便秘 マッサージ

飲むヨーグルトの効果とおすすめレシピ

ヨーグルトが大好きで普段から召し上がっているという方も多くいらっしゃるでしょう。ただ、中には食べるタイプの場合、スプーンも使うし面倒だと、敬遠している人がいるというデータもあるようです。腸内環境を改善してくれる乳酸菌は、人の体にとって非常に有益な栄養と言えます。もっと手軽に食べて欲しいという思いから今回は、飲むヨーグルトについて紹介したいと思います。また、効果だけでなく、簡単に作れるドリンクメニューなども紹介しますので、ぜひ試してみてください。

飲むヨーグルトの効果

便秘 マッサージ
ヨーグルトの乳酸菌と一言で言っても、その種類も豊富に存在し、メーカーごとに使用している菌も違います。効能などは乳酸菌によっても異なるので一概に言えませんが、乳酸菌を摂取することで腸内では不要となった餌を食べて善玉菌になり、体の活性を良くしてくれる乳酸を出してくれるのが乳酸菌の働きです。ほとんどの乳酸菌は生きたまま腸まで届くので胃酸などに負けてしまうこともありません。

飲むヨーグルトは、一度ヨーグルトを発酵させてから固形にして、液体にしたものです。飲むヨーグルトの場合、糖分を加えないで牛乳だけで乳酸菌を発酵させた一般的なプレーンヨーグルトと異なり、甘味や果汁などが加えられていることも多いです。そのため、非常に飲みやすくなっています。製造過程が違う両者ですが、プレーンヨーグルトも飲むヨーグルトも、ほぼ同じ栄養素を得ることが可能です。食べることが面倒だというのであれば、気軽に飲める飲むヨーグルトに切り替えて乳酸菌を摂取してみてはいかがでしょうか。

時間がなくてもすぐ飲めるので続けやすい

飲むヨーグルトは、大きな1リットルの紙パックに入っているものもあれば手軽なサイズでキャップがきちんと閉まるタイプまでさまざまなものがあります。しかも最近の研究成果で免疫力を高めて風邪やインフルエンザなどのウィルスをやっつけてくれる多糖体を体内で作り出す乳酸菌や、低糖タイプに低カロリー、カロリーオフなど種類も豊富に出回っています。

時間のない朝でもコップ1杯の飲むヨーグルトならば続けられそうですし、キャップ付きのタイプならカバンの中にしまって、通勤途中でも気軽に飲めるので大変便利です。

美肌効果

一度発酵させたプラズマ乳酸菌が配合されている飲むヨーグルトには、皮膚の老化現象をくい止める力を発揮してくれて免疫細胞のおかげで肌の老化現象にも効果を発揮するタイプがあります。また、ラブレ菌などは強い生命力でしっかりと腸内に届き善玉菌を増やす働きをします。腸内環境が改善すれば肌もキレイになるのは言うまでもありません。毎日継続して飲むヨーグルトを摂取していれば自ずと美肌になれる効果が期待できるでしょう。

便秘に効果的

トイレ 便秘

飲むヨーグルトには、ビフィズス菌が1000億個も入っているタイプもありますし、どの乳酸菌も生きたまま腸まで届いて胃酸に負けませんから腸内の悪玉菌の繁殖もしっかりとくい止めてくれて善玉菌を増やすことに特化しています。便秘で悩んでいるのでしたら飲むヨーグルトを継続して摂取して常に腸内環境を整えて欲しいものです。

飲むヨーグルトでダイエットできる効果


飲むヨーグルトがダイエットに良いという話を、どこかで読んだことがある人もいるかもしれません。ですが、食べるヨーグルトだって同じだと思うのにどうして飲むヨーグルトの方が効果を得ることができるのでしょうか。

飲むヨーグルトがダイエットに効果的な理由の一つとして、酸味が抑えられていてとても飲みやすくなっているからだという点が挙げられます。飲みやすいという事は、つまり毎日でも続けられるということにつながります。摂取を継続することが容易に可能で、かつ痩せる要素が満載というのが飲むヨーグルトの特徴でしょう。

飲むなら夜のほうが効果的

飲むヨーグルトならばいつでも手軽に飲めるのが良い点です。ですが、痩せるためにも効率よく摂取した方がいい時間帯などを覚えておきましょう。
飲むヨーグルトについては、夜に飲む方が腸内環境を整えてくれるというデータがあります。せっかくの乳酸菌を効果的に働かせるためにも夜のデザート代わりに飲んでみてはいかがでしょう。

腸のゴールデンタイムに飲むと乳酸菌が活動しやすい

ヨーグルトなんだから朝食時に摂取するのがいいに決まっていると考える方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような思い込みは一度止めてみましょう。実はダイエットをするのであれば22時~2時までの深夜帯に摂取するのがベストと言われています。この時間帯は、腸内に届いた乳酸菌が一生懸命に良い仕事をしてくれる時間帯なのです。

食事前に飲むと食べる量が減らせる

ダイエットするのですから、食事のたびに満足感が得られるまで食べてしまうとカロリーだってオーバーになってしまいますし、痩せたという結果を見られるのは当分先の話になってしまいます。食事の前にヨーグルトを飲めば、そこである程度の満足感を得られるので夕食の量を減らすことができるのです。

便秘しやすい人は食後のほうが効果的

ヨーグルトを普段から摂取していても腸内環境はすぐに改善できるものではありません。便秘がちな方であれば食後の胃酸が減少している間にヨーグルトを飲めば、完璧な状態で腸まで届いてくれるので便秘解消に役立ちます。

飲むヨーグルトダイエットにおすすめのアレンジ

ダイエットに効果的だからと言っても毎日飲むヨーグルトを飲み続けていると、いつしか飽きが来てしまいます。飽きてしまうと飲むことから遠のいてしまうため、ダイエットしている意味が薄らいできてしまうでしょう。そんな時こそ飲むヨーグルトに色々とアレンジを加えてみて味の変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。以下では飲むヨーグルトのさまざまなアレンジについて紹介します。

飲むヨーグルトにイチゴを入れる

イチゴと飲むヨーグルトの組み合わせは多くの方から支持される美味しさです。美味しいので子供の頃から試していたという方も多いこの組み合わせですが、イチゴに含まれているビタミンCとポリフェノールが美肌作りに役立つため、美容にも活かせることができるという魅力があります。

飲むヨーグルトにはちみつを入れる

はちみつにはビタミン群とミネラルが豊富に含まれているため、色々な栄養素をいっぺんに摂ることができるのです。免疫力がアップして風邪も引きにくくなりますし最高の組み合わせです。ここのレモン汁を加えるとビタミンCも同時に摂れますし、スッキリとした味になるので飲みやすくなります。

飲むヨーグルトに青汁を入れる

食物繊維が豊富な青汁を入れてみるとドロッとしたような食感で思わずグリーンスムージーを思い出してしまうかもしれないです。それだけよく似ている青汁+飲むヨーグルトの組み合わせにはビタミンやミネラルなども摂取できるのでダイエットの大きな支えになってくれるはずです。

吸収率を上げるためには温めて飲む

飲むヨーグルトは温めて飲んでもOKです。ただし、温めの温度に注意することが必要で、電子レンジで50度以下の温度にすることが大切です。50度を超えてしまうとせっかくの乳酸菌が破壊されてしまうので注意しましょう。

まとめ

腸内環境を整えてくれて、必要な栄養素を吸収するためにも、乳酸菌は毎日食べることをおすすめします。忙しくて生活環境が乱れがちな方にも飲むヨーグルトならば継続して飲んで頂けるはずです。ぜひ今日から続けてみてはいかがでしょうか。