冷え性 改善

辛い冷え性を改善させる為には?原因と対象方法紹介

手先や足先が冷える、夏場なのに寒気を感じる事が多い。そんな体の冷えに悩まされる症状の1つとして知られているのが、冷え性です。冷え性はシーズンに関係なく体温を下げてしまい、手先や足先、体全体の冷えを引き起こします。

寒さを感じるだけでは無く、冷え性になると免疫力が下がりやすくなるのがデメリットです。体調不良を感じる前にも、辛い冷え性を改善していきましょう。

冷え性の原因は?

血の巡りが悪くなっている

冷え性の原因の1つとなっているのが、血の巡りが悪くなることです。血液がどろどろ、筋力が少なく血流が悪くなっているなど、何らかの理由で血の巡りが悪くなっていると、体中を血液が巡りにくくなり、冷え性になりやすくなります。

血の巡りが悪くなる要因としては、食生活の乱れやストレス、運動不足等を始め、老化なども原因としてあげられるでしょう。ケアをしないと年々血の巡りは悪くなっていきますので、血の巡りを良く出来るように、セルフケアを行うことが大切です。

元々の体温が低い

基礎体温は人によっても全く異なりますが、元々基礎体温が低い方の場合、冷え性になりやすくなります。こちらは男女問わずに言える事で、元々の体温が低い方は、体全体に熱が巡りにくく、指先や足先にかけて、冷え性の状態を発生させやすい傾向にあるでしょう。

元々の体温が低い方はまず、元々の体温を温めるケアをすることで、自然と冷え性も改善していきます。生活習慣の見直しを始め、筋力アップや基礎代謝アップによるケアなど、基礎体温を上げるためのトレーニングも取入れてケアをすると良いでしょう。

冷え性になりやすい生活習慣を送っている

冷え性は1日にしてならず。冷え性の方の多くは、自分自身で冷え性を引き起こす生活習慣を送っている傾向にあります。

例えば、冷たい飲み物ばかり飲んでいる、薄着ばかりして体を冷やしている、湯船に浸からずシャワーで済ますなど、体が冷えやすくなる生活を送っている方が少なくありません。こうした生活は続けていると、どうしても体温そのものが低くなりやすいため、冷え性を改善するためには、根本的な生活習慣の見直しから行うと良いでしょう。

病気が原因のことも

冷え性は、何らかの病気が原因で発生する事もあります。手先や足先の冷えが起りやすくなる病気として、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病などの場合もありますので、注意が必要です。今までは大丈夫だったのに、ある日を境に突然冷え性の症状が出るようになったという場合は、このような、命の危険を伴う病気を発症している可能性もありますので、一度お医者さんに見てもらうようにしましょう。

病気が原因の場合は、根本的に病気を治療しないと、冷え性対策を行っても意味がありません。根本の病気を治すことをまずは考えて、病気を治すケアを行うようにしましょう。

冷え性を改善する日常生活の工夫

長袖を着るようにする

冷え性の根本対策の1つとして重要なのが、出来るだけ薄着をしないと言うことです。薄着はどうしても体を冷やしてしまい、冷え性を悪化させてしまう原因となりますので、夏場でも出来るだけ、長袖を着用するようにしましょう。もちろん、素材は薄手の服装で構いません。肌の露出を最小限に留めるだけで、冷え性の悪化を防ぎ、自然と体温をアップさせる効果が期待できるでしょう。

長袖を着ることは勿論、ミニスカートやショートパンツではなく、ロングスカートやパンツスタイルにする、ということも、冷え性対策には効果的です。露出部分を最低限に留め、出来るだけ体全体を布で覆うようにしておくことで、体温が逃げる事を防ぎ、冷え性の悪化を防ぐ効果が期待できるでしょう。

無理をする必要は有りませんが、日頃からクーラーが効いている部屋にいるような方は特に、肌の露出を最低限に抑えることが大切です。クーラーなどの人工的な冷気は特に冷え性を悪化させがちですので、冷え性が悪化しないように、長袖を着ると共に、ブランケットを使うなど、極力ケアをするように心がけましょう。

筋力アップをさせる

筋力をアップさせる事で、体の巡りが良くなると共に、新陳代謝がアップし、体温がアップしやすくなります。ムキムキになる必要はありませんが、適度に筋肉が合った方が、体温も逃げにくく、体が温まりやすくなるでしょう。

冷え性の方の多くは、筋力不足、筋力低下傾向にあります。老化とともに冷え性を発症しやすくなるのは、老化で筋力が低下することが大きな原因として知られているのです。万年冷え性の方は特に、筋トレを行って、体全体の筋肉量をアップさせるだけでも、絶大な効果が期待できるでしょう。

ストレッチでケア

体の巡りをよくするために、ストレッチをしてケアをすることも1つの方法です。体が固い方は特に、体の巡りが悪くなり、体温がダウン、手先足先が寒くなりやすい傾向にありますので、しっかりとストレッチでケアをして、冷え性を改善していきましょう。

