乳輪が大きい人の原因と、小さくするためのコツ

胸の大きさは人によってはコンプレックスになったり、人によっては自慢できる部位だったり…。女性にとって胸という部分はいずれにしても気になるもの。

そんな男性が女性の胸を見て気になってしまうことの一つに「乳輪の大きさ」があるといいます。他の女性の乳輪をじっくり見る機会は基本的にはありません。なので一体自分の乳輪がどれだけ大きいのか基準がわからなくて心配になりますよね。乳輪の大きさは人それぞれでどうすることもできないと思っている人も少なくないようですが、実は大きくならないようにするための予防措置は可能といわれています。

今回は乳輪の平均サイズや大きくなってしまう原因、対策などについてご紹介いたします!

乳輪の平均サイズは?胸のことについて詳しく解説

乳輪の平均サイズは直径3.5~4㎝

乳輪は乳首の周りの部分をさします。女性の乳輪は子供の体から大人の体に変化していく思春期に大きくなっていくと言われています。日本人の乳輪、平均サイズはだいたい直径で3.5cmから4㎝くらいとは言われています。ただあくまでもこれはこのくらいの大きさという程度のことで、見た目によってもサイズ感は変わってきます

胸が大きくボリュームがある人の乳輪が標準より大きかった場合、それほど大きく見えないものですが、その同じ大きさの乳輪で胸のサイズが小さいと乳輪が大きく見えてしまうこともありますよね。乳房の大きさにもよりますので、乳輪の大きい小さいというのは一概には言えないものでもあります。

乳輪の直径が5㎝以上だと大きく見える

胸が大きくても小さくても、乳輪の直径が5㎝以上となると少し大きめといえるでしょう。胸が大きくボリュームがある人でも、5㎝くらいの乳輪となればやはり見た目的にも少し大きめには見えてしまうかもしれません。

でもこれも個人差なのであまり気にする必要はないでしょう。

乳首の平均サイズは直径1㎝×高さ8㎜


乳首の平均的なサイズはどのくらいなのかというと、だいたい直径が1㎝程度で高さが8㎜くらいです。妊娠すると次第に発達し始めて明らかに形が変わる人もいますし、ほとんど変わらず乳房のサイズだけが変わるということもあります。妊娠、から出産、授乳が終わり時間がたってまた元の形に戻ったという人も少なくないようです。

後天的にサイズが大きくなることも多い

乳輪の大きさは生まれ持っての個人差があると思っている人も多いようですが、実は、後天的要素で乳輪、乳首が大きくなるという人もいます

例えば妊娠して出産、それから授乳となれば赤ちゃんが毎日おっぱいを吸いますし、乳腺も発達するので乳輪も乳首も大きくなるのです。この後、授乳が終了し時間がたったことで元に戻ったという人もいますし、そのままだったという人もいるようです。

乳輪が大きくなる原因

ここでは乳輪が大きくなる原因についていくつかご紹介いたします。

妊娠


妊娠すると女性の体は赤ちゃんが成長していく中で子宮の中に胎盤という臓器が誕生し、その上子宮は赤ちゃんとともに大きく成長します。出産に向けて体はどんどん変化し、おなかが張り出し、出産の時期になると次第に赤ちゃんが生まれてくるあたりの関節を緩めるなども、自然と行われているのです。

その中で、赤ちゃんに栄養を与えていくために乳輪や乳房、乳首なども大きく変化します。乳腺が発達し乳房が大きくなっていき、乳輪や乳首なども普段より大きくなっていくのです

下着のサイズが合っていない

下着のサイズがあっていないくらいでどうして乳輪が大きくなるのか?と疑問に思う方もいますが、下着のサイズがあっていないと下着の中で胸が動きます。それによって乳首、乳輪が下着に擦れて色が濃くなったり、刺激によって大きくなるといったことが起こるのです。下着のサイズが緩くても大きくても乳輪や乳首に影響が出るといわれています。

乾燥

年齢を重ねると胸がすれていたいということをよく聞くようになります。これは主に乾燥が原因となり、触られると痛い、すぐに擦り傷のようになってしまう…ということがあります。これは年齢とともにヒアルロン酸やコラーゲンなどの水分を保持する力が少なくなり、体内の水分量が減少したことで起こることです。

乾燥は乳首がカサカサしてしまいますし、常にすれるような状態なので色も黒ずんでしまうと同時にそれが広がって大きく見えてしまう原因となってしまうこともあるようです。

体重の増加

体重の増加によって皮膚が引っ張られ、それによって乳輪の大きさが大きくなるということもあります。体重が増えると乳房も大きくなり、乳房が大きくなり皮膚が引っ張られることで乳首や乳輪も大きさが変わるのです。

