高麗人参の効果とは?おすすめの摂取方法

高麗人参と言えば、大きな瓶の中でユラユラとしている根っこのような物体を思い描く人も多いと思います。また、滋養強壮剤のドリンクに配合されているので何気なく飲んでいる男性陣も多いはずです。何となく高価なものだという認識だけであまり詳しく知らない方もいるようですので、高麗人参がどのように効果があり、どのような摂取方法があるのか紹介したいとおもいます。

高麗人参とは

高麗人参の秘められた良さとは、あの根っこのような中にもの凄い栄養素を溜め込んでいるので、食べ物や飲み物の中に入れて食することで、疲れが吹き飛び、細胞も活性化するのです。このような効果を得られる高麗人参の歴史は非常に古くて2000年以上もまえには既に存在していたと言われています。当時から高価なものとして崇められていたので皇帝とか限られた人物だけが口にしていたと考えられています。

しかし、高麗人参にも皇帝に献上するほど立派な大きさのものもあれば、長さも10㎝程度の小ぶりで見た目も枯れ枝のようなものまでありますから、農民たちの口にも入っていたと考えることが妥当だと言えるでしょう。そのような高麗人参は原産国は果たしてどこの国なのか確認してみたいとおもいます。また、効き目が高いので飲用する際には副作用にも注意しなければいけません。

中国北東部から朝鮮半島で採れるウコギ科オタネニンジンの根の部分

海を渡って世界中に広まっていった高麗人参は別名朝鮮人参と言います。高温多湿の環境を嫌うため中国北東部から朝鮮半島までの極東地方だけに生息することができた希少価値の高い植物なのです。雨も雪も少ない地方を好み、日に当たり過ぎることも嫌い、風通しの良さを求めるなど手間暇かけて育ててあげなければいけない植物ですから、自分の子供以上に手がかかってしまい絶え間なく世話をする令嬢のような存在なのです。

多年生植物である高麗人参には、花と実に分かれていますが体に必要な栄養素が詰まっているのは根の部分で、世の中に知れ渡っているあの根っこ部分なのです。そんなにスゴイ効果なのかと思われるかもしれませんが、なんと高麗人参を採取した後の畑には、およそ10年間は何も育てることが出来ないと言われているほど、土壌の栄養分を根こそぎ持っていってしまうと言われています。

中国では古くから不老長寿の漢方薬として使われた


高麗人参という名前からしても原産国は朝鮮半島なのではと思われるかもしれませんが、中国においても栽培されていた記録が2000年以上前の文献からも目にすることから長い歴史を感じます。なんと中国の初代皇帝で有名な始皇帝も口にしていたという記述が残されているので、そんな時代でも身体の健康のために不老長寿でいたいがために漢方薬として口にすることで富を得ようとしていたというのも納得できる話です。

日本でもドイツでも昔から使われてきたもの

何しろ2000年もの昔から使用されてきたと言われていますが、船で海を渡った高麗人参はフランスやドイツ、日本へと渡って行きました。日本に入荷されたのは室町時代ですが、広く知れ渡ったのは、徳川家康の江戸時代だと記述が残されています。また8代将軍徳川吉宗公は国産品を推奨するとして、日本各地で栽培が行われたと言われています。どの時代でも健康について考えていた証だと言えるでしょう。

副作用や禁忌があるので服用は注意が必要

高麗人参には本来、副作用というものは存在しないという見解がなされています。正しくはWHO世界保健機構からも副作用がでない食品であることが認定されているのです。それならばなぜ副作用という意見が出てくるのか簡単に説明します。身体の全てに対して絶大な効果を発揮するのが高麗人参の特徴です。

少しの服用だけでも血流が良くなりすぎてしまうので一気に良質の血液が巡っていき体温が上昇したり、動機が引き起こされてしまうなどの症状がみられるのです。それだけ効き目が物凄いということを理解していないで、高麗人参は副作用があるという判断をしている医師が居るとしたらそれは勉強不足によるものだと思ってあげてください。

