ボブでもお団子は作れる!基本からアレンジまでまるわかり

ふんわり大人可愛いボブスタイルは、女性の魅力を引き出す人気のヘアスタイルです。そのままでもじゅうぶん魅力的ですが、色んなヘアアレンジを楽しみたいという女性も居るのではないでしょうか。しかし、ボブやショートだとなかなか髪をまとめづらく、アレンジの幅も狭く感じるし、ましてやお団子なんて出来ない、そんな風に思っている方も居るかもしれません。今回はそんな悩める女性たちに向けて、ボブスタイルでも出来るお団子アレンジをご紹介していきたいと思います。

ベーシックなボブお団子3つの作り方

ねじって留めればトップにお団子


初歩的なお団子の作り方としては、このようなねじって留めるタイプが簡単でベーシックなお団子スタイルでしょう。普段はふんわりとおろしているボブスタイルは、優しくてゆるふわなイメージを女性に与えますが、このように重力に逆らってトップまで髪の毛を引き上げるスタイルは、活発でデキる女性のような、別の印象を与えてくれます。きっちりまとめすぎず、少しルーズにセットされたフォルムがポイントです。

くるりんぱで作るお団子


簡単なのにとても可愛いヘアアレンジとして人気な「くるりんぱ」をご存知でしょうか。くるりんぱはオシャレなヘアスタイルには欠かせない、不器用な女性でも簡単に出来るアレンジの基本です。結った髪の毛の結び目の上部をふたつに分け、そこに結んだ毛先を入れて「くるりんぱ」とひっくり返すというヘアアレンジで、たった数秒の動作であっという間に可愛いヘアスタイルに大変身します。

お団子を作るときにもくるりんぱを活用すると、まるで手間をかけて編み込んだようなお団子スタイルになり、間にかんざしなどをつけるととてもオシャレです。着物や浴衣などにも似合うので、お祭りや成人式などに合わせて、ファッションの幅も広がるかもしれません。

ハーフアップのお団子はボブが映える!


ボブスタイルもお団子も楽しみたいという欲張りな女性には、ハーフアップお団子がおすすめです。ボブのヘアスタイルも残したまま、半分はお団子に、とまさに2度おいしいようなヘアスタイルです。髪が短めなボブスタイルの女性は、髪の長いヘアスタイルの方と比べてしまうとお団子は作りにくいところがあるかもしれませんが、このハーフアップスタイルは、お団子にする毛量が少ない為、ボブスタイルの女性でも簡単に作ることが出来ます。また、お団子を固定するのにお気に入りのピンやバレッタなどを活用するととってもキュートに仕上がります。

低めお団子はボブでも盛れる


髪の長いヘアスタイルの女性とは違い、髪の短いボブスタイルの女性は、髪をトップに持ち上げるのが少し難しいかもしれません。特に後ろ髪は上手にまとまらず、折角上に持ち上げることが出来たのにパラパラと落ちてきてしまうこともあります。しかし、お団子はトップで作るだけのものではありません。あえて低めの位置にお団子を作る事で、ボブスタイルの女性でも簡単に出来ますし、綺麗に盛ることが出来ます。ルーズにまとめると大人っぽい印象も与え、低めのお団子は女性の色気を引き出すヘアアレンジにもなるでしょう。

ちょっと変わったボブの簡単お団子

ダブルお団子はボブならではのスタイル


ダブルお団子という一風変わったヘアレンジで特別感を演出するのも良いでしょう。このヘアスタイルは髪の短いボブスタイルならではのアレンジで、上下にひとつずつお団子を作り上げる事で、短くてまとまりづらい髪の毛も上手にお団子にすることができます。ハーフアップのお団子に飽きてきたり、物足りなさを感じていたら、下の毛も拾ってお団子にまとめてしまうと、それだけで新しい自分を作れるかもしれません。

ルーズなシニヨン風お団子


ルーズな感じで大人可愛いこちらのヘアスタイルは「シニヨン」と呼ばれるヘアアレンジです。シニヨンとは、フランスで流行したヘアアレンジで、ひとつに束ねた髪型の事を言い、ポニーテルなどを丸くまとめたヘアアレンジです。ただまとめるだけではなく、適度にルーズ感を演出する事で、無造作でありながら敢えて崩された髪は、女性に柔らかい印象を与えます。きっちりしすぎないことで色んなファッションにも合わせやすく、また、きっちりとしたお団子を作りにくいボブスタイルの女性には特にアレンジしやすいヘアスタイルでしょう。

垢抜けお団子をボブで作るポイント

後れ毛を出して遊びをつけて


こちらの女性のように、トップに髪をまとめてお団子を作っているだけではなく、全体的にルーズ感を出すために「後れ毛」を出して遊ばせると雰囲気が出ます。後れ毛とは、髪をまとめた時などにえり足やサイドに垂れさがった髪の毛の事を言い、うなじなどに垂れた髪の毛は特に色っぽく感じます。まとめたかったのにどうしても垂れてしまう、と悩みの一種でもある他、このように敢えて後れ毛を活用する事で垢抜けたお団子を作ることができるのです。

