アラニンの効果効能とは!正しい摂取方法も紹介

アラニンの効果効能とは!正しい摂取方法も紹介

私たちの健康にとって欠かせない成分の一つにアミノ酸があります。アミノ酸が不足すると、体にさまざまな変調を与えることになります。アミノ酸は日頃の食事の中でも摂取している栄養分ですが、食生活の乱れによって不足しがちな成分です。

アミノ酸の中でも肝臓のエネルギー源として重要視されているのがアラニンです。健康や美容など、さまざまな効果があるのが特徴になります。今回はアラニンの効果や効能について紹介していきます。正しい摂取方法と合わせて参考にしてください。

アラニンの特徴

アラニンとは

アラニンは約1800年前に発見されたとされるアミノ酸の一種です。アミノ酸には体内で合成することができない必須アミノ酸と体内で合成することができる非必須アミノ酸に分けることができます。アラニンは体内で合成できる非必須アミノ酸です。

また、アラニンは体のさまざまな部位の細胞に存在しているアミノ酸として広く知られています。内臓組織や筋肉の生成にも大きく寄与しており、健康な体を維持するためには欠かせない成分です。健康や美容業界からも注目されているアミノ酸の一つです。

アラニンを摂取する方法

アラニンは非必須アミノ酸なので、体内で合成することができます。しかし、食材にも多く含まれている成分なので、日々の食事からも一定量のアラニンを摂取しています。障子による摂取が一般的ですが、サプリや健康ドリンクなどを介して摂取することも可能です。

食事から摂取する場合だと、どれくらいのアラニンを摂取しているのか把握しにくいデメリットもあります。また、生活習慣の乱れなどが原因となってアラニン不足になっている現代人も少なくありません。

アラニン欠乏のリスクとは

アラニンが不足してしまうことによって健全な肝機能を発揮できなくなります。これは肝臓の機能がアラニンに依存しているためです。アラニンが欠乏してしまうと、肝臓にかかる負担が大きくなるので、アルコールを日頃から摂取している人は肝機能の低下にともなう病気のリスクを高めてしまいます。

アラニンは筋肉組織を形成する役割を担っており、筋肉を作るためにアラニンの摂取が必要です。アラニンの摂取が効率的に行なわれないと、筋力そのものが低下してしまう原因にもなってしまいます。他にも皮膚や健康面でも大きな影響が生じてきます。

アラニンの効果効用

肌の保湿効果

アラニンは非必須アミノ酸の中でも天然の保湿成分としての大きな役割があります。保湿成分というのは肌の状態を良好に保つために必要なもので、これが不足してしまうと肌トラブルの原因を作るきっかけにもなります。アラニンを効率的に摂取することは肌の健康にも寄与するわけです。

アラニンは美容液などにも使用されますが。子供用の化粧水に含有されているタイプもあります。もともと人体に存在している栄養分なので年齢問わず使用することができます。乾燥肌や敏感肌など、特定の肌タイプの人も安心です。

体力増強の効果

私たちが日頃から健康に生活できているのはアミノ酸の働きが深くかかわっています。アミノ酸成分のアラニンは体力増強の効果がありますが、これは筋肉の生成にアラニンが関わっているためです。体力増強の効果は個人差がありますが、筋肉トレーニングのときにアラニンが含まれているサプリを摂取すると効果が高まると言われています。

アラニンは食事から摂取する栄養分ですが、好き嫌いが多いとアラニンが効率的に摂取できていません。このような場合にアラニンサプリなどを通してアラニンを直接的に摂取するメリットも大きくなります。

ダイエットに対する効果

燃焼系のアミノ酸にアラニンが含有されていますが、すい臓から分泌されるリパーゼと呼ばれる酵素の働きを活発にする働きがあります。リパーゼが活発になると、効率的に脂肪燃焼する働きが強くなります。太る原因は体についている脂肪であるため、ダイエット効果が期待できるというものです。

アラニンそのものが脂肪燃焼をするのではありません。アラニンが脂肪燃焼のサポートをするので、運動をして代謝を上げる必要があります。また、食生活の改善を図り、脂肪の原因となる脂質や糖質の摂取を抑えることも大切です。

二日酔いに対する効果

アラニンと言えば二日酔い防止の成分とイメージする人もいるかもしれません。アラニンは肝臓が働くために欠かせない成分であり、アラニンが不足すると肝臓関連の病気リスクが高まります。当然、二日酔いもしやすくなり、悪酔いの原因にもなります。

アラニンを摂取して肝機能を高めることは、二日酔い防止の効果にもつながります。ちなみに二日酔いを軽減するドリンクやサプリの中にも、アラニンは含まれているのが普通です。ただし即効性は高くないので、普段から飲み続けて肝機能を高めておく必要があります。

アラニンの正しい摂取

1日の摂取量

アラニンは正しく摂取することによって効果を得ることができるアミノ酸です。ただし、1日あたりにどれくらいの量を摂取するのがベストなのかという数値は具体化されておらず、アミノ酸全体の摂取量から考えていく必要があります。

