アレンジで映える!ボブにおすすめのインナーカラースタイル辞典

髪のオシャレは、ヘアスタイルの形を遊んでアレンジを楽しむだけではなく、ヘアカラーでオシャレを楽しんでみるのも良いでしょう。皆さんはヘアカラーのトレンドとして挙げられるインナーカラーをご存知ですか?インナーカラーとは、ヘアスタイルの表面ではなく、その内側に色を入れる事で、例えばベースである表面のカラーにブラックを、そして内側のインナーカラーにブラウンを入れたりすると、髪を耳にかけたり、風で揺らいだりするとチラ見する内側の髪色がとてもオシャレなのです。今回は、ボブスタイルにおすすめなインナーカラーについてご紹介していきたいと思います。

ボブにおすすめのインナーカラー!やり方はどうする?

黒髪でも茶髪でもインナーカラーは楽しめる

インナーカラーに定義はありません。ですから、ボブはもちろん、どんなヘアスタイルでも、どんなヘアカラーでも楽しめてしまうのがインナーカラーです。元々ベースのカラーがブラックの方には、インナーカラーを明るい色に選ぶことでフェイスラインをぼかすことが出来、小顔効果を狙えます。また、元のベースが明るいブラウンの場合、インナーカラーに暗い色を選ぶと全体的に透明感が出ます。ベースカラーとインナーカラーの組み合わせ次第で個性豊かなヘアスタイルを楽しむことが出来ます。

カラーがバレないのもインナーカラーの見逃せないメリット

インナーカラーは髪の内側に色を入れるものなので、一見カラーリングしているようには見えないというメリットがあります。イメチェンやオシャレで髪を染めたいのに染められない環境であったり、おおっぴらにはしたくない場合など、カラーリングをバレたくない女性も少なくはないでしょう。その点ではインナーカラーは優秀で、髪を耳にかけたり、インナーカラーが見えてしまうようなヘアアレンジなどをしない限りはバレにくいのです。特にベースカラーとかけ離れすぎない色を入れる事で、更にバレにくい髪色を作ってくれます。

カラーをはっきり出したいならブリーチがおすすめ

髪質によっては、カラーが上手くつかない事があります。明るいブラウンに仕上がるはずがほとんどブラックに近い暗いブラウンになってしまったり、色鮮やかなカラーを試して見たくてもその色がハッキリ出なくて悩んでいる方も居るのではないでしょうか。そんな時は、ブリーチでまず髪の毛を脱色してみると良いでしょう。カラーを入れる前に一度髪の毛を明るい色にすると、その部分に色が付きやすくなります。そのため、もともとベースが暗い色の髪の毛でも、明るい色をハッキリと出すことが出来るのです。

ボブにはエクステを使ったインナーカラーもおすすめ

インナーカラーは髪の毛を染める、ということだけではありません。中には、髪の毛を痛めるのが嫌で髪を染めたくない、でも染める事には興味はある、という女性も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめするのがエクステです。エクステとは言わば付け毛のことで、エクステを使ってインナーカラーを入れる事で、自分の髪には一切ダメージを与えません。更に、自分の髪にカラーリングをすると元に戻したり別の色を試したくなったりしても簡単に変えることは出来ませんが、エクステなら取り外し可能で色んなヘアアレンジを楽しめるためおすすめできます。

明るめのボブにおすすめのインナーカラー

グレー系インナーカラー


今注目されてる、ブラックと合わせるとモノトーンのコントラストが大人カッコいいグレーのインナーカラー。ベースカラーをグレー系に染めるのには少しばかり勇気がいるものですが、インナーカラーのようにチラ見せするクールなグレー系の発色は、ふんわり女性的な丸みのあるボブスタイルに対してとてもアクセントになります。グレーにもさまざまな色があり、ベースのヘアカラーに合わせてよりスタイリッシュなカラーを選ぶと良いでしょう。

涼しげな青のインナーカラー


クールに決めたいなら青のインナーカラーを取り込んでみるのも最高にかっこいいです。ブラックやブラウン等のヘアカラーは定番で、もともと色素が薄くてブラウン系の髪質の方がいたりもしますが、どんな髪質でも髪色が青くなることはまず無いでしょう。だからこそ憧れるユニークな髪色の青は、大人クールな印象と個性的な印象を与えてくれます。涼し気な青のインナーカラーは、暑い夏などにもぴったりの髪色で、海などに行く予定があるなら、一度試してみるのも良いかもしれません。

