妊娠後に乳首が黒ずみやすくなる原因と対処法

妊娠すると女性の体は大きく変化しますが、それは内部に限らず見た目にも大きく変化していきます。内部では子宮が大きくなり、胎児の命、成長をはぐくむ胎盤ができ、さらに退治の成長とともにおなかも大きくなっていくのです。胸も大きく成長し乳腺が発達し、乳首や乳輪なども変化することが多くなります。この変化が女性の悩みとなることもあるのです。

妊娠すると乳首が黒ずみやすくなる理由


妊娠すると今までの体とは全く違う状態になることも多く、激しいつわりに苦しむ方も多くなります。見た目にもおなかが大きくなっていくので、妊娠していることを周囲の人も理解することになりますが、人に見せない部分、乳首や乳輪が黒くなっていくことは、妊婦さんにとって、とても気になることです。

ホルモンバランスの乱れが原因

妊娠すると女性ホルモンのバランスが大きく変化します。妊娠20週目くらいになると卵胞ホルモンのエストロゲンと呼ばれるホルモンと、黄体ホルモンのプロゲステロンというホルモンの分泌が活発になり、メラニン色素を作り出す細胞「メラノサイト」が強く刺激を付けるのです。刺激を受けたメラノサイトによってメラニン色素が多い状態となります。

妊娠するとしみ、そばかすなどができやすくなったと感じる人が多くなりますが、これもメラノサイトによってメラニン色素が多くなったことが原因で、乳首の色が濃くなるのも、メラニン色素が妊娠によって多くなることが原因といわれているのです。ただこの刺激によってどのくらいのメラニン色素が出てくるのか、これは人によって違いがあるので、黒くなる人もいれば変化が見られないという人もいます。

メラニン色素が発生しやすくなる

ホルモンバランスが大きく変化することで、メラニン色素が発生しやすくなりますが、妊娠中は体が敏感であることで、刺激を受けやすいという事も、乳首が黒くなる要因となっているのです。乳首や乳房が大きくなり、赤ちゃんがおっぱいを飲みやすいように徐々に変化していきますが、この時体が敏感になっていることで刺激を受けやすく、下着に擦れることでメラニン色素が多くなることもあります。

色素沈着によってそのまま黒ずみ乳首になってしまう


ホルモンバランスが普段の状態とは違う妊婦さんは、メラニン色素が常に増加しやすい状態となっているので、シミ、そばかすなどができやすい状態です。つまり、色素沈着を起こすことも多く、その後、代謝が低くなってしまうとシミがそのまま残るという事もあります。乳首のほかに、脇、またデリケートゾーンが黒く変色した・・と悩む人が多いのですが、この色素沈着もメラニン色素が起こすことなのです。

皮膚や乳輪が薄い人は特に黒ずみやすい

皮膚がもともと薄く、乳輪の色や乳首の色がもともと薄くピンク色だったという人は、妊娠によって乳首が黒くなることも多くなります。メラニン色素がもともと少ない状態で、皮膚が薄くデリケートな状態となっているところに、妊娠し一気にメラニン色素が多くなることで、色素沈着を大きく引き起こすことがあるのです。皮膚が薄く血管が普段から薄く見えるような人は、乳首のケアなどをしっかり行う必要があります。

妊娠後も乳首が黒ずみがしやすいタイミング

妊娠が終了しお子さんを無事産んでからも、実は乳首が黒ずみやすいタイミングがあるようです。そのタイミングを理解し、乳首、乳房のケアを行っていくことで、乳首がより黒くなることを予防できる可能性もあります。

授乳をする事で黒ずみ悪化


赤ちゃんが離乳するまで、赤ちゃんが成長するために摂取するものはおっぱいのみです。ママは赤ちゃんが健康に健やかに成長してくれるようにとバランスのいい食事を心がけています。しかしこの授乳のタイミング、この期間で乳首の黒ずみが悪化することもあるのです。赤ちゃんはおっぱいを思い切りよく吸い、栄養を吸収しようとしているのです。その時、一生懸命に乳首を吸えば吸うほど、乳首にとっては刺激となります。

この授乳による刺激によってメラニン色素が多くなることもあり、授乳しているとき、明らかに乳首が黒くなっていることを感じているママも多いのです。授乳中も、しっかり乳首のケアを行うこと、水分もしっかりとり、栄養素がママの体内にもしっかりいきわたるようにすることが大切といわれています。

ホルモンバランスが乱れてメラニン色素が発生

妊娠するとホルモンのバランスが変化しますが、出産した後、大きくホルモンバランスが乱れる時期があるのです。妊娠が終了し今まで活発に分泌していた黄体ホルモンや卵胞ホルモンが通常の状態に戻ることで、このときに様々な変化が起こります。

