シンプルなネイルでおすすめのデザイン

ジェルネイルが持ちやすくなる対処方法。平均でどれくらいもつの?

ジュエルネイルはキレイですから、みているだけでも幸せになれそうです。なるべくこのままで、長持ちさせたいものでしょう。今回は長持ちさせるにはどうすればよいか。考えてみました。この記事を参考にして、ジュエルネイルの長持ち方法を皆さまも、考えてみると良いです。

ジェルネイルの持ちはどのくらい?

平均3週間~1ヶ月程度持つ

ジェルネイルは平均で3週間から1ヶ月程度は持つそうです。こう見ると、なかなか長持ちかもしれません。自分でセルフネイルをする人もいるでしょうし、サロンでやってもらうという人もいるでしょう。お気に入りのジュエルネイルだったら、その位の間、たのしめるのであれば嬉しいものです。

逆に余り気に入らないけれど、そんなにもつなら仕方ないかなと諦めてしまう場合もあるかもしれません。セルフネイルでしたら、自分で施すのでお金はそれほどかからないでしょうが、サロンに行くという人はお金がかかるでしょうから、本当に気に入ったものにしてもらうと良いでしょう。

爪の伸びる速度や、日頃の生活でも持ちが変わる

とはいいましても、爪の伸びる速度や、日頃の生活でも持ちが変わるということもあります。爪が伸びる速度は人によって違いますし、日常の生活の状態も人それぞれですから、平均3週間~1ヶ月程度おいいましても、人それぞれというところでしょう。3週間と1ヶ月では1週間もの違いがあるのもそのためです。

爪の伸びる速さは手の爪が1日に0.1mm、足は0,05mmだそうです。伸びる速さは新陳代謝の良し悪しによってかわるようで、10代から20代が一番速く伸びます。また、手の使い具合にも違いますから、手を使う仕事をする場合は速いようですから、家事等にいそしむ主婦やパソコンを打ったりする人は速いかもしれません。

マニキュアよりもジェルネイルの方が持つ

マニキュアよりもジェルネイルの方が持つと言われています。確かに、マニキュアは物にもよりますが、すぐに落ちてしまいますので、それにくらべるとネイルはお得でしょう。マニキュアはへたをしますと、その日の内に落ちてしまうことがあります。

手仕事や紛失したものを探すのに手を使っていたりすると、マニキュアはいつのまにかはげてしまいます。「せっかく、塗ったばかりなのに残念。」と思ったことがある人は少なくないでしょう。マニキュアは少しでも、はげてしまうとみっともない状態になりますので、全部とって塗り直すか。塗る時間がなければ、また今度ということになってなかなか塗れないということも多いです。

ジェルネイルがおすすめの理由

マニキュアよりもジェルネイルの方が持つ

ジェルネイルがおすすめの理由として、まず挙げられるのはマニキュアよりもジェルネイルの方が持つということです。上記にありますように、マニキュアはすぐにはげてしまいますが、ネイルは3週間から1ヶ月持ちますから、この違いは大きいでしょう。マニキュアだったら、1日ではげることがありますから、3週間から1ヶ月の間に何度も塗り直しということになりのです。

お金のことで考えましても、長持ちするのは嬉しいことです。マニキュアで考えますと、100均で買ったとしても、すぐにはげてしまって塗り直しとなると、一ビンすぐになくなってしまうでしょう。値段が高いようなものでも、はげてしまうということは同じですから、買い直しすることを考えると、なかなかお金がかかります。

手をよく使う仕事の人はジェルネイルがおすすめ

このように考えますと、ジェルネイルはお得です。特に、手をよく使う仕事の人はジェルネイルがおすすめでしょう。先ほど書きましたように、家事をする主婦やパソコンを使う人以外にも、美容師さんやレジ打ちをする店員さんも良く手を使いますから、ジェルネイルの方が良いかもしれません。

特に人と接するような仕事の人はジェルネイルをしていると、見栄えが良いです。「そのネイル、きれいね。」などとお客さんが話しかけてくる可能性がありますので、良いコミュニケーションになります。たとえば、洋服やさんですと、ネイルをしているような華やかで、おしゃれな雰囲気の店員さんがいるとセンスの良いものを選んでくれるようで、買い物がしやすいとお客の立場の人は思うはずです。

日々の手入れによっては長持ちする

どんなことでも、どんなものでも言えることですが、お手入れ次第で長持ちします。それは、ジェルネイルも同じことが言えるのです。日々の地道な手入れによってジェルネイルも長持ちしますので、その美しさを長く楽しめて有難いことでしょう。

たとえば、3週間から1ヶ月のところを、頑張ってお手入れしたために3~5日くらい長くもってくれるだけでも、うれしいことがあります。仕事が忙しくて、自分でやり直しするのも無理だし、ネイルサロンに行くことも出来ないという場合は助かるでしょう。店員さんであれば、夜の8時過ぎまでお店にいなければならないということもしばしばでしょうから、疲れてしまうでしょうし、休みの日はぐったりしているということもあります。その場合は、少しでも長く持ってくれればこの上なくうれしいものです。

