青汁が便秘解消をする理由とおすすめの飲み方

青汁が便秘にも効果があると言われています。そのため食事と一緒に青汁を1杯プラスする人も増えているとのこと。特に野菜不足の日本人にはピッタリの健康食品と言えそうです。

青汁が便秘に効果のある理由

食物繊維が豊富に含まれている

青汁は日本が生んだ健康食品とも言えるもので、多くの人が利用しています。この青汁には食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消に働くのです。特に青汁のメーカーや種類によって違いますが、どうしても不足しがちな水溶性食物繊維が豊富に含まれているものも多く、より便秘には効果があります。

善玉菌を増やす成分が配合されている

青汁には水溶性食物繊維も多く含まれており、それが腸内で善玉菌の餌になります。しかしそれよりダイレクトに餌となるのがオリゴ糖なのです。青汁の多くにはオリゴ糖を配合しているものも多く、特に便秘気味の人にとってはおすすめです。また直接善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が青汁に配合されているものもありますが、いくら善玉菌を増やしてもそれらの餌が少なければ元気に活動することができずに、排出されてしまいます。

そのため便秘解消、腸内環境改善目的で摂取する青汁には、食物繊維や善玉菌の他にオリゴ糖入りであることはとても大切なチェックポイントではないでしょうか。今現在数えることが出来ないほどの青汁が出回っている中、やはり自分の目的にあった成分配合の青汁を求めたいものです。

水分摂取量が増えることで便が柔らかくなる


特に青汁を飲むときには、たっぷりの水分と一緒に飲むようにしましょう。水分は意外と不足しやすいものです。1日に最低でも1.5Lは摂取することが必要だと言われていますが、実際には1L以下の人も多いのです。特に水分は必要になれば喉が渇くというイメージを持っている人が多く、水分補給を意識する人は意外と少ないもの。そのため夏などは水分不足が気づかないうちに脱水症を起こす人が後を耐えないのです。そこで水分補給はしっかり意識を持つようにしなければなりません。

特に青汁はもともと乾燥しているので、飲むときはたっぷりの水に溶かしましょう。そしてもちろん青汁を飲むときだけでなく、1日の水分摂取量を不足しないようにしたいものです。水分不足によって腸内の排出物も乾燥しカチカチになってしまい、もちろん腸の動きにも影響が出てしまいます。

継続的に摂取することで腸内環境が整う

青汁は便秘したから摂取すればいいというものではありません。あくまでも青汁は、薬のように今溜まっている便を物理的にすぐに出すために、便を緩めたり、人工的に腸を動かすということはできません。逆に薬を使用するとこのような不自然なことを繰り返すことになるので、青汁を選ぶ人も多いのではないでしょうか。そのため青汁は毎日の体のメカニズムを改善していくことが大切であり、毎日、毎日食物繊維の不足を補い、栄養を補給していきます。

このようなことを続けることで、腸内環境を良い状態にしていき、それによって便秘体質を改善していくのです。そのため青汁は継続的に摂取することが、便秘改善のためにはとても重要なのです。

青汁を飲んで便秘を解消させるためのコツ

食前に飲む


青汁を便秘解消目的で摂取するためには、食前に飲むことをおすすめします。
食前に飲むと胃の中では青汁に含まれている食物繊維に水分が含まれ、かさが増えた状態になります。特に水溶性食物繊維は水分を含むとぷるんぷるんのゼリーのようになります。その後いろいろな食べ物が胃に入ってくると、ぷるんぷるんとした状態で食べ物に絡まりながら一緒に腸内に降りていきます。不溶性、水溶性両方の食物繊維は食べ物と一緒になり、食べたかさも増えて腸内に落ちていくため便秘を防ぎます。

牛乳で割って飲むとオリゴ糖の効果も

青汁にはオリゴ糖が配合されているものがとても多く、それらのタイプの青汁を摂取する場合は、水ではなく牛乳で割って飲むといいでしょう。牛乳とオリゴ糖の相乗効果によって、より腸内環境によい影響を与えてくれます。牛乳に青汁を入れると抹茶オーレのような味になります。もし嫌いなときには、先にコップ1杯の牛乳を飲んでおき、次に水溶き青汁を飲むといいでしょう。腸内環境を良くするためにも牛乳との相乗効果を上手に利用しましょう。

