乳首はメラニン色素が理由で黒ずむ?解消方法は?

乳首の色はピンク色がきれい、使っていない証拠とか、遊んでいない証拠なんてよく言われます。でもこれは後天的な要素もありますし、先天的な要素も関係しているのです。どうして乳首の色が黒ずむのか、その理由を確認し、対応なども考えていくといいと思います。

そもそもメラニン色素とは?


紫外線が当たると肌内部では活性酸素が発生し、これが多くなることで体にさまざまな悪影響を受ける可能性があるのです。この悪影響を受けたメラニンを作るメラノサイトと呼ばれる細胞がメラニンを作り始め、細胞などを保護しようとします。この時に生成されるメラニンの中でもユーメラニンが優勢となる場合、黒い色で紫外線を吸収し肌からその奥に有害な物質が入らないように保護するのです。

しかし紫外線に弱いフェオメラニンと呼ばれるメラニンは、紫外線を吸収するところか体に悪影響を及ぼす活性酸素を作り出す可能性を持っています。この時、細胞はダメージを受けて赤くはれ炎症を起こすといわれているのです。日本人はユーメラニンとフェオメラニンの混合とされています。日焼けによって黒くなる人と赤くなる人の違いはこのメラニンの多さ、違いによるものとされているのです。

乳首の色の黒ずみは、メラニン色素が原因?


乳首の黒ずみはメラニン色素が大きく関係しているといわれています。メラニン色素は紫外線を浴びることにより細胞を保護するために肌を黒くするといわれていますが、刺激によって受ける負担を軽減するために発生することもあるのです。

メラニン色素は乳首の色にも大きく関係している

メラニン色素は乳首の色に関しても大きく関係しています。摩擦によって肌が刺激を受けるとそこに活性酸素が発生するため、細胞を保護しようとメラニン色素が肌を黒くするといわれているのです。下着などの刺激、摩擦が大きいとメラニン色素の発生が多くなり、それによって黒ずみができる要因となるのではないかとされています。

先天性、後天性による理由有り

もともと肌の色は人によってすごく白い人と、少し黒さがある人もいて様々です。同じ日本人なのに白人のような白さを持っている人もいます。これは遺伝的なものもあり、肌のメラニンがもともと薄い人がいるのです。また乳首の黒ずみなどは後天的要素もあり、摩擦、食生活、生活習慣などにより好転転機に黒くなることもあるといわれています。

病気の可能性もあるので注意

乳首の色が急に変わってきたという場合などは、病気の可能性を否定できないこともあるようです。例えば乳首や乳輪などがじくじく赤くなってきた李、ただれた状態で赤みを持っているという場合には、病気が疑われることもあり、急な異変に関しては医療機関を受診するほうが安心といわれています。また黒い斑点が乳首の周辺などにできたという場合、ホルモンや代謝系の病気という事もあるので、専門員見てもらうほうが安心です。

メラニン色素が原因の乳首の黒ずみ改善方法

バストアップ
乳首の色が黒ずんでいることが、メラニン色素によるものという場合には、改善方法があり、食生活に気を配ったり、生活習慣に気を付けるなど、日ごとのケアによっても改善することがあります。保湿ケアなどによっても改善することがあるので、乳首の黒ずみは体質、遺伝的なものと思わず、ケアなどを考える事も必要です。

メラニン色素を薄くするため、ケアを行う

メラニン色素を薄くするためのケアとしては、乳首や乳輪に利用できるクリームなどが役立ちます。最近はハイドロキノンなどのお肌の漂白剤と呼ばれるクリームなどが販売されていますのでこれらを利用することで改善することもあるのです。病院でもこうしたメラニン色素に関するケアクリームなどを販売されているところがありますので、利用することで悩みの解消となることもあります。

食生活の改善、ストレス解消など、日常生活の見直しをする


お肌を美しく保つためには、お肌の新陳代謝が正常に行われること、つまりターンオーバーが正常に行われることが必要です。そのためには、皮膚の成長に必要な栄養素が各部位に届くことが大切になります。食生活のバランスが悪いと、血液に乗って必要な栄養素が届きにくくなり、ターンオーバーが正常に行われにくくなるのです。バランスのいい食事は乳首の黒ずみを解消する手段ともなります。

保湿ケアなど入念に行いましょう

お風呂からあがったとき、また朝洗顔をしてからお顔の保湿などをしっかり行う人が多いですが、ボディも乳房も乳首なども、皮膚の延長線上と考えて保湿ケアを行うことが大事です。乳首が乾燥しているとより一層摩擦の影響を受けることになるので、乳首が黒ずんだり、時に擦過傷のように出血することもあります。そうならないように保湿ケアは日々行うことが求められるのです。

摩擦が起きないようにケアをする

乳首、乳輪は摩擦の刺激を受けてメラニン色素がより多く発生することがあります。そのため、摩擦が起きないように下着のサイズ、また下着の素材などに気を配ることも重要です。摩擦しにくい下着でサイズが合ったものにすると、付け心地もいいですし、乳首の保護、また肩こりなどを改善する要素にもなります。

