ビタミンB2とB6の摂取方法と効果

ビタミンB6とビタミンB2は、どちらも体にとって素晴らしい栄養素を持っています。また、お互いに免疫力を向上させる力があることから常に摂取しておきたいビタミンなのです。どちらも様々な食材に豊富に含まれているものの、水溶性ビタミンの類に入りますので調理の仕方などにも工夫が必要です。そんなビタミンB2とビタミンB6の効果を知ってそのために必要な摂取方法を紹介したいと思います。

ビタミンB2とB6の効果


仕事が忙しくなるとどうしても不摂生になってしまい、食事なども適当に済ませてしまうという方もいますが、そんな生活が何日も続いていると肌が荒れてきて、口角がパックリと割れてしまい、最終的に口内炎が出来て、ますます食事するのがイヤになってしまうことがありませんか。こんな症状が現れてしまったら、それは恐らくビタミンB2が不足しています。ビタミンB2は皮膚や粘膜の再生を促して健康な状態にしてくれます。

口内炎が出来てしまったら高い確率でビタミンが足りていない状態だと思ってください。また、ビタミンB6は、B2と同じように皮膚や粘膜の再生を促してくれますが、それ以上に体内でアミノ酸を代謝して良質なタンパク質を作り出すという大事な働きもしてくれます。それぞれの良い点を確認してみましょう。

ニキビの原因となる脂質のコントロールをするビタミンB2

疲れは溜まっているなと思ったらビタミンB2が不足しているので食事などから摂取したいと誰もが思いますが、ビタミンB2は体内で蓄積することができない厄介なビタミンなのです。もちろん元気になるために必要な栄養素で重要な働きをみせてくれます。
実は、そんなビタミンB群は一緒になることでお互いをサポートしていると考えられています。疲れが溜まればニキビもでき易くなります。

皮膚を健やかにするのにB2とB6は欠かせない存在なのですが、特にニキビがひどい場合には脂質をうまくコントロールしないといつまで経っても良くなりません。ビタミンB2が脂質をコントロールするためにはビタミンB3の力を借りてようやく脂質異常を改善できるのです。

肌の代謝を正常化するビタミンB6


ビタミンB6は新陳代謝を良くする働きがあります。肌は私たちが気づいていない間に新しい皮膚へと生まれ変わっているのです。その新たな皮膚を誕生させるためにビタミンB6は再生を促してくれているのです。

ビタミン類全般が肌に効果があるがニキビにはビタミンB2とB6が特に効果的

日焼け防止用のクリームを塗っていたとしても少なからず日焼けによるダメージを受けているものです。シミの予備軍が角質層の下にできてしまうことや、肌がカラカラに乾燥するのでシワが出来るようになったなど肌トラブルは一年を通して多くの女性たちを悩ませます。また夜中まで起きていることが多い現代人は睡眠時間も不足しがちで十分な睡眠ができていないために代謝も悪くなり肌にツヤもハリも無くなってしまうことも多くです。

そのような疲れた状態でいるとすぐに鼻の周辺やあごの辺りにニキビができてしまい、治りそうになってもいつまでも赤く、根元には膿が見えるほど酷いニキビができてしまうと慢性化しやすくて根本的な改善を試みる必要があります。そんなときこそビタミンB2とB6の出番です。どちらのビタミンも皮膚と粘膜の再生を促してくれる働きを持っています。水溶性ビタミンなので蓄積できませんから常に摂取するように心掛けるといいです。

どちらもバランスよく摂取することでニキビ予防と早期改善が期待できる

普段からビタミンB2とB6を摂取していれば肌のトラブルとは無縁になるはずですし、脂質もコントロールできるのでニキビなどという厄介な吹き出物とはサヨナラできるはずです。しかし問題なのが摂取の仕方です。ビタミンB2は体内に留まってくれないので毎日摂り入れるようにすることが求められています。ビタミンB6はバナナなどから簡単に摂取することができます。どちらも普段の食事をきちんと食べていればニキビ予防に繋がるので肌トラブルとは無縁になるかもしれません。