ダイエット中には牛乳を豆乳に変えても効果的

ダイエット中に青汁を飲んでいる人も多いと思います。青汁はダイエットの大敵とも言える便秘を解消する効果や、減量中の栄養補給のためにもおすすめです。そしてダイエット中は腸内ケアも重要であり、そのためオリゴ糖配合の青汁を牛乳で混ぜる飲み方は、とても相性がよいと言われています。また味わい的にも水に溶かすより、牛乳に溶かした方がおいしいと感じている人も多いのではないでしょうか。しかしダイエット中は脂肪分も抑えたいところです。そこでダイエット中には牛乳を豆乳に替えてみましょう。

豆乳にもオリゴ糖が含まれており、乳製品とオリゴ糖との相乗効果とはまたちがった相乗効果が期待できるのです。この組みあわせの場合、腸内の善玉菌を豆乳とオリゴ糖でしっかりバックアップします。その上豆乳は脂肪分が低いのでダイエットにもピッタリです。

便秘解消に効果的な青汁の選び方と食事

食物繊維がどのくらい含まれているのか確認

青汁には主原料もいろいろあり、成分の含有量もさまざまです。そのため食物繊維がどのぐらい配合されているかチェックをしてみましょう。特に便秘解消のために青汁を摂取する場合は、やはり食物繊維の量が重要なカギとなります。成分表示に書かれている食物繊維をチェックすると、意外と商品によって差があることも分かるはず。しっかり食物繊維量をチェックして、自分にあった青汁を探しましょう。また乳酸菌など配合の青汁も最近は増えていますが、この場合でも乳酸菌の含有量などをチェックしたいものです。

「何々が配合」ということばかりにとらわれず、「何々がどれだけ配合されている」というところにも意識を持って青汁を選ぶようにしましょう。そして食物繊維や善玉菌、オリゴ糖などは多いほどおすすめと言えるでしょう。

オリゴ糖が含まれているものを選ぶ

便秘解消を目的として青汁を摂取したいと思っている場合は、食物繊維の量も重要ですが、オリゴ糖が含まれているものを選ぶようにしましょう。便秘は溜まった便を排出するだけでなく、腸内環境を改善しなければ、結局便秘体質は改善されません。そのため善玉菌の餌となるオリゴ糖が配合されている青汁は、善玉菌を元気にすることができ、腸内環境を良い状態に導くことができるのです。善玉菌と悪玉菌は数の勝負となります。

善玉菌が悪玉菌の数を上回るには、善玉菌の増殖が活発になり、その代謝物によって悪玉菌の増殖が低下し数が減っていくというメカニズムがあります。このように善玉菌を元気にするためにはオリゴ糖が欠かせないのです。乳酸菌など善玉菌自体を補給することも大切ですが、その善玉菌が元気に活動できなければ結局は悪玉菌が優性になってしまいます。

ヨーグルトやバナナも併用して食べる

青汁をバナナやヨーグルトと一緒に食べると、より便秘解消効果があると言われています。青汁には豊富に食物繊維が含まれており、バナナにもペクチンが豊富に含まれているため、便秘を解消する効果があります。またバナナには食物繊維だけでなくオリゴ糖も含まれており、腸内善玉菌を元気にすることができるのです。そしてヨーグルトに含まれている乳酸菌によって、これら3つの食品のトリプル効果で、腸内環境を改善することができます。

食物繊維やペクチンは今溜まっている便を排出する効果や腸壁を刺激して腸のぜん動運動を促す効果などがあり、善玉菌の餌となるオリゴ糖で善玉菌を元気にし、乳酸菌で善玉菌自体を増やします。これらの働きが便秘解消、腸内環境の改善につながるのです。頑固な便秘体質の人は、これらを毎日摂取することで、腸内環境が改善され便秘しにくい体質に変化していくことでしょう。

水分をよく飲むようにする

水

便秘が気になるときには、水分補給が不足していないかもチェックしましょう。また青汁を摂取する場合はしっかり水分と一緒に飲むことも大切になります。そうでないと、本来青汁の持つ便秘改善効果が発揮されないこともあります。また基本的に水分不足は便秘を引き起こすので、その辺も意識して最低でも1日1.5Lは摂るようにしましょう。

まとめ

青汁はどれも食物繊維が豊富に含まれているため便秘解消にもつながります。特に便秘に特化した青汁は、効果的な成分配合を意識して作られているので、その辺もチェックして選ぶようにしたいものです。