8時間ダイエットでリバウンドしない!筋トレやマッサージで脂肪燃焼!

難易度が低めのダイエットの中でも人気のある8時間ダイエットですが、かなり効果があるということで実践者はかなり増えています。今現在でも増え続けていることでしょう。ただし、リバウンドをしてしまったという噂もありますので体重減少した後の対応も問題となってきているようです。リバウンドは全ダイエットの敵なので何としても回避したいところでしょう。そこで、今夏は8時間ダイエットをしてもリバウンドをしないためのテクニックを詳しくご紹介いたします。

8時間ダイエットの特徴

最近話題になっている8時間ダイエットについて、やり方や特徴をまず紹介いたします。どうして人気のあるダイエットなのかもこの部分で見えてくるでしょう。ダイエットに関しての造詣が深い人ならば、このダイエットにおける弱点も見えてくるようになります。一つのダイエットが100%正解とはなりませんので、この段階で自分に適しているのかどうかを確かめましょう。

1日のうち8時間の間だけ食事を摂る

このダイエットは全ての食事を8時間で終わらせるというとってもシンプルなダイエットです。例えば、朝の7時に食事をしたという方は全ての食事を8時間経過後の15時までに終わらせる必要があります。15時以降は絶対に食べてはいけません。また、朝食を食べずにお昼から始めるという方は12~20時までの間に1日の食事を終わらせるというスタイルになるでしょう。このように考えるととってもシンプルなダイエットになります。

自然と3食のうち1食を食べないことになる

先ほどの説明で気が付いたと思いますが、7~15時や12~20時というスタイルになりますので、このダイエットは朝食を抜くか夕食を抜くという3食のうち1食を食べないものとなります。どちらを減らすのかはその人の生活スタイルにもよるでしょう。もともと朝が弱いという方は朝食を無くしたダイエットになるでしょうし、夕食を食べるのは苦手という方は夕食を削ったダイエットにしてください。もちろん、外せない外食があるという方はそちらの時間を軸に8時間を定める必要があります。このように臨機応変に対応できるのです。

16時間は水分だけで何も食べられない

残りの16時間は固形物は全てNGとなります。ただし、水分がないと水分不足になりますので水分補給だけは必ず行いましょう。ただし、コーラといった高カロリー高糖質な飲み物はNGですし、野菜ジュースのような健康的ではありますがカロリーがあるものもNGとなります。飲んでいいものはノンカロリーのものとなるでしょう。それらを踏まえると、基本は水かお茶を飲むことになるでしょう。ただし、内臓器官を冷やすと基礎代謝が落ちますので、可能なら暖かいものを用意してください。お湯が苦手という方はお茶の力を借りましょう。

8時間以内なら何を食べても大丈夫

また、このダイエットの曲者となる部分がこのルールです。ずばり「8時間以内なら何を食べても大丈夫」という言葉は、魔法の言葉で本当に何でも食べていいと錯覚してしまいます。それこそお菓子を大量に食べるとか高糖質のものを大量に食べるというお話になってしまいますが、基本的にダイエットをしたいから実行しているのである程度常識をもって食べ物を選んでください。ここがこの8時間ダイエットが失敗してしまう最大の主要因ですので後述でも詳しく解説いたします。

8時間ダイエットでリバウンドしてしまう可能性はあるのか?


リバウンドをするのかどうかというお話ですが、運動を主体としたダイエットよりはリバウンドをする確率は高いといわざるをえません。基本的に、筋トレや有酸素運動を主体としたダイエットは筋肉量を増やせますし、徐々に体重が減って停滞期になりにくいダイエットなのでリバウンドをする確率も低いのですが、食事制限系のダイエットは筋肉量は減る危険性があり栄養不足にもなりやすいので一気に体重が減って停滞期になる恐れもあります。こうなるとリバウンドをする確率もあがるのです。

逆に、しっかりと体重コントロールをしながら栄養素もしっかりと補給し、停滞期にならないように1カ月で体重の5%以上痩せないようにコントロールをしながら運動も頑張るなど、いろんな要素を敷き詰めた場合はリバウンドをする確率も低下していきます。このリバウンドをする確率を低下させるためのポイントを次から紹介いたしますので、そちらも確認していきましょう。