メラニン色素による乳首の黒ずみをてっとり早く綺麗にするコツ

メラニン色素によって乳首が黒ずんでいるという状態をスピーディに解消したいという時、現代は利用できるクリームなど有能なものがたくさん販売されているのです。こうしたものを利用することで、よりスピーディに悩みを改善できる可能性があります。

色つきクリームを使って塗って綺麗にする


今日、今すぐ、乳首の色を改善したいという時には、色付きのクリームを利用し、乳首の色を肌の色に近づけてきれいに見せるという方法も利用できるのです。こうしたデリケートな部分への悩みを解消するグッズは、今多く販売されていますので賢く利用して、まずは今見た目をよくすることから始めてもいいと思います。

こうした色付きクリームなどを利用して隠すという事を行いつつ、根本的に改善する方法、時間をかけて改善することも考えるのです。気になっている部分を隠しながら、ストレスを少なく改善に持っていけるので、まず見た目をよくするという事も気持ちにプラスなことだと思います。

レーザー治療で黒ずみを改善

しっかりと乳首の色を改善したい場合、レーザー治療によって薄くするという事も可能です。乳首の色が黒ずんでいることがコンプレックスとなり、気になって仕方ないという人は、思い切ってこうした医療機関で受ける本格的な治療を行ってみるのも一つの方法となります。美容整形外科などはこうした悩みを持っている人が多く相談に訪れているようです。気になる方は一度、カウンセリングを受けて相談してみると心が楽になると思います。

レーザー治療はクリニックによって違いがありますが、痛みを感じる場合には麻酔などを施してくれるはずです。レーザー治療は基本的に医師以外に行うことができない治療となります。

専用クリームを使って効率良くケア

ハイドロキノンなどの美白効果のあるクリームなどを利用して、乳首をケアするという方法もありますし、乳首専用の保湿ケアクリームなどもあるのです。こうした商品を利用して、乳首の色を改善されている方も大勢いらっしゃいます。乳首の色、また大きさなどにコンプレックスを持っているけれど、レーザー治療などはちょっと・・という方は、自宅でできる専用ケア用品を利用してみるのも一つの方法です。

専用クリームといえばこれ!人気脱毛サロンが開発した絶対的信頼の1本「ibizaクリーム」

「美的」などの美容誌や「女性自身」などの週刊誌など数多くの雑誌にとりあげられている、人気沸騰中のバストトップケアクリーム「ibizaクリーム」。人気脱毛サロンが開発、お店のノウハウが凝縮した1本となっています!

「ibizaクリーム」の特徴としては

  • 美白に効果のあるトラネキサム酸と肌を整えるグリチルリチン酸配合により、ケアしながら美肌に導いてくれる
  • 8種の潤い成分で保湿もバッチリ!
  • 安心安全の日本製、厳重な品質管理のもと生産
  • 合成香料・鉱物油・アルコール・パラベンなどを不使用
  • 2016年1月に行った「デリケートゾーン 美白ケア商品」によるインターネット調査では人気No.1!

これ1本で黒ずみも乾燥も対策できちゃうのは嬉しいですね。

気になるクチコミはこちらでチェック!→https://ibizabeauty.net/

あとは気になるのはお値段。高いと続けることが難しく、効果も感じにくくなってしまいますよね。

コースは自分のペースで選べますが、イチオシは「毎月2本集中ケアコース」!1本7,000円のクリームが2本で通常14,000円ですが、なんと今ですと37%OFFの8,800円でお試しいただけます!

また「毎月2本集中ケアコース」をご注文いただくと全国どこでも送料が無料、3回目以降はずっと定価から35%OFFなど7つの特典がついてくるのでとてもお得!

他の特典が気になる!?公式サイトはこちら→https://ibizabeauty.net/

これを機にぜひ「ibizaクリーム」を使って、さらなる美乳を目指しましょう!

マッサージなどを合わせて行うと良い

血行が悪い状態となって乳首の色が黒ずんでいる方もいます。この場合、乳首専用のクリームなどを利用し、また保湿クリームなどを乳房に塗る時に、血行を良くするマッサージを行うという事も、乳首の色の改善につながるといわれているのです。血液の流れがよくなり、皮膚のターンオーバーに必要な栄養素がしっかり届くようになれば、乳首の色も自然と改善してくと言われています。

ただ乳房も乳首も、また乳輪に関してもとてもデリケートな部分なので、マッサージしすぎないこともポイントです。適度にマッサージすることで、血液の循環がよくなり代謝が向上する要因していくと、乳首の色も改善する可能性が出てきます。

まとめ


男性にとって乳首の色や形はそれほど気にすることではないと思いますが、女性にとってはとても大切な部分なので、どうしても人と比較してしまうのです。色、形がほかの人と違う、特に黒ずみがあるなど、コンプレックスとなることも多く、女性同士でも見てほしくないと思うこともあるといいます。ケアや改善方法を理解し実行することで自信をもつこともできるはずです。