胸を大きく見せるTシャツってどんなもの?特徴は?

胸が小さいことがコンプレックスになっているという人も多いです。胸が大きいという人もコンプレックスとなっている人がいますが、女性としては豊満な胸に憧れる人が多いといいます。胸を根本的に大きくする外科的手術もありますが、やはりメスを入れる、手術をするというのは怖さもあるものです。そこで、見た目に大きく見せる方法を紹介します。

胸が膨らんで見えるTシャツとは?

Tシャツの中には、胸が大きく見えるものと、小さく見えるものがあり、デザイン的に胸が大きく見えるように強調されているものもあるのです。立体的な状態をしっかり出し、ふくらみがそれほどないけれど、色の錯覚などを利用して大きな胸に見えるようにしてくれTシャツもあります。こうしたTシャツを着用することで、自信をもって外出できるようになる人も多いようです。

胸元に陰影があり、着るだけで巨乳に見える

胸が大きい人はTシャツをきると胸の部分に影ができて胸が大きいことがわかります。凹凸がしっかりあるので影ができるわけです。しかし胸が小さいと凹凸が少ないので、影ができることはなく、品祖に見えます。そこでTシャツ事態に影を作ることで、小さい胸を大きく見せてくれるTシャツがあるのです。

巨乳に見える特殊デザイン

居乳に見せるための特殊デザインを使っているTシャツもあります。今はプリント加工も非常に技術が進んでいるので、その画像加工技術を利用したTシャツです。いま大いに注目を集めている特殊デザインのTシャツは、フロント部分が格子のようになっており、両脇に余白があります。格子があることと、両脇に余白があることで目の錯覚によって胸が大きく見えるようになっています。

特殊デザインのTシャツといっても、特に胸を大きくするデザインだとあからさまではないので、このほかにもいろいろなデザインが出てくれば、胸が小さい人にとってコンプレックスを解消するTシャツとなるかもしれないのです。かわいいデザインなのでカジュアルに着こなせることができると思います。

ボディラインが綺麗に見えてスタイルバツグンに

胸が小さいことを気にされていると、どうしてもだぶだぶの洋服を着たり、胸が目立たないように隠す方向に行きやすいです。しかし胸を強調する洋服を着るほうが、胸を大きく見せる効果があります。ボディラインがきれいに見えるのは、なんといっても細身のTシャツにパンツなど体にフィットした洋服です。

胸が小さいことを気にするよりも、胸をより強調するデザインの服を着て、ボディラインを出すことで胸が大きいと感じさせることもあるのです。思い切ってボディラインが出る洋服を着てみると、あれ?胸が大きくなった?と感じる事もあります。

誰が着ても巨乳に見える

誰が来ても巨乳に見える、極端なことを言えば男の人が来ても巨乳に見えるデザインのTシャツなども登場しているのです。立体的に見せる、また目の錯覚を利用するデザインなら、細くて胸が小さいという人もボリュームアップして見えます。誰でも巨乳に見えるデザインは、色なども工夫されているものが多いので、おしゃれに着こなすことができるようです。

胸が巨乳に見えるTシャツを自分で作るコツ

胸が大きく、巨乳に見えるTシャツを自分で作ってしまうという人もいます。今はプリント技術などもかなり進んでいますので、オリジナルTシャツをつくることもできるのです。例えば胸の部分が立体的になるように、陰影をうまくつけるように作ったり、モノトーンのカラーリングなども実は胸を大きく見せる工夫になります。

デザインに陰影を上手につける

格子を使った巨乳に見せるデザインのTシャツもありますが、デザインによって人から見た感じを変えることはよく行われてきたことです。例えばTシャツに動物の顔がプリントされており、カラーリングによってまるで3Dのように浮き立つデザインになっているものもあります。動物が今にも飛び出してきそうなTシャツなどもありますが、これとおなじように、デザインで陰影、カラーを利用することで巨乳に見せる事もできます。

胸のトップ部分の色を薄くして下に向かって色を濃くしていくと影ができているような錯覚が起こり、それによって巨乳に見えます。四角や丸のデザインを利用して、トップ部分の丸を大きく、下に向かってまた上に向かって丸を小さくしていくことでも、視覚的に胸が大きく見えるようです。

