とれかけパーマを元に戻す方法はあるの?パーマを活かしたヘアスタイル

パーマをかけると問題となってくるのがパーマをどうやって維持するかということです。どうしても永遠に同じ状態をキープすることができないですが、パーマが取れかけの状態になってからもパーマの出し方次第で楽しむことができます。せっかくかけたパーマを最大限楽しむためにも取れかけのパーマをどうやってアレンジすればよいかを知っておきましょう。パーマを生かしたスタイリングやヘアスタイルを紹介します。

とれかけパーマをもとに戻す方法

とれかけのパーマをもとの状態に近く戻すことは不可能ではありません。もちろん、そのままの状態ではよいのではなく、髪の毛を洗った後にきちんとスタイリングすることが必要です。具体的にはどういったスタイリングをすることでとれかけのパーマはもとに戻るのでしょうか。また、髪の毛をパーマをかける前のまっすぐ状態にすることもできるのでしょうか。どういったセットをすればどのようなヘアスタイルが仕上がるのかを考えてみましょう。

半分乾いた状態でヘアアイロンをあてる

パーマをきれいな状態に戻すためにはドライヤーでの乾燥がとても大切な役割を果たしています。半分乾いている状態でヘアアイロンをあてるとしっかりと髪の毛がまっすぐになるので元に戻すことができます。ただ、ヘアアイロンを使いすぎると髪の毛が傷みやすくなるのでスタイリング剤やトリートメントをしっかりとすることが大切です。

洗い流さないトリートメントを付けてドライヤー

最近では洗い流さないトリートメントを使っている人が多いです。ドライヤーをするとどうしても傷みますがダメージを軽減して髪の毛のツヤを回復させる効果があります。それだけでなくヘアスタイリング剤を使っているのと同じ効果が得られ、パーマを戻すことにも効果的です。ドライヤーをする際に洗い流さないトリートメントをつけて、パーマをくるくると指に巻き付けながら乾かすだけでパーマが出やすくなります。逆にまっすぐになるようにブラッシングをしながら伸ばすとストレートに仕上がります。

ストレートパーマをかける

中途半端な髪の毛の状態だと思うようにスタイリングができなくなってしまいます。そこでパーマが扱いにくい状態になってしまったら思い切ってストレートパーマをかけてしまった方が髪の毛がまっすぐになって扱いやすいです。元の髪質によってはストレートパーマがかかりにくい場合もありますから、事前にパーマをかけることを美容師さんに相談した方が理想的な髪型になりますし、仕上がった髪型のヘアセットもしやすいです。

パーマが取れかけた部分をカットする

パーマは一律に取れるものではなく、やはり場所によって取れたり残ったりというのが出てきてしまいます。そこでパーマが取れた部分だけカットをして、パーマが残った状態でヘアスタイルを変えるというのも一つの方法です。こうすることで髪の毛が扱いやすくなりますし、残ったパーマの状態で楽しむこともできます。ニュアンスを残してのヘアスタイルは取れかけの緩いパーマだからこそできヘアスタイルでとてもかわいいです。

とれかけパーマを活かしたヘアスタイル

取れかけのパーマだからこそ楽しめるヘアスタイルもあります。せっかくですから、パーマが取れそうな時だからこそできるスタイリングを楽しんでみましょう。

ワンカール

取れかけのパーマのニュアンスを活用してできるスタイリングがワンカールです。緩いウェーブは女性らしいかわいいニュアンスがありますし、セットもしやすいです。カットをすることで髪の毛の傷みがひどい部分を取り除けるというメリットもあります。ヘアスタイリングもスタイリング剤を軽くつけてパーマを出すだけで充分スタイルが決まるので簡単です。ハーフアップにしたり一つに束ねたりしてもワンカールのニュアンスがいかせておすすめです。

動画つき!!毛先ワンカールが簡単にもっと可愛くできるやり方【監修:AKAMEE内藤旭】

編み込み

パーマが取れてきたくらいの緩い髪の毛はまとまりやすくスタイリングもしやすいです。そこでおすすめなのが編み込みをしたヘアスタイルです。編み込みをしたみつあみも扱いやすいですし、ボリュームが出てかわいいです。残っている髪の毛もニュアンスが出るので簡単でかわいいアレンジに仕上がります。

レイヤースタイル


レイヤースタイルはセットが難しいと思っている人も多いですが、パーマのニュアンスを生かすと上手にレイヤーが作れておすすめです。特に髪が硬めでストレートヘアになりやすい人はパーマのニュアンスを使わないとなかなか思うようにレイヤーが作れません。簡単にできてかわいいレイヤーが作れるのはパーマの取れかけの柔らかいとき限定といえます。

おすすめのマイナスイオンドライヤー

パーマが取れかけの時には上手にセットをするためにも髪の毛のダメージから守るためにもマイナスイオンドライヤーがおすすめです。最近ではどんどんと新しいマイナスイオンドライヤーが販売されており、価格帯も広くなっています。どれを購入すればよいかわからないという人のために、ここではおすすめのマイナスイオンドライヤーを紹介していきます。

TESCOM マイナスイオンヘアードライヤー ホワイト TID295-W

TESCOM naturam マイナスイオンヘアードライヤー ホワイト TID295-W
リーズナブルで軽量なドライヤーとしてはこの商品はとてもおすすめです。リーズナブルですがきちんとマイナスイオンの効果で髪の一番外側にあるキューティクルをしっかりと補修してくれます。毎日ドライヤーはするものです。毎日のケアでのダメージを最小限にすることはとても大切です。使い続けると髪の毛の水分が保持できてツヤがある髪の毛に戻っていることが実感できます。スタイリングをするのに十分な熱風も出ますから、パーマのニュアンスを出すことも可能です。

IZUMI マイナスイオンドライヤー ホワイト DR-RM36-W

IZUMI マイナスイオンドライヤー ホワイト DR-RM36-W
とてもリーズナブルなドライヤーですが、風量もしっかりとあり、マイナスイオンも発生してくれるドライヤーです。日常的に使うこともできますが、旅行先にもっていくこともできますし、ジムにもっていくこともできます。小型なので使いやすく、髪の毛をセットしながらも温風を髪の毛に充てることができる点も便利です。この価格でマイナスイオンが発生するのはとてもコストパフォーマンスが高いですからぜひ使いたい商品といえます。

パナソニック ヘアドライヤー イオニティ EH-NE18-W

パナソニック ヘアドライヤー イオニティ 白 EH-NE18-W
イオニティはマイナスイオンドライヤーの火付け役ともいえるドライヤーです。今となっては当たり前の木野となっていますが、最初に販売された商品であるためにその商品の性能の高さには定評があります。特徴として温風とマイナスイオンが発生する場所が分けられているため、しっかりとマイナスイオンの効果で髪表面をコートしてサラサラでツヤのある髪の毛を作ることができます。パーマのかかったニュアンスヘアでありながらもしっかりとツヤのあるきれいな髪の毛を実現してくれます。

まとめ

パーマをかけても取れてくると思うようにスタイリングができないと悩む人も多いです。毎日のスタイリングができるだけ簡単にでき、なおかつかわいく仕上げるためにもパーマをどう生かすかということはとても大切です。思い切ってパーマが出ないようにストレートにすることも有効ですが、パーマのニュアンスを残して緩いヘアスタイルにするということも楽しみ方としてあります。カットをしたりセットの方法を変えたり、使うスタイリング剤を変えたりしてせっかくの取れかけのパーマの状態を楽しむようにしましょう。