野菜生活で健康効果を摂り入れよう!スムージーレシピや人気の商品も紹介!

ダイエットをしていてできる限り糖質の摂取を抑えるために食事制限をしているという方や、ひとり暮らしでなかなか野菜を摂取できないといった方の非常に大きな味方になるのが野菜生活です。そこで今回は野菜生活によって得られる効果や摂取時の注意点、野菜生活を活用したスムージーレシピや具体的な商品について紹介して参ります。

野菜生活で得られる効果とは

野菜生活を摂取することで得られる具体的なメリットをまずはまとめていきましょう。このメリットに惹かれるところがあるという方は今すぐにでも購入することを強くおすすめします。どこにでも売っているので購入はかなり簡単です。

悪玉菌が増えることを防止して腸内を整える


腸内環境を悪化させてしまうことで、最終的には二次胆汁酸などの発がん物質を作ってしまい取り返しのつかない段階にまで突き進んでしまうことがありますが、この状況を改善させるためには腸内環境を悪化させている悪玉菌を抑制して減らしてしまえばいいのです。その方法とは乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を増やすことにあります。この乳酸菌を増やすために役立つのが食物繊維で、ビフィズス菌を増やすのに役立つのがオリゴ糖になります。

食物繊維は豆や海藻類や野菜類に多いので、野菜生活が大いに役立ちますし、オリゴ糖も実は豆類や野菜類に多いのでこちらも野菜生活のような野菜の栄養を摂取できるものが役に立つのです。これらの栄養素を生野菜で補うとなるとすさまじい量が必要になりますので、継続的の摂取は野菜生活のような飲み物の方が圧倒的に楽になります。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」によれば1日350g以上の野菜摂取が重要とのことです。ひとり暮らしの方はかなりキツイでしょう。

水溶性食物繊維で便秘解消

基本的に野菜は不溶性食物繊維が多めのものが多くなりますが、これが野菜生活になると不溶性食物繊維よりも水溶性食物繊維が多くなります。食物繊維の摂取はいろんなところで指摘されていますが、現代人は不溶性食物繊維は大量に摂取していますが水溶性食物繊維は不足している傾向にありますので、この水溶性食物繊維の摂取は役立つでしょう。

水溶性食物繊維は水に溶けてゲル状になる性質が特徴の食物繊維で、一部の野菜と果物に多く含まれています。不溶性食物繊維は水に溶けないという性質があり便秘解消作用があり老廃物を除去する性質があります。しかし、不溶性食物繊維ばかりを摂取していると逆に水に溶けないという性質が災いして強固な便秘になってしまうのです。この水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を1:2のバランスで摂取できれば便秘も一気に解消されるでしょう。野菜生活は野菜の生要素がたっぷりですが食物繊維は水溶性食物繊維が主体なのです。

偏った食事で起こる栄養不足を解消

ひとり暮らしでまともに料理をしない人は偏った食事になりがちで栄養価もかなり偏ります。朝食はパンのみ、昼食はコンビニ弁当、夜はおにぎりといったなんともザックリとしたひとり暮らしのお食事では野菜不足になります。それでも野菜を丸ごと購入するとひとり暮らしでは余ることの方が多いので、なかなか手を付けられないのです。料理を全くしない人ならば余計にそうでしょう。

そんな偏った食事によって栄養不足になりがちな状況を解消するのに役立つのが野菜生活になります。もちろん、野菜生活ではありとあらゆる野菜の栄養素は補給できないという指摘もありますが、それでも摂取した方が健康的になれますので、愛用され続けているのです。

野菜生活を飲む時の注意点

ただし、野菜生活にも注意点とものによってはデメリットが生じるものもありますので、それらを理解していないと体へのダメージになる恐れがあります。

寝る前に飲むのは避ける


夜寝る前に摂取した栄養は蓄積される傾向にありますので、大量のカロリー摂取や糖質摂取は太る原因となります。野菜生活にも糖分やカロリーが含まれていますので、就寝前に飲むのは控えましょう。基本的には朝や昼食のタイミングで摂取することが推奨されています。手軽に小腹を満たすことも出来ますのでおやつ代わりに摂取するのもありでしょう。夜の寝る前だけはタイミングから外してください。

野菜たっぷりでも飲みすぎは体に毒

どんなに栄養価が高い食べ物でも摂取しすぎは毒になります。効力の高い薬でも用法用量を違えると効果がなくなったりむしろ危険な副作用が出ますので、同じように野菜生活だって毒になるのです。たとえば、野菜生活のみをひたすら摂取してタンパク質などを一切とらないといった生活をすれば栄養失調になる恐れがありますし、野菜に含まれているシュウ酸の過剰摂取からカルシウムや亜鉛が吸収しにくくなって骨が弱くなる恐れや、髪の毛や肌や爪がボロボロになる恐れもあります。