要するに急激な改善をする経過で垣間見られる症状の変化であるという認識を知っておくべきだとおもいます。また、このような急激な改善を行う漢方薬ですから高血圧症や心臓病などの治療を受けている方は控えることが注意点として挙げたい項目です。もしも高麗人参を口にしたければ必ず医師に相談することと適量を守るべきです。

高麗人参の効果


体調が優れなければ高麗人参を飲んで健康な身体を取り戻そうと思っている方もいると思いますが、とにかく高麗人参の栽培年数によって費用がかさみますからきちんとした効果が期待できないとなかなか前に進めないものです。そこで高麗人参の代表的な効果を紹介したいと思います。

疲労回復

何かと疲れやすいという方は体の不調だけでなく、ストレスなどで心も疲れてしまっていると思われます。高麗人参には自律神経を安定させる効果もありますからストレスも発散されて、たっぷりな良質の睡眠をとることもできて疲労回復効果も得られるという考え方で滋養強壮を促します。

滋養強壮

栄養ドリンクならば手軽にはじめられると思いますが、高麗人参のジンセノサイドは、血中コレステロールの濃度を抑える働きがあります。そしてこのジンセノサイドは免疫力もアップさせる働きがあるので滋養強壮剤などに含まれるのです。

血糖値を下げて糖尿病改善

コレステロール値を下げる働きのある高麗人参は、悪玉菌の量を減らして善玉菌を優勢にする働きをします。また余分な脂を攻撃するので血糖値も正常になると考えられています。

生活習慣病の予防

おもに動脈硬化などは生活習慣病の代表格とも言われているほど多くの方が予備軍だという見方が強いようです。そんな生活習慣病で高血圧の心配があるのでしたら中性脂肪などを減少させる高麗人参が普段の生活習慣から予防する働きをしてくれるのです。

高麗人参の摂取方法と注意点

高麗人参は、根っこのような植物ですからどのようにして口にするべきなのか疑問も多いはずです。本来であれば、食材として料理に摂り入れて食するというのが一番効果が得られやすいと言われています。

韓国では天ぷらやサムゲタンにスライスした高麗人参を入れるのですが、高麗人参は高値ですからなかなか一般市民には手が出ないものであることは誰もが想像できるはずです。どのような摂取であれば継続して口にすることができるのか考えてみましょう。

昔からの摂取方法は煎じたものをお茶として飲む方法

高麗人参を煎じてお茶として飲む方法は確かに古くから伝えられていますが、独特の香りもしますし、なによりも煎じる元となる高麗人参を入手するのもお財布と相談しなければいけなさそうです。

手間がかかるのでサプリメントや粉末を飲むのもおすすめ

料理に用いたり、煎じて飲むのは手間がかかってしまうので長続きしないはずです。やはり現代人として、サプリメントや粉末を摂り入れてみてください。水やお湯で溶かして飲んでもいいですし、好みのドリンクに混ぜてもいいです。どんなタイプのものでも継続させることの方が大切だと認識しておきましょう。

サプリメントや粉末は原産国や添加物などを確認して選ぶ

美容と健康のために高麗人参配合のサプリメントを手にするときに一番注意しなければいけないのが成分表のチェックです。高麗人参やサポニンが一番最初に記載されていないと高麗人参の成分がほとんど入っていないことになります。

また、韓国産が一番良い品物だと言われているので原産国にもこだわりを見せるべきでしょう。

薬との相性や禁忌があるので摂取前には医師に確認するべき

高麗人参は、少しだけしか口にしなくても血流が急速に改善するので高血圧や心臓病の方には向いていないかもしれません。しかし、疲れた体を何とかしたいなどと思って高麗人参の服用を考えているのであれば必ず主治医に相談するべきです。

まとめ


以前から気になっていたという声も聞こえてくる高麗人参について紹介しました。しかし、2000年以上もの昔から存在していたということでまだまだ紹介できなかった事も多くあります。健康面だけでなく美容効果にも期待できる高麗人参に良さにもっと触れて、自分らしく続けられる方法で摂り入れて欲しい漢方薬です。