春夏らしいオレンジ系インナーカラー


明るく活発的な印象を持たせてくれるオレンジも人気カラーのひとつです。もともとベースがブラック系にオレンジを入れると、そのハッキリとしたハイライトがオシャレカッコよく見えますし、ブラウン系にオレンジを取り入れるとグラデーションで柔らかさを演出し、大人可愛いボブスタイルになります。より明るくてハッキリとしたオレンジのインナーカラーにしたい場合は、先にブリーチを試すと良いでしょう。色を抜いてからオレンジを入れる事で、外国人風の明るいヘアカラーを実現することが出来ます。

外国人風ベージュ系インナーカラー


透け感のあるベージュ系は、外国人のような透き通った髪の毛を演出してくれます。どんなベースの髪色にも合わせやすく、髪の毛全体をふんわり軽く演出することが出来るカラーです。ボブスタイルなどには特に合うカラーで、女性らしさのあるゆるふわなボブスタイルにベージュのインナーカラーを入れると、より一層フェミニンな印象を与えてくれます。透け感のあるヘアスタイルを目指している方にはおすすめのカラーです。

ブリーチ無しでも生える黒髪ボブのインナーカラー

透明感のあるアッシュ系インナーカラー


ベースがブラックのヘアカラーだと、明るい色のカラーリングはなかなか難しく、ハッキリ色が出ないということがあります。そのため、ブリーチを使用するのが必須となりがちですが、中には髪を痛めないか心配だという女性も多いのです。しかし、ブリーチを使わなくても映えるインナーカラーは存在します。そのひとつがアッシュ系です。アッシュとは灰色系のことで、色を染めにくい黒髪ボブスタイルの女性でも色を出しやすいためおすすめなカラーです。クールさと透明感があり、また髪に柔らかい印象を持たせる効果があります。

黒髪におすすめ!緑のインナーカラー


個性を光らせたいなら緑といった、ヘアカラーにしてはユニークな色でオシャレを楽しんでみるのはいかがでしょうか。ヘアカラー全体を緑にするのはとても目立ちますし、ファッションに合わせるのも少し工夫が必要かもしれませんが、インナーカラーとして取り入れる事で、これが意外にハマります。特に黒髪の女性にはおすすめで、緑は暗い色との相性が抜群なため、黒と緑を合わせる事で派手過ぎないのにアクセントのある、絶妙なバランスになります。

インナーカラーを活かすボブのアレンジ集

インナーカラー×編み込み


チラ見せがオシャレを作るインナーカラーですが、ヘアスタイル次第ではインプレッシブなヘアカラーを演出します。中でもインナーカラーと編み込みを組み合わせる事で、普段は隠れていたインナーカラーが編み目に取り込まれていき、表面に姿を現します。2色のヘアカラーが交互に編み込まれていくヘアスタイルはとてもオシャレで、その色の組み合わせ次第でも印象が変わるのが面白いポイントです。

インナーカラー×お団子


人気のヘアアレンジとしてあげられるお団子も、インナーカラーと組み合わせる事によっていつもと違った自分を演出できるでしょう。サイドに残した髪や、お団子に向かって流れる毛、後れ毛など、髪をまとめる際に現れるインナーカラーがアクセントになります。特別凝ったヘアスタイルにしなくても、お団子など簡単にまとめるだけでもオシャレに見えるのがインナーカラーの魅力のひとつです。

まとめ

ボブスタイルでヘアアレンジをするには、形を変えるだけだと限界はあるかもしれません。しかし、インナーカラーなどを活用することで、そのオシャレの幅は一気に広がります。カラーリングを試したいけど今の色も気に入っているという方や、あまりカラーリングした事を周りにバレたくないという方にもインナーカラーはおすすめできるヘアアレンジです。自分に合ったヘアカラーとヘアスタイルを組み合わせて、最高にオシャレな自分を目指してみてはいかがでしょうか。