もともと体の中にある栄養分であり、不要な分は体外に排出されるので少々摂りすぎる分には問題ありません。アラニンが含まれている食事を積極的に取って、不足しているときにサプリでカバーするという方法がおすすめです。過剰摂取には注意しましょう。

妊婦の摂取について

本来健康にいいとされている栄養分でも、妊婦さんが控えた方がいい栄養分もあります。その一つにアミノ酸がありますが、すべてのアミノ酸においてではなく、アラニンも含む非アミノ酸が該当します。ただし、食事から摂取する分においては問題ありません。

問題になるのはサプリで摂取する場合です。サプリだと過剰摂取になりやすいことや、他に含有されている成分が体に悪影響を与える可能性もあります。妊娠しているときは、なるべく食事で栄養分を取るようにして、サプリを飲む場合は医師に相談することをおすすめします。

過剰摂取のリスク

アラニンの摂取で気になるのが過剰摂取です。アラニンは普段から食べている食事の中にも多く含まれており、なおかつ把握がしにくいので一日にどれくらいの量を取っているのか把握が難しい部分があります。十分に食事でアラニンの摂取ができているのに、サプリでアラニンを摂取して過剰摂取になると体にかかる負担も無視できません。

基本的にアラニンは過剰摂取しても人体にはほとんど影響がない成分です。体に不要とされたアラニンは消化器官を通って体外に排出されるためです。むしろ過剰摂取よりも過少摂取の方が問題になります。日頃からアラニンの摂取を意識しましょう。

グルタミンやビタミンとあわせて摂取

強いストレスが体にかかると、体はエネルギーを必要とします。このとき、筋肉の一部が分解されてアミノ酸の材料にされてしまうことがあるのです。特に材料にされやすいのがアラニンとグルタミンになります。そのため、グルタミンはアラニンと一緒に摂取したい成分の一つです。

また、アラニンやグルタミンの効果を高める成分になるのが美容成分としてもお馴染みのビタミンです。ビタミンはアラニンやグルタミンの働きを促すので、アラニンサプリにはビタミンも豊富に配合されています。アラニンの摂取時にはグルタミンやビタミンの摂取も行いましょう。

タンパク質との同時摂取に注意

アラニンを含むサプリとタンパク質を一緒に摂取するのは注意が必要です。これはタンパク質の影響を受けて、アラニンの吸収効率が低下すると言われているためです。アラニンの効果をすぐに発揮したいときはタンパク質とは別に摂取するようにしましょう。

ただし、タンパク質がアラニンに悪影響を与えるわけではありません。あくまでもアラニンの吸収効率が下がるという話しなので、一緒に摂取しても人体に影響はありません。緩やかな効果を期待するのであれば、気にする必要はないでしょう。

アラニンが含まれる食材

しじみ

二日酔いのときに食べたらいいとされる食材の一つにしじみがあります。しじみに豊富な栄養分が含有されているためですが、アラニンもしじみに含まれている成分の一つです。しじみに含まれているアラニンが肝機能の働きをサポートして二日酔い予防につなげます。

ちなみに、しじみにはアラニン以外にも豊富なビタミンやミネラル分が配合されている特徴があります。これらの栄養分は健康や美容面にもプラスに働きます。二日酔いだけでなく、あらゆる角度から体のサポートをする食材です。

はまぐり

しじみの陰に隠れがちですが、はまぐりにも豊富なアラニンが含まれていて二日酔い防止の効果があります。しじみに比べると二日酔い対策の食材として知名度が高くないのは、高価なことが理由です。

はまぐりにはアラニンだけでなく、滋養強壮の効果があるタウリンも豊富に含まれています。タウリンの健康効果は血中コレステロールを防ぐことにあります。血液の流れを促進する働きがあるので、生活習慣病予防にも効果的です。

いわし

青魚の王様と言えば、いわしを連想する人も多いのではないでしょうか。いわしには豊富なアラニンが含まれており、ビタミンやミネラルなども豊富です。特に骨の生成で必須になるカルシウム量は多くなっています。

栄養や美容成分が多く含まれているので、健康や美容の分野でも高い効果が期待されます。イワシだけでアラニンを含む、一日に人が必要としている栄養分の多くをカバーすることができます。食味にも優れ欠かせない食材です。

大豆食品

大豆食品にもアラニンは豊富に含まれています。特に納豆には豊富な栄養分が含まれており、血液中のコレステロールを低下させる働きや肥満の改善効果などが期待されています。大豆は筋肉を作るタンパク質も豊富に含まれています。

大豆はコレステロールを含んでいないので、生活習慣病のリスクも低い良質な食材です。大豆食品に含有されている栄養分とアラニンの相互作用で、病気予防や風邪予防なども期待されます。

まとめ

いかがでしたか?アラニンは私たちが生活する上で欠かせないアミノ酸の一つです。普段意識してなくても摂取している栄養分ですが、生活習慣の乱れから不足しやすい成分の一つでもあります。また、二日酔い対策としてもアラニンは効果的です。