ストレッチは特に、手先や足先など、冷え性の症状が出やすい場所を重点的に行う事が大切です。先端部分や太い血管が通っている部分は、特に重点的にストレッチを行うことで、体の巡りが改善し、自然と冷え性改善をしやすくなるでしょう。

湯船につかる習慣を

基礎代謝とは?基準値をしっかり把握して痩せやすい体に

湯船に浸かる習慣がある方と、そうで無い方は、冷え性になるかならないかに雲泥の差があります。湯船に浸かる習慣を身につけるようにするだけでも、自然と冷え性を改善しやすくなり、ぽかぽかと温かい体をゲットできるでしょう。

湯船に浸かってじっくりと体の芯を温めることで、冷え性ケアになると共に、自律神経の乱れを整える効果も期待できます。自立神経の乱れは冷え性を引き起こす原因の1つとして知られていますので、冷え性を悪化させないためにも、湯船にジックリ浸かって、毎日のストレスを緩和するケアを行うことが大切です。

湯船に浸かる際には、熱いお湯に浸かるのではなく、38~40度程度の、少しぬるめのお湯に長時間浸かることで、体の芯までじんわりと暖まりやすくなります。熱いお湯に短時間浸かるのは、一見体が温まりそうですが、体の表面しか暖まっておらず、湯船から出たらすぐに体が冷えてしまった、と言う方が少なくありません。

冷え性を改善するためには、長時間浸かっていられる程度の温度のお湯に、じっくりと浸かり、体の奥まで温める事が大切です。毎日湯船に浸かるケアを行うだけでも、体の巡りが自然と良くなり、冷え性対策に繋がるでしょう。

食生活で冷え性を改善する方法

飲み物は常温か温かい物を飲む

内臓に入れるものは、出来るだけ温かい物を中心に飲むことが大切です。暑い夏などはついついキンキンに冷えた水などを飲みやすいですが、冷たい飲み物は内臓に負担がかかると共に、体の芯から冷やす原因となりかねません。冷え性を改善するためには、冷たい飲み物は極力避け、常温、もしくは、温かい飲み物を飲むように心がけましょう。

冬場は特に、温かい飲み物を飲むことで、体の芯からじんわりと温めて、冷え性を効率良く改善しやすくなります。冷え性改善するためには、夏場でも極力、温かい飲み物を飲むことがおすすめです。

生姜など、体を温める食材を摂取

生姜には、血流を良くし、体を温める効果が期待できます。他にも、唐辛子に含まれるカプサイシンなど、辛い物にも、体を温める効果があるため、こうした体を温める効果のある食材を、積極的に摂取することが大切です。

毎日のように摂取をすることで、体の内側から自然と冷え性をケアしますので、徐々に冷え性の症状を改善していくでしょう。生姜や唐辛子は特に、非常に即効性の高いぽかぽか食材ですので、食べ物として摂取しても良し、スープや、飲み物として摂取をしても良いでしょう。

また、血流を良くする効果がある、ねばねば食品などを摂取することで、冷え性が改善したというケースも少なくありません。血流が悪いことで冷え性を発症している場合は特に、納豆やおくら、とろろなどの、ねばねば食品も、合わせて摂取することがおすすめです。

氷など、冷たい食べ物を避ける

氷をガリガリと噛んで食べる、と言う方も居ますが、氷は冷え性にとっての天敵です。冷たいお水などよりも、長時間口内に残り、体の中にキンキンの状態で入りますので、冷たい飲み物を飲むよりも、冷え性にとって悪影響といえるでしょう。日頃から氷を食べる癖がある方は、氷を食べないようにする事は勿論、そもそも氷が入っている飲み物を飲まないようにする事がおすすめです。氷を日頃から食べて居る方は特に、無意識の内に氷ごと食べてしまう傾向にありますので、十分注意をしましょう。

よく噛んで食べる

食べ物を食べる際に飲み込んでしまう事が多い方は、消化に負担がかかり、内臓に負担がかかっている可能性があります。その結果、消化に体のパワーが取られてしまい、体を温める方向にまでパワーが使われて居らず、冷え性を悪化させている可能性があるため、よく噛んで食べることが大切です。

食べ物のみではなく、スムージーやヨーグルトなど、液体状の商品も、噛んで食べるようにすると、自然と消化が良くなります。よく噛んでから食べる、飲み込む癖をつけると、消化が早まり、体の巡りもよくなりやすいため、食生活で心がけてみるとよいでしょう。

血流改善で冷え性を改善

マッサージ

血流改善をするために非常に効果が高いケアが、マッサージです。リンパの流れに沿ってマッサージを行うリンパマッサージを始め、ツボ押しマッサージなども効果が高いことで知られています。毎日マッサージを続ける事で、自然と体の巡りがよくなり、血流改善に絶大な効果を発揮します。マッサージを行なう際には、オイルやボディクリームを使って行うと、冷え性ケアだけでは無く、美肌ケアも一緒に行なえるため、美容時短テクニックに効果的です。

