トップとアンダーのサイズを確認♡ぴったりのブラジャーが選べる!

トップとアンダーのサイズを確認♡ぴったりのブラジャーが選べる!

美しいプロポーションを実現するためには、まずはサイズの合った下着を身につけることが大切です。サイズのあっていない下着を身につけていると、せっかくのボディラインが崩れてしまいます。特にブラジャーにおいては、サイズを測って買うことがとても大切になります。

ここでは、

  • トップとアンダーとは
  • トップバストとアンダーバストの測り方
  • 自分に合ったブラジャーを選ぼう

についてまとめてみました。

トップとアンダーとは

トップとアンダーとは
トップとアンダーという言葉を聞いたことのある女性は少なくないでしょう。トップとアンダーをしっかりと知ることが、自分に合うブラジャーを探すための第一歩です。調査によると、女性の7割以上が自分のバストサイズを勘違いしているといいます。まずはブラジャー選びに必要な要素、トップとアンダーについて知っておくことから始めましょう。

バストサイズを知るのに大切な数値

ブラジャーのサイズ、すなわちバストのサイズに大きく関わってくる数値が、トップとアンダーです。トップというのは胸の中で一番高くなっているところで、アンダーというのは胸の一番下から測った数値になります。

トップとアンダーの数値はそれぞれバストの大きさを測るのに必要な要素で、逆にそれ以外は測らなくてもブラジャーのサイズがわかると言われています。自分に合ったブラジャーを購入するには正しいトップとアンダーの数値をまずは抑えておくことが大切です。

トップとアンダーの差でブラジャーのカップが決まる

ブラジャーのタグを見ると、たとえばA75のようにカップのアルファベットと数値が書かれているだけです。アルファベットはカップ数であり、カップ数はトップバストとアンダーバストの差により決まってきます。

一方、カップサイズの横に書かれている数字がアンダーバストの数字になります。そのため、トップバストとアンダーバストを知りその差からカップを出すと自分のサイズがわかり、自分に合ったブラジャーを購入できます。

カップサイズ、すなわちトップバストとアンダーバストの差は2.5センチ刻みになっており、アルファベットでサイズが制定されています。カップサイズの展開が多いサイズのブラジャーなら、アンダーバストの数値もかなり幅があり、万人に受けるようなサイズ展開になっています。

トップバストとは?トップバストの測り方

トップバストとは?トップバストの測り方
自分にあう正しいブラジャーを身につけるには、トップバストとアンダーバストを正確に測ることが必要です。トップバストとはどのようなものか、どのように測るかについて知っておきましょう。

胸のふくらみが一番高い部分

トップバストとは、胸のふくらみが一番高い部分です。姿勢によって変わってくるのでまずはまっすぐ立つことから始めましょう。姿勢を良くしますがあくまで自然な形でまっすぐ立ちバストが一番上になるところ、それがトップです。

後ろが斜めになっているところや息を吸い込み過ぎたりすると正確なサイズが測れないので、まっすぐな壁の前に立ち、姿勢をよくするとよいでしょう。水平に測ることが大切です。

胸を寄せて測るとよい

胸を寄せて測るとよい
バストを測るときは、ブラジャーを着用するときのようにバストをしっかり持ち上げてから測ることが大切です。これは、ブラジャーを実際に着用するときに、胸を寄せて着用するからです。

実際にこの時の過程が正しくできていないので、日本人の中には実際よりも小さなブラジャーでバストを締め付けている人が少なくありません。せっかくのバストを圧迫していることになり、もったいないのです。

サイズが合う下着をつけて測れば簡単

とはいえ、自分一人で胸を持ち上げてから測るのはとても大変です。特に胸の大きい人や、少し下がり気味のバストの人で持ち上げるのが難しい人にとって、持ち上げた状態でのトップバストを一人で測るのは難しいので、サイズの合う下着をつけて測ればよいでしょう。

