胃痛と便秘の関係は?関係性を解説!

便秘になっている方の大半が大なり小なり胃痛を感じております。便秘の原因となっているのが腸なのに対して、胃痛は胃が痛んでいる症状ですので、一見すると胃痛と便秘には関係が無いようにも思えます。しかし、実はこの胃痛と便秘には切っても切れない深い関係がある事が確認されています。そこでこちらのページでは、胃痛と便秘の関係性についての情報をご紹介します。原因不明の胃痛が続いてしまうような場合には、もしかしたら便秘が大きな原因になっているかも知れません。もし気になる痛みがあるという方は、ぜひチェックしてみてください。

胃痛と便秘の関係について

こちらのページでは、最初に胃痛と便秘の関係についての情報をご紹介します。胃痛と便秘の関係性を理解しておくと、それぞれの原因であったり対処方法が理解しやすくなります。便秘によって引き起こされる胃痛は、一般的な胃痛とかなり似たような痛みが生じますので、中々切り分けが難しいのですが、知識として覚えておくと中々改善しない胃痛を便秘を解消する事で症状を改善させることにも繋がります。既に胃痛と便秘の関係性について理解しているという方も、ぜひ目を通して内容を確認してください。

便秘が原因で胃痛になる場合

便秘が原因で胃痛になる場合にはどのような原因が考えられるのでしょうか。同じ便秘が原因の胃痛だったとしても、細かい原因が異なっているようなケースも珍しくありません。こちらでは、便秘が原因で胃痛になる場合に多い原因を二種類ご紹介します。胃痛がした時に対処が早くなりますので、ぜひ覚えておいてください。

腸内に便が溜まり胃が圧迫される

便秘が原因で胃痛になる場合に多いのが、腸の内部に便が集ってしまい胃が圧迫されるケースです。一日、二日の便秘でしたらそこまで胃が圧迫される事はありませんが、一週間以上の便秘の場合などにはかなり胃が圧迫されてしまうズキズキとした胃痛の症状が発症します。特に沢山ご飯を食べているような方の場合には、かなり圧迫される割合が高くなりますので強めの胃痛が生じます。胃腸薬を飲んでも治まりにくい痛みなので注意が必要になります。

食べ物が胃から腸へと送られない

人間は食事をすると不要な残りかすを便として排出します。これが便秘になると腸の内部に便がドンドンと溜まってしまいます。食事をするたびに便は作られますので、どんどんと腸の空きスペースを無くして行きます。その結果、食事をした際に胃に溜まった食べ物の残りカスを腸に排出しようとしても先がつまってしまっておりますので、通常通りに送り出す事ができません。胃の中に食べ物の残りカスが滞在している時間が長くなってしまったり、腸に送ったはずの物が逆流してしまうような時に胃痛の症状が現れます。

胃痛が原因で便秘になる場合

便秘 マッサージ

胃痛が原因で便秘になってしまう時には、そもそもの原因となる便秘を解消しなければ胃痛の症状は改善しません。そのため、便秘が原因の胃痛が起こらないようにするためには、先ずは便秘になる原因をしっかりと理解しておく事が重要になります。こちらでは、胃痛がするほどの酷い便秘にまで発展してしまう主な原因についてご紹介します。自分の実生活と見比べて、当てはまる所がないかしっかりと確認していきましょう。

一度に大量の食べ物を食べる

一度に大量の食べ物を食べるというのも便秘の原因になります。便秘は胃や腸の働きが弱まっているという時にも症状が現れます。あまり食事の量が少ない場合には、胃や腸の動きが弱まってしまいますので、便秘になりやすいのですが、同様に一度に大量の食べ物を食べると胃や腸に過度の負担がかかってしまい、動きが遅くなってしまいますので便秘になりやすくなってしまいます。また、一度に大量の食べ物を食べていると便の量も多くなりがちですので、便秘の症状も重くなりがちです。

油物の摂りすぎ

油物の摂りすぎも胃痛を伴う便秘を引き起こす原因のひとつになっております。油物を大量に摂取してしまうと腸の内部に老廃物が滞りやすくなってしまいます。油物も動物性の油ではなく、植物性の油でしたら便秘を改善する効果があるにですが、お肉や動物性に油を大量に使っているメニューですと便秘になりやすく、また重症化しやすくなってしまいますので摂取する量を調整する必要があります。

