サイド ポニーテール

サイドポニーテールで大人可愛くフェミニンに

サイドポニーテールは大人でも可愛くすることはできますし、フェミニンに仕上げることもできます。そこで、ここではサイドポニーテールの魅力を紹介するのはもちろん、その作り方やポイント、アレンジの方法などについて紹介します。

サイドポニーテールの魅力とは?

上品で大人可愛い雰囲気を作れる

サイドポニーテールは上品で大人でも可愛い雰囲気を作れるのが魅力と言えます。実際に髪型としては子供っぽいと言われることもありますが、アレンジの方法によってはサイドポニーテールで大人でも可愛く仕上げることは可能となっています。その点も魅力は大きいと言えるでしょう。

サイドポニーテールの中でも作り方によってはフェミニンな雰囲気を出すことができ、それでいて上品な雰囲気も出せるのが特徴です。サイドポニーテールを活用すれば、髪型もオシャレになるということで、多くの方におすすめできるものだと言えるでしょう。

ロング~ミディアムヘアまでおしゃれにまとまる

ロングからミディアムのヘアスタイルまでオシャレにできるのがサイドポニーテールです。髪の毛をまとめるだけで完成するという手軽さがありながら、しっかりと大人でもかわいさを演出できるという点では、魅力が大きいと言えるのではないでしょうか。もちろん、作り方1つで雰囲気もガラリと変えることができます。

髪の毛の長さに関しては、ショートの場合はサイドポニーテールが難しい場合もあります。そのため、ある程度伸ばしてから実践してみることがおすすめです。ロングやミディアムならまったく問題なく作れるという点では、汎用性は高いと言えるでしょう。ぜひ挑戦してみてください。

浴衣などイベントスタイルにもピッタリ

サイドポニーテールの魅力は、浴衣や着物などのイベントの時にも合わせられるのが特徴となっています。自分の服装に合わせて髪型をアレンジできるという点では、かなり魅力が大きいのではないでしょうか。自由度も高いサイドポニーテールは、自分の世界を表現するのにも最適です。

各種イベントで使えるので、お祭りがある時や花火大会がある時など、ちょっとしたイベントの時に作ってみてはいかがでしょうか。サイドポニーテールは特に難しいということもないので、ヘアスタイルのアレンジとしてはかなり魅力も大きいと言えるでしょう。

サイドポニーテール 基本のやり方


サイドポニーテールの基本的なやり方としては、まず髪の毛をまとめるためのゴムやヘアピンを用意します。そこから、まとめたい髪の毛の毛束を作り、根本を留めるだけです。基本的に上の方で留めるのもありですし、下の方で留めるのもありです。どちらでも簡単に素敵な髪型にできます。

髪の毛を留める場合は、ヘアピンよりもゴムの方が便利です。サイドポニーテールを作りたい場所が決まったら、毛束を作って根元をまとめてください。後は下に流すように下ろせば、簡単にサイドポニーテールが完成します。ただ、色々なアレンジも加えてみて、より色々なヘアスタイルにも変形させてみると楽しいかもしれません。

サイドポニーテールを作るときのポイント

高い位置で結ぶとキリッとした印象に

サイドポニーテールは高い位置で結ぶと、キリッとした印象となります。全体的にまとまりのあるヘアスタイルの中に、少し遊び心を入れることができるということで、大人でも十分楽しめるヘアアレンジだと言えるでしょう。もちろん、高い位置で結ぶ時も簡単にゴムで結べば大丈夫です。

ちなみに高い位置の場合は、つむじなどを巻き込んでしまうことがあるので、そこは注意しましょう。サイドポニーテールの場合は、あくまでも髪の毛の毛束をまとめる必要があります。そのため、つむじなどは避けて作っていくのが良いと言えるでしょう。あまり高過ぎる位置にならないようにしましょう。

