ホワイトネイルはデザイン豊富!人気のネイルデザイン12選

ホワイトネイルは本当にさまざまなデザインが広がります。そしてさまざまなイメージを作り出すことができる素敵なカラーネイルなのです。ホワイトをベースとしたネイルのご紹介です。

大人可愛いホワイトネイルデザイン

オフィスにぴったりシンプルネイル


ホワイトネイルはオフィスにもピッタリです。ペンキのようなホワイトは目立つため、透明感あるパールホワイトなどを使ってみましょう。爪の先に行くほど乳白色にグラデーションをしていくと、ナチュラル感がありながらとてもオシャレなネイルができあがります。

ワンポイントでパールやスワロフスキーを付けても可愛くなります。また爪の先の中央部分にスワロスキーなどを付けると、水滴が一滴したたりそうなイメージ。

パステルカラーと合わせたワントーンネイル


白、ピンクやイエロー、ブルーなど、どれも乳白色系のネイルを、5本指それぞれにいろいろな乳白色カラーを塗ってみましょう。どれも乳白色だから統一感が抜群です。そこにいろいろなストーンを思い切り付けてみても良いかもしれません。

ビビッドカラーとは違い、乳白色系なので思い切り派手なストーンを付けても品良くまとまります。また同じストーンをそれぞれの爪に付けることで、より一体感が出てまとまったイメージにもなります。

ミラーネイルと合わせてクールに


今人気のミラーネイルを上手に組みあわせてみましょう。ミラーパウダー(クロムパウダー)を使うことで、ラメ感とはまったく違ったミラーのようなメタリックカラーを作ることができます。ビビットなカラーでもメタリックに渋い色合いに。

ホワイトネイルはシルバーメタリックのような輝きに。指の一本だけミラーネイルを取り入れてもいいし、爪の3分の1程度先の方をすべてミラーネイルにしてもスタイリッシュです。クールなイメージが独特です。

シンプルだけど映えるラインアートネイル


ホワイトネイルにゴールドやシルバーの細いネイルテープを使って、自由に柄を付けてみませんか。特に柄は決めなくても、同じテープを使えば統一感があるので統一感があるので、やってみたいようにはってみましょう。

放射線状にはってみたり、網目のようにはってみたり、斜めに一本入れてみたり、横に日本線を入れてみたりと、なんでもOK。時間も掛からずとても簡単なのに複雑なデザインのネイルを作ることができます。

パールホワイトベースの人気ネイルデザイン

グラデーションネイルと合わせて


人気のホワイトパールでグラデーションを付けてみましょう。ナチュラル感があり、清潔な手先を感じさせます。シルバーやゴールドラメを上手に利用してみてもおすすめです。シルバーラメの方が爽やかな感じになり、ゴールドラメの方がゴージャスになります。

グラデーションは爪先の方を濃くした方が安定感がありおすすめです。ホワイトパールのグラデーションは、もわもわっとした雲のような暖かみがあります。

キラキラ可愛いフレンチ


パールホワイトのグラデーションはとてもナチュラル感があります。爪の下の方は1度塗りにして、先の方は3度ぬりぐらいにして約3段階のグラデーションを作っていきましょう。そのグラデーションが優しい境のはっきりしないフレンチスタイルになります。

薄めに塗ったところにパールやスワロフスキーなどを付けるとグーンと華やかになります。パールホワイトの1重塗りは、白というよりナチュラルな爪の色に近いものとなります。

ビジューとの相性ぴったり


ビジュー(bijou)はフランス語で「宝石」という意味です、パール・ストーン・スワロフスキーなどがホワイトパールにはピッタリ。ホワイトパールは雲のようなイメージで柔らかくて、温かくて、ほんわかしたイメージがあります。そこにオシャレな輝くビジューを付けてみましょう。ホワイトパールが輝きを抑えているので、逆にビジューを思いお切りたくさんこんもりと付けてみても、品の良いゴージャスなデザインをつくることができます。

シェルストーン×ホワイトパール


ホワイトパールにはシェルストーンがとても似合います。シェルストーンは貝殻からできているもので、不思議なきらめきが魅力です。ホワイトパールもシェルストーンもパール系の統一感があるのでぴったりです。まるでオパールのような輝きがおしゃれです。

シェルストーンとホワイトパールの組みあわせは、華やかだけどけばけばしくならずに品良くまとまります。夏の海辺にもピッタリです。シェルストーンの多くはピンク系、ブルー系、パープル系、ブルー系、ホワイト系の色となります。

ホワイトベースのフラワーネイル

シースルーと合わせたキラキラフラワーネイル


透明感のあるホワイトネイルに、キラキラのフラワーネイルはとても可愛く上品でゴージャス。透明感のるホワイトベースネールはとてもナチュラル。そんなナチュラルなところにキラキラのストーンでお花をかたどって付けてみましょう。

小さな小花がついているような、とてもかわいいネイルができます。特に透明感のあるガラスストーンなどを付けてみるとグーンと華やかになります。透明感のあるネイルなので、小花をぎっしりつけても空き感があって涼しげ仕上がります。

上品で可愛いフラワーネイル


透明感のあるホワイトベースに、はっきりした白色で花びらを書いてみましょう。白い花びらを上手に描ければレースのように品よくゴージャスになります。ホワイトパールの素塗りの上に、白の花柄を描くのは相当高い技術が必要です。

しかし白い花柄のシールなどを使えば絵が下手でもおすすめです。是非ホワイト×ホワイトのネイルを楽しんでみませんか。純白というイメージがあり、ブライダルなどにもピッタリです。ホワイトベースを少しベージュ系にすると大人の女性にピッタリです。

王道フレンチ×フラワー


ほとんど透明感のあるホワイトパールを全体に塗り、真っ白のネイルと爪先に塗って、王道のフレンチタイプのネイルを作ります。意外と難しい王道フレンチネイルは、チップを使うのもおすすめです。そこにかわいい小花を描いてみましょう。花を描くのは自信がない人は、かわいい小花のシールもOK。真っ白の小花は有色の花より目立ちます。花心には黄色を入れてみてはいかがでしょう。

また小さな小花をカラフルにしてみるのも、かわいいネイルがフレンチにピッタリです。白い花の方が爽やかさを感じさせてくれます。

ドットと合わせてカジュアルに


涼しげなドット柄と、ホワイトフラワーの組みあわせはいかがでしょう。まずシースルードット柄を描いてみましょう。例えば黒や紺など暗い色の透明感のあるネイルを1度塗りし、そこに濃い黒や紺でドット柄を作っていきます。

これでレースのようなドット柄ができあがります。そこにホワイトネイルで花柄を描いてみましょう。きっと涼しげなオシャレなネイルが出来上がります。ドット柄は意外と簡単ですが、やはり花柄を描くのは自信が無いという場合は、ホワイトフラワーのシールを上手に利用してはいかがでしょう。

まとめ

ご紹介したように、ホワイト系のネイルはいろいろな変化を作ることができます。ビビット系のネイルより塗りむらも目立たず、とてもかわいく、いろいろな場面で使えるデザインが作れます。

またいろいろなストーンやテープで楽しむのも手軽にできます。また透明感と乳白色感とのグラデーションはとてもナチュラルでオシャレ。清潔感もあり品の良いネイルが仕上がります。