辛いダイエットを乗り越える!アプリやステップなど情報満載!

辛いダイエットは毎日継続して続けないといけないのですが、この辛さがずっと続くと考えると気持ちが萎えてしまいやる気が失せていきます。このやる気スイッチが完全にオフになってしまうと、やけ食いなどの非常に危険な状態に陥ってしまい今までの努力がわずか1日で元通りになる恐れすらあるのです。今回は、辛いダイエットを乗り越えるための方法について、いくつかアドバイスさせていただきます。

辛いダイエット方法を乗り切るのには?


辛いダイエットを乗り越えるための方法というのはいくつかあります。もちろん、すべてを取り入れることは難しい部分がありますので、自分の状況に適しているものを選んでチョイスし、実行していきましょう。

空腹と好きな食べ物は我慢しないでストレスを溜めない

ひたすら我慢するのがダイエットの常識となっていますが、ひたすら我慢すると確実にストレスが溜まってしまうので、失敗する確率を徐々に上昇させてしまいます。特に高カロリー高糖質な好きな食べ物は絶対に食べてはいけないというイメージがありますので我慢している人も多いでしょう。逆に、それらの好きなものを低カロリーにする工夫をして食べるとか、空腹にならないように低カロリーのものを食べるといった工夫をした方が効率は上がります。食べないのではなく、食べられるような工夫をしましょう。

間食をする場合は低カロリーのものを選ぶ

間食はダイエットの天敵という考え方は間違っていません。基本的には1日3食で摂取カロリーや糖質を整えることがダイエットを成功させるコツとなっています。しかし、夕食と昼食の間は忙しい社会人になればなるほど非常に開きやすいので、間食をしてエネルギーを補給する必要があるのも事実です。この時にチョイスするのは、高糖質高カロリーのものではなくできる限り低カロリーで腹持ちがいいものにしましょう。低糖質低カロリーなおやつはかなり増えましたので、コンビニでも入手可能となっています。

本気でダイエットしたいという気持ちが必要


基本的にダイエットはメンタルとの戦いになります。自分のダイエットをして痩せたいというやる気スイッチがオフになったら負けです。常にオンにし続けることが出来れば、成功する確率も上がるでしょう。人によっては2年や3年継続的にダイエットをし続けているという人もいますが、彼らは理想とする肉体になるまでは絶対に諦めないという強い精神力を持って行動しています。強い心というのは簡単に手に入るものではありませんが、理想とする人がいるのなら、着たい服があるのなら、その何かのために頑張るという気持ちで継続しましょう。

夕食が終了したら寝るまで何も食べない

基本的な考え方として、1日3食を守るというものがあります。これはもはや鉄の掟のようになっており、どうしても夕食と昼食の間が広がりがちな社会人のおやつ以外の例外はないでしょう。特にNGとなるのが、夕食を食べた後に何かを食べるという行為です。夕食後の運動などはしませんので、そこで摂取されたカロリーや糖質は消費されることはなく蓄積されてしまいます。そのため、夕飯そのものを減らすことがダイエットのメソッドになりつつあるのに、夕食後のおやつなどは論外です。

辛いダイエット方法に役立つポイント

辛いダイエットを成功させるには、いくつかのこつとポイントがあります。ここでは役立つポイントを紹介いたしますので、是非とも活用してください。

スマホのダイエット管理アプリを準備

スマホを活用することが現代人にとってのトレンドではありますが、これはダイエットにおいても同じことであり、今ではスマホにダイエットを便利にするためのツールが敷き詰められています。その中の筆頭が体重や食生活などを管理するダイエット管理アプリです。はっきり言ってものすごい数のダイエット系の管理アプリがありますので、選ぶのに戸惑ってしまいますが、選びすぎると作業量が増えてしまいますので一つだけをチョイスしてダイエットのオトモとしましょう。

いつまでにどうしたいのか目標を決める

ダイエットにおいては先ほど説明したようにやる気スイッチがオフになったらアウトです。しかし、いつまでもオンにし続けるには人間の精神力的にもキツイものがあります。このスイッチをオンにし続けるためにも必要な行為が、ゴールを決めることです。理想的なゴールは10kgほど痩せるという具体的に痩せるための数字を提示することでしょう。1ヶ月続けるといった目標だと0kgでも5kgでも終わってしまいますので、具体的な体重目標を設置してください。この目標に到達するためには、どうしたらいいのかを考えることも重要です。

