ビタミンB 食

ビタミンB6の効果と摂取の注意点

ビタミンB群の中でもアミノ酸などを代謝する役割を担っているのがビタミンB6です。皮膚を健やかに保つ働きがあると言われており、その他のビタミンと合わせて摂取することで免疫力をアップさせる効果も期待できる栄養素だとされています。そのため、元気に生きていくために必要なビタミンと言えるでしょう。そんなビタミンB6ですが、摂取するときはいくつか注意点があると言います。ビタミンB6のもつ効果と摂取の際の注意点について詳しく見ていきましょう。

ビタミンB6の効果


ビタミンB6の効果として、素肌がきれいになり、イライラが軽減されて気持ちも健やかになるという話を聞いたことはありませんか。これらは、ビタミンB6による代謝の力が最大限に発揮されている結果と言えるでしょう。

ビタミンB6は食べ物に含まれるたんぱく質をエネルギーに変え、皮膚・粘膜・毛髪などを再生させる力があると言います。また、ホルモンバランスの乱れも調整してくれるため、妊娠期間中のつわりも軽減されると考えられています。

新陳代謝が活性化

ビタミンB6は、皮膚や粘膜の代謝を促してくれる栄養素です。そのため、新陳代謝も活発になると言われています。代謝がよくなることで皮膚がきれいになりますし、粘膜も強くなるので口内炎なども起きにくくなります。また髪の毛や頭皮も丈夫になっていくとも言われています。

肌がきれいになる


ビタミンB6は皮膚の再生を促してくれます。人間の皮膚は古くなった角質層が押し上げられてその下から新たな皮膚が誕生するのですが、ビタミンB6をきちんと摂取していれば素肌が健やかになると考えられているのです。

月経前症候群やつわりの改善

血液中にきちんとビタミンB6が蓄えられていると、気持ちをリラックスさせる効果が得られるようになると言われています。そのため、月経前症候群(PMS)などで起こりがちなイライラやモヤモヤなどを軽減するとも言われており、そのほか、妊娠初期に生じるつわりも改善する働きがあることが分かっています。普段から月経時が辛いものだと思っている女性にはビタミンB6をきちんと摂取しましょう。

アレルギー予防効果

水溶性ビタミンに属しているビタミンB6は、その栄養素が水に溶けるので皮膚や粘膜に浸透することで傷ついた細胞を再生する働きを持っています。皮膚や粘膜が健康になることで免疫機能も改善されて腸内環境も良くなっていくでしょう。腸内が改善できれば目のかゆみ・鼻炎・花粉症を引き起こすアレルギーを抑える働きをします。通年でビタミンB6を取得していればアレルギー疾患を予防することにもつながるのです。

ビタミンB6を多く含む食品

身体にとって必要な栄養素が多く詰まっているビタミンB6を普段から摂り入れるためにはどのような食材を食べれば良いのでしょうか。ビタミンB6が含まれている食材は複数ありますから、日常的に摂取することを考えてみてはいかがでしょう。普段の食生活に取りいれやすい食べ物をいくつか紹介します。

マグロやカツオなどの魚類

日本人に人気の魚と言えばマグロとカツオではないでしょうか。どちらの魚も生活習慣病を予防するための栄養成分が豊富に含まれているのが特徴です。そしてなにより、ビタミンB群の力で血液をサラサラにしてくれる効果は必見と言えるでしょう。血行が改善すれば、代謝をよくする効果を得られることにもつながります。また、生のままで食べることもできるため、さまざまな食事に取り入れられると言えるでしょう。

鶏肉をはじめとした肉類

肉類の中でも特に鶏肉に多く含まれているビタミンB6は100gの中におよそ0.6㎎も含まれているので、普段の食事から効率よく栄養分を摂取できるのです。鶏肉ならば色々なメニューに摂り入れることができるのでとても手軽だと言えます。

バナナやメロンなどの果物

バナナやメロンなどの果物にもビタミンB6が含まれています。しかもバナナはマラソンランナーが補給時にも用いているほど良質のエネルギー源なのです。水溶性ビタミンですからなるべくそのままで食べられることが望ましく、果物であれば熱を加えることもなく、茹でることもしないでそのまま美味しく食べることができるのです。

ジャガイモ・キャベツなどの野菜

でんぷん質のジャガイモや葉物のキャベツもビタミンB6が比較的多く含まれているのです。しかし、水溶性ビタミンを壊さないためにも食べ方には注意した方が良いでしょう。ジャガイモは茹でると栄養素が水に溶けだしますからカレーや肉じゃがなどの煮物でしたら栄養素も無駄にすることがありませんし、マッシュポテトにすれば栄養素も一緒に摂取できるでしょう。キャベツのような葉物でしたらそのまま千切りが無駄なく栄養分を吸収できます。

ビタミンB6摂取の際の注意点

ビタミンB6は、多くの食品に含まれているビタミンです。そのため、さほど注意しなくても自然と体内に摂り入れていることの多い栄養素と言えるでしょう。しかし、腎臓病で苦しんでいる方や自己免疫機能を攻撃してしまう免疫系の疾患で苦しんでいる方は、食事から得られたはずのビタミンB6も体内では十分な働きができないことから、機能する前に排泄されてしまうのです。

これ以外にも、過剰摂取することで健康面にマイナスになるような症状を引き起こしたり、不足していれば同じく免疫機能が低下したりするので十分な注意をすることが必要です。どのような症状を引き起こすのかチェックしていきましょう。

過剰摂取は骨粗鬆症の原因になる

ビタミンB6が欠如すれば免疫力が低下することが分かっています。しかし、だからといって過剰摂取してしまうと、体内に蓄積することができずに排泄されてしまいます。そうあれば良質なタンパク質も得ることができないので、骨の形成もできずに骨粗しょう症へつながってしまう可能性があるのです。骨粗しょう症になれば、骨量も減少してしまいます。

過剰摂取はむくみを起こすこともある


ビタミンB6は新陳代謝を促してくれるビタミン群です。本来であれば腎臓で処理される不要なものも、ビタミンB6の摂取量が多過ぎれば腎臓結石を引き起こしてしまう原因になってしまうのです。さらに、体内から排泄することができずの体内に留まってしまうことと、むくみの原因になってしまいます。

不足すると貧血の原因となる

良質な血液も作り出してくれるビタミンB6ですが、不足してしまうとリンパ球が減少してしまい貧血などを引き起こすと考えられています。これはあくまでも通常の摂取量よりか少なくなった場合に起きるものですが、一般的な食事をしていれば、ビタミンB6が不足することは少ないと言われています。どうしても貧血気味になってしまうのであれば食事以外にサプリメントから摂取することも必要です。

不足するとホルモンバランスの乱れを起こす

皮膚や粘膜を再生するために必要なビタミンB6ですが、不足することで見た目の症状が現れてきます。たとえば、口角が切れてしまうことや口内炎ができてしまうなど、体の中で何かが足りていないと感じれば、それはビタミンB6の不足であると考えるべきです。このようにビタミンB6が不足すれば免疫機能を大きく低下させてしまい麻痺・聴覚障害・貧血・錯乱などの神経系に異常をきたすことが分かっています。これもすべてビタミンB6が不足することでホルモンバランスの乱れを引き起こすのです。

まとめ

ビタミンB6は、健やかな身体作りに欠かせないビタミンと言えます。しかし、摂取し過ぎてしまうことで神経系に支障をきたすなど、注意するべき点も多いと言えるでしょう。食品から摂取するにせよ、サプリメントから摂り入れるにせよ、過剰摂取や栄養不足についてはしっかりと考えてみる必要があると言えます。