トレンドのネイルカタログデザインとおすすめアート

上品なレースネイルが人気!おすすめデザイン12選

レース柄のネイルはとても可愛らしかったり、上品だったり、いろいろな表情をつくることができます。レース柄のテープやシールもたくさん出回っているので上手に利用して素敵なネイルを作っていきましょう。

上品さが魅力のレースリボンネイルデザイン

グラデーションネイルと合わせてシンプルに


グラデーションネイルにレースをプラスしてオシャレなネイルを仕上げましょう。できるだけシンプルなナチュラルカラーを使用して、グラデーションで塗っていきます。先の方を濃い目にした方が見た感じも安定感があります。そしてレースフラワーのシールを貼ります。大きな花をモチーフにしたレース系シールを選んでみましょう。

黒レース合わせもシック


黒いレース柄シールを上手に利用しましょう。大人の女性の魅力を感じるネイルになります。例えばホワイトベースのネイルに黒のレース柄は、とてもシャープな雰囲気になり、ベージュを基本色にするとセクシーなイメージになります。また薄いピンクを基本色にすると小悪魔的なイメージにつくることができます。ただし5本指すべて黒レース柄を付けるのはちょっとしつこくなりそうです。そこで、黒レースに合わせて、黒のストーンを1個付けた爪や、黒のドット柄を取り入れたり、黒のテープを利用してみたり、バランスを考えて作りましょう。

フレンチ×レース


フレンチとレースで優雅なイメージのネイルを仕上げてみましょう。フレンチタイプのネイルはナチュラルな透明感のあるネイルと、先の方は真っ白にしたフレンチネイルを基本にします。レースシールを貼り付ける爪はフレンチにせず、ナチュラルな透明感ネイルを素塗りします。その上に全体的にレースシールを貼ってみましょう。全体的に貼ることでとても目立ちます。5本のうちの1本だけレースにし、あとはフレンチネイルにした方が1本が逆に目立ちます。品の良い優雅な感じのネイルです。

ワンカラーとの相性ぴったり


フラワーレースでも透き感の高いものを選びましょう。それによってワンカラーのネイルにも馴染みが良く、ピッタリです。例えば白に近いブルーやパープルなどに白いレースシールをプラスすると、とても品よくまとまります。またビビッドなカラーに白いレースシールをプラスすると、主張の強いあでやかなタイプになります。どちらも5本指すべてにレースを付けるとちょっと重くなるので、3本程度は同じカラーや同系色の違ったカラーにして、パールやストーンをしつこく無い程度に付けるのもおすすめです。

大人キュートなおすすめレースネイル

デニムネイルを合わせてカジュアルに


レースネイルばかりじゃ、逆に目立たなくなってしまったり、重苦しくなることも。そこで5本指のうち、数本はレースでないネイルにしてみましょう。そこでデニムカラーをプラスしてみましょう。デニム生地柄のシールを使用してもOKですが、デニム風の色合いにしてみるだけで、スポーティーなイメージになるはずです。デニム風のカラーはネイビーと空色を細かいマーブル柄にして作りましょう。ゴールドのメタルパーツをプラスしてもOKです。

ボヘミアンネイルと合わせて


つや消しタイプのボヘミアンカラーは、大人の女性を感じさせますが、レース柄と合わせてみましょう。ボヘミアンカラーのレースシールが手に入ったら、同じ系統のカラーネイルを準備します。ネイル単色の指を3~4本、レースシールの指を1~2本にしましょう。無地のボヘミアンカラーのところにはボヘミアン柄のゴールドメタルパーツなどをプラスしてもいいのではないでしょうか。ボヘミアン柄にはシルバーよりゴールドがおすすめです。

またレースを付ける指は透明感のある天然カラーのネイルを塗っておき、そこに付け加えましょう。ボヘミアンカラーは重くなる可能性があるので、ゴールドですっきり感を出しましょう。

春夏おすすめビタミンカラー


春夏は寒い冬から温かくなり心も軽くなってくる時期です。この時期にはネイルも晴れやかなものがおすすめです。そこでビタミンカラーを上手に利用してみましょう。ビタミンカラーはいわゆるシャーベットカラーとも言われているもので、パステル系のカラーです。そこでメロン色やレモン色、ピーチ色など柔らかいカラーの単色を爪に素塗りします。レース柄シールを塗る爪はナチュラルカラーネイルを塗り、その上にレースシールを貼りましょう。

