アルガンオイルの効果!美容ケアに最適な使い方は?

アルガンオイルという名前は聞いた事があっても、実際どういうものなのかまでは、詳しく知らないという人が多いかもしれません。モロッコの砂漠に生息するアルガンノキの種子から採取する、希少価値の高いオイルなのですが、豊かな美容成分が世界から注目を集めています。はたしてアルガンオイルとはいかなるものなのでしょうか。その魅惑的な効果と最適な利用法についてまとめてみました。

アルガンオイルを摂取するメリット

体に良い成分が豊富

一番の特徴は抗酸化成分として知られるビタミンEが豊富に含まれている事です。同じく世界から注目を集めている抗酸化成分であるSOD酵素に匹敵する働きをする事でも高い評価を受けていますから、アンチエイジングを目指す人にもオススメです。その量はオリーブオイルの数倍におよびます。同じく抗酸化成分としても知られる、リノール酸やオレイン酸も豊富に含んでいますから、保湿力にも優れています。

これらの脂肪酸はアンチエイジング効果も高く、多くの化粧品で活用されている成分としておなじみのものですが、肌質にとても近い成分でもありますから、お肌への浸透力も違います。

全身に使うことができる

アルガンオイルの保湿力は顔だけではなく、全身の保湿にも利用できます。実際地元では関節のマッサージオイルとしても利用されていたようです。全身に使う場合はいつも使っている、ボディクリームやボディローションと一緒に使うと経済的ですが、最初にアルガンオイルを数滴垂らしてから、マッサージを行うのがポイントです。肌に優しいですからベビーオイルのように赤ちゃんの肌にも使えますし、一家に一本置いておけば家族で使う事もできて便利です。

いろいろな使用方法がある

やはり一番使って欲しいのは顔です。日射しが強くなって紫外線を浴びる季節はもちろん、乾燥しやすい寒い季節も乾燥予防に利用できますし、手荒れ予防やフェイス用美容液として利用するのもオススメです。お料理に使う事でビタミンEやオレイン酸を直接口から取り込むのも健康維持には最適です。中にはお風呂時に湯船に数滴垂らして、お肌への潤い目的で使うという人もいます。

アルガンオイルの持ち味を最大限に生かすなら、つぼマッサージやバストマッサージのお供として、部分的に使う方法もありえます。自分流の使い方を様々工夫してやってみるのもいいかもしれません。

髪の毛のケアもできる

ロングヘアは寝るときのケアが大事!寝るときのおすすめまとめ髪
髪につやがないあるいはぱさぱさになりやすい、枝毛に悩んでいるという時もアルガンオイルはリンスやコンディショナーのように便利に使えます。アルガンオイルの特徴でもある浸透力を生かして、染髪の前に頭皮にしっかり塗布して、いつものように染髪をすると、毛穴に詰まった皮脂汚れを一気に洗いながせて、ツヤ髪を取り戻せますから、ぜひお試しください。シャンプードライした後に塗ればリンスの代わりにもなりますから、ますます髪が潤う事まちがいありません。

アルガンオイルを使った効果的な美容ケア

化粧水の導入液として使う

アルガンオイルに限らず美容オイルを使う時は、必ず最初の一発目に使うのがポイントです。通常保湿クリームやローションは最後に塗布して、お肌のバリアを張りますが、アルガンオイルのような美容オイルはクリームやローションがしっかりお肌に浸透していきやすくするための、サポートをするものなのです。

スチーム美顔器と合わせセルフエステ

アルガンオイルはプロの美容師が一目おく美容アイテムでもあるのです。サロンで担当スタッフから教えてもらって、初めて存在を知ったという人もいるはずです。それだけ美容効果は本物という事になります。美容効果が大きいアルガンオイルを、スチーム美顔器と一緒に使う事で、より完成度の高い美肌ケアを行える事をご存じでしょうか。まずアルガンオイルをお肌にしっかり伸ばしてからスチーム美顔器をかけてみてください。毛穴が開きしっかり浸透していきます。

