アサイーの効果と食べ方の注意点

多くの健康食品が出回っていますが、今最も注目を集めているのがアサイーです。別名スーパーフードとも言われるほど、その栄養価は高く、バランス的にも優れた食品なのです。アントシアニンやミネラル、ビタミン、食物繊維が豊富で、特に女性にとっては美容やダイエットに最適な食品と言えるでしょう。

アサイーとは

たくさんの栄養素を含むスーパーフードの一つ

最近、大注目の食品としてアサイーがメディアなどでよく取り上げられています。このアサイーですが、元々はブラジルのアマゾンが原産の植物で、ほうき状のふさに小さな実を付けます。ブルーベリーより少し大きい程度のこの実、つまりアサイーは、ほとんどが皮で、食べられるところはわずかです。しかし、そのわずかな部分に強い抗酸化作用を持つ成分が豊富に含まれていて、その性質から「スーパーフード」「スーパーフルーツ」と呼ばれているのです。

ポリフェノールを豊富に含む

アサイーはとても小さな実でありながら、栄養価は非常に高い食品です。このアサイーは、見た目からベリー系のフルーツと思われ、ブルーベリーとよく比較されていますが、ヤシ科の植物です。しかし、その栄養価はベリー系の代表格であるブルーベリーと比べ、まったく遜色ないもので、劣るどころか上回るほどのスーパーフードなのです。特に多く含む栄養素がポリフェノールで、ブルーベリーや赤ワインの10倍以上の量を含んでいます。

アントシアニンを多く含む

アサイーにはポリフェノールが豊富に含まれていて、そのポリフェノール系の栄養素の中でも、特にアントシアニンが多いことが知られています。ご存じの通り、アントシアニンは目によい成分とされていますが、アサイーのアントシアニンの量は、ブルーベリーの約5倍とされ、今やアントシアニンを含む食品の代表格と言われるほどになりました。アマゾンの原住民は狩りをするため視力が優れていますが、もしかするとこのアサイーを食べていた効果なのかもしれません。

ビタミン・ミネラルも豊富

スーパーフードと呼ばれるアサイーは、ポリフェノールが豊富で、その中でもアントシアニンの含有量はとても多い食品です。しかも、アサイーがスーパーフードと呼ばれる所以はポリフェノールのみならずビタミンやミネラルも豊富であることが挙げられます。ビタミンCはレモンの約4倍、カルシウムは牛乳のほぼ倍、また鉄分はレバーの約5倍と、あの小さな実にこれほど多くの営養素が含まれているのです。そしてこれこそがスーパーフード、アサイーが注目されている理由と言えるでしょう。

アサイーの効果

便秘解消

便秘 マッサージ
女性にとって、毎朝のお通じは深刻な問題です。便秘は多くの女性を悩ませていて、運動や食事によって改善されるとされています。ただ、なかなか効果の出ない女性も多く、そういった場合、このアサイーを試してみることをおすすめします。アサイーにはアントシアニンやミネラル、ビタミンなどの営養素がバランスよく豊富に含まれていますが、実は食物繊維も多く含んでいるのです。ごぼうはなかなか量を摂れませんが、アサイーならスイーツに入れてもいいですし、便秘の強い味方となってくれるでしょう。

目の疲れ・ドライアイの予防

アサイーはスーパーフードと呼ばれるほど、栄養価に優れた食品です。ミネラルやビタミン、食物繊維などをバランスよく含んでいますが、中でもポリフェノールの一つでもあるアントシアニンを多く含んでいます。このアントシアニンの効果としては、良く知られているのが目の疲れやドライアイの予防です。ブルーベリーにもアントシアニンは含まれていて、目によい食品として知られていますが、そのブルーベリーの約5倍ものアントシアニンを含んでいるのがこのアサイーなのです。

生活習慣病予防

アサイーには多くの営養素がバランスよく含まれていて、そのためスーパーフード、スーパーフルーツなどと呼ばれていますが、実際にはどういった効果を身体にもたらすのでしょう。よく知られているのが、アントシアニンの効果です。しかし、アサイーの効果はそれだけではありません。アサイーには「オレイン酸(オメガー9系脂肪酸)」が豊富に含まれていて、これは悪玉コレステロールの働きを抑制する作用を持っていますので、生活習慣病予防に大きな効果が期待できるのです。

美肌効果などのアンチエイジング効果

アサイーには、ビタミン類やミネラルが多く含まれていますので、美肌効果が期待できます。また、ポリフェノールの一種であるアントシアニンの含有量も豊富で、これは抗酸化作用に優れているため、アンチエイジングに効果があります。アントシアニンは、コラーゲンやエラスチンの酸化を防ぎ、いつまでも瑞々しい肌を保つ役割を持ってるのです。また、リノール酸、オレイン酸などの必須脂肪酸も多く含んでいますので、美肌効果には最適の食品と言えるでしょう。

アサイーの食べ方と注意点

スムージーやアサイーボールで食べるのは問題ないとされている

アサイーにはポリフェノールを始めとして、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれていて、小さいながらもその栄養価はかなり高い食品です。ただ、栄養価が高いからといって、むやみやたらに食べてしまうのは却って身体によくありません。やはり何事もやり過ぎには注意が必要です。アサイーの食べ方としては、スムージーやアサイーボールがいいでしょう。他のフルーツや食品とともに食べることで、過剰な摂取が控えられますし、栄養的にもバランスが整えられ、スーパーフードがさらにパワーアップします。

サプリメントは用法用量を守る

アサイーは身体にとって非常に栄養的に優れた食品ですが、毎日のように摂取するのはかなり大変です。そんなときはサプリメントを利用するのがいいでしょう。サプリメントであれば、日常的に摂取できますし、持ち運びにも邪魔になりません。また調理法を考える必要もなく、いつでもどこでも簡単にアサイーの恵みを摂ることができるのです。またサプリメントにはプラスして美容成分なども配合されていますので、そういう点でも見逃せないものでしょう。

妊娠中・授乳中も摂取してよいとされているが過剰摂取は控える

妊娠中は特に食事面に気を付けなければいけません。なるべく栄養価の高いものを食べ、もちろん栄養バランスも考える必要があります。そんな妊娠中の妊婦さんや、出産後の搾乳中のお母さんに最適な食品として、アサイーがあります。女性に不足がちの鉄分やミネラル、食物繊維やビタミンなどをバランスよく持っている食品だからです。ただ、過剰摂取は下痢や腹痛などの副作用を起こすことがありますので、注意してください。目安としては200グラム程度までとなります。

体調不良を起こす人もいるので食べる量は様子を見て食べる量を決めていく

アサイーには、ポリフェノールを始めとして、ミネラルやビタミン、食物繊維が多く含まれていて、スーパーフルーツ、あるいはスーパーフードなどと呼ばれるほど、その栄養価が優れている食品です。ただ、だからといって食べ過ぎは逆に身体に悪影響を及ぼすことがあります。よくある症状としては、下痢や腹痛でしょう。普通に食べるには問題ありませんが、やはり過剰摂取は体調不良を起こす原因となりますので、量をみながら食べていきましょう。

まとめ

スーパーフードと呼ばれるほど、栄養価が高いアサイーですが、調理法としてはアサイーボールやスムージーが一般的です。またサプリメントで摂取すれば他の営養素も同時に摂れるので便利でしょう。ただ、過剰摂取には注意が必要です。下痢や腹痛の症状がでることがあります。適量を守って摂取してください。