8時間ダイエットのリバウンドの心配をなくすために必要な事

それでは具体的に8時間ダイエットでリバウンドの心配を無くすための方法を記載していきます。かなり細かく記載してまいりますので、しっかりと確認していきましょう。これは他の食事制限を主体としたダイエットにも当てはまる部分も多いので、8時間ダイエット限定と考えないほうがいいです。ほかのダイエットにも有効活用して、全体的なダイエットの成功確率を上げてください。ダイエットにおいて最も重要なのは様々な知識になりますので、この記事の内容も知識の層に加えていきましょう。

8時間以内の食事で過剰摂取をしない

8時間のうちに食事を終わらせるので、必然的に食事の量を減らすことが出来るようになります。その結果、食べ物を摂取することで自然と消費してしまう消化酵素が減るので代謝酵素を増やすことが出来ます。消化酵素には糖質を分解する酵素のアミラーゼや脂質を分解するリパーゼ、そしてタンパク質を分解してくれるペプシンの3種類です。これらの酵素は食事の量が減れば必要な数も減ります。このように消化酵素を減らすと、代謝効率を上げる代謝酵素が増やせるのです。逆に消化酵素が増えると代謝酵素が減るので新陳代謝が下がります。

この消化酵素が減ることで代謝酵素が増やせるというのが8時間ダイエットの利点だったのですが、8時間以内に大量に食事を摂取すると、消化酵素を減らすことが出来ないので基礎代謝は上がりません。このダイエットの意味そのものが一気に薄れます。痩せやすい体質づくりのために行っているダイエットの効果が薄れると実行する意味がないので、過剰摂取は辞めましょう。

マッサージをして脂肪を燃焼する

基礎代謝によって痩せやすくする必要がありますので、脂肪が燃焼しやすい状態にしましょう。いくつか方法がありますが、最も有名で一般的なやり方がマッサージとなります。セルライトマッサージやリンパマッサージを徹底的に行ってすっきりさせましょう。特にセルライトは老廃物や皮下脂肪がたまりに溜まってしまった証なので、しっかりと揉まないとリンパの流れも悪いままで老廃物も流れません。毒素を取り除くことができれば1週間程度で見た目も大きく変わります。マッサージクリームなどを使うのも有効です。

プロティンを飲んで筋肉を鍛える


8時間ダイエットは辛い運動をしないでも痩せられるという紹介を良くされますが、運動をしないで痩せると高確率でリバウンドしてしまうようになるので、はっきり言って運動は必須と考えたほうがいいです。もちろん、主体にするわけではありませんが、運動をしてしっかりと消費カロリーを増やし、筋トレをして筋肉を漬けられる状態にすると綺麗に痩せられるので成功確率が上がり、リバウンドをする確率も下がります。筋肉が衰えてしまっては痩せにくくなりますし、見た目も綺麗になりにくいので、出来る限り運動は取り入れてください。

筋肉を付けるため軽い筋トレ

筋肉を鍛えるためにはやはり筋トレが重要でしょう。何もジムに行って鍛えろとは言いませんので、家の中で簡単なトレーニングを繰り返してください。腕立て伏せや腹筋やスクワットをこなせば程よい筋肉ができます。特に、現代人はインナーマッスルが鍛えられていないので、体幹トレーニングを取り入れるのも有効です。また、全身トレーニングに近いスクワットを有酸素運動の前に実行すると、成長ホルモンがしっかりと出た状態で有酸素運動がスタートできるので、有酸素運動による脂肪燃焼効果が出やすくなってスッキリします。

まとめ


8時間ダイエットは運動を一切しないと非常に簡単なダイエットになりますが、簡単なダイエット程、リバウンドをする確率が高かったり、効率が非常に悪くなっているというデメリットが存在します。逆にしっかりと運動と8時間ダイエットを組み合わせて難易度を高いものにすれば、きれいな体型を維持しつつ痩せられるようになりますので、「運動なしで痩せられる!」という言葉に惑わされないで、自主的にトレーニングすることを覚えましょう。特に、筋トレと有酸素運動のセットは脂肪が効率的に燃えるのでお勧めです。