全面にゴージャスなホワイトレースシールを貼ると優雅になります。あまりラメやパール、ストーンなどを付けずにレースのゴージャスさを見せるようにするためにも、華やかなレースシールを選びましょう。

クールでシックな大人ネイル


大人の女性向けのネイルは。やはり妖艶でありたいもの。そこにクールさがプラスされネイルは30代、40代の女性にピッタリです。そこで黒いレースシールを使用してみましょう。黒いレース柄はとても妖艶になるのでおすすめです。黒と合わせて妖艶になるカラーは赤です。そこで赤のネイル単色塗りの爪と、黒レースシールを使用した爪の二種類を混ぜてみましょう。赤の単色塗りの爪にはゴールドパーツを使用したり、パールやストーンをポイントに付けてもOKです。

そして黒レースを貼る爪には、ナチュラルカラーのネイルを素塗りして、その上に貼り付けましょう。赤単色の上に黒レースを貼り付けてもOKですが、とても重々しくなり癖が強すぎるのであまりおすすめできません。

オフィスにもぴったりのシンプルレースネイル

ヌードカラー×レース


ヌードカラーはとてもセクシーで、大人の女性にピッタリです。ヌードカラーをすべての指に素塗りしておきます。5本の指の中の1本だけ、全面にその上から白レースシールを貼りましょう。レースによってもイメージが変わるほどレースが全体を左右します。柄がしっかりと出るゴージャスなレースシールを選ぶと、全体的にゴージャスになります。ワンポイントとして小さなゴールドメタルやパール、ストーンなどを付けてもいいのではないでしょうか。せっかくヌードカラーのセクシーさを醸しだしているので、あまりたくさん付けないように。

ニュアンスネイルでナチュラルな仕上りに


ニュアンスネイルは曖昧な色合いで、自由に感性のまま作っていくネイルですが、そこにレースシールをプラスしてみましょう。今ニュアンスネイルがとても人気となっています。そこで同系の濃淡の乳白色系の色を爪の上で混ぜ合わせ境が分からないような無秩序なグラデーションを作ります。色も自由ですが、ブルー系、パープル系、グレー系などもおすすめです。乳白色の単色塗りの爪も5本中1本か2本入れておくと全体に軽さが出ます。

レースシールを付ける爪だけは透明感の高いネイルを塗っておき、そこに貼り付けるようにしましょう。ストーンやゴールドメタル、スワロフスキーなど、はっきりしたイメージのものは付けず、せいぜいパール程度をプラスする方がニュアンスカラーは引き立ちます。この場合は特に何も付けなくても、レースが充分ポイントになります。

クリアなフラワーネイル


クリアなフラワーシールをフレンチに利用してみましょう。フレンチタイプのネイルをしていきますが、基本的なフレンチタイプは、下3分の2がナチュラルカラー、上3分の1がホワイトとなります。しかしこのホワイトの部分をホワイトにせずに、オシャレなレースシールを貼ってしまいましょう。境目をキレイにできずにフレンチが難しいという人も、ホワイトレースシールを上手に利用すればナチュラルカラーの素塗りだけをしておけば簡単にできてしまいます。そのときには、ホワイトが強めのはっきりしたレース柄を選ぶといいでしょう。

そしてレースは斜めに貼り付ける方がオシャレになるかも知れません。もちろんレースのタイプによって斜めは加減しましょう。全部の指をレースにしなくても、他の数本はヌードカラーの単色だったり、フレンチタイプにしてみるなど工夫してもいいのではないでしょうか。

シンプル手書きレース


レースをホワイトネイルで手書きしてもOKです。しかし絵に自信がない人はやはりシールを上手に利用した方がおすすめです。シンプルな肌色系のネイルを全体に素塗りして、数本にレースを手書きしてみたり、あまり主張の大きくないホワイトレースを全面に貼り付けみましょう。とてもシンプルなので、仕事などでも問題なく使えるネイルではないでしょうか。

まとめ

ネイル用のレースシールやレーステープは本当にいろいろな種類が出回っています。そのため自分のイメージにあったレースシールなどを使用してあでやかなネイルを仕上げてみましょう。