低い位置で結べばフェミニンに

サイドポニーテールに関しては、低い位置で結ぶとフェミニンな雰囲気を出すことができます。しっとりと上品な雰囲気が出て、より大人でも可愛く見せることができるでしょう。事実、大人がサイドポニーテールをするなら、低い位置で結ぶ方が良いかもしれません。

大人としての魅力を引き出すためには、ウェーブやカールなどを取り入れるのも良いかもしれません。髪型が色々なものでも対応できるのがサイドポニーテールの魅力でもあります。自分なりに良いと思うアレンジをどんどん取り入れてみましょう。

サイドポニーテールのアレンジ5選

横りんぱの完成イメージ

サイドポニーテールは横りんぱにして、アレンジすることが可能です。横りんぱというのは、髪の毛をくるっと巻き付けるようにして横に流す作り方です。サイドポニーテールのアレンジとしては簡単にできるのですが、上品な大人の雰囲気を出すこともできて便利だと言えるでしょう。

編み込みサイドポニーテール

サイドポニーテールの中でも特に人気なのが、編み込みサイドポニーテールです。三つ編みなどを駆使しながら、横に流してポニーテールを作るというアレンジ方法となります。少し手間はかかるのですが、毛量が多い人でも横に髪の毛をまとめることで軽いイメージにすることができます。

三つ編みなどの方法を駆使すれば、よりフェミニンでオシャレな髪型にしていくことができるのではないでしょうか。もちろん、編み込むので崩れにくいですし、長時間ヘアスタイルをキープできる点でも、利便性や汎用性が高いアレンジだと言えるでしょう。

大人アレンジのサイドポニーテール

大人アレンジのサイドポニーテールとしては、色々な髪型をベースにして作ってみるという方法もあります。例えば、ボブやワンレンなど、ミディアムヘアに対してサイドポニーテールを作ってみると、より雰囲気が出ることもあります。少し難易度は高くなるのですが、ベースとなるヘアスタイルを工夫してみるのも良いでしょう。

大人アレンジとしては、他にもグッズを使って色々な髪型を演出するというのも良いです。シュシュやヘアバンド、カチューシャなどのアイテムを駆使すれば、より大人のサイドポニーテールを演出することも可能です。

ウェーブサイドポニーテール

サイドポニーテールアレンジの中でも、ウェーブをかけることによって、より雰囲気を出すことも可能です。雰囲気の良さを追求するのであれば、ウェーブをかけた髪の毛でサイドポニーテールをやってみてはいかがでしょうか。大人の魅力がグッと引き立つだけではなく、かわいさの中にもエレガントでシックな雰囲気が生まれます。

また、カールなどの強めに巻いている髪の毛でもサイドポニーテールは作れます。その場合は、ふわっとした髪型となるので、雰囲気もより高まるでしょう。自分の髪型を追求していけば、そこからより良い髪型を見つけていくことができるのではないでしょうか。

ゆるふわサイドポニーテール

サイドポニーテールを作るなら、ゆるふわなサイドポニーテールを意識してみてはいかがでしょうか。もともと髪質にもよるのですが、ふわっとしたアレンジを加えることによって、一気にサイドポニーテールの雰囲気も変わります。大人のアレンジの中でも、より柔らかい雰囲気を大切にしている方は、ぜひトライしてみる価値があるのではないでしょうか。

ちなみに、ゆるふわにする場合は崩れてしまうこともあるので、ヘアスプレー等でしっかりとキープさせていくことも重要です。サイドポニーテールは形がしっかりしている方が可愛く見えるので、スプレーなどもあると便利です。

まとめ

サイドポニーテールは大人がやっても十分可愛いヘアスタイルとなります。ぜひ、色々なヘアスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか。使い方によっては色々と楽しめることも多く、新しい自分だけのヘアスタイルを見つけていくこともできるでしょう。まずは色々な髪型に挑戦してみるのも良いですが、ポニーテールなどのテーマを決めてから実践してみると良いのではないでしょうか。