便秘の定義は?タイプを把握して便秘解消できる身体づくりをしよう!

美容系の雑誌などでも特集される事の多い便秘ですが、一体どこから便秘でどこまでなら便秘ではないといった境界線が非常にあいまいになっている部分があり、個人でまだ便秘ではないと勝手に判断した結果、酷い便秘になってしまって胃痛を伴うようなケースも増えてきました。

いったいどういった症状が便秘なのかという便秘の定義についての情報をご紹介しつつ、便秘の様々なタイプをご紹介する事によって、より多方面から便秘の解消方法を検討する事ができる知識が身に付くような情報をご紹介します。

便秘の定義の判断要因


便秘の定義を理解しておけば、早い段階で便秘に対する対応策を取る事ができます。便秘の定義は一つではありませんので、これからご紹介する情報を参考にしつつ、多角的な判断をする事が重要になりますので、しっかりと確認するようにしてください。

排便回数

基本的に便秘の定義とは、通常の状態と比べて排便回数が少なくなってしまっている状態を示します。ただし毎日排便しなかったからといって、すぐに便秘という判断をする事はありません。

例えば日本内科学会では3日以上排便が無い状態、排便をしていても残便感がある状態を便秘であると定義付けているのに対して、日本消化器病学会では、排便が数日に1回程度の頻度に減少している状態でありながら、排便の感覚が不規則であったり、コロコロとした水分量が足りない便を便秘というように定義していますが、明確な定義は設けられていませんでした。

国際消火器病学会では、週に三回未満の排便頻度、排便の時に強く力を入れたり、閉塞感を感じるのが25パーセントである状態が便秘として定義されています。これらの状態が三ヶ月以上も継続して続いてるような場合には、慢性便秘と定義付けています。

下腹部膨満感

便秘によってガスが溜まって下腹部膨満感があるような場合も便秘として取り扱われるケースが多くなっております。これは、腸内環境が著しく悪化してしまい、腸内に悪玉菌が繁殖してしまった為にガスが溜まってしまう症状です。

ただし、腸閉塞など器質的な病気の時にも下腹部膨満感がありますので便秘だと高をくくってないがしろにしてしまうと症状が重くなりますので注意が必要になります。

排ガス量

便秘をしている時には、排ガス量も重要な判断材料のひとつになっております。この排ガスとはオナラの事なのですが、便秘になってしまっている時には、悪玉菌の影響によってこの排ガスが多く生成されてしまいますので、オナラの回数が増えてしまいます。

何回オナラをしたら便秘という事はありませんが、オナラが多い状態は便秘の可能性が高まるので注意が必要になります。

残便感

毎日排便していても、残便感があるというような場合は便秘かもしれません。便秘は、排便が無いという状態だと思い込んでいる方もいますが、毎日排便していても、常にまだ腸内に便が残っているような感じがしている時には、便秘である可能性が高くなります。

宿便が常に残ってしまっているような場合には、まるっきり便が出ない時とは胃痛が無いなど身体の負担はことなりますが、それでも肌荒れや吹き出物の原因になりますので注意が必要になります。三ヶ月以上も残便感が常に付きまとっている場合には要注意です。

残の状態

便の状態も便秘であるかどうかの判断になります。排便をした時の便の25パーセントが固い便であると便秘の可能性があります。便秘の状態の便は水分があまりふくまれていないコロコロとした便が一般的です。排便できたとしても、排便した便の四分の一が固いような場合には便秘の可能性が高くなっています。

便秘のタイプ

便秘 マッサージ

便秘には複数の種類があります。同じ便秘であっても、それぞれの症状が大きく異なりますので、対応策も便秘の種類によって異なります。こちらでは、便秘の種類の中でも特に多い器質性便秘と機能性便秘、一過性便秘の三種類の便秘の特徴などについてご紹介します。

器質性便秘

器質性便秘は、腸の病気が原因で起こる便秘になります。例えば大腸の疾患として多い腸閉塞や腸の主要、腸の炎症などの症状によって腸が狭くなってしまって便秘になったり、先天性の大腸過長症などで一般的な方と腸が違っているような事が原因で起こる便秘になります。器質性便秘は、一般的な便秘の対策では完治せず、元となる腸の病気を改善させないと便秘が改善されません。先天性の異常の場合には、便が腸でつまらないように食生活など色々と気を付けて生活する必要があります。

機能性便秘

機能性便秘は、病気などが原因ではない便秘になります。ストレスなどが原因でおこるけいれん性便秘であったり、弛緩性便秘や直腸性便秘などが機能性便秘にカテゴライズされます。実は、機能性便秘の中でも特に多いのが弛緩性便秘で、その割合はおよそ70パーセントにもなります。病気でもないのに排便回数が三日から四日に一度程度の頻度になってしまっているような場合には、この弛緩性便秘の可能性が高いと言えます。

一過性便秘

一過性便秘は、これまで便秘では無かったのに急に便秘になった時に起こる便秘です。例えば、旅行先で食生活や生活リズムが変わった場合であったり、急に食事制限系のダイエットを始めたり、就職して一人暮らしを始めた時などこれまでのライフスタイルと大きく変化した時などに起こりやすい便秘の種類となっております。一過性便秘は、徐々に新しいライフスタイルに馴染んでいけば便秘の症状は改善されますが、そのまま放置してしまって便秘が改善されないような場合には、便秘が慢性化してしまう可能性が高まりますので注意してください。

便秘解消に欠かせない食べ物

便秘 体重

便秘の症状を改善する際に重要になってくるのが食事です。食生活を改善する事によって、便秘の症状を大幅に軽減する事ができるケースが多くなっております。便秘を解消するためにはどのような食材を食べればいいのかをアドバイスしますので、便秘に悩まされている方は、ぜひ参考にしてください。

キムチ

ダイエット効果も期待できるキムチは、実は便秘にも高い効果が期待出来ます。キムチは、食物繊維を多く含んでいる他に、発酵食品ですので植物性乳酸菌がたっぷりと配合されております。植物性乳酸菌は、便秘の原因になる悪玉菌を退治する効果がありますので、便秘の症状が改善されるのです。

わかめ

わかめには、便秘の解消に効果的な水溶性食物繊維がたっぷりと含まれております。不溶性食物繊維と比べて意識して摂取しないと摂りにくい水溶性食物繊維がたっぷりと配合されておりますので積極的に摂取すべき食材です。同じく水溶性の食物繊維がたっぷりとはいっているなめこを加えてお味噌汁にするのも便秘に効果的です。

アボカド

最近は随分とお求めやすいリーズナブルな価格になってきたアボカドも水溶性の食物繊維がたっぷりと含まれている食材になります。アボカドを食べると便を柔らかくして排便させやすくしてくれたり、善玉菌のエサになって腸内環境を整える効果もありますのでおすすめです。

ヨーグルト

ヨーグルトは、便秘に効果的な食材の中でも特に有名な物になります。ヨーグルトには、良質の乳酸菌とビフィズス菌などの善玉菌がたっぷりと配合されておりますので、便秘を誘発する腸内環境の乱れを整えてくれます。生活スタイルが乱れやすい方は、悪玉菌が腸内で繁殖しやすいので、ヨーグルトを毎日定期的に食べる事で腸内環境を整えるのは効果的な便秘対策になります。

まとめ

便秘には色々な種類があり、それぞれ対策が変わってきますので、まずは自分がどのタイプの便秘であり、どの原因で便秘になっているのかをしっかりと把握するようにしましょう。もし、病気が原因なのでしたら、悪化してしまう前に、早目に治療を行うように心がけてください。