有酸素運動と無酸素運動で自分に無理のないものを探す

基本的に、食事制限系のダイエットは最初の1日目は非常に楽だけど継続すると厳しさが表面化するダイエットです。逆に運動を主体とするダイエットは1日目はキツイですが継続することで体が慣れて厳しさも減っていくダイエットです。そのため、有酸素運動や無酸素運動を取り入れることが成功の秘訣となります。ただし、キツイものだと1日目でダウンしてしまいますので、自分の体に合うレベルのトレーニングにした方がいいでしょう。慣れてきたら強度を上げて、消費カロリーを増やして筋肉を増やせる状況に持っていきましょう。

毎日のダイエット日課を記録に残す

目標を決めた後はそこに向かって猛進し続けるのもいいですが、猛進し続けるテンションであっても毎日の記録としてどのような運動をしたのか、どのような食事をしたのかを毎日記録として残し続けるようにしてください。うまく体重が減らなかったときでも、体重が順調に減ったときでも振り返りのための資料となります。なぜ成功したのか、なぜ失敗したのかを確認することが出来ますのでそのデータは確実に次のダイエットへの財産となってくれます。

ダイエットが辛くてどうしようもない時に役に立つアプリ

ダイエットが継続できないという人向けに開発されたアプリというのも実は結構存在しています。今回はその中でも面白い特徴があるアプリを紹介します。

サイクリングならRuntastic Road Bike GPS

これはサイクリングをGPSで計測・記録するアプリで、自転車乗りが愛用しているサプリとなっております。サイクリングをもっとエンジョイしたいという方は是非とも活用してください。ダイエット目的でサイクリングをしている方でも、消費カロリーが簡単に表示されますしルート検索もしてくれますので、観光もしやすくなるでしょう。

下半身トレーニングなら足のワークアウトとエクササイズ

下半身のトレーニングに役立つのは足のワークアウトに絞っているアプリでしょう。下半身痩せに重要なのは体重の減少だけではなく、適度な筋肉も必要になります。筋肉がないと下半身に溜まってしまった老廃物や水を除外する能力も持てなくなりますので、美しい下半身を手に入れるためには、ある程度の筋肉が必須なのです。血液は心臓がポンプ機能となって巡回しますが、そのほかの老廃物やリンパ液は筋肉がポンプ機能となるのです。

全身トレーニングならSworkit Lite

とりあえず、自分の体を一から鍛え直したいという考えを持っている方向けのアプリが、このSworkit Liteでしょう。これは任意の時間を選択して実行できるアプリで、強度の選択や運動の内容もある程度指定できますので多くの方に受け入れられています。1年間本気でこのアプリを参考にしつつ鍛えれば、理想的な肉体を手に入れることが出来るでしょう。実行する運動の内容はビデオトレーナーにしっかりと従うようにしてください。

ウォーキング・ランニングならRuntastic GPS

ランニング&ウォーキングの定番アプリで先ほど紹介した、サイクリング用のアプリRuntastic Road Bike GPSをランニングやウォーキング向けにしたアプリと考えましょう。こちらも消費カロリーやタイムを簡単に数値化できますし、これらの情報を仲間や友達に共有することも岡の腕、クラウド上で運動データを管理して自分の運動量などがどうなっているのかを見つめ直すことも容易となっています。かなり多機能になっていますので、すべての機能を使いこなすのは慣れが必要でしょう。最低限でも十分ですが、使いこなすほど楽しめるアプリです。

まとめ


辛いダイエットを成功させるためのポイントは、ダイエットを辛いものだと思わないような環境作りです。端から見ても厳しそうと思える内容が、本人にとってはなんてことない楽しい行動だった場合は平気で継続することが出来るのです。逆に楽しいとすら感じることが出来る環境ならば、楽しみながらダイエットを継続させることが出来るでしょう。究極的な理想は楽しみながら、いつの間にか体重が減っていたという状況ですが、これらの環境というのは自分で調達しないと備わらないものなので、理想に近づけられるアイテムを見つけてください。