ワックスをうまく活用しよう


ただでさえお団子スタイルは固定しにくいもので、ヘアゴムやヘアピンを上手に使えないと崩れてしまったりしてしまいます。それに加え短いボブスタイルでお団子を作ろうとすると、後れ毛も大量に出やすく、ルーズ感を演出するというにはボサボサになってしまう、なんてこともあります。そんな時はヘアワックスを使用してみるのも良いでしょう。ヘアワックスは髪にダメージを与えやすいのでは、という考えはもう古く、今ではトリートメント入りのものや、自然由来の成分で出来た頭皮に優しいヘアワックスもあります。また、さまざまな香りも楽しめてとても楽しく選べてしまいます。

ひと手間加えたボブヘアのアレンジお団子

サイドを残してねじってまとめる


普通にお団子を作るだけでも可愛いヘアスタイルですが、ひと手間川得る事でその魅力は増していきます。こちらのヘアスタイルは、サイドを残してまとめたもので、特に編み込むというわけではなくねじっているだけというのがポイントです。ただまとめるのではなくねじりを入れる事で髪の毛のボリュームアップになりますし、ふんわりとしたトップと丸まったお団子が上品かつキュートさを演出しています。

編み込みを作ってからお団子に


時間に余裕がある時などは、お団子に編み込みをプラスしてみてはいかがでしょうか。トップのお団子を固定するように、その周りを編み込んだ髪の毛で巻くだけで一段と凝ったお団子スタイルが完成します。ヘアゴムやヘアピンを隠したい場合などにも有効で、自分の髪の毛自体がヘアアクセサリーのような役割を持つため、飾りすぎていないのにオシャレを演出できます。大人から子供まで楽しめるヘアスタイルです。

コテ巻きやパーマでゆるふわな仕上がり


お団子を作る前に、コテで髪を巻いてみるのも遊び心が合って良いかもしれません。髪を内側に巻いていくフォワード巻きや、外側に巻いていくリバース巻きなど、コテを使った巻き方は色々ありますが、その仕上がりによってもお団子スタイルが変わって面白いです。他、パーマなどでウェーブがかった髪の毛でお団子を作ると、一味違ったゆるふわなお団子スタイルがキマります。結い方をアレンジするのではなく、髪の毛自体をアレンジしてから作り上げるこのヘアスタイルは、ひと手間ありながら自然体なところがおすすめです。

アイテムプラスで華やかなボブお団子に

飾りゴムは定番だからこそ個性が光る


定番アイテムでありながらお団子スタイルを固定するアイテムとしても活用できるのが飾りゴムです。上品なものからポップなものからユニークなものまで、そのデザインの数は数え切れません。アクセサリーショップだけではなく、100円ショップなどでも手に入れられる為、誰でも簡単に入手しやすいのも人気の理由のひとつでしょう。同じお団子スタイルであっても、色んな飾りゴムをつけるだけで毎日違った印象を与えることも出来、個性を豊かにヘアアレンジを楽しめるアイテムです。

シュシュを通すだけでお手軽イメチェン


お団子スタイルは好きだけど、毎日同じ髪型にもマンネリだと思い始めたらシュシュを使ってみると良いかもしれません。シュシュは飾りゴムと違って大き目で目立ちやすく、お団子にシュシュを通すだけで印象も大きく変えてくれるでしょう。また、短いボブスタイルの女性だとお団子が固定しにくく毛先が飛び出してボサボサ、なんてこともあるかもしれませんが、そういう時にシュシュを使うと上手く結び目を隠したりまとめてくれたりもしておすすめです。

ヘアピンにこだわればボブだからこそできるお団子に


お団子ヘアを一層華やかにするアイテムのひとつとして、ヘアピンもあります。お団子や飛び出した毛などを固定するのに使用するヘアピンだけではなく、飾るためのヘアピンで小さくイメチェンが出来ます。今のお団子スタイルに何かが足りない、味気ない、と思いましたら、ひとつインパクトのあるヘアピンをつけてみると良いかもしれません。シュシュなどに比べると小さなものが多いですが、それでもしっかり印象を変えてくれる優秀なアイテムなのです。

バレッタできちんと感を演出


もう少し大きいヘアピンや飾りが欲しいと思ったら、バレッタを使用してみると良いでしょう。バレッタはヘアピンのようにただ髪を挟めるだけではなく、その挟んだ髪を逃がさないように固定する為、飾る意外にも髪をまとめる能力がとても優秀です。きちんとヘアスタイルを固定するだけでなく、アイテムのデザインごとに女性の印象も変えてくれます。服装やシーンに合わせたバレッタを使用する事で、ヘアスタイルだけでなく全体のコーディネートをまとめることが出来るアイテムです。

バンダナは巻き方でニュアンスが変わる万能アイテム


最近ではバンダナを使った髪型も流行しています。お団子だけではなく、まとめた髪の毛の結び目にバンダナを巻くことで簡単にカジュアル感を演出します。バンダナの柄の種類でもイメージは大きく変わりますし、また、ねじり込んで巻いたり、結んだりと、バンダナのつけかたでもガラっとイメージを変えてくれます。普段のお団子スタイルにスパイスを利かせたいという方は、バンダナでヘアアレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。短いボブスタイルだと、ヘアアレンジなんて出来ないと思われがちですが、結い方を工夫したり、アイテムを使ったりするだけで、こんなにも沢山のヘアアレンジを楽しめるのです。また、お団子スタイルを遊びつくしてしまったのなら、そこから更にひと手間を入れてみたり、いつもと違うアイテムをつけてみたりするだけでも簡単に印象を変えてくれるため、マンネリもしません。たまにはイメチェンに挑戦してみたいという女性は、ぜひこの記事を参考にして毎日のオシャレを存分に楽しんでください。