ビタミンB2とB6を摂取する方法

ビタミンB2もB6もどちらも水溶性ビタミンです。ビタミンB2は皮膚などの細胞を再生するのに使用されていますが、その量は半端なく多くて普段の食事をきちんと摂取していても足りないほどです。それなのに体内では蓄積することができないので毎回の食事からきちんとした必要量を摂取することが望ましいです。B6 は摂取することで健康的な体を手にすることができます。多くの食材に含まれていて毎日欠かさず食べられるものばかりです。

それぞれのビタミンで比較的日頃から食べている食材を紹介します。この食材はビタミンB群なんだと思えれば今後のメニュー作りの参考になるはずです。

ビタミンB2を摂取するならヨーグルト、レバー、アーモンドが有効

ヨーグルトやアーモンドならば朝食やおやつで食べればそれなりの量も摂ることが可能です。鶏肉のレバーにも豊富なビタミンB2が含まれていますのでなるべく食べて欲しいのですが、1日に約2本も食べるとなると案外大変なものです。あまり細かく考えずに食べられるものをバランスよく摂取するといいでしょう。

ビタミンB6を摂取するならレバー、豚肉、まぐろ、サツマイモが有効

ビタミンB6は日本人の大好きな食材が多いので食事のメニューにも摂り入れやすいはずです。魚だったらマグロで鶏のレバーなどにもB6がふんだんに入っています。でんぷん質のジャガイモやサツマイモにも多く含まれていて煮物などの調理方法であれば栄養素をそのまま全部摂り入れることが可能です。

ほかのビタミン類やアミノ酸、ミネラルもバランスよく摂取することが大切

ビタミンB群やミネラルなどをバランスよく摂ることがお互いの栄養を助けて、体のためにも有効な働きをしてくれるのです。1つ食材だけにこだわらずに色々なものをバランスよく摂り入れて丈夫な体を作り上げましょう。

効率よくビタミンB2とB6を摂取するためのコツ

お互いを助け合うことで体にプラスされるビタミンB2とB6は健康のためにも同時に摂取できるといいでしょう。お互いが多くの食材で得られる栄養素で人間のエネルギー源ですからバランスの取れた食事を心掛けてみるといいでしょう。

和食を心がける

どちらも水溶性ビタミン群なので、水に溶けだしてしまう要素があります。たとえば、和食ならば魚を煮魚にする、刺身で生食をする、ジャガイモなどは煮物にするなどビタミンが溶け出してもその栄養素もうま味となって、その食材に含むような食べ方ができるのは和食です。

ビタミン類は複数のビタミンを合わせると相乗効果が得られる

ビタミンB2は脂質の代謝を促してくれますし、B6はタンパク質の代謝を助けてくれる働きをしています。だからこそ色々なビタミンを合わせて摂ることで色々な効果が生まれてくると考えられています。

高カロリー、脂質の高い食材も多いのでカロリーや脂肪に注意が必要

いくら体によい栄養素がたくさん含まれていると言われても、食べる量によっては高カロリーになってしまう食材はとても多いです。ビタミンB2が脂質を代謝するとはいえ、脂っこい食事などには注意してください。

うまく摂取できないときはサプリメントも利用する

ビタミンB2、B6ともにかなり多くの食材に含まれてはいますが、毎日大量に代謝エネルギーとして使用されていきますから、毎食をしっかりと食べなければビタミン不足になってしまいます。そうならないためにもサプリメントを利用してみる方法もあります。その場合には色々なビタミンが配合されているマルチビタミンの類を摂取するといいでしょう。

まとめ

効果が似ているビタミンB2とB6について紹介しました。どちらも皮膚などの細胞を活性化させたり、免疫力を向上させるために働いてくれる大事なビタミンです。色々な食材を食べるようにして健康な体作りを行ってください。