お 団子 ヘア 作り方 簡単

【超簡単】キュートなお団子ヘアの作り方と可愛いアイテムをご紹介

お団子ヘアはアレンジ方法によってオシャレにできるのはもちろん、可愛い系から綺麗系まで演出できます。しかし、そんなお団子ヘアの作り方が意外とわからない方も多いです。そこで、ここでは作り方はもちろん、可愛いアイテムも合わせて紹介します。

お団子ヘア~基本の簡単な作り方~

ゴムだけの簡単なお団子ヘアの作り方

お団子ヘアの基本的な作り方としては、ゴムを使って作るというのがスタンダードなものとなっています。お団子を作りたいところに髪の毛をまとめ、根本をゴムでまとめるだけえ簡単に作ることができるのです。なお、髪の毛のボリュームがある程度ないと作れないため、お団子ヘアにしたい方はミディアムからロング以上の長さが必要となります。

それを踏まえた上で髪の毛をまとめてお団子にしてみましょう。基本的に難しいことはないですが、手順は覚えておいた方が良いです。実際にお団子を作りたい場合は、まずはベースとなる部分をゴムでまとめます。そこにある髪の毛をまとめて、ゴムでまとめた中心部に集めるよう作っていきます。お団子になったら、その部分をゴムで留める他、ヘアピンなどで留めることも可能です。

まずはスタンダードな作り方を知っておくと、色々なアレンジが可能となります。自分なりのお団子ヘアの作り方で楽しんでみるというのも良いかもしれません。

ポニーテールできっちりお団子ヘア

お団子ヘアの中でも、ポニーテールできっちりとまとめるヘアも人気です。普通のお団子は髪の毛をシンプルにまとめているだけということも多いですが、ポニーテールにすることできっちりと崩れないヘアスタイルを実現することが可能です。ぜひ、ポニーテールと組み合わせたお団子ヘアを作ってみましょう。

ポニーテールの作り方としては、まずお団子を作りたい部分をゴムでまとめます。そこでまとめた髪の毛をくるくるとねじり、毛束をポニーテール部分に結び付けていきます。その後、自分が良いと思った位置にポニーテールを持っていき、ゴムまたはヘアピンで止めましょう。

ポニーテールできっちり作るお団子ヘアは頑丈ですし、ちょっと動いたところで崩れるということもありません。また、見た目もとてもキュートなのでおすすめです。スタンダードながらも遊び心が欲しいというお団子ヘア好きは、ぜひやってみてください。

低めできっちりお団子ヘア

お団子ヘアで作るお団子の位置に関しては、頭頂部で作るということが多いです。しかし、アレンジによっては位置を変えて首の近く、低めのお団子を作るというのもキュートでしょう。見た目も可愛く、作るのも普通のお団子ヘアと変わらないので、ベースの作り方を活用して作ってみてください。

低めの場合はきっちりとバランスを取れるので、お団子ヘアに慣れていない方でも作りやすいのが特徴です。ベースとなる部分をゴムで留めて、中心となる部分に髪の毛を巻き付けて留めましょう。作り方はシンプルで難しいことはありません。低めできっちり作る場合は崩れないため、キャビンアテンダントや看護師など、忙しく動き回る職業の女性にも人気のヘアスタイルとなっています。

お団子ヘアの簡単アレンジ

ふわふわお団子ヘアの作り方

お団子ヘアはきっちりとし過ぎていて、少しアレンジを加えたいと思うこともあるでしょう。そんな時にはふわふわお団子ヘアがおすすめです。これは普通にお団子ヘアを作り、指で毛束をいくつかに分けて広げるだけで完成する簡単アレンジとなります。ヘアスタイルを崩すことなく変形させることができるので、手間もかかりませんね。

まずは通常のお団子ヘアを作り、髪の毛をゴムやヘアピンで留めます。その留めた髪の毛を指で摘まんで、少しずつ崩していくようにしましょう。そうすることでお団子に隙間ができ、ふわふわの可愛いヘアスタイルの完成です。もともと髪の毛にパーマがかかっている方も作りやすいのが特徴となっています。ウェーブやカールが入っている方もお団子ヘアを作って解せば、簡単にふわふわなお団子が完成します。