アルコールの飲みすぎ

アルコールは適量でしたら問題ないのですが、一度に大量に飲んでしまうと便秘になってしまいますので注意が必要になります。アルコールを飲んだ翌朝は、下痢になる方が大勢います。これは、アルコールによって腸の働きが不自然に活発になってしまった結果、便が従来でしたら腸の内部でゆっくりと水分を含んでから排出される所、そのまま排出されてしまうからです。

一見すると、下痢になるのだから便秘にならないだろうと思われるかも知れませんが、大量のアルコールによって下痢になってしまった後の腸内は、悪玉菌が繁殖してしまい、腸内環境を大きく乱してしまいますので翌日は下痢だったとしても、その後、便秘になってしまう可能性が高くなっているのです。

刺激が強いものを大量に食べる

刺激が強いものを大量に食べるというのも胃痛を伴う程の便秘になる原因となっております。こちらもアルコールと同様に、激辛などの食べ物を食べると下痢をしてしまう方が多いと思いますが、激辛の成分によって腸の働きが活発になるので下痢になってしまいますが、激辛の成分として一般的なカプサイシンは、アドレナリンを大量に排出する効果があります。アドレナリンが大量に分泌されると交感神経の働きが活発になってしまいますので、自律神経が乱れてしまい、最終的に便秘になる恐れがあるのです。

便秘解消に効く方法は?

胃痛が起こるほど酷い便秘には、一般的な便秘の解消法では効果が薄いようなケースがあります。そのため便秘の症状を改善する沢山の方法の中から、特に効果的な方法だけをピックアップしてチャレンジする必要があります。しかし、世の中に出ている便秘の解消法があまりにも数が多いので、どの便秘解消法が良いか迷ってしまう方も多いと思います。そこでこちらでは、胃痛を伴う酷い便秘に効果的な対処方法をご紹介します。

便秘を改善するためのツお腹のツボ

便秘を改善するためにはツボを押すのもおすすめです。昔から効果があると言われてきたツボ押しは、便秘解消のスタンダードな方法になります。手の合谷や神門、足の三陰交や足三里、背中の便秘点、大腸兪などが有名ですが、胃痛が出るほど強い便秘の場合には、お腹のツボがおすすめです。

お腹のツボでおすすめなのが天枢と大巨です。天枢は、おへそから指で三本分外側にあるツボです。天枢のツボを押す場合には、薬指、中指、人差し指の三本の指で押します。力を入れ過ぎないように、軽くお腹がへこむ程度の強さでじんわりと押してください。

大巨は天枢から下に指で三本の所にあります。丁度腰骨に手の甲が下を向くようにおいて親指で押すと効果的にツボを押す事ができます。

便秘解消のための体操

しつこい便秘には体操などもおすすめです。普段から運動をしていない方がいきなり激しい運動をしてしまうと怪我に繋がりますので、寝たまま行う事ができるバタ足体操や、うつ伏せになった状態から膝を曲げて足首がかかとに付くように左右交互の動かすおしりたたき体操、仰向けになった状態から頭を起こしてつま先を見るつま先のぞき体操、両足を揃えたまま床下から30センチ浮かして5秒から10秒姿勢を維持する足上げ体操などが効果的です。

便秘解消マッサージ

マッサージ お腹

お腹を軽く触ってあげるマッサージなども便秘解消にとても効果的です。
最も簡単なお腹グルグルマッサージは、右手をお腹に乗せおへそを中心に時計回りに円を描くようにお腹をさするマッサージです。力を入れずにゆっくりとさする事で、腸の働きが活発になり、便秘が解消されます。

まとめ

女性の方の場合には、一週間以上も便が出ないようなケースも珍しくありません。しかし、便は身体に不要な毒素ですのでなるべく早く排出しなければ、皮膚があれてしまったり、吹き出物ができるなど人体にとってマイナスな部分が出て来てしまいます。痛みを伴うような便秘になる前に、しっかりと対処して、症状が軽いうちに改善させるように心がけてください。