トクホ食品の種類とその効果とは?

食品やサプリなどにトクホというマークがありますが、安心な商品なのだろうという程度の知識しか持っていないという人も多いはずです。一体どのような認証をされたものにトクホマークが付くのでしょう。

トクホとは

安全性や有効性を国が審査して認めた食品のこと

トクホは1991年に特定の保健目的で食品を摂る人たちに対して、安全性や有効性を国が審査し、認めた食品であることを示したものです。その食品を摂ることによって保健目的が期待できると、表示することを許可された食品のことを言います。そのため消費者は自分の目的にあった安全な商品を簡単に選べるので、とても便利な制度なのです。ただし注意しなければならないことは、いくら効果がうたわれていても、摂れば摂るほど目的を達成できるというものではないので、目安摂取量を守ることが大切です。

もともと特保制度の所管は今の厚生労働省の管轄でしたが、2009年にJAS法、健康増進法、食品衛生法などと一緒に消費者庁の移管に移行されました。そのためマークも消費者庁認可、特定保健用食品と書かれた元気マークとなり、今も多くの人に親しまれています。

疾病が治るものではない

トクホは確かに目的が期待できるということを表示することができます。しかし病気を治すものではないことをしっかり覚えておきましょう。トクホの目的自体、病気を改善するというものではありません。言うなれば、さまざまな病気の予防としての働きが高いと考えられます。もちろん結果として改善に向かうこと多々もありますが、トクホ食品自体が病気を改善するものではないのです。

あくまでも健康を手に入れるために

トクホ食品は健康を手に入れるための、体へのサポート食品と考えるべきでしょう。毎日の食べ物は健康の基となっています。そのため食品選びはとても大切であり、良いものを選ぶように心掛けることは、健康を手に入れるために重要です。良い商品を選ぶときにこそ、トクホはとても便利マークなのです。例えばドリンクを購入するときも、合成着色料、合成香料で作られたドリンクより、天然の栄養の入ったジュースの方が健康維持に良いことは創造がつくでしょう。

また、そのジュースの中にビタミン類がより多く添加されていたら、そちらを選ぶ人が多いのではないでしょうか。そんなときにトクホマークで選べることはとても便利なことなのです。このように食は健康の源であり、良い食品を選ぶためにはトクホはとても良い目安となってくれるのです。

トクホ食品と食事、運動に気を付けることが大切

食品を選ぶときには確かにトクホ食品を意識した方が、健康のためにも良いものが選べます。しかし健康を維持するためには、食生活と運動は基本として重要です。そのため栄養のバランスを考えた食生活や、適度な運動を心掛けることは絶対に必要不可欠なのです。例えば平均摂取量から見ても日本人の野菜不足は深刻と言われています。野菜には特にトクホマークなどほとんどついていませんが、できるだけ意識して摂ることが健康のためにも必要です。

このようにトクホ食品を食べていれば健康になれるということではなく、毎日の食生活や運動などをしっかり見直すことが一番の健康維持に必要なのです。そしてプラスαとして、より健康に良いものを摂りたいという人のために、トクホを上手に利用するといいのではないでしょうか。

トクホ食品にはどういったものがあるのか

お茶

糖質と脂肪の両方に働きかける効果のある、「からだすこやか茶W(日本コカ・コーラ)」、「食事と一緒に十六茶W(アサヒ)」など。糖質と脂肪の吸収を抑える効果として、「大人のカロリミットはとむぎブレンド茶(ダイドー×ファンケル)」。糖質の吸収をおだやかにする効果のある「健茶王 すっきり烏龍茶(アサヒ)」、「健茶王 香ばし緑茶(アサヒ)」、「健茶王 黒豆黒茶(アサヒ)」、「緑茶習慣(伊藤園)」、「蕃爽麗茶(ヤクルト)」など。

脂肪の吸収を抑える効果のある「黒烏龍茶(サントリー)」、「黄金烏龍茶(伊藤園)」、「2つの働きカテキン緑茶(伊藤園)」、「2つの働きカテキンジャスミン茶(伊藤園)」、「2つの働き カテキン烏龍(伊藤園)」などたくさんトクホ商品が出ています。

ヨーグルト

ビフィズス菌が入っている小岩井 生乳の「100%ヨーグルト」、プロバイオティクス乳酸菌などが入っている「タカナシ乳業 おなかへGG!」などトクホ商品もありますが、人気の高い森永「ビヒダス」や明治の「R-1」、「LG21」、雪印「メグミルク」、明治「ブルガリアヨーグルト」などはトクホ商品にはなっていません。

マヨネーズ

コレステロールを下げる、味の素の「サラリア」、キューピーの「ディフェ」と2大マヨネーズメーカーからトクホマヨネーズが出ています。

乳酸菌飲料

ヤクルトから発売の「ヤクルト400」、「ヤクルト400LT」、「Newヤクルト」、「ヤクルトAce」、「ジョアプレーン」、「プレティオ」、「ソフールプルーン」、「ソフールストロベリー」など他にもいろいろなトクホ商品があります。

トクホ食品は効果があるのか

しっかりと実験がされており効果は保証されている

トクホ食品として認定された食品は、実験結果などがしっかりと出ているので効果の保証がされており、その効能について表示もされています。もちろんトクホに認定されているような食品は過大表示などしていないので、表示をしっかり読めばどのような効能があるか分かるようになっています。今はネットなどで商品を調べれば、どのような検査や実験によって、どのぐらいの効果が出たかということもチェックできます。

もちろん薬ではないので、驚くような変化が期待できるとは言い切れません。しかし続けて食べることによって、小さな効果も大きく変化として実感できるのです。また臨床試験などでは多くの人に良い変化が見られても、数人には特に変化がないという場合もあり、その辺のことも理解した上で選ぶことも必要です。例えば10人中8人に良い結果が出たという食品に対して、「8人も良い結果が出たのはすごい!」と考えるのか、「2人には効果がでないんだ」と考えるかは、その人次第ということになります。

病気の人の有効性ではなく健康な人の予防の意味合いが強い


特にトクホ認定された食品は、現在病気になっている人に対しての有効性ではなく、今健康でいる人にとって予防として効果があるというふうに考えましょう。そのためトクホ食品を食べても、特に何かが大きく変わるということはないかも知れません。しかし健康をずっと保ちたい、いつまでも元気で美しく生き生きとしていくためには、トクホ食品を意識することはとてもおすすめです。

あくまでも医薬品よりは効果が低い

トクホ食品は何かの疾患を抱えている場合、その疾患に対しての改善効果は、医薬品に比べて低いと考えましょう。ただし毎日続けることで体質が改善され、結果として疾患の改善をサポートしたということにはなります。また薬は今出ている症状を抑え病気を治します。しかしトクホ食品は病気が改善した後、今後また同じような病気にならないための予防として働くことができるのです。

悪化を防いだり医薬品のサポートをしたりするもの

医薬品とはまったく別のところから、健康をサポートするのがトクホ食品です。そのため結果として医薬品のサポートをしたり、悪化を防ぐということもあります。体はとても複雑であり、何がその人に良い結果を引き出すか分からない部分があります。そういう意味からも医薬品のサポートになる事も考えられるのです。

まとめ

トクホについてお分かりになったでしょうか。これからは病気になる前にしっかり予防をする予防医学というものが大切だと言われています。そのためにもトクホはとても良い目安になるのではないでしょうか。