食事30分前に飲むと期待できる効果が高い

野菜生活のような野菜ジュースが最も効果的なタイミングは食事の30分前です。これはカゴメの野菜ジュースでどのタイミングに摂取すると食後の血糖値の上昇を抑えられるのかを調査した結果に基づくものなので、間違いないでしょう。より具体的には白米摂取の30分前が理想です。ダイエットもしっかり始めたいという方はこの30分前を意識してください。

野菜生活を利用して美味しいスムージーレシピ

それでは具体的に野菜生活を活用したスムージーのレシピをお教えします。野菜生活の味に飽きた人でもこのような変化をもたらせば半永久的に楽しむことが出来るのです。

バナナとヨーグルトのとろとろスムージー

野菜生活の中には「豆乳バナナMIX」といった豆乳とバナナを野菜生活に混ぜた飲み物が存在しておりすでに参考となるものがあるのです。実際の作り方は簡単で、バナナの皮を剥いて適当なサイズにカットし、ヨーグルトを用意して野菜生活と混ぜてミキシングするだけです。とっても簡単ですが王道のコンビをプラスしているので栄養価も満点となります。

つぶつぶキウイのビタミンスムージー

ビタミンCをたっぷりのスムージーにしたい場合はつぶつぶ食感のキウイを使うといいでしょう。キウイの皮を剥いて適当なサイズにカットし、パプリカなどを材料に追加して明記サーを使ってまわすだけです。

りんごとキャベツのファイバースムージー

こちらもかなり有名慣れレシピで食物繊維がかなりアップするお勧めスムージーとなります。リンゴのへたと芯を取ってカットして、キャベツも適当にカットしてミキサーでまわしてください。

セロリとグレフルのもりもりスムージー

種をカットしたグレープフルーツの外側の皮をきっちりと除外して適当サイズにカットし、セロリも同じようにカットして凍らせてください。凍らせた後に野菜生活とミキサーをかけましょう。

野菜生活で人気のある商品

野菜生活のような野菜ジュース関連の商品は大量にありますので、探すのも苦労するでしょう。ここでは具体的に人気のある商品を紹介します。

カゴメ 野菜生活100 エナジールーツ 200ml

カゴメ 野菜生活100 エナジールーツ 200ml×24本
Amazonで好評な野菜生活の一つです。140件を超える驚異的な数のレビューをもらっているのに、5段階中で4.5の評価に収まっているのは本当に人気のある証でしょう。18種類の野菜による野菜汁65%+9種類のフルーツによる果汁35%=100%の野菜生活です。

カゴメ 野菜生活100 フルーティーサラダ 200ml

カゴメ 野菜生活100 フルーティーサラダ 200ml×24本
こちらも大人気商品となっている野菜生活の一つです。先ほど紹介した野菜生活のレビュー数を上まわる270件オーバーの評価をもらっています。レビューの中にはおいしくて飲みやすいというものが非常に多いので野菜嫌いの方でも満足していることがわかります。

カゴメ 野菜生活100 Smoothie グリーンスムージーミックス 330ml

カゴメ 野菜生活100 Smoothie グリーンスムージーミックス 330ml×12本
こちらは名前に「グリーンスムージーミックス」とあるように、ジュースではなくスムージーに近いです。商品紹介にも「自然な甘さと飲みごたえのごちそうスムージー」と明記しています。こちらはスムージーが問題なく飲めるという方におすすめです。

カゴメ 野菜生活100 白桃ミックス 200ml

カゴメ 野菜生活100 白桃ミックス 200ml×24本
こちらは少々特殊な野菜生活で、白桃がミックスされています。昔からの野菜生活にお世話になっている方にはびっくりしたものが混じっているのです。それでもかなり高評価で5段階でなんと4.8の評価をもらっています。レビューに野菜ジュースの感じが全くないというものがありましたので、この一言がすべてでしょう。

まとめ

野菜の栄養価は野菜生活のような形では摂取できないという人もいますが、成分表を見るといろんな野菜の栄養素が摂取できるのは間違いないので、利用して健康維持のために活用するのはおすすめです。

もちろん、それだけでは不足する栄養素はありますので、それらは別の食べ物やサプリメントで補うといった工夫は必要になります。料理を全くしないという方でも、不足しいている栄養素を理解した上で野菜生活のような飲み物やサプリに頼って補ってください。