最後にゴムとヘアピンで固定して、ふわふわお団子ヘアの完成です。

三つ編みベースのお団子ヘアの作り方

お団子ヘアのベースとなるのはポニーテールが多いですが、三つ編みなどをベースにするのもキュートです。作り方は基本的に同じですが、三つ編みが作れないとベースにならないので、まずは三つ編みを作れるようになりましょう。三つ編みは文字通り毛束を3つ作り、それを交互に編み込む形で作っていきます。

三つ編みが完成したら、その髪の毛をねじってまとめてください。そのまとまった髪の毛を丸めて、中心部に巻き付けてください。お団子が完成したら、後は髪の毛をゴムやヘアピンで留めて完成です。ベース自体は変わりませんが、三つ編みの場合はお団子にする段階で崩れることもあるので、きっちりと作り上げていくことが重要です。

ヘアスタイルでアレンジできるお団子ヘア

ボブやミディアムに似合うお団子ヘアの作り方

女性に人気のヘアスタイルと言えば、やはりボブやミディアムですね。お団子はストレートヘアでしか作れないと思っている方がいますが、実際には色々なベースからアレンジすることが可能です。お団子ヘアは難しくないので、さまざまな髪型から派生させてみてはいかがでしょうか。

ボブやミディアムでも、基本となるベースのお団子ヘアの作り方は同じです。ただ、髪の毛が短い場合は、お団子を気持ち小さ目にまとめるようにしてください。毛束の量を少なくし、全体的に小さいお団子になるように心がけましょう。他の手順は、普通のお団子ヘアの作り方と同様です。

ロングで簡単なアレンジ~お団子ヘア~

ロングの女性は、比較的お団子も作りやすいです。髪の毛が長い分、大き目のお団子を作ることができ、アレンジ次第で色々なヘアスタイルが可能です。ロングの場合、アレンジとしてはポニーテールでサイドに流したり、三つ編みで個性を出したりすることもできます。

また、ロングの場合は毛束をお団子から流すことで、一部だけ下ろすというアレンジも可能です。丸いお団子からピョンッと下がる髪の毛は、キュートにもエレガントにもシックにもなります。ロングという特権を活かして、アレンジを楽しんでみてください。

お団子ヘアアレンジはグッズが決め手

ドーナツリング

お団子ヘアアレンジグッズの中でも、とても簡単なのにキュートに仕上げられるのがドーナツリングです。これはお団子をまとめているゴムやヘアピンの部分を隠すことができ、なおかつオシャレに見せることができるおすすめグッズと言えるでしょう。

バックカチューシャ

カチューシャは頭頂部に身に付けるものというイメージがありますが、後頭部に付けることができるバックカチューシャもあります。普通のお団子ヘアでは少し味気ないという場合には、こちらのグッズがおすすめです。ワンランク上の落ち着いたお団子ヘアアレンジができちゃいます。

バレッタ

お団子ヘアアレンジグッズとして定番のアイテムがバレッタです。バレッタは髪の毛を簡単にまとめることができるアイテムで、お団子ヘアを留める時にも活用できます。ドーナツリングやバックカチューシャとはまた違った雰囲気を演出でき、よりキュートさもアップするでしょう。

シュシュ

シュシュは髪の毛を留めるアイテムとしても知られ、さまざまな種類やジャンルがあります。自分の気分に合わせて簡単にコーディネートできるため、簡単アレンジの中でも特におすすめです。お団子ヘアで留めているゴムやヘアピンを隠せるという利便性もあり、グッズとしてはいくつか持っておきたいアイテムだと言えるでしょう。

まとめ

お団子ヘアは作り方さえわかればとても簡単です。アレンジできるベースのヘアスタイルも多く、意外にもバリエーションは豊富です。さらには可愛いアイテムなどもあるので、より素敵なヘアスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか。