マヌカハニーの効果は?おすすめの摂取方法

マヌカハニーは健康のためにも食べるのがいいということで話題になっています。マヌカハニーの故郷はニュージーランドでその土地に自生しているマヌカという高さ8メールほどの植物です。春~夏の暖かな季節に白やピンク色の花を咲かせます。その花実から採取されたのがマヌカハニーです。どのような効果があるのか紹介していきます。

マヌカハニーを食べる効果

ニュージーランドの北島部で採取されるマヌカハニーが最高に美味しくて希少価値が高いと言われていますが、採取量そのものが非常に少ないのも事実です。なので高価なハチミツというイメージもあるかもしれません。先住民であるマオリ族はその昔から薬用として使っているほど抗菌作用がありますので、その効果は絶大なものなのでしょう。

しかし、健康面での期待される効果もありますが、注意しなければ体を壊してしまうこともあるので十分に知識を得てから食べることをおすすめします。マヌカハニーを食べることでどんな効果を得られるのか確認してみましょう。

胃腸疾患の改善

抗炎症作用を期待することができるマヌカハニーは、一般的なハチミツとは違いもの凄く効き目が強くでるのが特徴です。その中でも一番の効き目はピロリ菌の撃退です。日本人の胃腸にピロリ菌が存在していることは有名な話ですし、その数も全体の半数以上は居るのではないかとも言われています。マヌカハニーにはUMFと呼ばれている殺菌成分があるのでそれがピロリ菌などの胃腸に悪さする菌をやっつけてくれるのです。

マヌカハニーの高殺菌作用はもちろんですが腸内環境がよくなり善玉菌を増やす効能もありますので胃腸の改善に大きな役割を果たしているのです。

風邪の予防

風邪の引きはじめなどで喉の痛みを感じたり、鼻水が出たりなどの症状が出てきたらマヌカハニーがその炎症を抑えてくれて痛みを緩和すると言われています。これも抗炎症作用のおかげなのではないでしょうか。

ハチミツと同じように温かい飲み物に溶かして体を温めようと思っているのは間違いで、マヌカハニーは決して温めてはいけません。そのままの常温でゆっくりと舐めるようにしましょう。

免疫力アップ

マヌカハニーは体の様々な症状を改善してくれるのですが、その中でも腸内細菌を増やして善玉菌の量を増やしてくれます。善玉菌が増えれば自ずと腸内環境が整うので免疫力がアップすると考えられています。マヌカハニーは善玉菌と悪玉菌の中でも悪玉菌だけを攻撃する抗菌活性の働きがあるので免疫力が向上するとも言われています。

免疫力もそうですが美肌作りなどでも腸内細菌がいい働きをしてくれるので腸内環境をよくすることはとても重要だと言えるでしょう。

のどの症状改善

抗炎症作用に加えて殺菌効果もあるので喉の痛みを改善してくれる働きをするのもマヌカハニーの特徴です。風邪だけでなく普段から喉がイガイガするなと思ったらマヌカハニーを舐めてみてください。

もともと強い抗菌力と殺菌力があるので傷ついた皮膚や粘膜などの炎症を沈めてくれて、細胞の活性を促してくれるので喉の痛みも解消できるのです。

マヌカハニーの食べ方

効果の高いマヌカハニーはどんな食べ方をするのがいいのでしょう。熱を加えてはいけないとも言われていることからそのままで舐めるとか、何かに塗るとかという食べ方が一般的です。なぜ生のままで食べた方がいいかというと、ハチミツ同様に40度前後の加熱だけでも身体に対してよくないと言われる毒素がでてしまうと言われているからです。それに栄養素もゼロになるのでマヌカハニーを食べている意味さえなくなってしまうのです。

また、オレンジやレモンなどの柑橘系と合わせて食するのも禁止です。しかし、熱しても栄養素が壊れないとも言われていますので自分が購入したマヌカハニーの説明書をよく読んでその指示通りに摂取するといいでしょう。

