センター分け前髪で大人かわいい♡似合う人の特徴と作り方

自分に合った髪型が見つからないと悩んでいる人は結構いるようです。せっかくならば自分に似合っているヘアスタイルを見つけたいですよね。人気のあるヘアスタイルで多くの方が似合うとされているセンター分けの前髪があります。どういった人が似合うのか、そしてどういったスタイリングをすることできれいに仕上がるのかを知って、自分に似合うセンター分け前髪を見つけてみましょう。

センター分け前髪が似合う人の特徴

センター分けの前髪は人によって似あうかどうかがはっきり分かれる髪型と言われているようです。自分に似合うかどうかを知るためにもセンター分けが似合う人はどういった特徴があるのかを知っておきましょう。

おでこの広さが広めの人

意外と思われるかもしれないですが、おでこが広い人はセンター分けの髪型が似合うと言われています。おでこが広いことで前髪が自然に広がり、フェイスラインをきれいに見せてくれる効果があるようです。おでこが狭いと前髪が浮いてしまうこともあるため、スタイリングに時間がかかってしまうこともあります。おでこが広いと伸びてきて前髪もセットがしやすいですし、髪型もキープがしやすくセンター分けが似合う方が多いでしょう。

顔が左右対称の人


センター分けで前髪を分けたとき、左右対象の顔立ちの方は、きれいにまとまってナチュラルな雰囲気になれそうです。ロングヘアでも、ボブスタイルでもセンター訳の前髪で大人っぽさとキュートさの両方を楽しむことができるでしょう。特に顔が左右対称の方は美人とも言われることがありますので、いろんな髪型を楽しむことができそうですね。

顔の形が面長ではない人


顔が面長だとセンター分けをすることで縦のラインが強調されて面長な輪郭が目立ってしまうこともあるようです。丸顔の方はきれいな輪郭に沿って前髪を流すようにすると落ち着いた雰囲気になれそうです。また、エラが気になるという方には、センター分けした前髪でエラ部分を隠すようにすることで小顔効果が期待できそうです。面長の方は前髪を斜めに流すようにすることで、きれいな前髪に仕上がります。それぞれの顔の輪郭に合った、前髪の楽しみ方をすると良さそうですね。

ハチが張っていない人


センター分けをした際、頭のハチが張っている人はどうしてもその部分が強調されてしまい髪が広がって見えることで、顔が大きく見えてしまうこともあるようです。そのため頭のハチが張っていない人の方がきれいに仕上がります。ハチが張っていることが気になる場合にはパーマをかけてニュアンスヘアにしたり、ハチが目立たないようなスタイリングにすると良いでしょう。

長さ別センター分けのヘアカタログ

髪の毛の長さによってもセンター分けをした際の印象は大きく違ってくるものです。髪の長さによっては重たくなってしまったりとても良いバランスになったりと仕上がりは変わってきます。自分の理想のスタイリングをするためにも少しでもかわいく仕上げるためにも髪の毛の長さ別に似合うスタイリングを知っておきましょう。

ショート×センター分け


ショートでセンター分けをした際、重たくなることが心配です。そこで、パーマをかけてニュアンスをつけたり髪色を明るめなものにしたりするととてもかわいく仕上がっておすすめです。前髪もサイドもパーマをかけた方がスタイリングがしやすくなりますしまとまりが出ます。

ボブ×センター分け


人気のショートボブはカットによっては子供っぽくなってしまいますし、重たくなってしまうものです。そこでうまく軽さを出すためにはカラーリングを工夫して軽さを出すことがポイントになります。明るい髪色にすることでライトさを出すこともできますが、トレンドを取り入れたスタイルを楽しみたい場合にはハイライトやローラ糸を入れたりグラデーションを入れたりすると今風でおしゃれに仕上がります。

