前髪あり?なし?自分に似合う髪型診断

前髪の長さ、幅、それにカールするか?直毛にするか?など、前髪を変えることで印象がかなり変わるので悩む人が多いと思います。前髪の長さを変えるとかなり印象が変わるのでイメージチェンジしたい時、ポイントになる部分です。自分に合った前髪ってどんな長さ?スタイルなんだろう?まずはこれをしっかりつかむ必要があります。

自分に似合う前髪の診断

前髪を作るか、作らないか、自分の輪郭や普段のメイク、ファッションを確認しながら自分に似合う前髪を考えること、それが重要です。輪郭によっても違いますが、前髪があるとキュート、幼い印象になる、前髪がないと大人っぽさ、クールさを演出できます。それを踏まえてなりたい自分を模索するといいと思います。

前髪ありのキュートな髪型

前髪ありでもぱっつんの短め前髪にするとキュートでアクティブな印象です。少し毛先をカールさせてふんわり仕上げるとガーリーな印象で女の子らしくなります。前髪ありの場合、キュートさをより出しやすいと考えておくとイメージしやすいようです。少しキュートさを出したいと思う時、前髪を作ると印象がかなり変わります。

前髪なしのクールな髪型

前髪なし、前髪が薄目でおでこが見える大人っぽい印象のスタイルです。ショートでもセミロングでも、前髪が作られていないタイプはふんわりしたスタイルでもクールな印象にできるのでオフィスでのお仕事などにもピッタリのヘアといえます。サイドをカールさせて動きを出しても楽しいですし、無造作に結んで少し引き出してこなれ感のあるアレンジを楽しんでも知的なイメージになるので仕事にぴったりです。

前髪なしでも、きっちりおでこを出しすぎると、特に面長の人などお顔がより長く見えてしまうこともあります。でも前髪なしでも薄めに残したり、前髪をセンターパートではなく、サイドに寄せた状態で横に流すと長さを隠すことができるのです。

自分の悩みをカバーしてくれる前髪を知ろう!


前髪があるとなしではかなり印象が変わりますが、ずっと前髪なしのスタイルでいた人がいきなり前髪を作ってきてものすごくキュートに見えることもあります。前髪はヘアスタイルの大きなポイントで、自分に合った前髪、悩みやコンプレックスを少なくしてくれるスタイルを選ぶこともできるのです。

意外と面長の人も前髪の幅を少なくしてサイドを長めに、それをカールしてふんわりした造りにすると、前髪ぱっつんでもよく似あいます。幼く見える人は前髪を伸ばしてクールな印象になるようにさらっと横に流すと、大人っぽさがあるスタイルにできます。自分の持っている悩みを前髪でカバーできるのですから一度どんなスタイルが似合うのか、美容師さんなどに相談してみるといいと思います。

顔型から選ぶ前髪

顔の形は人によって違いがあり、逆三角形の方、卵型、丸、それにホームベース型など様々です。自分の輪郭をよく理解している人は、自分に合った前髪にしてアレンジなども楽しまれています。輪郭ごとに合う前髪があるので、あるなし・・長さなども考慮してみるときっと似合うスタイルが見つかるはずです。

自分の顔のタイプは?


自分の顔の形はどのような形なのか、スマートホンで真正面、横など角度を変えて撮影しじっくり見てみると、輪郭の特徴がわかると思います。日本人の中で最も美しいバランスを持っていると世界からも称賛されたタレントさんが日本にいるのです。それが香椎由宇さんですが、彼女は目、鼻、口、それに顔の大きさが黄金比率に当てはまります。

お顔も丸顔で美しいバランスを持っているので、彼女を基本に自分の顔のバランスを比較してみると、似合う前髪のスタイルも見えてくるのでは?と思うのです。もちろん女優さんですから、各パーツの位置、大きさなどがそろっていて美しいのですが、いい、悪いではなくバランスのお手本として利用すると輪郭や顔のタイプが理解できると思います。

前髪ありが似合うのは面長さん

面長の人が前髪を作ると顔の長さが強調される?なんて言う意見もありますが、ぱっつんにしても幅を狭くして目の横あたりに流れるラインを作るとぱっつんもよく似合うのです。前髪の長さを適度に長めスタイルにして縦に長い面積を強調しないようにすることもできます。

