肌対策は体内からの機序と、直接的に塗ることによる体外からの機序があり、どちらも高い効果を得られるのが特徴です。

ビタミンEによるアンチエイジング

アンチエイジングというのは老化予防のことです。年を取ってくると細胞は老化します。顕著に表れるのがシワやシミなど肌で、アンチエイジングをすることでシワやシミの老化を防ぐことができます。オリーブオイルにはビタミンEが豊富に含まれており、この成分がアンチエイジングを促すと言われています。

ビタミンEにアンチエイジング効果があるのは、高い抗酸化作用があるためです。抗酸化というのは細胞が酸化するのを防ぐ働きであり、老化を防ぐ効果にもなります。ビタミンEが持っている抗酸化作用は強くアンチエイジングに向いています。

スクラワンによる潤い効果

スクラワンはもともと肌の中にある美容成分です。汗や水分と混ざり合うことによって天然のクリームと言われる皮脂膜になって乾燥や紫外線から肌を守る役割を果たしているのです。肌のスクラワンは20代から30代になると激減します。

オリーブオイルにはスクワランが豊富に含まれており、この成分が肌に対して潤い効果を与えるのが特徴です。また、スクワランには乾燥や太陽からの紫外線による肌への影響を抑える効果もあります。肌本来の潤いを保ってくれる効果がスクワランにはあります。

オレイン酸による肌トラブル解消

オリーブオイルに含有されている栄養分の中でも特に美容効果が高いと言われているのがオレイン酸です。乳液やクリームにも幅広く使用されている成分で、ニキビ解消など肌トラブルを解消する効果にも優れています。オレイン酸には過酸化脂質の抑制効果があり、有害な過酸化物質を抑えて動脈硬化を予防する働きがあるのも特徴です。

オレイン酸は体内から肌に与える効果だけでなく、体外から肌に与える効果が高いのも特徴です。飲んでも塗っても肌トラブルの解消効果を得ることができます。また、シワやシミなど老化現象にともなう肌トラブルにも効果的です。

オレイン酸による便秘解消効果

現代人の悩みの一つとしてあるのが便秘です。オレイン酸には便秘解消効果があるのが特徴ですが、腸の中で善玉菌を増やして悪玉菌を撃退することによって便秘解消の効果を得ることができます。

また、オリーブオイルには油分が多く含まれているので、油分が便通を良くする働きもあります。オレイン酸だけでなく他の成分との組み合わせで高い便秘解消効果をもたらしているのです。オリーブオイルは納豆との相性が非常によく、この組み合わせで腸内環境を整えます。

オリーブオイルの注意点

偽物オリーブオイルに注意

食の多様化にともなってオリーブオイルの需要が増えています。オリーブオイルは食味だけでなく、健康や美容業界からも注目されているように高い栄養価が特徴です。身近に販売されているオリーブオイルですが、選ぶときは十分に注意する必要があります。

特に増えているのがオリーブオイルの偽物です。オリーブに近い果肉を使って製造されているオリーブオイルも少なくありません。メーカーや銘柄などを確認して信頼できるお店から買うのが偽物に騙されないためのコツです。

副作用について

オリーブオイルの摂取において気を付ける必要があるのは副作用です。オリーブオイルは安全性の高い食品ですが、植物由来となっているので人によってはアレルギー反応を引き起こすことがあります。また、保湿のためにオリーブオイルを使う人もいますが、油分なので毛穴がつまってニキビの原因になることもあります。

他にも取り過ぎると下痢になる場合や塗って痒みが出る症状が出ることもあります。いずれの症状も用法や用量を守らなかった場合がほとんどであり、適度な摂取であれば問題ありません。

過剰摂取によるカロリー過多

 

オリーブオイルは脂質が多く含まれています。カロリーは炭水化物、脂質、糖質で計算されますが、この中で1gあたりのカロリーでもっとも高いのが脂質です。オリーブオイルを過剰摂取するとカロリー過多になってしまい肥満の原因になることがあります。

オリーブオイルは料理に合うので、ついつい使い過ぎてしまうこともありますが、カロリーを気にしながら使うことが大事です。健康や美容の為と言って過剰に摂取するのもよくありません。

オリーブオイルの効果が出る料理

肉料理

 

オリーブオイルがよく合う食材としてあるのが肉料理です。特に牛肉との相性がよく、その中でも脂肪分の少ない赤身を使うときにオリーブオイルを使用するのがおすすめになります。また、同じく脂肪分が少ない鶏肉を使うときにもおすすめです。

脂肪分が少ない肉にオリーブオイルがよく合うのは、オリーブオイルそのものが油だからです。油分が多い肉だと肉がさらに脂っこくなってしまうので、赤見や鶏肉などとの相性が良いのです。

サラダ

オリーブオイルは、そのまま生野菜にかけてドレッシング代わりに使うこともできます。オリーブオイルは野菜の味を活かしつつ、味にアクセントを与えます。また、野菜に油を使うことによって野菜の吸収効率を高める働きもあります。

サラダにオリーブオイルをかけて食べるときは、オリーブオイルの味がダイレクトに伝わります。できれば少し臭いがする安価なオリーブオイルではなく、オリーブオイルの味がしっかりしている品種のものをおすすめします。

魚料理

オリーブオイルは魚料理にも適しています。特に油分が少ない白身の魚料理に適しており、実際に高級レストランの魚料理にもオリーブオイルは多く使用されています。魚料理の中でも特に相性がいいのは焼き魚です。焼き魚にオリーブオイルを使用すると、風味が格段に上がります。

基本的にオリーブオイルは洋食だけでなく和食との相性がいいのも特徴です。焼き魚だけでなく煮つけにもよく合います。使用量が多いと魚の味を減らしてしまうので、アクセント程度に使用するのがコツです。

揚げ物

オリーブオイルを使った揚げ物もおすすめです。食物油に比べると栄養価が高いことやオリーブ特有の食味があります。揚げ物用の油としても使用することができて、野菜の揚げ物との相性も抜群です。から揚げや天ぷらにも使用することができます。

揚げ物に適したオリーブオイルですが、オリーブオイルの種類によって揚げた後の味が変わる点に注意する必要があります。オリーブオイルは食材との相性がよいので、さまざまな食材とオリーブオイルをかけあわせてみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?オリーブオイルは身近な油ですが、健康や美容効果に優れていてさまざまな食材とマッチするのも魅力です。オリーブオイルにはさまざまな種類があるので、種類ごとの味の特長を理解すると、より美味しくオリーブオイルを摂取することができます。美容アイテムにも多く使用されていますが、体質によってはアレルギーの症状が出ることもあるので気を付けましょう。