アンダーバストとは?トップバストの測り方

アンダーバストとは?トップバストの測り方
一方でアンダーバストとはどのような場所を言い、どのように測るのでしょうか。アンダーバストの数値はそのままブラジャー選びに関わってきます。アンダーバストの正確な位置、どのように測ればよいのかについて知っておきましょう。

胸の膨らみの下の部分

アンダーバストとは、言葉の通り胸のふくらみの下の部分です。ブラジャーであれば、下の部分があたるところ、すなわち、胸のふくらみのすぐ下になります。アンダーバストは固定されているので特に持ち上げたりして図る必要はありません。ただ息を吸い込み過ぎたり吐き出し過ぎたりすると数値が変わるのであくまでナチュラルに測ります。

床と水平に測る

トップバストを測るときと一緒で、アンダーバストを測るときにも、床とは水平に測るようにしましょう。メジャーで測る時には、メジャーが斜めにならないように注意しながら測るとよいです。姿勢が前かがみになるとうまく測れないので、アンダーバストを測る時には姿勢を良くすることを心がけましょう

自分に合ったブラジャーを選ぼう

自分に合ったブラジャーを選ぼう
実は、女性の多くが自分に合ったブラジャーを選ぶことができていません。きちんとトップやアンダーが測れていないだけでなく、カップの形を考えずに選んでいる人もいるからです。

自分に合ったブラジャーをつけていないと、せっかくのバストの形が崩れてしまったり、身体の動きに沿ってブラジャーから胸が浮いたりします。特に両腕を振ると胸の肉がはみ出てしまう、万歳をするとブラがずれる、ジャンプをすると、胸がかなり揺れると言った場合は、サイズがあっていないブラジャーをつけているのかもしれません。

必ずトップとアンダーの両方を計りカップ数を確認する

ブラジャーを買うときには、トップとアンダーの両方を測ってカップ数を確認するようにします。自分のカップ数を把握していても、トップとアンダーを測らない人は少なくありません。

トップとアンダーは加齢によりまた、その時の筋肉や脂肪の付き具合によって変わってきます。特に1年以上ブラジャーのサイズが変わっていない人は、今一度しっかりと確認することが必要です。自分が思っていたサイズと違っている場合が多く、結果的にバストがきれいに見えないブラジャーを使っていることが多いからです。

試着することも大切

試着することも大切
ブラジャーは、モノによって違いがあるので、サイズが合っているからといって必ずしもフィットするとは限りません。そのため、試着をすることも大切です。ブラジャーの試着をすることで自分のカップだと思っていたサイズと違うことも珍しくはありません

ランジェリーショップなどでは、店員さんがトップとアンダーを測ってくれ、そして試着をさせてくれるところもあるので、そういったショップで購入するのもよいでしょう。

カップの形はバストの形にあったものを選ぶ

ブラジャーを購入するときは、サイズばかりに目がいきがちですがカップの形も重要です。きちんとサイズを測って購入したものであっても、カップを推すとパコパコしたり、逆に胸の肉がはみ出てしまう場合、カップの形があっていないという理由もあります。

バストの肉質やもともとのバストのライン、バストの形によっても似合うブラジャーは違ってきます。比較的柔らかくて下垂したバストにあったブラジャーといえばしっかりと包み込むタイプのものが、上から抑えて動きにくくするのであればスポーツタイプのブラジャーが適しています。ブラジャーのタイプにもバリエーションがあるので自分のバストの形にあったものを選択するのが大事です。

まとめ

女性にとってバストを美しくキープするためにブラジャーは無くてはならないアイテムです。ブラジャーのサイズは、トップとアンダーの数値によって決まってきますが、正しく測ることができていないため実際のサイズよりも小さなブラジャーを購入している人が少なくありません。

ブラジャーは正しいサイズのものを購入して初めてバストの形が美しくキープされるものです。サイズの合わないブラジャーをつけていると、それだけでバストが垂れてしまうリスクもあります。

正しいやり方をマスターすれば自分でも測れるようになるので、今一度自分のバストのトップとアンダーを測り直してみましょう。実際に購入する際は、試着をしたり専門店でサイズを図ってもらうのもおすすめです。