つらい便秘はツボで和らぐ?実践してみたいツボ押し5選

便秘で悩んでいるという人はとても多くいます。最近では国民的な病気といわれることもあり、とても多くの人が若いころから便秘で苦しんでいることも増えています。最近では小学生でも便秘という子がいるほどです。慢性的な便秘を解消するためには食事や運動も大切ですが、ツボ押しも効果があります。

ツボが腸を動かすのに効果がある理由


便秘がなかなか解消しない人の中にはこれ以上がんばっても解消できないのではないかと諦めている人もいます。確かに、運動や食事に気を付けていてもなかなか思うように解消しないという人も少なくないです。そういった慢性的な便秘になっている人は毎日便秘対策に積極的に取り組むことが必要になってきます。その中でも簡単に取り入れられるものとしてツボ押しがあります。なぜツボを押すことは便秘解消に効果があるのでしょう。

自律神経が刺激される

わたしたちの身体には300以上ものツボがあると言われています。ツボを刺激することは自律神経を刺激することにも効果的です。自律神経が高ぶっていると緊張状態が続いてしまいます。そうすると私たちの身体はどうしても便秘をしやすくなってしまいます。

自律神経を刺激して緩めてあげると緊張状態がほぐれるために体の血流も良くなりますし腸の動きも活発になります。そのため便秘が解消しやすい状態になるのです。もちろん、自律神経を刺激するだけですぐに便意が起きて便秘が解消するわけではないですが、便が出やすい環境を作ることができます。

腸に関わる神経が活性化される

腸の中にはいろいろな神経があります。ツボを刺激することは体内のいろいろなツボの至芸をしてくれますが、もちろん、腸内の神経を刺激してくれる場所もあり、腸の動きを活発にすることができるのです。

便秘が深刻になってくると便意を感じなくなってしまうこともあります。このような状態になると思うように便が出せなくなることも少なくないです。そこで、腸に効果のあるツボを刺激して少しでも便意を促してあげることが便秘解消につながります。

便秘を解消するツボ

便秘を解消したい場合、いろいろなツボがあります。体全体のいろいろな場所にツボがありますから、お風呂に入っている時、電車に乗っている時、テレビを見ている時など浄教寺応じて刺激をすることが可能です。ツボの場所を知っていると日常的に刺激して便秘を解消することはもちろんですが、予防にも効果があります。

合谷

合谷(ごうこく)は指を開いた際、親指と人差し指の間にある水かきの部分にあるツボです。普段から便に匂いがある人、コロコロとしたウサギのような便が出る人は刺激をすると効果が得られます。また、口臭やニキビ、肌荒れといったものも改善効果が期待できるツボです。

刺激の方法としては親指の腹を使って人差し指の骨の方に向けてぐっと食い込ませるような力で押し込めて刺激をします。息を吐きながら2秒から3秒刺激をして息を吸いながら指を離すことを10回から15回繰り返すだけです。

三陰交

三陰交(さんいんこう)は慢性的な便秘を解消するのに効果のあるツボです。疲労や虚弱体質、老化など、気と血が不足している人に効果がある場所とされています。ツボの場所は足の内側、くるぶしの一番上の部分から指4本分、およそ8センチメートルから9センチメートルほど上にある、すねの骨のすぐ後ろの部分です。

刺激の方法としては左右の親指を重ねて少し痛みを感じる程度に押していきます。息を吐きながらゆっくりと10秒ほど押して、息を吐きながら10秒ほど離す、ということを左右ともに数回繰り返すだけです。ツボを刺激する際には温めると効果的なので、熱めのシャワーをかけることもおすすめですし、お灸をすえるとより効果が感じられます。

天枢

天枢(てんすう)というのはおへその両側、指3本ほど離れた部分、おへそから3センチメートルから4センチメートル離れた場所です。ここは便秘解消の基本となるツボであり、刺激することでお腹の動きを活発にすることができます。

刺激の方法としては指先を押し上げ、上下に小さく揺らすようにマッサージすると効果的です。この際、お腹を緩めてリラックスした状態で行うと効果を感じることができます。即効性も高いツボなので、人によっては刺激をすることですぐにおならが出てきたり、腸内が動いてぐるぐると音がするのを感じたりします。

大腸兪

大腸兪(だいちょうゆ)は名前からわかる通り腸の刺激をしてくくれるツボです。腸の症状全般に効果があるので便秘だけでなく下痢や痔にも効果があります。ツボの場所はベルトをするコツ花足りの背骨から指を2本外に外した場所にあります。

刺激の方法として、手をグーにして大腸兪を刺激をしていきます。その際、仰向けになって膝を立てて左右にゆっくりと動かしながら腰の下で大腸兪を刺激すると効果的です。便秘だけでなく腰痛や坐骨神経痛を解消する言こともできます。自然と体重がかかることで刺激をしやすく強くツボ押しをする必要がなく簡単にツボを刺激できます。

大巨

大巨(だいこ)は便秘はもちろんですが、大腸や小腸の消化器官のトラブル解消や生理不順にも効果があります。腸の蠕動運動を活発にしてくれるため便秘解消に特に効果的です。場所としておへそから指3本分外側、指3本分下側のラインが交わる場所にあります。便秘をしていると大巨が硬くなっているのでわかりやすいです。

刺激の方補としては片方ずつ順に押していきます。左右の人差し指と中指を重ねて押しもむようにします。この際、利き手を下にして押すようにすると力が入りやすく刺激がしやすいです。1分から2分ほど刺激するとお腹が動いているのを感じられます。

ツボと一緒に便秘解消できる改善方法

ツボを押すのはもちろん便秘解消に効果があるのですが、やはりそれだけで簡単に便秘は解消しません。特に長く慢性的な便秘を抱えている人は効果が得られるよういろいろな方法を取り入れたほうが効果を期待できます。そこで、便秘解消のためにツボ押し以外にも次の方補を試してみましょう。

便秘解消に効く飲み物

便秘をしている際には飲み物を飲むようにすると便に水分が含まれて便秘が解消しやすくなります。水を毎日2リットル飲むようにすると効果的ですし、それ以外にも便秘解消に効果のある飲み物を取り入れるのも有効です。食物繊維が豊富なごぼう茶を飲んだり、豆乳きな粉ドリンクを飲んだり、ヨーグルトドリンクを飲んだりすると効果が期待できます。

即効で便秘解消する食べ物

便秘を解消するにはやはり食べ物も大切です。食物繊維を食べると効果が期待できますから食事の中でゴボウやおから、ひじき、キノコ類などは積極的に食べましょう。ヨーグルトや甘酒、納豆など発酵食品も効果的です。

お手軽体操で便秘解消

スポーツ ランニング

便秘をしている人の中には運動が苦手な人も多いです。本格的な運動をするとなるとしり込みすることもありますが、手軽にできるストレッチであれば運動が苦手な人でも簡単に取り入れることができます。ストレッチも寝転がって足を伸ばしたり、立って上体を回転させるようにしたりするだけなので空き時間を使って簡単に取り入れやすいです。

便秘解消に効果的なサプリ

便秘解消のために下剤を飲むことは抵抗ありますが、サプリであれば気軽に取り入れられます。サプリもリーズナブルなものも増えていますが、十分効果は期待できます。サプリを継続して飲むことによって便秘解消はもちろんですが予防にも効果があります。

まとめ

便秘で悩んでいる人はできるだけ早く便秘を解消したいと思っているものです。ツボ押しであれば簡単に取り入れることができますし、継続しやすいものでもあります。ぜひ毎日続けて便秘しらずの腸を作っていきましょう。