ダイエット

デブが痩せるポイント!体重管理アプリや痩せるためのコツを分析!

周りからデブと馬鹿にされる人たちの多くは、痩せるための努力を実行したことがあるでしょう。その回数は人によりけりですが、なぜか成果が出ないで挫折してしまったという人も多くいます。むしろ、ちょっとしたぽっちゃり系の方のほうが痩せやすいというイメージすら定着しているほどです。今回はデブが痩せるポイントについて、体重管理アプリや痩せるためのコツをわかりやすく解説いたします。

痩せない人に共通するポイント


痩せない人というのは実はある程度の共通点があります。今からその共通点をいくつか記載しますので、「当てはまる!」と思ってしまった人は注意してください。そのような人達は痩せにくい状態に陥っています。メンタル的な部分も多々ありますが、ダイエットの成功確率はメンタル的な部分に大きく依存しているので、それらの改善も必須と考えましょう。

自分の満腹感を把握してない

肥満体型にある人というのは、周りの人たちが見るとびっくりするぐらいの食事の量の人がいます。彼らは満腹感を全く理解できておらず、はたから見ると無限に食べることが出来るのです。太っている本人も気にすることなくいろいろと食べてしまうでしょう。腹八分目が健康に良いというお話もありますが、どこが腹八分目なのかが全く分からないので実践することは出来ないのです。お菓子やおつまみなどを際限なく食べられる人も要注意となっております。

太っていないと思い込んでいる

しっかりと自分の体重が管理できている人は定期的に体重計に乗って、自分の体脂肪もチェックしているでしょう。逆に、自分自身が太っていないと思い込んでいる人は、体重計によるチェックも体脂肪チェックもしません。特に偏屈な人は誰かから「ちょっと太った?」と指摘されて適当にごまかして終わりになってしまいます。

ダイエットを成功させるためには、スタートさせるためにはまず自分が太っているという自覚が重要なのです。この自覚がないと絶対にダイエットは成功しません。心の中で「まぁ、この体重でいいか」という妥協が生まれます。

本気を出せば痩せると思っている

ダイエット
たとえ太っていたとしても特に生活に支障がないと感じている人に多いのが、この本気を出せば痩せると思っているタイプです。ダイエットを実行して成功している方々ならわかるでしょうが、ダイエットはかなりの努力が必要で軽い拷問と言えるでしょう。それらの苦痛をよく理解しないで本気を出せばいつでも痩せられると考えているのです。

生活リズムが乱れている

ダイエットを成功させるためには様々な複合的な要因が重要になります。特に騒がれるのが、日々の食生活や生活リズムです。決まった時間に起きて、決まった量を摂取するというリズムが明確にある人は食事の量を制限しやすく痩せやすいのですが、生活リズムが乱れている人はストレスがたまりやすく食事も不規則になってしまいますので痩せにくくなります。摂取カロリーも把握しにくくなりますし、体のリズムも狂うのでイライラが溜まりやすく、ダイエット失敗確率も高いのです。

体重管理できるおすすめアプリ

また、体重をしっかりと減らしたいのならば自分の食生活などをしっかりと管理する必要があります。この管理が面倒という方でも体重管理ができるアプリで一括でまとめられますので有効活用すれば痩せやすい環境がすでに備わっているのです。これらの文明の利器を活用して、痩せやすい状況づくりを始めてください。

BeCalendar

ダイエットアプリとして非常に有名なのがこの「BeCalendar」です。これらのアプリで重要なことは作業間を極限まで薄めて、出来る限り自発的に入力したいとか続けたいという活力を持たせることになります。特に、ダイエットに何回も失敗しているような人たちは、この部分の意志力が圧倒的に弱いので、アプリでもうまく湧き立たせてくれる要素があると評価は高まります。使い勝手もよく初期設定も誕生日や身長や運動量などを簡単に入力するだけで終わりますので、難しいところはありません。

食事からカロリーを入力する必要がありますが、検索で何を食べたのかを入力すればおおよそのカロリーがわかりますのでいちいち調べなくてもいいのもうれしい機能です。消費カロリーももちろん計算されますので、摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすための指標として大いに役立ってくれます。