目が印象的な面長さんの場合は、ぱっつんで幅が広めの前髪にしても、横ラインを強調できるので似合うスタイルです。ただ両目の位置が近いという場合には縦にパーツが集約して見えて縦長を強調してしまうので両目の位置が近い人は、前髪をあまり幅広くしないほうが似合います。

前髪なしが似合うのは童顔

前髪なしのスタイルがよく似合うのは童顔なイメージの方です。お顔のイメージが幼くてそれが大人になってからコンプレックスになっているという人もいますが、前髪を作らず横にふんわり流すとフェミニンな印象になります。ロングヘアを後ろに無造作に束ねて大き目のイヤリング、前髪とサイドの髪の毛がさらっとこぼれるくらいに無造作でもとてもよく似合うのです。

童顔の方が前髪を作ると子供っぽいイメージが強くなり、幼さを強調します。顔が幼く丸いという人は、前髪をポンパドールのように高くしたスタイルなども似合いますので、輪郭に合わせて前髪のアレンジを考えても素敵です。

前髪あり、なしの印象の違い

前髪があるとキュートで幼い印象、またぱっつん前髪などは個性を出せるスタイルといえます。前髪なしだとアンニュイな印象になりますし、かきあげるなどのしぐさが女性らしく男性が好きなスタイルです。おでこがでてすっきり見えるのでお顔の印象がつきやすく、大人っぽさが出るスタイルになります。

前髪ありキュートなイメージに

前髪があるととてもキュートなイメージです。ぱっつん前髪は目が強調されて愛らしさが全開という印象になります。目の上のラインで少しカールさせると女の子らしいふんわりした印象です。ガーリーなファッションとよく似合うふわふわ系のヘアスタイルに少しカールさせて横に流し気味の前髪は長い期間トレンドとなっています。

前髪なしで大人っぽい雰囲気に

前髪がない、つまりサイドや後ろの髪の毛の長さと同じくらい長いスタイルは大人っぽさを印象付けるスタイルです。大人の女性が前髪をふわっとかきあげるしぐさなど、同じ女性でもドキッとすることがあります。大人っぽさを演出できるほか、アレンジも色々できて様々なスタイルを楽しめる事も魅力です。

前髪でメイクのイメージもチェンジ

前髪を作っていない人が前髪を作る時、アイメイクをちょっと変えてみると印象がかなり変わり一気にイメージチェンジできます。目力があるメイク、ラインを強めに引いて少し上向きにもっていくと、個性が出て女性の芯の強さを感じさせることができるのです。

逆に前髪がない状態で目の印象を柔らかく、アイラインではなくブラウンのアイシャドウをすっと引くだけのメイクも色っぽさが増します。前髪を作らないと女性らしさが出てくるので、エイジング世代の女性もマイナスのメイクをすることでぐっと若く見えするのです。

前髪あり、なしのアレンジ集

前髪あり、前髪なし、いずれもアレンジで印象を変えることができます。前髪なしのほうがアレンジも多くなりますが、前髪ありでもキュートなアレンジや大人っぽいアレンジができるのです。アレンジテクニックを覚えると伸ばしかけの前髪もファッショナブルにできるので、アレンジをたくさん覚えておくと便利だと思います。

前髪あり!重ためバンクで女性らしい印象に


前髪の幅を広く、また眉の上でカットした重ためバング、個性的な印象ですが実は女性らしさを全開にするスタイルです。思い切ってサイドぎりぎりまで前髪の幅を広げ、眉上に切りそろえられた重たさのある前髪はクールなファッションも似合いますし、真逆のフェミニンなスタイルにしてもキュートになります。

前髪なし!クールにかきあげた前髪にトライ


前髪をふんわりとかきあげたような印象のクールで大人っぽいヘアスタイルです。ヘアオイルを利用して濡れ感を出してもいいですし、ワックスで強めにあげてもいいと思います。ボブで印象がいつも同じになってしまうという人も、このスタイルなら一気に印象を変えることができ、オフィスでもすっきりしたスタイルなので好印象です。

まとめ

前髪をどうするかで見た目の印象はかかなり変わります。前髪を作っていた人が前髪を伸ばしてすっきりおでこを出すと急に大人びた印象になりますし、前髪なしの人がぱっつんと前髪を切ってくるとドキッとするくらいに目力を強く感じるのです。いつも同じ印象のヘアスタイルになるという人も、伸ばしかけという人も、前髪のアレンジで一気に印象を変えることができます。