モノトーンのカラーリングにする

モノトーンのカラーリングは陰影を強く出せるため、巨乳に見せるTシャツなどにもかつようできます。胸のトップ部分を薄い黒にして、上に向かって、また下に向かって強い黒を利用するのです。上と下の部分が濃い黒で陰影がつくことで、胸が大きく見えるデザインとなります。また黒を利用ばあいも、胸の横に空白を持たせると視覚効果もあり、胸の部分が強調されるので、胸がより大きく見えるようになります。

サイズはジャストサイズのものを選ぶ

Tシャツのサイズはピッタリサイズになるように、ジャストサイズにするか、もしくはものによってワンサイズ小さめのTシャツを選択します。するとボディラインに密着し、胸の小さい人も胸の大きさが前に出てくるので、胸が普段よりも大きく見えるのです。サイズがぶかぶかなものを着ている人も多いのですが、これは細く見えるほうに効果が働き、ボディラインがはっきりしないので、胸がより小さく見えます。

胸元が開いていない形をチョイス

胸が大きな人は胸元が大きく開いた谷間が見えるデザインをチョイスすることもあるようですが、胸が小さい人は、谷間などを強調するタイプよりも、胸元が開いていないタイプで、胸を大きく見せる効果のあるデザイン、さらに、ボディラインを強調するタイプを選択すべきです。これによって、胸本来の大きさが隠され、見えていない胸を大きく見せる効果が働きます。胸元に無理に谷間を作って必死にアピールするよりも隠す効果を狙った方がより大きさを感じるものなのです。

胸のコンプレックス別、Tシャツを選ぶポイント

 

胸については様々なコンプレックスがあり、胸が小さいことがコンプレックスとなっている人もいますし、逆に大きすぎることでコンプレックスとなっている人もいます。胸のコンプレックスを持っている人がそれぞれに、そのコンプレックスを少なくしたいとき、どのようなTシャツをえらべばいいのか、理解しておくことが必要です。

胸元が開きすぎているのは、胸の大小に関わらずNG

胸元が大きく開いているTシャツは色っぽさが引き立ちますが、胸が大きな人は下品に見えますし、ボディラインがだらしなく見えて、よほどスタイルがいい人じゃないと似合わないといわれています。胸が小さい人は、胸をより小さく見せてしまうのでこれもまたNGです。胸元が大きく開いているTシャツは、彼にとってもあまりうれしいことではなく、ただ、連れ歩くのに自慢するだけとなることもあるので考え物といわれています。

ボディラインを強調しすぎないサイズ感を意識して

ボディラインを思い切り強調するタイプでもサイズに注意しないと太って見えることもあり、胸を大きく見せることにつながらないのです。サイズ感はとても重要な要素となります。ボディラインを強調するタイプのTシャツは、ほどよい大きさであること、また胸に立体的なデザインがあるなど、胸に目が行くデザインを利用するほうが安心です。

胸を小さく見せるなら、鎖骨が見えるVネック

胸を小さく見せたいという人もいて、この場合胸が小さい女性からは怒られてしまいそうですが、胸が大きいという事が生活に支障おきたすこともあります。運動をしても胸が動くことが気になって、スポーツ選手などの場合、さらしなどを巻いて揺れないようにするという事もあるようです。胸が大きな人の場合、鎖骨がきれいに見えるようなVネックデザインを利用すると胸より鎖骨辺りに目線がいくため大きな胸が強調されないという視覚効果があるようです。

胸が小さい人は、ボディラインを隠せるようなゆるめTを

胸が小さく、スタイルにも自信がない・・・という人は、ボディラインを隠せるゆるめのTシャツをきるという手もありますが、この場合、だぼだぼすぎるのは胸がより小さく見得るためお勧めできないのです。適度にゆるさがあり、動くと胸の大きさが少しわかるかな?くらいのTシャツを選択すると胸の大きさも気にならなくなります。

ゆるめTシャツを着用する場合、色も重要な要素です。少し引き締め感のある色を選択する事で、ゆるめでもスタイルをよく見せる効果、さらに胸をぼかす効果が発揮されるのです。薄いピンク色よりも、紺色や黒などを選択するほうがボディラインを強調することもなく、また、Tシャツの大きさを強調することもなく安心できます。

まとめ

胸の大きさに関してはコンプレックスを持っている人が多いのですが、特に、大人になってくるにつれて胸が小さいという事がコンプレックスとなっている人が多いです。胸を豊胸するという事も外科手術によって可能ですが、若い女性の場合、子供さんの予定があれば授乳に関して支障が出るなどもあります。そこで、見た目を変えるという事を洋服で考えていくことがベストになるのです。