ストレッチ

体が固いという方は特に、ストレッチを毎日のケアに盛り込むことで、自然と血流改善を行なえるでしょう。特に、太もも回りなどの下半身、脇腹などの上半身など、全体的にストレッチを行う事で、体の巡りがよくなり、冷え性改善に繋がります。

ストレッチを行なう際には無理をせずに、呼吸をゆっくりしながら、しっかり体を伸ばす気持ちで取り組むことが大切です。ストレッチに取り組む際には、無理をして伸ばそうとせずに、体の調子と向き合って、徐々に行うようにしましょう。体が固い方は特に、無理をして伸ばすと筋が切れる可能性がありますので、十分注意が必要です。

体が既に冷えているという状態でストレッチを行うと、筋を痛めやすくなります。出来れば、入浴後などの体が温まっている状態でストレッチを行う事で、よりストレッチをしやすく、よりストレッチ効果をアップすることが出来るでしょう。

筋トレ

根本的な筋力をアップさせる事も、冷え性対策には大切です。筋トレは体全身を行う事で、満遍なく冷え性改善をすることに繋がります。特に、腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの筋トレがおすすめです。手先や足先が冷えてしょうが無いという方は特に、こうした筋トレを日常生活に取入れる事で、自然と体の巡りをよくし、冷え性をスムーズに改善していく効果が期待できるでしょう。

乾布摩擦

古典的な方法ではありますが、乾布摩擦も冷え性改善には効果が高いケアとして知られています。その名の通り、乾いた布を使って、表面から皮膚を摩擦し、温めていくケア方法ですが、即効性が高く、健康効果も抜群なことで知られています。

ただし、寒い冬の朝、肌を露出して行う等、無理をする必要はありません。ある程度暖まっている室内で、無理の無い範囲でゴシゴシとすることで、乾布摩擦を上手に取入れるとよいでしょう。

冷え性を改善させるには、これはNG

生活習慣の乱れ

食生活や運動不足、睡眠不足など、生活習慣のどこかが乱れてしまうと、自律神経の乱れに繋がり、冷え性を引き起こす原因に繋がります。生活習慣が乱れないように、規則正しい生活を送ることも、生活習慣の乱れを直すためには大切なポイントです。朝起きて、夜眠る、食生活をきちんと、運動も行う、というように、自分なりの生活ルーティンを作る事で、生活習慣の乱れは改善しやすくなるでしょう。

過度なストレス

過度なストレスを受けることも、自律神経の乱れに繋がり、冷え性を悪化させる原因に繋がります。疲労などもストレスに繋がりますので、過度なストレスを受けたときには、きちんとリフレッシュ出来るケアを行うことが大切です。また、ストレスの原因となっている事から離れられるようであれば、環境を変えてみることも、冷え性改善には重要なポイントといえるでしょう。

締め付けの強い服や、薄着

日常生活を送る上で欠かすことが出来ない服。そんな服も、冷え性の原因となる事がありますので、着用する服の見直しも行うと良いでしょう。例えば、サイズが合っていないなど、締め付けが強すぎる服を始め、気温に合わない薄着なども、冷え性を悪化させる原因に繋がります。出来るだけ暖かい服装をすると共に、締め付けが強すぎる服装を避け、サイズ感にゆとりがある服装を着用するようにすると、血流が阻害されず、冷え性を改善しやすくなるでしょう。

特に、寝るときに着ている服装が締め付けが強いと、長時間体が休まらず、冷え性の悪化、体調不良に繫がります。眠るときにこそ緩やかな服装を身につけて、体に負担がかからない服装を心がけましょう。

喫煙習慣

血流を悪化させる大きな原因としてあげられるのが、喫煙習慣です。喫煙習慣は血流を悪化させ、冷え性を悪化させる原因に繋がりますので、冷え性の根本改善をする際に、出来れば喫煙を辞めた方が賢明と言えるでしょう。喫煙習慣がどうしてもすぐに抜けない場合は、喫煙する本数を減らすだけでも効果的です。

喫煙をする本数を減らした結果、少しずつ血流が改善し、冷え性の状態がよくなった、体調がよくなったと感じている方も多いでしょう。量を少しずつ減らして禁煙していくことで、健康にも繋がりますので、冷え性改善以外の健康効果をゲットしたい方にもおすすめです。

まとめ

冷え性のケアは1日にしてならず。毎日のこまめなケアを行うことで、根本的な冷え性ケアを行うことが大切です。冷え性は原因に合わせたケアを行うことで、効率良くケアをすることが出来ます。冷え性の原因が分からない方は、とにかく思い当たる原因に合わせて、片っ端から色々と並行してケアを行ってみましょう。

いずれの冷え性ケアも、日常生活に取入れやすく、毎日続ける事がむずかしくありません。お金がかかるようなケアでもありませんので、辛い冷え性を改善したいという方は、まずは今日からケアを始めることが大切です。ストレッチやマッサージ、湯船に浸かるケアを始め、食生活や運動習慣なども、重要なポイントといえるでしょう。