ビタミンb1は疲れやいらいら時に最適。その効果とは

ビタミンB1は、疲労回復に作用のあるビタミンです。炭水化物などの糖質を体内でエネルギーに変える働きがあり、また神経系にも働きかけますので、精神的な落ち着きにもこのビタミンB1は大きな役割を持っていると言えます。ではこのビタミンB1はどういった特徴を持ち、どのような摂取方法がいいのかを説明していきます。

ビタミンb1の特徴は?

水に溶けやすい

ビタミンは水に溶けやすい水溶性のものと、油分で溶ける脂溶性のものとがあります。そして、ビタミンB1は水溶性のビタミンです。そのためビタミンB1は、水で洗うだけでも溶けだしてしまうことがありますので、洗う際には手早く行う必要があります。また水に浸すと、どんどんとビタミンB1が溶け出しますので、手際よく調理しましょう。また水溶性のビタミンは熱に弱いため、なるべく加熱しない調理法で食べてください。また、過剰摂取による過剰症の心配はほぼありません。

イライラはビタミンb1不足が原因のこともある

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えてくれる働きを持っています。つまり糖質は分解されるとブドウ糖となって、脳や中枢神経のエネルギーとなるのです。そのため、ビタミンB1が不足すると、糖質をブドウ糖に分解できなくなり、エネルギー不足となってしまいます。この状態になると、神経伝達物質が減ってしまい、脳の働きも鈍くなり人間らしさが失われ、イライラの原因となってしまうのです。感情や思考をコントロールするためには、ビタミンB1が欠かせないのです。

ビタミンb1不足で太りやすくなる

一般的に、太る原因としては、糖質の摂り過ぎが挙げられます。炭水化物や糖分などは、身体に取ってエネルギーの素となるものですが、その分カロリーが高いため、摂り過ぎると太ってしまう傾向があります。また、糖質を摂りすぎではない状態であっても、ビタミンB1が不足していると、これも太る原因となってしまうのです。ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えてくれるものですが、不足しているとその糖質を充分にエネルギーに変換できなくなるのです。そのため脂肪として蓄えられるのです。

ビタミンb1で期待できる効果

疲労回復

ビタミンB1の働きの中で、最も大きなものとして、疲労回復効果が挙げられます。ビタミンB1は、炭水化物や糖分などの糖質をエネルギーに変換してくれますので、直接的に疲労回復に役立つ成分と言えます。疲れている時に、いくら糖質を摂取しても、このビタミンB1が不足していると、身体の疲れは思うように取れてはくれず、いつまでも残ってしまうことになります。疲労回復には、糖質とこのビタミンB1のどちらが欠けてもいけません。積極的に摂り入れるようにしましょう。

脳神経の正常化

ビタミンB1は、糖質の代謝に大きく関係する成分で、身体を維持するためには欠かせないものです。人間が生きていくためには、エネルギーが必要です。このエネルギーを作ってくれるのがこのビタミンB1で、炭水化物などの糖質を変換し、エネルギーとしてくれるのです。糖質は、また脳にとっても重要なエネルギー源で、これが不足すると脳の働きが鈍ってきます。そうなると、脳神経が正常に働かなくなり、神経伝達の障害が起こってしまいます。充分なエネルギーを脳に与えるためにも、ビタミンB1を積極的に摂り入れましょう。

糖質を分解してエネルギーに変える

人間の食事には、炭水化物などの糖質は欠かせないものです。そして、この糖質からエネルギーを生産する役割を持っているのがビタミンB1です。ビタミンB1は水溶性のビタミンの一種で、最大の働きとしてこの糖質の代謝があります。摂取した糖質は、上手にエネルギーへと変換できないと、慢性的な疲労感がありますし、また変換できなかった糖質は中性脂肪になり、内臓へ溜まってしまうのです。つまり、ビタミンB1が不足すると、エネルギー不足になると同時に、肥満の原因ともなるのです。