詳細はこちら

Noom

こちらもいわゆる日々の記録を重ねることでダイエットをしやすい状態にしてくれるアプリです。目標体重を設定して、その日食べた食事のカロリーや運動によって消費されるカロリーを表示し、ダイエットを続ける意志を持たせてくれます。このアプリの場合は消費カロリーが増えると予算が増えて消費カロリーが減ると予算が減るというシステムになっており、赤字にならないように努力する必要があります。予算がオーバーしてしまうと、運動を提案されるのです。

詳細はこちら

ヘルスプラネット

タニタ食堂で圧倒的な知名度を誇るタニタから配信されているアプリがこの「ヘルスプラネット」です。これも基本的な構造は一緒ですが、このヘルスプラネットの最大の特徴は体調に関する情報を見やすいグラフで表示してくれるところでしょう。体脂肪率や脈拍といった体重以外のデータもグラフ化されますので、健康維持機能がとっても高いアプリとなっているのです。タニタの体重計などと連動していますので、そちらの連動機能を使えば手入力も減らすことが出来ます。

詳細はこちら

RecStyle

こちらは株式会社リクルートホールディングスの実証研究機関のメディアテクノロジーラボが提供しているダイエットアプリです。体重の管理や体脂肪の記録といった機能は一通り入っています。カラーが選べるなどの見た目的な要素も大きいですが、操作も簡単でスタンプを押すだけで記録できるようになっているので、出来る限り素早く管理を終わらせたいという方にも高評価となっています。毎日の通知機能もあるので、測り忘れも発生しにくいでしょう。

詳細はこちら

デブの人が痩せるためにやってほしい4つのこと

最後にデブの人たちが痩せるために出来る限りやってもらいたいことをまとめていきます。継続することが出来ずに挫折してきた人たちにこそ読んでもらいたいポイントです。

運動を生活に組み込む


基本的な考え方として、摂取カロリーが消費カロリーを下回っていれば痩せます。この考え方は不変であり取って代わることはありません。確かに、一気に摂取カロリーを減らすと、停滞期に突入して痩せにくくなりますが、あれは消費カロリーが減らされてしまっているサインであり、根本的な理論は変わっていないのです。ただし、その痩せ方は食事が趣味な人にとって苦痛の部分が多いので、苦痛を減らすために出来る限り運動主体で痩せるようにしたほうがいいでしょう。

専門家に痩せ方を聞く

また、いろんなダイエットをしてもまったく痩せないという人は一度専門家に診てもらったほうがいいでしょう。ダイエットの専門家というのは現代日本では結構いますので、そのような人達にどうやったら痩せられるのか、自分に最も適しているダイエットとはいったい何かを教えてもらってください。専門家の方々はいろんなダイエットの悩みを抱えている人たちを診てきているので、原因をズバリと当ててくれることも多いのです。

簡単な筋トレをとにかく続ける

筋トレ

デブの人は脂肪がたっぷりあるので、筋肉が残っているのかがさっぱりわかりません。しかし、太っている人というのは体を動かすのが嫌いな傾向にありますので筋力がほとんどついていないことが多いのです。しかし、筋力がないと基礎代謝が向上しませんので、痩せにくい状態がずっと続いてしまうことになります。少しずつでも痩せたいという人達は簡単な筋トレからスタートしてください。何もしないよりははるかにましになります。まずは自重を使った腕立て伏せや腹筋からスタートしましょう。

炭水化物を食べない

もっと踏み込んで本格的に痩せたいという人は糖分を出来る限り削除することから始めてください。本格的に糖質制限ダイエットをする場合には、何に糖質が含まれているのかを見極める必要があるのである程度専門的な知識が必要になりますが、シンプルな方法としては白米やパンや麺類といった炭水化物を制限するだけでもかなりの効果がありますのでそこからスタートしましょう。あっさりとしたやり方でも効果ありなのです。

まとめ


ダイエットを成功させるためのコツや方法というのはかなりありきたりなものが多く、テレビや雑誌で頻繁に紹介されているので、もはや常識となっているところもあります。それでもうまくいかないのは、わかっていても実行できない要素が多いからです。そんな人たちの大きな味方となってくれるのが各種ダイエットアイテムやアプリなので、それらを駆使して痩せやすい状態を整えてみましょう。やりやすい環境さえあれば、成功確率も一気に上がるのがダイエットなのです。