よく出産後に鬱になることがあるといいますが、このホルモンバランスが大きく乱れて精神的に不安定になっていることで鬱なども発生しやすくなるのです。ホルモンバランスが乱れると自律神経にも影響があり、それによって血液の循環が悪くなり、またメラニン色素が刺激を受けて活性化することもあります。そこで乳首の色が濃くなってしまう、黒くなるという事も起こるのです。

摩擦による黒ずみが発生しやすい

出産後、授乳が継続しているとおっぱいは張った状態が多くなり、どうしても普段より摩擦されることが多くなります。メラニン色素は摩擦によっても多くなるため、黒ずみが発生しやすくなることも事実です。下着も授乳用のもので圧迫しないもの、またサイズが合ったものを利用することが女性にとってとても重要なことになります。

乾燥しやすくなる


おっぱいを飲ませて、下着をつけて、また飲ませて・・・授乳している時には常に赤ちゃんがおっぱいを吸うことになりますので、濡らされては乾燥し・・・という状態が繰り返されるのです。そのため、どうしても乾燥しやすくなります。

ママによっては赤ちゃんが口をつけるおっぱいに何もつけたくないという人がいますが、やはり乳首ケアは、赤ちゃんが継続的におっぱいを吸えるようにという事を考えても、行うべきことです。赤ちゃんがおっぱいを吸うとき、滅菌されたノンアルコールの消毒などを行うようにして、普段は保湿を考え乳首ケアを行うようにします。こうすることで乾燥を少なくし、下着との摩擦も少なくなるので、乳首が黒くなることも予防できるのです。

妊娠による乳首の黒ずみをケアする方法

妊娠してホルモンバランスが変わることによって乳首の黒ずみが起きやすくなるという事は理解しても、黒くなってしまった乳首をどう改善すればいいのか?これも悩みどころとなります。しかし普段の生活に気を配ることや、クリームなどを利用するなど、改善できる方法がいくつかあるのです。

ナイトブラで乳首を摩擦から守る

摩擦が起きにくい環境を作ること、これは非常に重要なことになります。まず自分にあった下着をつける事、また授乳中はむやみに圧迫するような下着ではなく、圧迫が少なく摩擦も起きにくいものをつける必要があります。

しかし、妊娠して胸のサイズが変わったりバストが張っていると普通の下着でも苦しいもの。そんな時はナイトブラを着用することで、バストをゆったりさせながらもサポートすることができます。ナイトブラと言われていますが1日中使えるものもあります。

出典:viage公式サイト

妊娠中のナイトブラでおすすめなのはviage(ヴィアージュ)ビューティーナイトアップブラ。

100万枚を突破したナイトブラのパイオニアとも言われる人気商品で、名前だけなら聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

viage(ヴィアージュ)はおやすみ中だけでなく、妊娠中・産後・スポーツ時などにも使える優れものです。

5枚まとめ買いでナイトブラ専用の洗濯ネットやミストのプレゼントがついてくるので、長い妊娠期間でも使い回すことができますね。

あわせて読みたい

viage(ヴィアージュ)ナイトブラの効果・口コミは?実際に買って着用レビュー!

続きを読む

生活習慣を見直して肌のターンオーバー促進

食生活については授乳されている場合、栄養バランスのいいものを摂取しようと意識されているはずです。しかし睡眠時間となると、授乳で数時間おきに起きて赤ちゃんに飲ませる必要があるのでどうしても不足します。頼れる人がいるのなら頼って、睡眠時間を確保することも重要なことです。生活習慣をよくすることで肌のターンオーバーが正常化し、乳首が黒くなることも予防できます。

クリニックで治療


乳首の黒さがどうしても気になり、また授乳はストップし赤ちゃんにミルクをあげているというママなら、美容クリニックで治療するという手もあるのです。医療分野の成分が配合されているクリームを利用するという事もありますし、医療用レーザーで治療するという方法もあります。

まとめ

乳首の色、大きさ、もちろん乳房の大きさや形など、胸に関して女性は誰もが悩みを持っています。大きさに関してはないものねだりで大きくなりたい、小さくしたい・・と色々ですが、色に関しては多くの女性がピンク色のきれいな乳首がいい・・と願っているようです。乳首に関して悩みをお持ちの方は、クリームなどを利用したり最終的に医療の手を借りるという事もできるので知識として持っておくと安心できると思います。

あわせて読みたい

乳首美容液は効果がある?おすすめ商品紹介!

続きを読む