便秘 症状

便秘にはどんな症状が出る?便秘の症状改善方法

便秘はとてもつらいものです。便秘をしていても毎日の食事は必要ですからどんどんとお腹が張ってきて苦しくもなってきます。体調不良を起こしたり太りやすくなったりとトラブルも多いです。便秘を起こしていると体にはいろいろな変化が出てきます。

便秘の主な症状

便秘になるといろいろな症状が出てきます。ただ、便秘は病気ではないという認識をしている人も多く、便秘によって引き起こされた症状が出てきても何となく不調だと感じるだけで具体的な対処をしていないという人も多いです。実は気付いていないだけで不調の原因は便秘によって引き起こされているものかもしれません。

下腹部の圧迫感や違和感

便秘になるともっとも多くの人が感じるのがお腹の中にガスが溜まっている感覚やお腹に圧迫感があり苦しいと感じること、下腹部に痛みを感じることなどがあります。これは排便回数が減ることによって腸の中に便がつまることで起こるものです。腸の動きが低下をしているサインでもあります。

腹痛

お腹が張ることによる腹痛が便秘では起こりますが、それ以外にも排便をしたいと腸が動くことによっても腹痛は起こります。腹痛の程度も人によって違いますが、便秘がひどい人の場合にはかなりの痛みを伴うこともあり仕事や日常生活に支障をきたすほどです。腹痛がある場合、ただ鎮痛剤を飲んで痛みを緩和する人もいますが、それでは根本の便秘が解決しないためどんどんと症状が悪化することもあります。

吐き気

お腹が張ってきて便やガスが溜まってくと胃腸の調子がどんどんと悪くなってきます。人によっては吐き気を感じてしまうということもあり、これはかなり重症の人に出てくるものです。便秘でお腹が痛い状態でさらに吐き気を伴うことがあります。吐き気がするからといって胃腸薬で一時的に吐き気を止めるのは危険です。

食欲不振

やはり腸の中に便が詰まっていて、なおかつガスも出やすい状態になうと食欲はどんどんと落ちてくるものです。特に便秘によって吐き気を催すような状態になってくると食事もままならない状態になることも増えてきます。

食事ができなくなると便の素が減ってしまい体外に便を排出しにくくなってしまい悪循環が生じてしまうのです。便秘を解消するためには栄養バランスの整った食事をきちんととることも大切ですから、食欲不振の状態では便秘を解消できません。

便秘が続くとこんな症状も出て危険!

便秘によって出てくる症状は腹痛だけではありません。ほかにもいろいろな症状があり、中にはかなり危険なものもあります。

血便

便秘が重症化してくるとよく出てくる症状が血便です。血便というのは名前の通り便に血が混ざるものですが、血の程度は人によって違います。すこしだけ出てくるようなこともあれば中には便器の中が真っ赤になるほど血が出ることもあり、かなり深刻です。

血便の理由はいろいろとあります。初期のうちは便を無理に出そうとして肛門を傷つけることで痔になることが原因として多いです。しかし、そこからどんどんと腸内環境が悪化してくると大腸ポリープや大腸がんになってしまいそれが原因で血便が出るということがあります。便秘を解消すとともに痔の場合にはその治療も必要です。

めまい

女性に多くみられる症状ですが便秘によってめまいを起こしやすくなることがあります。特に生理前にはよく出る症状です。便秘をすることによって出てくるガスによって体調を崩すこともありますし、便秘によって血行不良になりめまいを起こすこともあります。ほかにも水分不足や鉄分不足といったことも便秘によってめまいを起こすようになる原因です。

腰痛

便秘が悪化すると腰に痛みを感じるようになります。便秘になると腸の中に便が残るので便でどんどんと腸が膨らみ血管や神経を圧迫してしまうのです。そのような状態になると腰痛が起きやすくなってしまいます。また、便秘になると腸の動きが悪くなり筋肉が固くなってしまい、これが腰の筋肉にも影響をして腰痛につながってしまうのです。

腎臓病や大腸ガンの危険性も

便秘が重症化して腸内の環境が悪い状態が続いてしまうとガスの影響で腎臓病や大腸がんを引き起こすこともあります。これらの病気は命の危険にもかかわってくる危険なものです。便秘は病気ではないと軽視している人は気付かないうちにどんどんと腎臓や腸が調子を悪くして病気になっている可能性もあります。便秘は早いうちに解消うしておくことが病気予防のためにも大切です。

便秘の症状を改善するためには?

便秘をしている状態は生まれつき、改善するものではないと思っている人もいます。しかしそのようなことはないです。対策を講じれば必ず便秘を解消することはできます。ぜひできることから取り組んで便秘を解消しましょう。

便通改善が最も大切

便秘を改善するためには腸の中をきちんと便が通って排出されるようにすることが大切です。便が出にくくなる原因として野菜不足や水分不足があります。毎日きちんと水やお茶などの水分を2リットル飲むようにしたり、野菜を食べて食物繊維を摂取したりして便が出やすくなる工夫をしましょう。

ほかにも発酵食品や酵素は便秘解消に効果的です。特にヨーグルトは乳酸菌が豊富で腸内環境を整えて善玉菌を増やしてくれますから便秘を解消するのに大きく役立ちます。毎日の便秘解消のために食べたい食材です。オリゴ糖と一緒に食べるとヨーグルトの乳酸菌はよく働くようになるので一緒に食べるのを心がけましょう。

マッサージで改善する事も

腸を刺激することは便秘解消に大きく役立ちます。そこで、腸の動きが良くなるようにマッサージをするのが効果的です。お腹を腸の形に合わせて「の」の字にマッサージしたり腸の入り口と出口を刺激する腸もみをしたりすると便秘が解消されやすいです。

マッサージ以外にも便秘解消のためのストレッチも最近では多く行われています。インターネット動画でも閲覧できるものが多いのでぜひ毎日の運動に取り入れてみましょう。マッサージやストレッチであれば毎日テレビを見ている時間やお風呂の時間、寝る前といった時間で簡単に取り組むことができます。

水分をとにかく摂取

便のうち80パーセントは水といわれています。便が固くなると排出しにくくなり便秘となる原因です。そこで毎日きちんと水分を取るようにして便をやわらかくすることを心がけましょう。水分と一緒に食物繊維を摂取すると腸内で食物繊維が膨らんで便を掻き出すことに役経ちます。これも便秘解消にとても効果があるので、食物繊維と一緒に水分を摂取するように工夫をしましょう。

生活習慣の見直しを

便秘をする人の多くは生活習慣が乱れていることが多いです。睡眠時間が不規則で短くなっていたり、食事の時間がバラバラであったり栄養バランスが乱れていたりします。そういった状態になると便秘になりやすいです。そこで、毎日の生活を少しでも規則正しいものになるように心がけましょう。

特に食生活が乱れると便秘になりやすいです。現代人の食生活は洋風化したことによって野菜が不足して肉類が多くなっています。野菜が不足すると便が固くなりますし食物繊維が不足しますし、肉類が多くなると消化しにくく便が固くなってしまうのです。そこで便秘を解消するためにも和食を心がけ毎日できるだけ多く野菜を食べるようにしましょう。

まとめ

便秘というのはとても怖いものです。ただ便が詰まるだけでなくたくさんの病気を引き起こす可能性があります。中には命の危険にかかわるようなものもありますから早いうちに予防のための取り組みをするようにしましょう。便秘は誰でも対策をすれば解決することのできるものです。