お腹

ダイエット中に便秘、その方法間違ってるかも。便秘の原因と対処法

ダイエットをしている中で多くの人が悩むものが便秘です。便秘がちで太ることもありますし、ダイエットをしていても便秘になることがあります。その原因をきちんと知って対策をすればダイエット中でも便秘をすることがなくなり快便で過ごすことが可能です。また、ダイエット中に便秘をしている場合、ダイエット方法が間違えている可能性もあります。

ダイエット中に便秘になる原因


ダイエット中に便秘になるのはいくつかの原因が考えられます。今一度、自分の生活を思い出してみると当てはまるものがあるかもしれません。

無理な食事制限をしてしまう

ダイエットをする際、食事を減らして痩せようとする人が多いです。確かに食べる量が減ることで一時的に体重は減ります。しかし、長期的に見ると便秘になりますし体調を崩す可能性も高いです。

無理な食事制限をすると栄養が偏りますし、食べる量が減ることで便の量が減ってしまいます。便の量が減ることで便が体内に溜まり便秘となるのです。

偏食のダイエットをしている

ダイエットをする際、食事制限として偏った食事をする人がいます。食べるものに偏りが出てしまうと便が硬くなったり量が少なくなったりしてなかなか排便できなくなってしまうことがあります。もちろん肉の食べすぎは太る原因となりますが、肉類も体を作るためには必要なものであり、脂肪も摂取しないと便秘の原因となります。そこで、食べる量に気を付けて、なおかつきちんと栄養バランスが整った食事をすることで便秘が解消できます。

脂質抜きダイエットをしている

ダイエットをするとなると多くの人が脂肪を摂取しないようにしようと思いがちです。しかし、脂質も体内には必要なものであり、排便の際には便の滑りを良くする効果を持っています。便が硬くなるとどうしても便が体外に排出されにくくなってしまい、腸の動きが悪くなることも便秘の原因となるのです。

ダイエットで便秘になった時の対処法

ダイエットをしていて便秘になった際、いくつかの方法で便秘解消をすることができます。すべてを一度にすることは難しいですが、少しずつできることを取り入れていくとダイエット効果も得られながら便秘で悩むことが無くなりおすすめです。ぜひ自分でできそうなものから取り入れてみましょう。

しっかり水分補給をする

水分不足は便が硬くなる原因でありなかなか便が出にくくなってしまいます。そこで水分の摂取量を増やすことで便が柔らかくなって排出しやすくなり便秘解消に効果的です。水分を摂取することで体内の便が膨らんで排出しやすくなる効果もあります。

食事は食物繊維を多くとるようにする

食物繊維は腸内にある便をかき出すのに効果的です。慢性的な便秘や腸内に残っている宿便を排出することもできます。食物繊維を摂取する際にはオリゴ糖も一緒に摂取するようにすると腸内の善玉菌が増えて腸内環境を整えるのにも効果的です。水分を含んで便のかさを大きくする役割も果たしてくれます。

食物繊維を多く含む食材は固めのものが多いです。食べ応えがあるために顎をたくさん使いますから満腹感も得やすいですから食べる量を減らすことができます。また、食物繊維が豊富な食材を用いたメニューは和食に多いのでカロリー摂取量も抑えることができ、その点でもダイエット効果が高いです。

食事と運動のバランスを考える

食事を改善するだけでなくやはり運動も必要です。腸の周りの筋力が落ちていると排便能力も下がってしまい便秘になりやすくなります。そこで腹筋などの運動をして筋肉をつけること、腸の動きを活発にすることが便秘解消におすすめです。

腹筋などの運動をすれば脂肪を燃焼させて筋肉をつけることができ、基礎代謝をつけることができるためダイエットにもなります。運動が苦手な人、筋力がない人もはじめからジムに通って本格的な運動をしようとする必要はありません。自分のできる範囲で簡単にできることから始めるのでも十分効果が得られます。毎日続けていけば少しずつ筋力がついてできる回数も増えていきます。

ダイエットと便秘におすすめな食べ物

ダイエットをする際、便秘に困ったら便秘解消ができなおかつダイエット効果のある食材を食べることがおすすめです。食べる際にはただそのまま食べるのではなく、工夫をした方が良い食材もあります。毎日の食事で便秘解消とダイエットの効果が得られるのはとても助かりますからぜひ少しずつ食事に取り入れてみましょう。

おから

おからは食物繊維が豊富ですしたんぱく質も多く含まれています。そのため便秘解消はもちろんですが、ダイエットにも効果的な食材です。卯の花にして食べる際にはひじきやこんにゃくなど食物繊維が豊富な食材を一緒に食べることができるのでダイエットにも便秘解消にも効果があります。

ただ、おからが苦手という人も多いです。そういった人はハンバーグの中にいれて食べるようにしたり、そぼろのようにして食べたり、クッキーやケーキにしたりすると食べやすくなりますし脂肪分のカットにもなります。おからをお米に見立てて食べるようにすると糖質制限ダイエットにもなり効果的です。

生大根

生大根ダイエットというのが一昔前に流行しましたが、生大根は便秘にも効果があります。食物繊維だけでなく大根に含まれているアミラーゼという酵素が便秘解消に働いてくれるのです。酵素は新陳代謝を活発にしてくれるので便秘を解消するだけでなく脂肪の燃焼にも役立つのでダイエットと便秘解消の相乗効果が得られます。

ただ、生の大根でなければ意味がありません。大根に含まれる酵素は熱に弱いので加熱すると消えてしまうのです。また、ダイエットに効果的だからと生大根を食べすぎると逆に体が冷えてしまいます。程よい量を食べるようにすることが大切です。

大根は生であれば食べ方は大根おろしでも千切りでも食べ方は自由で構いません。ただし、大根おろしにした際は汁もきちんと飲むことが大切です。汁に酵素が溶け出ているので汁まで飲まないと酵素が摂取できず効果が半減してしまいます。

ヨーグルト

便秘解消といえばヨーグルトは外せない食材です。腸内環境を整えてくれるため便秘が解消できますし、腸の中の善玉菌を増やしてくれます。より効果を得たい問い場合にはオリゴ糖や食物繊維と一緒に食べるようにするとヨーグルトの乳酸菌が活発になり効果的です。

ヨーグルトを食べる際、ホットヨーグルトにするとより効果が得やすくなります。ただし、あまりにも温めすぎると乳酸菌が死滅してしまうので人肌程度に温めるようにしましょう。食事の最後に食べるようにしたり、間食で食べるようにしたりして毎日食べるようにするとダイエットや便秘解消だけでなく、免疫力が上がり花粉症やアトピーの予防にも効果的です。ヨーグルトは生きた菌が腸内まで届くものを選ぶようにしましょう。

オリーブオイル

ダイエット中に脂肪は摂取しない方がいいということで油も避ける人がいます。しかし、私たちの身体にはオイルも摂取することが必要です。その中でもオリーブオイルは植物性の油で健康に効果もある油ですから積極的に摂取することが望ましいと言えます。

オリーブオイルももちろん脂肪ですから摂取しすぎは体によくありません。しかし、程よく摂取をすると便の潤滑油となって腸内からスムーズに出すことを助けてくれます。

まとめ

ダイエットをしていると便秘になるという人が意外と多いです。便秘になる原因はダイエット方法が正しくなりことが考えられます。特にダイエット中の食事が良くないものになっている可能性が高いです。そこで、食事の内容を見直して、便秘を改善する効果のあるものを摂取するようにしましょう。