最後に再度アルガンオイルを塗りましょう。スチームの気持ちよさもさることながら、アルガンオイルのさらっとした使用感が、適度のリラックス感を与えてくれるはずです。

ヘッドマッサージを行う

ヘッドマッサージにアルガンオイルを使う事で、リラックス感と美容効果をしっかりあげる事ができます。アルガンオイルに含まれる高濃度な美容成分を頭皮に染みこませた上で、マッサージを行うと血行促進と新陳代謝の向上を期待でき、潤いのあるツヤ髪を取り戻す事ができます。

シャンプー前に塗布すると毛穴に詰まった皮脂を浮かび上がらせて、きれいさっぱりと洗い流す事ができる事に加えて、頭皮の乾燥も防ぎますから、ふけの悩みから開放します。

ひじやかかとなど気になる場所の乾燥ケア

アルガンオイルを薬用保湿オイルとして使う方法もあります。乾燥しやすい冬になるとかかとが割れて痛いという時やひじに、保湿の意味で塗っても良いでしょう。ひじやかかとが切れた時は一般的に安いスキンクリームや軟膏を塗布しますが、アルガンオイルはオレイン酸やリノール酸など抗酸化物質配合ですから、皮膚に優しいオイルなのです、

浸透力もすごいので、スキンクリーム以上に効果を期待できるはずです。様々な事に使っていく一環としての利用ですから、経済的でもあります。

アルガンオイルを使用する際の注意点

肌の様子を見ながら使用する

アルガンオイルはオーガニックオイルとして、大変人気の高いものであり、特にオレイン酸やリノール酸を含むというのは、抗酸化作用という意味でも魅力的なのですが、本領を発揮するのはあくまでも、乾燥肌に出来たニキビなどの肌荒れです。それ以外の状況たとえば脂性な肌に油脂であるアルガンオイルを塗るのは、逆にニキビを悪化させる事がありますから注意してください。

粗悪品を購入しないために品質を確認

アルガンオイルはモロッコ南西部に広がるエリアで、アカテツ科のアルガンノキ属アルガンノキという大変希少価値の高い種類の木の実から、地元の原住民による手作業で絞られているのです。元々はこあたり一体に住む原住民の常備食として使われていたものなので、爆発的な人気の影響で、ほぼ乱獲に近い状況で採取されているのが現状です。

その影響でかなり品薄になってきているゆえに、粗悪品も出回るようになりました。適切な方法での処理がされていなければ、酸化しやすくなりますし不純物が混ざったものが売られている場合も少なくありません。純度の高いアルガンオイルは美しい黄金色をしていますし、ナッツの良い香りがしています。粗悪品を間違って使用してしまうとアレルギーを発症してしまうなど、健康不良を引き起こしかねませんから名前の通った信頼できる店舗から購入をしましょう。

フェアトレード商品を購入

フェアトレードというのは発展途上国から商品を購入する際に、先進国との間で正統な取引を行う事によって、生産者の基本的生活を守り支援していこうという取り組みです。すなわち貧困国から正規品で購入する代わりに、一定基準に達している商品にはラベル認証が付けられます。世界に認証運動を推進する団体がいくつも出来ており、日本にも設置されています。

ただしラベル認証は法的規制がききませんから、規定以外のものも多く流通しています。消費者が安心してお買い物ができるためにも、フェアトレード商品を購入する事は良策です。

食用のものは肌に塗布しない

当然ながら正しい用法・用量を守る原則は、アルガンオイルのようなオイル製品でも一緒です。アルガンオイルは食べて良し塗って良しの万能型の製品ですが、さすがに食用とスキン化粧用とは加工に仕方も違いますし、肌に優しいものばかりではありませんから、肌に塗布するタイプとそうでないものは、区別した方が賢明です。

まとめ

アルガンオイルは世界から注目されている、スーパーオイルです。全身どこでも塗ってもよく、食べてもよく、ナッツの香ばしい香りを楽しむ事もできます。そして貧困国の人々の生活を支えてもいるのです。ぜひフェアトレード商品を購入して世界平和に貢献しましょう。