皮膚や粘膜の健康維持

炭水化物からエネルギーを生産することで、人間は健康な身体を維持し、日常生活を送ることができます。このエネルギー生産に欠かせないのが、糖質とビタミンB1です。このビタミンB1は、他にも皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きも持っていて、不足することで、様々な悪影響が身体に出てくることになります。また、エネルギー代謝が上手く働かないと、摂取した糖質は、脂肪へと変わり肥満の原因ともなります。肥満になると便通も悪くなり、肌荒れの原因ともなるのです。美肌のためにもビタミンB1は大切な栄養素と言えるでしょう。

ビタミンb1の摂取量

男性は1.4mg

男性は、身体を動かすことが多く、エネルギーを多く消費します。そのため、エネルギー源の一つである糖質を多く摂る必要がありますが、この糖質をエネルギーへと変換するためにはビタミンB1も摂取しなければいけません。成人男性のビタミンB1の摂取量は1.4mgとされていますが、これは普通の食事をしていれば充分にまかなえる量ですので、それほど意識する必要はありません。ただ、インスタントやファストフードに頼っている食生活では、摂取できませんし、サプリメントも長期間続けることはおすすめできません。

女性は1.1mg

女性は男性に比べ、身体を動かしたり、力仕事をしたりすることが少なく、身体も小さいため、ビタミンB1の必要摂取量は1.1mgと男性よりは少なめとなっています。ただ、ビタミンB1は過剰摂取を心配する必要のない栄養素です。全体的なカロリーに気を付けていれば、少々多めの摂取は何も問題ありません。ただ、女性も仕事などで忙しい日々を送っていますので、インスタント食品など、食生活が偏っている傾向もあります。こういう場合はサプリメントで補えばいいのですが、やはり、食品として摂取するのが好ましいです。

ビタミンb1が含まれている食べ物

玄米

エネルギーの代謝には欠かせない栄養素であるビタミンB1ですが、どういった食品から摂取すればいいのでしょう。最も身近な食品であるご飯ですが、ほとんどの家庭では精白米を食べているはずです。この精白米は元々は胚芽米や玄米の状態だったものを、精米したものです。精米することで、ヌカが取り除かれるのですが、実はこのヌカにビタミンB1が多く含まれているのです。つまり玄米を食べることで、ビタミンB1は主食として摂取できるわけなのです。食べにくい場合は精白米に少し混ぜて炊くのもいいでしょう。

豚肉

ビタミンB1を含む食品として、代表的なものが豚肉です。つまり、この豚肉と炭水化物であるご飯という組み合わせは、エネルギーを作りだす上で最高のメニューとも言えるでしょう。豚肉であればメニューも多く、日常的に食卓に上りやすい食品ですので、ビタミンB1を簡単に摂取できるはずです。現代人は食生活が偏り、栄養バランスも崩れています。疲労が蓄積し、夏バテのような症状が続いているような人は特にエネルギー代謝が上手く言っていないことが考えられます。豚肉を食べて、ビタミンB1を補給してください。

豆類

ビタミンB1と言えば、豚肉に多く含まれているというイメージがあります。しかし、肉類が苦手であったりする場合は、他にどういった食品からビタミンB1を摂取すればいいのでしょう。それは意外と身近なところにあり、実は大豆にもビタミンB1が多く含まれています。大豆と言えば、豆腐が思い浮かびます。豆腐であればよく口にするものですし、大豆以外でもあずきやえんどう豆、納豆や金山寺味噌などの豆類にも豊富に含まれているのです。豚肉が食べられない人も、豆類でしっかりとビタミンB1を補給してください。

くだもの

食後のデザートとして、くだものを食べることがあります。このくだものにもビタミンB1が含まれているものがあるのです。みかんなどの柑橘系のくだものはその代表格とも言えるでしょう。みかんやオレンジであれば、簡単に手に入りますし、好き嫌いの少ないくだものですので、ビタミンB1の摂取には適しています。また、こうしたくだものであれば、ジュースとして飲むことでも、ビタミンB1を簡単に摂り入れることができますので、最も簡単にビタミンB1を摂ることができる食品でしょう。

まとめ

ビタミンB1は身近な食品で賄うことができるため、無理せず摂取できる営養素です。ただ、やはり不規則な生活を送っていたり、偏った食生活であれば、当然この摂取しやすいビタミンB1も不足気味になってしまいます。まずは、生活と食生活を見直すことが基本と言えるでしょう。