ネイル持ちを良くするポイント

洗い物はゴム手袋をする

洗い物で落ちてしまうということはよくありますので、ゴム手袋着用はおすすめです。ゴム手袋は洗った心地がしなくて嫌と言う人もいますが、最近は薄いものもありますので、いろいろと選んでみると良いでしょう。また、使い捨てのものですと、ビニールで出来ていて薄いので、良いかもしれません。

また、最近はゴム手袋でもお花もようの可愛らしいものも出ていますので、いろいろと探してみるのも楽しいものです。100均にも数多くありますし、雑貨店にも安いお値段でかわいいものが数多く売っています。色もピンクなど、豊富にそろっていますし、丈の長いものもありますので、好みに合うものを探して使ってみるのもおすすめです。

必要以上に触らない

必要以上に触らないというのも、大事なことです。これは、わかっていながらもついやってしまうことですから、注意しなければいけません。「ネイルを触らない」ということを心の中に留めておきましょう。それでも、心配な場合は紙に書いて見えるところに貼っておくと、常に認識出来て良いかもしれません。

とはいいましても、ちょっと時間が空いた時に「きれいだな。かわいいな。」と自画自賛して、触ってしまうこともあるでしょう。その場合は触りすぎてしまって取れそうになることもありますので、そうならないようにスマホで写真にとって眺めるようにしてはいかがでしょうか。写真ならば、いくら眺めても大丈夫ですし、日々写真にとれば、長持ち具合もよくわかります。

衣服などに引っかけない

これもやってしまいがちですが、衣服などに引っかけないという事は大事です。確かについうっかりということはよくありますので、そうならないように薄手の手袋をするという事もおすすめできます。冬であれば、手袋はよくありますが、夏場でも日焼け防止のための薄手の手袋がありますので、購入してみても良いでしょう。

日焼け防止の手袋はデパート、ドラッグストア、雑貨やさん、インターネットなどで色々なものが売っています。お値段は1000円くらいの物も、もう少し安い物や高い物もあり、ピンキリといえるでしょう。日焼け防止にもなるので、お気に入りの物を探してみても良いかもしれません。

出来るだけダメージを与えない事が重要

とにかく、色々な工夫をしてできるだけダメージを与えない事が重要です。せっかくのジュエルネイルですから、大事に扱いたいものですし、長持ちさせたいでしょう.そのためには上記に書いたようなことに、気をつけて様々な工夫をして努力することが大事になります。

1ヶ月より長く持ったら、ご褒美にこれを買うというようなことを自分に約束しても良いでしょう。様々なことを考えてダメージを避けるようにしたいものです。

ネイルの持ちが悪いときの対処方法

はがれてきたらジェル用のトップコートを塗って

はがれてきたらジェル用のトップコートを塗って対処するという事も良いでしょう。早めの対処で長持ちできるのであれば、それに越したことはないです。そのためにはジェル用のトップコートが必要なので、買える時に買って家に置いておくと良いかもしれません。

ジェル用のトップコートはお店でも売っていますし、インターネットでも手軽に買えます。アマゾンや楽天等、買いやすいサイトで多目に頼んでおくと買いおきがあって安心できるでしょう。

無料でお直しして貰えるサロンも

無料でお直しして貰えるサロンもありますので、予め調べておいてそのようなサロンで塗ってもらうと良いでしょう。インターネットでネイルサロンを調べ、特典等も良くチェックしておくと良いかもしれません。また、恥ずかしがらずに。無料でお直しできるかどうか聞いてみるというのも良い方法です。

直接聞くというのも気が引けるでしょうから、電話で聞いてみると良いでしょう。たいていのサロンは丁寧に答えてくれるはずです。

浮いた部分をカットして取り除く

浮いた部分をカットして取り除くというのも良い方法です。自分でもできるでしょうから、思い切ってやってみましょう。取り除いてしまえば、崩れた部分も誤魔化せるはずですが、自信がないという人は、予めネイルサロンでやり方を聞いてみると親切に教えてくれますから、施してもらった時に聞いてみてください。

また、インターネットでやり方を調べてみても良いですし、ネイルが得意な知り合いに聞いてみても良いでしょう。このように工夫次第で長持ちできるものです。

サロンを変えるのも1つの手

サロンを変えるのも1つの手です。もしかしたら、今頼んでいるサロンのやりかたでは、取れやすいのかもしれません。お値段が多少高くなっても、長持ちしたほうが良いでしょうから、インターネットの口コミなどを見て良さそうなところを探しましょう。

キレイで長持ちのジュエルネイルを施している人が友人で同僚にいたら、どこでやってもらったか聞いてみるのもよいでしょう。その人のネイルを褒めて聞いてみると、気持ちよく教えてくれます。

まとめ

いかがでしたか。お気に入りのジュエルネイルは長持ちさせたいものですから、工夫が大事です。ここに挙げた以外にも工夫する方法があるかもしれませんから、ネイルサロンやネイルを長持ちさせている人に情報を聞いてみても良いでしょう。頑張って長持ちさせてください。