食前1時間前と就寝1時間前が効果的

マヌカハニーは1日に1回~3回ほど空腹時に大さじ1杯程度をゆっくりと舐めることをおすすめします。また、舐めるタイミングで一番効果的なのが食前1時間前と就寝1時間前と言われています。食前の空腹時に摂取することでピロリ菌を抑制する効果があると考えられています。

眠る前になんでハチミツと同じようなマヌカハニーを舐める必要があるのだろうと思われるかもしれませんが、マヌカハニーはエナメル質を守ってくれることや殺菌成分で虫歯予防に働いてくれるので口腔ケアに良い影響を与えてくれるのです。ただし、歯磨きをきちんとした上で、マヌカハニーを塗ることをおすすめします。翌朝も口の中に爽快感が残るので一度試してみてください。

胃腸疾患を改善したい場合にははじめのうちは摂取回数が多い方がよい

マヌカハニーの摂取量について説明します。年齢や症状にもよって違いがありますが胃腸の疾患であれば強い殺菌力のマヌカハニーでどんどん攻撃して体内から追い出してあげたいものです。1回15mlを1日4回ほど摂取することをおすすめします。ピロリ菌が治まったら量や回数も減らしても大丈夫です。

喉が痛い時にはそのまま舐めるようにしたり温かい飲み物に溶かしたりして飲むと効果的

マヌカハニーは強い殺菌力が特徴ですから喉の粘膜にも浸透して痛みなどを改善してくれるのです。このような症状であれば1回10mlほどをゆっくりと舐めてください。

温めることが良くないという意見も多いのですが、ホットミルクに入れて飲んだり、生姜湯に入れて飲む方法もあります。身体が温まるので喉の痛みの改善にも繋がりますし、風邪からきている症状ならば体もポカポカ温まって効果テキメンです。

そのまま飲むのが苦手な場合にはヨーグルトやトーストと食べて慣らしていく

キャラメルのような味がするとも言われているマヌカハニーですからどんな食べ方でも苦手意識を持っている人は少ないようです。ヨーグルトに入れて食べると乳酸菌も摂取できますし、トーストに塗れば毎朝摂取する習慣になるでしょう。

マヌカハニーの活用方法

マヌカハニーは高い抗菌作用がありますので色々な症状に効果を発揮することができるのです。身体の内面からキレイにする使い方もありますがそのまま傷口に塗ってしまう方法もあります。どちらにしても皮膚と粘膜も再生する働きがあるので早く完治すると言われています。

切り傷ややけどにマヌカハニーを塗ると治りが早くなる


マヌカハニーは殺菌作用があるのは既に説明しましたが、切り傷など皮膚を傷めたときには傷口に付着している汚れなども吸収してくれるので、傷口の殺菌効果が高まって治りが早くなります。

ニキビケアとして直接塗布する

マヌカハニーは傷口の汚れを吸収する働きを紹介しましたがニキビなども傷と同じで不純物が付着している状態です。そこにマヌカハニーを塗ることでニキビの炎症を抑えることができて早く治ると言われています。

口内炎に直接塗布する

口腔ケアにも効果を発揮してくれるのがマヌカハニーのすごいところです。殺菌作用で粘膜をキレイにする働きもありますから直接患部に塗ることも可能ですし、摂取すれば腸内環境を整えるので粘膜もキレイに再生されます。

虫歯や歯周病予防としてうがいに使う

強い殺菌作用で虫歯を予防してくれたり、エナメル質の破壊を防いでくれることが分かっています。歯磨き粉のように使うこともあれば、うがいとしても利用できるのでオーラルケアにもピッタリです。

まとめ

マヌカハニーは値段も高いのでなかなか手にすることができないという声も聞こえてきそうですがとにかく体の改善に効果を発揮してくれる強い効果があるので試して欲しいです。