ハイライトやローライト、グラデーションといった色はブリーチもかけるためにかなり派手になりやすいです。そのため試してみたいと思っていてもなかなか挑戦できないという人も多いです。ショートボブは髪の毛が短いからこそそういったアクセントが生きますし派手にもなりにくいですから挑戦しやすい髪型とも言えます。

ミディアム×センター分け


ミディアムヘアーになってくると前髪の扱い方によっては重たくなりますし、前髪が邪魔になることもあります。そこでパーマをかけて仕上げるとニュアンスが出て軽く仕上がりますし、髪の毛も邪魔になりにくいです。黒い髪の毛でセンター分けをしたりミディアムヘアーにしたりすると重たくなりやすいですから軽めな色合いにして仕上げるとふんわりしたトレンドのニュアンスヘアに仕上がります。おしゃれに仕上げたい場合にはニュアンスヘアが生きるようにヘアカラーも数色をブレンドをして立体的なカラーにすることがおすすめです。

ロング×センター分け


ロングヘアになってくると前髪もセンター分けをしても長くなりがちです。前髪が短めのセンター分けにするとバランスが悪いので、どうしてもサイドの髪の毛と同じくらいの長さが必要になってきます。そこで、重たくならないようにカラーリングをして明るめの色にして軽く仕上げたり、サイドを梳いたりパーマをかけたりしてふんわりしたゆるふわなスタイリングにすることがおすすめです。

ゆるふわのスタイリングにする際は前髪にもカールをかけた方が統一感が出てかわいく仕上がりますし、スタイリングもしやすくなります。パーマをかけてしまえば毎日髪の毛を巻かずに済むのでヘアセットも簡単ですし毎日同じ状態が作りやすくておすすめです。髪の毛が多い人はカラーリングをする際に立体的になるようにハイライトやローライトを入れると仕上がりが軽くなります。

前髪センターの作り方

最近ではシースルーバングなど前髪があるスタイリングが流行っています。前髪は意外と作るのが難しく毎日セットすることが必要にもなってきます。上手にスタイリングをするためにはコツがありますから覚えておき毎日かわいいセンター分けの前髪を作れ量になりましょう。

前髪癖を直す

前髪は意外と癖があるものです。寝ぐせもつきますし、くせ毛が出やすい場所でもあります。そこで、最初に癖を取り除いていくようにするとうまく前髪がセットしやすいです。前髪の癖をとるためには一度髪の毛を集めてきれいに梳いてあげましょう。

くしで前髪を自然なセンター分けにする

前髪がセンター分けになるようにするためには自分で櫛を使ってぱっくりと割る人がいますがそういったことをすると不自然になりやすいですし違和感が出てくることも多いです。そこでナチュラルで違和感のないセンター分けにするためには自然に仕上げることがポイントになります。前髪を集めてみると自然にぱっくり問われる場所が必ずあります。そこでセットをすると自然なセンター分けに仕上がってきれいです。

ドライヤーをして、スタイリング剤で仕上げる

前髪はきちんとセットして状態をキープしないと日常生活の中で邪魔になってきてしまいます。そのためしっかり熱を与えて固定することが必要です。とはいえ、がちがちに固まってしまうと違和感が出てきてしまいます。自然とキープ力をつけるためにはドライヤーとスタイリング剤をうまく活用することが大切です。

ドライヤーの熱で髪の毛にある程度の癖をつけたらそれをキープするためにムースやワックス、ヘアミルクといったスタイリング剤をつけてキープをするようにすると優しく癖がついてセットした髪型が維持しやすくなります。ジェルやスプレーを使うとニュアンスヘアではなく固いがちがちのスタイルになるので避けましょう。

まとめ

前髪をセンター分けにするのは似合う髪型、顔の形などある程度特徴があります。髪の毛を切ってから似合わないと感じたり、うまくセットができなくて苦労したりしなくていいように事前に似合う髪型、セットの方法といったものを確認して自分に合うかどうかを判断したうえで取り入れるようにしましょう。