特に急激に太った人は皮膚が急に引っ張られるので、乳房に肉割れを起こしたり乳輪が大きくなるなどが起こるので気をつけるようにしてください。

乳輪が大きい事によるデメリット

男性が見たときに引いてしまうことも

大人になれば男性と肌を合わせることがありますし、お付き合いしていく上で自分の乳房を見られることもあるかもしれません。そんな時、女性の胸を見てその乳輪の大きさにびっくりしてしまうこともあるのだとか…。

乳輪にもともとコンプレックスを持っている人もいますが、人から指摘された初めて乳輪が大きいということに気が付くこともあります。

下着で圧迫される分、傷みや乾燥が出やすい

乳輪や乳首が大きいと下着をつけたとき、乳首や乳輪が通常サイズの人と比較して圧迫されることが多くなるのです。下着によって圧迫されることで摩擦が大きくなり擦り傷のようになることも多いといいます。チクチク痛くなってしまい、仕事などに集中できない…なんてこともある人もいるようです。

各種病気のきっかけになる場合も


乳輪に炎症を起こす乳輪部のびらんを起こすこともあります。摩擦によっておこる疾患ですが、乳輪のびらんを起こすとその周辺が炎症を起こしたり、傷口に菌が付着し膿が出ることもあるのです。乳輪が大きいということでこうした症状繰り返す場合、乳輪の縮小手術などを受ける方もいます。

乳輪が大きい人の原因と共通点

ここでは乳輪が大きい人の原因や共通点についていくつかご紹介いたします。

摩擦の刺激でサイズが大きくなる


乳輪がもともと大きくて摩擦を起こすという人もいますが、下着のサイズがあっていないことで胸が下着に擦れて乳輪が大きくなるということも多いです。摩擦されることで刺激となって乳輪、乳首が大きくなります。下着のサイズは女性にとって美しい胸を保持するために必要なことなのです。

バストが大きいと、その分乳輪が大きくなる

バストが大きい人は比較的乳輪が大きくなる人も多いといわれています。乳房が大きく成長するときに引っ張られることで乳輪も大きくなるのです。急激に太ってしまったたことで乳房、乳輪が大きくなるということもあるので、健康や体重管理に気を配ることも必要になります。

妊娠がきっかけに大きく成長

もともと乳輪や乳首が標準的な大きさだったのに、妊娠したら色も形も大きく変化したという人も多いです。妊娠すると出産し赤ちゃんが誕生するために体がいろいろな準備を始めます。乳腺が発達しおっぱいが出るように体が変わっていくため、どうしても乳輪のサイズなども変わっていくのです。この場合、授乳が終了してから元に戻る方もいますし、戻らなかったという人もいます。

乳輪が大きい人におすすめのケア

最後に、今からでも簡単にできるおすすめの乳輪ケア方法をご紹介いたします。

乾燥を防ぐ

乾燥すると下着との摩擦がより強くなっていくので、乳輪や乳首が乾燥しないようにケアすることも重要です。ボディクリームでも乳首、乳輪ケアの専用クリームでもいいので、毎日、お風呂上りにこうしたクリームや乳液などを塗布し、お肌が乾燥しないようにすることも大切といわれています

【体験談】ホスピピュアの効果や口コミを徹底解説!実際に使ってみた感想もご紹介

下着はサイズが合っているタイプを選ぶ

下着のサイズがあっていないことが乳輪のサイズを大きくすることもあるので、自分の乳房のサイズに合った下着を着用するということ、選ぶということが重要です。できれば、下着専門店でサイズをしっかり計測してもらい、乳房の形にあった負担の少ないものを選択します。

乳輪の色を薄くして小さく見せる


乳輪や乳首の色を薄くするクリームなどが販売されているので、そういったクリームなどを利用して乳首の色を薄くし、肌の色と同じような色にして目立たせないようにするということもできるようです。ハイドロキノンなどの漂白効果のある薬剤が配合されているものもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

切除手術も1つの手

病院で乳輪のサイズを小さくする手術などを行うことも乳輪を美しくする手段となります。美容整形などでは今この乳輪についての手術を希望される方が多くなっているようです。クリニックなどによって金額も、行う施術にも違いがあるのでまずはカウンセリングに行き、相談してみましょう。

まとめ

乳輪や乳首については見えない箇所だからそんなに気にすることはないという人もいるようです。でも、やはり若い女性にとって胸という場所はとても重要な場所となります。好きな人ができて結婚という事になれば自然と肉体の関係を持つことにもなりますので、その時、乳首、乳輪のサイズなどは本当に気になることなのです。ただ今は色々な手段、方法がありますので悲観せず、前向きできることを行っていくことを考えるといいと思います。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。